荘A[NX̉@

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

ショルダーバッグ
出典item.rakuten.co.jp

結論:
①荷物の重量、
②荷物のもち方、
③持つ人の体調、
3つのどれかが原因。

〔目次〕

  1. 質問通勤のとき、
    ショルダーバッグで腰が痛くなります。
  2. 回答原因は3つ考えられる。
    ①荷物の重量、
    ②持ち方、
    ③持つ人のコンディション
  3. ①荷物の重量について
  4. ②持ち方ショルダーバッグかリュックかは大きな問題ではない。
  5. ③持つ人のコンディションの問題残業が続いて疲れている、睡眠不足、体調が悪い

※スポンサーCM

質問:通勤のとき、
ショルダーバッグで腰が痛くなります。

ご質問者は30代の男性、
会社員の方、
最近困ったことがある。
それはショルダーバッグのことだ。

通勤のときにいつも肩に下げているショルダーバッグがある。
これを背負っているときに腰が痛くなってしまう。
もちろんバッグを下ろせばやがて治まる。
でも、肩に下げるとやっぱり痛くなる。

これってどうしてだろう?
どうしたら改善できるの?

メニューに戻る

回答:原因は3つ考えられる。
①荷物の重量、
②持ち方、
③持つ人のコンディション

※スポンサーCM

では回答に入らせていただきます。
なにが原因でショルダーバッグで腰が痛くなるのか?
それは主に上記の3つの原因があるでしょう。
1つは荷物そのものの重量、
2つ目は、荷物の持ち方、
3つ目は持つ人の体のコンディション、腰が弱っていないかどうか。

メニューに戻る

①荷物の重量について

きっと3つの原因の中ではもっとも大きい要因だと言えます。
毎日ショルダーバッグの中に何を入れておりますか?
ノートパソコンなど、
数キロする荷物や、
書籍、
飲料水、
着替えなど
色んなものが入っておりませんか?
この中で職場と自宅で同じものを用いている。
例えば仕事でノートパソコンを使う。
だけど同じパソコンを持ち帰って自宅でも使っている。
こういったケースでは腰の負担が大きいですよね。
また、飲料水の場合は自動販売機で購入することもできます。
インスタントコーヒーなど買わずに済ませる方法もあります。
したがって飲み物を工夫したり、
パソコンを自宅と会社で分ける。
こういった工夫も良いでしょうね。
また、毎日用いる会社の資料も、
極力データ化してみる。
書類として持ち歩かなくても済むようにする。
他にも弁当が重いです。
その日の腰の調子に合わせて会社の食堂の料理を食べたり、
重さを調整してみることも良いのではないでしょうか?
あと、意外にあるのが会社帰りにスポーツジムに立ち寄る方、
こういった方では着替えをカバンに入れることもある。
これは随分重い。
こういった場合は、極力スイミング系のジムに通ってみる。
プールでしたら水着1枚で済みますからね。

要するには日頃持ち歩くものは、
その日使うものものだけにする
意外に荷物の出し入れが面倒くさくて、
使わないものまで持ち歩いている。
そんなことがあるので注意したいものです。

メニューに戻る

②持ち方:ショルダーバッグかリュックかは大きな問題ではない。

※スポンサーCM

次に上げられるものは持ち方です。
持ち方には色々ありますが、
何をもって良い悪いのかは考え方があります。

例えばショルダーバッグかリュックかはさほど大きな問題ではありません。
固定したまま背負うならリュックが優れている。
でもある程度持ち代えることを前提とするならショルダーでも良い。
ショルダーは色んな持ち方ができます。
狭い満員電車でも使い勝手が良いですよね。
でもリュックの場合は狭いときには、
イチイチ降ろさないといけなくなる。
使い方次第でどちらにも長短があります。
長短を理解した上で使えばそんなにショルダーバッグが悪いとも言えません。
それにビジネスの場面でも
ケース型のショルダーバッグの方が中身を取り出しやすいですよね。
リュックの場合はイチイチ上からしか出し入れできません。
リュックの深くにあるものを出そうとした、
そうしたら上に入っているものを一旦全部出す。
これって結構面倒なことですよ。

また、慢性腰痛をお持ちになられている方では、
そもそも背負ったり肩に担ぐのではない。
キャスター付きのバッグを用いる。
床を転がすことが一番腰の負担は少ないです。

強いてあげると背負ったときの安定を求めるならリュック、
持ち替えたり実用性を重視するならショルダー、
こんな感じで考えるべきでしょう。

また、そもそも持上げる重量に関係なく、
たった1キロ程度の荷物で腰に痛みが発するとしたら、
それは考え物。
貴方の腰痛の原因は心理面が大きく関係するものかもしれない。
この場合はご自分の最も安心する方法を用いてみるべきです。

メニューに戻る

③持つ人のコンディションの問題:残業が続いて疲れている、睡眠不足、体調が悪い

次に考えられるものは荷物でも持ち方でもない。
貴方の体調の問題。
つまり、普通の人なら腰を痛めない状況なのに、
腰が弱っているから痛めてしまう。
こういったもの。
例えば明らかな腰の病気を持っている場合。
こういったときには荷物の重量がどんなに些細でも痛みが酷くなります。
また、心を患っているとき、
この場合も持ち方や重さに関係なくとても辛く感じる。
体調不良には代表がありますよね。
睡眠不足だったり、
空腹だったり、
疲労が溜まっていたり、
こういったコンディションに気を配る。
仕事でデスクワークをするのでしたら、
いつも腰が緊張しっぱなし。
だから、腰の疲労を癒すために
ときおり腰をストレッチしてみる。
こういった工夫によって負担を軽減する。
また、マッサージを受けたり治療を小まめに受ける。
色んな対応があります。

メニューに戻る

このページをご覧になってくださいましてありがとうございました。
皆様の疑問の解決のお役に立つことは出来ましたでしょうか?

こういった日常の腰痛があったときには
心がけていただきたいことがあります。
それは腰痛対策には魔法はない
ということ。
現状を劇的に良くし、
尚且つお金も
手間も掛からないもの。
そんな便利な方法はもともと存在しません。
すべて地道な方法の積み重ね。
日頃の体調の管理、
ストレスケアなど、
小さなことを積み重ねることが大切です。

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

走りはじめに体が重くなるのは?

ジョギングで体が重たい

運動を続けるとどんな体の変化が起こるの?

運動連鎖

仕事と競技スポーツと運動の違い

運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない

おすすめのエクササイズ

予防における出力系と制御系トレーニング

単関節運動の弊害

体を丈夫にする方法

単関節と多関節運動の違い

トレーニングの種類

優先的に鍛える部位

実施しやすいタイミングの目安。

ジョギングの筋トレ効果

筋トレ、2大メニュー

非連結運動と連結運動の違い

エクササイズの流れ

ストレッチ効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い

ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?

有効となるパートナーストレッチ

ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み

筋トレとストレッチは表裏一体

ストレッチ効果を高める方法

ストレッチの正しい目的

筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い

体が柔らかくなるのしくみ

ストレッチの神経伝達効果

ストレッチの医学的効果について

ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け

ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類

動的ストレッチは筋肉を固くする。

ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果

ぎっくり腰と柔軟性

ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解

ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと

ならないための拘縮予防

危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性

立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?

柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

柔軟性を高めるメリット

柔軟性低下は腰痛の発生を増やす

股関節の柔軟性とぎっくり腰

股関節を反らすストレッチの必要性

ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

腰痛のストレッチはリラックスして行う

腰に良いストレッチには機能解剖が必要

ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なる

ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感

体の動きを柔らかく保つには?

柔軟性とぎっくり腰

ストレッチ運動のポイント

ストレッチ なぜ柔らかくなる

ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ

ストレッチは体温が上昇してから行う

腰痛と体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ

腰痛体操では苦手な方向を取り入れる

腰痛の体操法

金魚運動の効果

団子虫体操

予防のためのラジオ体操は?

ゴムバンド体操

口開け体操の感想

再発防止のための腰を曲げる体操

キャット&キャメル

ラジオ体操の腰痛治療効果

腰を曲げ伸ばしする体操法について

小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる

フィットネスクラブの腰痛体操は?

腰痛防止に野口体操は?

急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操

ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について

ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法

レジスタンストレーニングの基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

過負荷の原則

筋トレ前の大切なこと。

実施時間帯

筋トレ、体にとっての理想的な時間

筋トレの4つの目的

トレーニング、長期的に続けるコツ

筋トレと遺伝

筋トレ、超回復

筋肉量を増やす方法

筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み

筋トレでは筋肉の追い込みが必要

レジスタンストレーニング理論

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

筋トレは1日やって3日休む

筋トレは長期的な腰痛の改善法

ヒップリフトでお尻を鍛えよう。

慢性腰痛の運動は静止性筋収縮

超回復理論の必要性について

多裂筋トレーニングは?

トレーニングビギナーの筋力アップの仕組み

筋力発達の3つの目安

筋トレと筋肉の固さの関係

レジスタンストレーニングの種類

テレビで紹介するトレーニングは無駄

筋トレゆっくり行う理由

筋トレの速度

筋トレと交感神経と副交感神経の作用

有酸素運動

短時間で筋肉を鍛える方法

筋トレの効果を得るためのポイント

筋トレ、クールダウンの目的

筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由

筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安

小筋群だけを選択的に鍛えることはできない

自体重トレーニングの欠点

トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム

筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング

細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?

腰痛とスクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

腰痛にスクワットは有効?

スクワットについて

筋トレメニュー

足腰が衰えても出来るスクワットは?

ウェイトトレーニングのコツ

筋肉に有効な刺激

セット数について

1セットでは不十分

満遍なく刺激を与える方法

最大挙上重量

レベルアップしたときの対策

筋肉量を増やす種類

最大挙上重量

強度

効率的な方法とは?

抵抗の加え方

筋肉に加える抵抗とは?

複数メニュー行う場合は?

降ろしきる動作

ストリクト法

ストリクト法とチーティング法

チーティング法

早い筋トレは難しい

スピードは速すぎず遅すぎず

柔道

柔道を1年で強くするには?

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

柔道で強くなるトレーニング法

柔道は筋トレで強くなるか?

柔道のスタミナトレーニングは?

アスリート向けの内容

筋力を短期間で高める方法

インターバルの重要性

ミドルパワートレーニング格闘技

ミドルパワートレーニング空手

トップアスリートに短期間でなる

トップアスリートの条件

パワーとスタミナを同時に高める

ミドルパワートレーニング方法は?

オーバーワーク

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

走りはじめに体が重くなるのは?

ジョギングで体が重たい

運動を続けるとどんな体の変化が起こるの?

運動連鎖

仕事と競技スポーツと運動の違い

運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない

おすすめのエクササイズ

予防における出力系と制御系トレーニング

単関節運動の弊害

体を丈夫にする方法

単関節と多関節運動の違い

トレーニングの種類

優先的に鍛える部位

実施しやすいタイミングの目安。

ジョギングの筋トレ効果

筋トレ、2大メニュー

非連結運動と連結運動の違い

エクササイズの流れ

ストレッチ効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い

ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?

有効となるパートナーストレッチ

ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み

筋トレとストレッチは表裏一体

ストレッチ効果を高める方法

ストレッチの正しい目的

筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い

体が柔らかくなるのしくみ

ストレッチの神経伝達効果

ストレッチの医学的効果について

ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け

ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類

動的ストレッチは筋肉を固くする。

ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果

ぎっくり腰と柔軟性

ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解

ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと

ならないための拘縮予防

危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性

立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?

柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

柔軟性を高めるメリット

柔軟性低下は腰痛の発生を増やす

股関節の柔軟性とぎっくり腰

股関節を反らすストレッチの必要性

ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

腰痛のストレッチはリラックスして行う

腰に良いストレッチには機能解剖が必要

ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なる

ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感

体の動きを柔らかく保つには?

柔軟性とぎっくり腰

ストレッチ運動のポイント

ストレッチ なぜ柔らかくなる

ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ

ストレッチは体温が上昇してから行う

腰痛と体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ

腰痛体操では苦手な方向を取り入れる

腰痛の体操法

金魚運動の効果

団子虫体操

予防のためのラジオ体操は?

ゴムバンド体操

口開け体操の感想

再発防止のための腰を曲げる体操

キャット&キャメル

ラジオ体操の腰痛治療効果

腰を曲げ伸ばしする体操法について

小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる

フィットネスクラブの腰痛体操は?

腰痛防止に野口体操は?

急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操

ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について

ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法

レジスタンストレーニングの基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

過負荷の原則

筋トレ前の大切なこと。

実施時間帯

筋トレ、体にとっての理想的な時間

筋トレの4つの目的

トレーニング、長期的に続けるコツ

筋トレと遺伝

筋トレ、超回復

筋肉量を増やす方法

筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み

筋トレでは筋肉の追い込みが必要

レジスタンストレーニング理論

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

筋トレは1日やって3日休む

筋トレは長期的な腰痛の改善法

ヒップリフトでお尻を鍛えよう。

慢性腰痛の運動は静止性筋収縮

超回復理論の必要性について

多裂筋トレーニングは?

トレーニングビギナーの筋力アップの仕組み

筋力発達の3つの目安

筋トレと筋肉の固さの関係

レジスタンストレーニングの種類

テレビで紹介するトレーニングは無駄

筋トレゆっくり行う理由

筋トレの速度

筋トレと交感神経と副交感神経の作用

有酸素運動

短時間で筋肉を鍛える方法

筋トレの効果を得るためのポイント

筋トレ、クールダウンの目的

筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由

筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安

小筋群だけを選択的に鍛えることはできない

自体重トレーニングの欠点

トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム

筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング

細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?

腰痛とスクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

腰痛にスクワットは有効?

スクワットについて

筋トレメニュー

足腰が衰えても出来るスクワットは?

ウェイトトレーニングのコツ

筋肉に有効な刺激

セット数について

1セットでは不十分

満遍なく刺激を与える方法

最大挙上重量

レベルアップしたときの対策

筋肉量を増やす種類

最大挙上重量

強度

効率的な方法とは?

抵抗の加え方

筋肉に加える抵抗とは?

複数メニュー行う場合は?

降ろしきる動作

ストリクト法

ストリクト法とチーティング法

チーティング法

早い筋トレは難しい

スピードは速すぎず遅すぎず

柔道

柔道を1年で強くするには?

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

柔道で強くなるトレーニング法

柔道は筋トレで強くなるか?

柔道のスタミナトレーニングは?

アスリート向けの内容

筋力を短期間で高める方法

インターバルの重要性

ミドルパワートレーニング格闘技

ミドルパワートレーニング空手

トップアスリートに短期間でなる

トップアスリートの条件

パワーとスタミナを同時に高める

ミドルパワートレーニング方法は?

オーバーワーク

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書