ヘルニア手術後、反対側の腰の痛み

  1. 〔ページ概要〕:
    椎間板ヘルニアで手術後に反対側の腰に痛みが出た。多くの場合は手術の失敗ではない。体の劣化がすでに全身に及んでいたから。いつどこが壊れても不思議はないから。痛みは複数個所同時に認識できない。だからこそ手術後に別の箇所の痛みを改めて認識したのだろう。
  2. 質問ヘルニアの手術を受けた男性、
    治ったと思ったのに反対側の腰が痛くなった。
    どうして?
  3. 回答手術はそもそも関係ない、
    腰痛になる人は総じて体力水準が低いから。
  4. 手術後に痛みが起こった理由
    複数個所の痛みがあったとき、
    それを同時に感じることができないから。
  5. 考え方慢性腰痛患者には起こりやすい現象。
    治療家はそのことを把握し、事前に説明することが理想、
    しかし、現実的には難しい。

※スポンサーCM

質問:ヘルニアの手術を受けた男性、
治ったと思ったのに反対側の腰が痛くなった。
どうして?

今回のご質問内容です。
ヘルニアの手術を受けた男性、
手術は成功した。
その後患部の痛みはない。
でも最近問題が起こった。
それは反対側の腰の痛み、
術前は左が痛かった、
今回のは右、
どうして起こったの?
手術が失敗したのか?
分からない。
教えて欲しい。
どうして反対側に腰の痛みが出たの?

メニューに戻る

回答:手術はそもそも関係ない、
腰痛になる人は総じて体力水準が低いから。

※スポンサーCM

では回答に入らせていただきます。
ご質問者様はこう思っている。
「きっと手術が失敗したのでは?」
でも違う。
手術ってそんなに失敗しない。
一説では失敗する確率は5%前後あるっていう。
でも、ヘルニアの場合はきっと失敗は考え難い。
勿論僕の言うことは一個人の見解だと思ってもらいたい。
確たる根拠はない。
手術の失敗ではない。
では何が関係するのか?
それは、もともとの体のコンディション、
コンディションが大きく関係する。
ヘルニアを患う人、
この人たちは共通点がある。
総じて、もともとの体力水準が低い。
もちろん筋肉がしっかりある人もいる。
でもそういった体力ではない。
平衡感覚や安定感、
柔軟性など、ちょっと見ただけでは分からない体力、
また、体に加わっている疲労、
体に加わるストレス、
体に加わるダメージ、
こういったものが積もり積もっている。
キミは左側のヘルニアを手術で取り除いた。
その後右側に腰痛が出た。
でも、右に腰痛が出たのは決して不思議はない。
そして、反対側だけではない。
例えば膝を痛めることだってありえる。
足を患うことだってありえる。
肩をわずらうこともある。
首を患うことだってありえる。
それは、色んなマイナス要因を併せ持っているから。
どこを患っても決して無理はない。
そう思うと良い。
つまり、キミはもともとこうだった・・・
全身が弱っていた。
そう考えることが妥当なんだ。

例えてみる。
車の故障を例に挙げよう。
例えばエンジンが壊れた。
修理工場に持っていった。
部品を取り替えた。
このぐらいの時期になると
必然的に他の部品も劣化している。
タイヤも磨り減っている。
ブレーキも甘くなる。
バッテリもヘタっている。
腰は体の中枢機関、
それが痛みを生じるってことは、
他の部位も比例している。
比例して壊れかかっている。
そう考えることが妥当なんだ。
つまり、腰の治療だけではない。
本当は全身をオーバーホールしないといけない。

メニューに戻る

手術後に痛みが起こった理由:
複数個所の痛みがあったとき、
それを同時に感じることができないから。

※スポンサーCM

元々体が弱かったことは分かった。
いつどこに痛みが起こっても無理がない。
それも分かった。
でも納得がいかない。
どうして手術の直後に起こるのか?
偶然にしては出来すぎている。
そんなタイミング良く起こるものか?
そう思えてしまう。
ではこれについて説明しましょう。

すると、痛みの仕組みに着目すると良いです。
これまでにも痛みに関する記事は色々書きました。
関連するものをご覧になってみてください。

考えられることは色々ある。
代表的なものを上げます。
すると、痛みを感じる仕組みが関係します。

人は当然だけど脳で痛みを感じる。
でも脳はそんなに詳しく痛みを認識してはいない。
漠然と痛みを認識している
例えば複数個所同時に体に刺激を与える。
針で体の表と裏を同時にプスッと刺す。
すると不思議だけど、
両方を認識できない。
片方の痛みしか脳は感じられない。
もう一方の痛みは脳をすり抜けて行く。
二つ以上の痛みが起こると、
どちらか一方しか認識できない。

つまり、こう考えることが出来る。
キミはヘルニアだった。
最初は左の腰が痛かった。
でも本当は右にも痛みはあった。
でも脳は左しか感じ取れない。
右は脳をすり抜ける。
手術を受けて左の痛みが治まる。
すると今まですり抜けていた右の痛み、
これを脳がキャッチする。
だからタイミング良く右にも痛みが起こった。

メニューに戻る

考え方:慢性腰痛患者には起こりやすい現象、
治療家はそのことを把握し、事前に説明することが理想、
しかし、現実的には難しい。

これってやはり考え方が重要です。
ある程度症状の進んだ人、
慢性腰痛患者では起こりうること。
たまたまヘルニアの患者さんだけに起こるものではない。
結構良くあることなんだ。
ザラにある。
手術だけでなく、
民間療法の現場でも起こりうること。
だから、そういったことを出来るだけ説明する。
患者さんに対して治療家は事前に説明する。
そうして、誤解を防止する。
それは理想。
でも治療中は先生も必死になって頑張っていると思う。
病院のお医者さんだってそう。
こういった不可解なことは、
他にも沢山起こりうる。
説明しだすと切がない。
仮に紙に詳しく記す。
書いて読んでもらえば、
患者さんも把握できる。
でも、相当な情報量になる。
その全てが患者に起こりえない。
そんなの患者が目を通したら、
頭がパンクする。
頭がパンクした患者
それは本当に枝葉の情報です。
もっと大切なこと、
もっと患者に優先して伝えるべきこと。
一杯ある。
そんな起こるか起こらないか分からない先のことよりも、
いま現在の患者に対して全身全霊で向き合うべき。
だから、いちいち説明できないことだってある。
そこまで気配りすることは現実的ではない。
したがって事後に症状が現れた、
そのときになって改めて説明する。
そうなっても仕方の無いこと。
僕はそう思う。

メニューに戻る

ヘルニア手術

結論:手術は無駄だった

  1. ヘルニア手術後、いつからお酒を飲んでいい?手術の術式にもよるが半年はやめた方がいい。
  2. ヘルニアの手術後、予後が悪いか?スッキリ良くなった人はまずいません。
  3. ヘルニア手術後、いつから重いもの持っていい?それは担当医に聞いた方がいいですよ。
  4. ヘルニア、手術後に気をつけること椎間板ヘルニアとは椎間板がつぶれて飛び出す病気。3大原因があり①肥満、②筋力不足(やせ)、③日常姿勢、姿勢においては生理的彎曲姿勢が重要。
  5. ヘルニアの手術後の予後は良いのか?手術そのものは成功することがほとんど。しかし、実際の患者さんの口から「成功だった」、「失敗だった」両者の感想を見てきました。
  6. ヘルニアで筋力低下した。手術は?本当に緊急性があるなら構わない。しかし、もう少し専門家の意見を聞いた方が良いと思う。
  7. ヘルニアの手術後に痛みが悪化した手術の失敗であるとばかりは言えない。腰の痛くなる原因がヘルニア以外のものだった可能性がある。
  8. ヘルニアが筋力低下させるのではない。恐怖心が筋力を弱める恐怖心を抱いたときに人は足がすくんでしまい力が入らなくなる。
  9. ヘルニア手術後、反対側の腰の痛み腰椎椎間板ヘルニアは元々筋肉が原因、手術を受ける患者の筋力レベル、これは総じて低い。反対側はもちろん、体のどこに痛みが出ても無理はないだろう。
  10. ヘルニアの手術後に腰痛になった。なぜ?手術によって痛みが改善するというのは近年間違っているのではと見直されている。
  11. 椎間板ヘルニア手術後の生活まずは傷口が開かないように注意すること。手術後の縫合部分に負担を掛けないようにするべき。1年ぐらいは重たい物を持たないほうが良い。
  12. 椎間板ヘルニアでどうしても手術を受けたくない2ヶ月の経過観察で改善することもあるが早期の復帰を望む場合は考慮に入れる必要がある。整体を受けることで治ることもある。
  13. 椎間板ヘルニアは手術後どうなりますか?手術後半年~1年後に多くが再発している。あくまで対処療法
  14. 椎間板ヘルニア手術後に再発するの?安静だけで過ごすと再発しやすいので、手術直後はLICEMITの原則①安静、②冷却、③圧迫、④挙上、⑤投薬、⑥注射、⑦牽引を行い、慢性期に入ってからはHERAの原則に基づき①温熱、②運動療法、③気分転換、④日常生活動作の改善を行う
  15. ヘルニアは将来必ず手術が必要なの?加齢による椎間板の変性がときに腰椎の安定性につながることもある。
  16. ヘルニアの手術の必要性排尿排便困難、筋力低下、保存療法で改善が見込めないなど
  17. ヘルニア手術後にぎっくり腰になった手術が根本療法であると思い込んでしまっている。手術は椎間板の飛び出したところを切除しているだけであり、椎間板がつぶれる原因である根本原因を改善しているわけではあらず。
  18. ヘルニア手術後 立ち仕事椎間板ヘルニアの手術後すぐに立ち仕事に復帰することはやめましょう。
  19. ヘルニアの手術後にすぐ力仕事は?手術した部分に負担が加わり大変危険であり、ヘルニアの再発にもつながる。可能であれば完治まで休職し、無理ならば配置転換などを願い出る必要もある。それすらも無理な場合は普段以上に慎重に作業しましょう。
  20. ヘルニアで手術後の引越し予定の変更ができないときには完全お任せパックを使ってみると良い。また、運び入れた荷物の整理などは腰が完全に癒えてから少しずつ行っても良い。
  21. ヘルニアのレーザー治療は?レーザーは無駄なところをヤケドするリスクがあり、正確性を欠く。
  22. ヘルニア手術後 少しずつ筋力が戻るのはなぜ?それは、痛みのトラウマの記憶が少しずつ忘却されているからだろう。
  23. 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は手術無しで治る?長期の安静と姿勢の意識で改善されることもある。
  24. ヘルニア患者の手術の判断無理矢理強制されることはない。

その他ヘルニア関連情報

ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

ヘルニア手術

結論:手術は無駄だった

ヘルニア手術後、いつからお酒を飲んでいい?

ヘルニアの手術後、予後が悪いか?

ヘルニア手術後、いつから重いもの持っていい?

ヘルニア、手術後に気をつけること

ヘルニアの手術後の予後は良いのか?

ヘルニアで筋力低下した。手術は?

ヘルニアの手術後に痛みが悪化した

ヘルニアが筋力低下させるのではない。恐怖心が筋力を弱める

ヘルニア手術後、反対側の腰の痛み

ヘルニアの手術後に腰痛になった。なぜ?

椎間板ヘルニア手術後の生活

椎間板ヘルニアでどうしても手術を受けたくない

椎間板ヘルニアは手術後どうなりますか?

椎間板ヘルニア手術後に再発するの?

ヘルニアは将来必ず手術が必要なの?

ヘルニアの手術の必要性

ヘルニア手術後にぎっくり腰になった

ヘルニア手術後 立ち仕事

ヘルニアの手術後にすぐ力仕事は?

ヘルニアで手術後の引越し

ヘルニアのレーザー治療は?

ヘルニア手術後 少しずつ筋力が戻るのはなぜ?

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は手術無しで治る?

ヘルニア患者の手術の判断

その他ヘルニア関連情報

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)