ぎっくり腰専門ユークル整体院

水腎症と腰痛

元気な腎臓

〔目次〕

  1. 水腎症と腰痛
    〔ページ概要〕:
    水腎症は腎臓からオシッコが排出されるルートのどこかが詰まってしまう病気、詰まると腎臓内部にオシッコが溜まって腎臓がパンパンになる。鈍く苦しい痛みを生じる。
  2. 腰痛の原因の一つである水腎症について
    オシッコの通り道が詰まって。
    小水が腎臓内に溜まり、
    パンパンになる。
  3. 考え方経過観察と疼痛緩和姿勢
  4. 水腎症の関連痛エリア腰の広範囲、パンツと腹巻の領域
  5. 水腎症とむくみ
  6. 診断泌尿器科での超音波検査による

※スポンサーCM

腰痛の原因の一つである水腎症について
オシッコの通り道が詰まって。
小水が腎臓内に溜まり、
パンパンになる。

今回は腰痛の中でも稀なもの、
水腎症について考えていきたいと思います。
水腎症は腎臓の障害、
腎臓は血液をろ過して、
水分の調節を行う。
そして要らない水分、
体にとって有害なもの、
こういったものをオシッコとして排出する。
水腎症はどういったものなのか?
ザックリというと
オシッコの通り道が詰まる病気。
オシッコには通り道がある。
腎臓の解剖
腎臓にストローのようなものが出ている、
オシッコはそこを通る。
そこから膀胱へ行き、
さらにストローを通って外に出る。
その途中のどこかで詰まる。
詰まると、オシッコが出ない。
ギュッと通り道で石なんかが詰まる。
するとその先にオシッコが通ってゆけない。
当然だけど出せないオシッコは腎臓の中にドンドン溜まる。
そして遂には腎臓がパンパンになる。
弱った腎臓
そして腰に痛みを起こす。

メニューに戻る

考え方:経過観察と疼痛緩和姿勢

※スポンサーCM

ちなみに内臓から由来する腰痛、
これって本当に少ない。
少ないけどあることはある。
ひょっとして治療家の先生でも、
一生そういった患者さんと
めぐり合わないこともある。
だからせっかく内臓が由来する腰痛を
学んでも役に立たない。
そういったことの方が多いです。
さらには仮に本当に内臓痛から由来する腰痛だった。
こういったときには大部分は自力では歩けない。
私自身は数回見たことがある、
1回は整体師になる前だった。
アルバイト中に上司がそうなった。
完全にうずくまったまま本当に何もできない。
辛うじてしゃべれたけれど
動こうとはしない。
そのまま救急隊員に担架で
運ばれていった。
本当に珍しい。
そして、民間の治療院に駆け込まれる人は
もっと珍しい。
普通は真っ先に救急車を呼ぶ。
たぶん内臓痛がどうだと知っても
一生役に立たない。
そして基本的な考え方は経過観察、
さらには疼痛緩和姿勢。
これが重要だと思います。
一定の期間様子を見る。
症状がなかなか改善しない。
症状が強くなる。
こういったものがあるときに疑ってみる。
さらにはどんな姿勢をとっても痛みが和らがない。
これも内臓から由来する痛みの傾向です。

メニューに戻る

水腎症の関連痛エリア:腰の広範囲、パンツと腹巻の領域

※スポンサーCM

水腎症は幅広い腰の関連痛を出します。
関連痛って、
腰の痛みが色んなところに広がってもたらされる痛み
例えば心臓の関連痛では、
首が痛くなる。
左の腕や胸や背中なども痛くなる。
水腎症の場合はかなり広い範囲にでる。
大雑把な目安だけど、
トランクスを履く、
そして腹巻をする。
このパンツと腹巻、
腹巻とパンツの領域
これぐらいのエリアのどこかに痛みが出る。
かなりの広範囲のどこかに痛みを出すので、
稀な内臓痛の中では真っ先にこれを考えてみるのが妥当だと言えます。
腎臓ってストレスと関係の大きな臓器なので、
現代人の多くが蝕まれていても無理はないのかもしれません。

メニューに戻る

水腎症とむくみ

特徴としてはかなりアバウトだと思いますが、
「むくみ」を上げることができます。
要するには出すべきオシッコが出ない。
すると水分が出ないので体に水が溜まる。
結果的に体がむくんでくる。
ひごろからむくみがちな人は
ちょっと腎臓が疲れているのかもしれませんね。

メニューに戻る

診断:泌尿器科での超音波検査による

そして、診断をするときには、
主には超音波検査を用います。
担当の診療科は泌尿器科。
超音波をお腹に当てると、
お腹の中で結石なんかがあると、
そこで音波が跳ね返る。
そして、他の部分と違いが分かる。
このような仕組みで発見します。
したがって、腕の良いお医者さんや
治療家の先生が、
「これは水腎症だ」
とあっさり見ただけで発見する。
どうもこういったことは難しい。
なので経過観察をして痛みが改善しない。
整形外科なんかにも行ったけど原因が分からない。
そういった方が受診してみると良いかもしれません。

メニューに戻る

※今回の参考文献:「よくわかる腰痛症の原因と治し方」 
著者:中尾浩之(理学療法士)2016年発行。参考ページP48~49

さて、水腎症についてでした。
今回は参考文献「よくわかる腰痛症の原因と治し方」のP48~49を拝見させていただき、
見ていて思ったこと、感じたこと。
こういったことを記させていただきました。
何となく備忘録のような感じの内容になりましたね。

内臓・内科

ぎっくり腰を繰り返す乳癌の母は、骨転移ではないか?

内臓による腰痛の特徴

水腎症と腰痛

ぎっくり腰と泌尿器系由来の疝痛発作

心臓・血管・脈管系

心臓と腰痛が悪い、関係は?

深夜のぎっくり腰は血管収縮によって起こる

心臓機能と腰痛

風邪・感染症

風邪による関節炎

腰痛と勘違いされ易い感染症による関節炎

遺伝と腰痛

ぎっくり腰は遺伝の影響はあるか?

腰痛と遺伝

ぎっくり腰は骨格の遺伝の影響が大きい

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

持上げ動作

力学

筋肉

内科

骨格

その他

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開