ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰の冷やす効果について

氷

結論:冷やす刺激そのものが脳で、痛みを紛らわしている

  1. 概要:「冷やすと血管が収縮して腫れが収まる」こう言われるが、近年では温めるのも冷やすのも同じ効果であり、刺激そのものが痛みを和らげるのだとされる。
  2. 理論上の効能血管を収縮させて腫れを抑える。
    故に痛みが和らぐとされる。
  3. 実際の効果炎症を抑えることよりも、冷たい刺激が痛みを紛らわす。
    鎮痛の方が影響が大きい。
  4. 考え方冷やす温めるではない、刺激そのものが痛みを抑える。

※スポンサーCM

ぎっくり腰に陥ると今でも
「冷やすと良い」
と世間一般では言われます。
私共も出張治療で患者様のもとへと向かう。
そのときに多くのご家庭でやっぱり見かける。
患者様がアイスノンを腰に当てている姿を。
「母からそう言われた」
「友達がそう言っていた」
「昔、テレビで見た」
患者様は冷やす理由をそのように答える。
でも最近の医学書、
腰痛本、
医学番組、
そういったものではあんまり言われない。
ぎっくり腰は冷やせって近年では言わない。
それは冷やす効果が見直されたから

では冷やす効果って何なのか?
考察してみましょう。

理論上の効能:血管を収縮させて腫れを抑える。
故に痛みが和らぐとされる。

医学書や一般書では冷やす効能についてこのように記されます。
「冷やすと腫れが引く」
「過剰な血流を抑える。」
「炎症が和らぐ」

私も治療家の学校に通っている時代にはそのように教わりました。

メニューに戻る

実際の効果:炎症を抑えることよりも、冷たい刺激が痛みを紛らわす。
鎮痛の方が影響が大きい。

※スポンサーCM

では、実際の効果はどうなのか?
確かに血管が収縮して腫れを抑える。
炎症を抑える。
そういった効果はある。
でもそれはごく限られた効果。
本当はもっと影響が大きいものがある。

それは冷たい刺激
冷やせば当然、
キーンとなる。
このキーンという刺激が脳に届く。
すると腰のズキズキした刺激が脳に届かない。
だから痛みを感じなくなる。
痛みが治まった。
そう思えてしまう。

メニューに戻る

考え方:冷やす温めるではない、刺激そのものが痛みを抑える。

つまり、突き詰めて考えるとこうです。
冷やす、
温める、
そんなことはどちらでも良い。
体にとって大して影響に差はない。

温めるホカホカした刺激であっても 。
冷やすキンキンした刺激であっても。
刺激が脳に届けば痛みがなくなったように錯覚する。

※スポンサーCM

逆に言えばその場の苦痛を凌ぎたい!
そんなときにはどちらでも良いから
適度に刺激を与える。
熱すぎもせず、
冷たすぎもせず、
刺激を適度に与えると痛みを抑えることができる。
すると変わったことが起こる。
痛みが和らぐけど、
それ以上に安心するから体の緊張も抜ける。
緊張が抜けると体の動きが大きくなる。
可動域が広がる。
楽に動けるようになる。
冷やしたり温めることにはこんな効果が期待できるのです。

メニューに戻る

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開