荘A[NX̉@

坐骨神経痛に電気風呂は?

結論:相性があるので、合う人にはおすすめできる。

  1. 〔ページ概要〕:
    電気風呂には相性がある。相性が良い人にはオススメできる。恐怖心が強い坐骨神経痛患者にはオススメできない。電気風呂は血流促進、リラックス、体内のエネルギー合成の促進などが期待できる。
  2. 質問坐骨神経痛になりました。
    少しでも良くしたい。
    電気風呂はどうでしょうか?
  3. 回答坐骨神経痛には相性がある。
  4. 判断入ったときに気持良い。
    心地よく過ごせる。
    さらには後日症状の悪化が見られない人は
    入っても大丈夫。
  5. 考慮事項坐骨神経痛の治療は長期的な取り組みが必要。
    無いお金を使ってまで銭湯に通う必要はない。
    お金に余裕のある方が治療ではなく楽しみのために利用するべき。
  6. 電気風呂の効果血流促進、リラックス、エネルギー合成の促進
  7. オススメする人ご婦人や高齢者

※スポンサーCM

質問:坐骨神経痛になりました。
少しでも良くしたい。
電気風呂はどうでしょうか?

今回のご質問は女性の方。
数年前から坐骨神経痛を患っている。
慢性腰痛を改善するために整骨院などにも通っている。
整骨院では電気治療を受ける。
でも通い続けるのも面倒。
そこで思いついた。
「大好きなスーパー銭湯にも
そういえば電気風呂があったぞ!
でも坐骨神経痛に良いのだろうか?

メニューに戻る

回答:坐骨神経痛には相性がある。

では回答に入ります。
残念なことですが、
坐骨神経痛と一口に言っても、
患者様ごとに症状には大きな違いがあります。
どちらかと言うと恐怖心や、
痛みに対しての過敏な反応をする坐骨神経痛もある。
こういった心理的な要素の強い患者様では、
電気風呂に入ることで坐骨神経痛が悪化することがあります。
でも全般的な坐骨神経痛に限って言えば、
症状の緩和に役立つこともあるでしょう。
つまり、
坐骨神経痛の治療には相性がある。
良い人が多いけど全部ではない。
だから自己責任で選ぶことが必要です。

メニューに戻る

判断:入ったときに気持良い。
心地よく過ごせる。
さらには後日症状の悪化が見られない人は
入っても大丈夫。

※スポンサーCM

では、自分の症状は電気風呂が良いのか?
それとも悪いのか?
こればかりは実際に入ってみないと分かりません。
ちょっと入ってみる。
湯船に手足をつけて
温度を確かめてみる。
このときに不快感がない。
そして、心地良い。
気持良く過ごせる。
さらには、お風呂から出た翌日、
数日間に渡り症状の悪化が見られない人。
こういった人は用いても良いでしょう。

ただし、坐骨神経痛にも種類があります。
神経障害性疼痛と呼ばれるものでは症状が悪化することもある。
絶対に湯船に入るときに
「ザブーン」と一気に入らない。
勢い良く入ると症状が悪化したときにすぐに湯船から上がれない。
とても危険です。
様子を見る。
そして慎重に入る。
ちょっとでも症状が悪化するようなら止める。
こういった判断が必要でしょうね。
また、当然ですけど他に持病をお持ちになられる、
こんな場合も気をつけましょう。
事前に担当医の指導をしっかり受けるべきです。

メニューに戻る

考慮事項:坐骨神経痛の治療は長期的な取り組みが必要。
無いお金を使ってまで銭湯に通う必要はない。
お金に余裕のある方が治療ではなく楽しみのために利用するべき。

また、幾ら坐骨神経痛の症状の緩和に電気風呂が良いと感じたとしても、
やはり坐骨神経痛はそれなりに長い付き合いになります。
1回2回銭湯に通って良くなるものではありません。
皆さんが少しでも良くしたいと思って、
無い袖を振ってまでお金を工面する。
無理をして通う。
そこまでする必要はありません。
こういった方法に着手するのはあくまでも、
お金に余裕のある人、
そしてお風呂が大好きな人
こういった人にオススメできます。
坐骨神経痛は少なくとも心理的な影響が大きいです。
少しでも皆さんが精神的にリフレッシュすることが出来るもの。
心やすらぐことに取り組む。
これが大切でしょう。

メニューに戻る

電気風呂の効果:血流促進、リラックス、エネルギー合成の促進

ちなみに数字の根拠は示せませんが、
電気風呂にどういった効果が期待できるのか?
これはやはり風呂の温熱作用、
体は温められると血流が活発化します。
そして、電気のピリピリによるリラックス効果。
心地よい電気のシャワーが体中から力を抜いてリラックスへと導きます。
そして、体は温かくなるとエネルギーの合成が活発化されて
筋肉の力が高まる。
これによって足腰の負担が軽減されることもあります。

メニューに戻る

オススメする人:ご婦人や高齢者

また、オススメする人について。
やっぱり高齢者や女性です。
皆さんオフロが大好きですからね。
若い男性の方でしたら体を鍛えることをオススメしたい。
でもご高齢者や女性には無理はできない。
運動をすれば怪我をすることもある。
選べる選択肢としては安全を最優先しないといけません。
そして少しでも楽できることを選ぶのも必要。
やっぱり頑張った自分へのご褒美だと思うと、
日々の生活にもメリハリが出て治療にも身が入るはずでしょう。

メニューに戻る

ご覧になってくださいましてありがとうございました。
このページは皆様のお役に立てましたか?
坐骨神経痛の治療って本当に相性が大きいです。
足腰の痛みに恐怖心を多くの方が抱いている。
恐怖心が強まるようなことは絶対に止めましょう。
逆に大好きなこと、
気分がリフレッシュできること。
こういったことは是非取り組んでみるべき。

坐骨神経痛って結局こういった
「楽しめること」
これが一番重要なんですね。
高齢者とお風呂

ご高齢になると、
食べることも、
旅行に行くことも、
運動をすることも、
色んなことが出来なくなります。
持病によって楽しみが限られる。
楽しいことが無いって、
塞ぎこんだ生活になりがち。
坐骨神経痛を悪化させる最大の要因だと言えます。
お風呂は色んな持病を持った高齢者が取り組める
最も良いものだと思います。
僕もお風呂は大好きですよ。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書