荘A[NX̉@

ぎっくり腰を早く治す

結論:炎症箇所に加わる刺激を減らすこと

〔目次〕

  1. ぎっくり腰を早く治す。〔ページ概要〕:ぎっくり腰では腰部に炎症がある。
    でも炎症だけなら痛くない。
    炎症箇所が刺激を受けるから痛みを発するのです。
    刺激を与える要因に着目して痛みを緩和させることを整体では行ってます。
  2. ぎっくり腰を早く治す条件
    ①患部を安定化させる。
    ②体の緊張を減らす。
    ③痛みを感じ難くさせる。
  3. なぜぎっくり腰が早く治るのか?
    :痛みの仕組みに着目しよう。
  4. 痛みの原因は炎症による。
    科学反応によって感覚が敏感になっている。
  5. 着目すること炎症だけでは痛くはならない。
    炎症箇所に刺激が加わるから痛みが起こる。
  6. 刺激はなぜ加わるのか?:
    体に不必要に入った力による。
    自らの力によって痛みが起こる。
    反射によるもの。
  7. 反射の注意点:意図的に発動を抑えることは出来ない。
  8. 参考整体は絶対の仕組みを持つ反射を利用する。

※スポンサーCM

ぎっくり腰を早く治す条件:
①患部を安定化させる。
②体の緊張を減らす。
③痛みを感じ難くさせる。

ぎっくり腰を早く治したい!
ならば3つのことを心がけます。
1つは患部を安定化させること。
つまり、痛いところを刺激させない。
2つ目は、体の力を可能な限り抜くこと。
体には無意識で色んな力が入ります。
力が入ると患部に痛みが走る。
この力、意図的に抜くことは出来ません。
なぜなら、反射によってコントロールされているから。
だから、整体では反射を利用する。
そうすることで、力を抜いている。
3つ目は、整体によって、痛みを感じ難くさせること。
これらを心がけます。
痛みを感じ難くさせることは湿布を貼ったり
氷で冷やしたりと炎症を抑える。
整体でも痛みの感じやすさをコントロールしている。

難しくはありません。
自分で試行錯誤する必要もありません。
全て整体院へとご依頼ください。

メニューに戻る

なぜぎっくり腰が早く治るのか?
:痛みの仕組みに着目しよう。

※スポンサーCM

ぎっくり腰になった!
「うぅ~腰が痛い!」
出来るだけ早く治したい。
どうしたら良いのだろうか。

このときには痛みの仕組みに着目することが必要です。

どうして腰に痛みが起こるのか?

簡単にその仕組みについてご説明いたします。

メニューに戻る

痛みの原因は炎症による。
科学反応によって感覚が敏感になっている。

簡単に申し上げます。
すると、ぎっくり腰では腰に炎症が起こる。
炎症とは一種の科学反応。
難しい仕組みは知る必要ありません。
科学反応の結果何が起こるのか?
それは、腰の感覚が鋭敏になる。
感覚が敏感になって痛みを感じやすくなる。

メニューに戻る

着目すること:炎症だけでは痛くはならない。
炎症箇所に刺激が加わるから痛みが起こる。

着目するべきことがあります。
それは、炎症が一種の知覚過敏を起こす。
でも、炎症だけでは痛みは起こらない。
炎症箇所に何らかの刺激が加わる。
知覚過敏のところに刺激が加わるから激痛が起こる。

「触らぬ神に祟り無し」
と言いますが、炎症もこの通り。
触らぬ炎症に痛み無し」です。

メニューに戻る

刺激はなぜ加わるのか?:
体に不必要に入った力による。
自らの力によって痛みが起こる。
反射によるもの。

では、どうして炎症箇所。
ここに刺激が加わるのでしょうか?
それは、多くの場合共通点があります。
ぎっくり腰になった人、
腰痛持ちの人を良く観察しましょう。
するとすぐに分かる。
不自然なほど体が力んでいる。
恐怖で全身が縮み上がってしまうことも多い。
こういったものは心理的な要因もあります。
でも、それだけではない。
体が力んでしまう要因は多くは反射というもの。
反射って、例えば焼けた火鉢に手を入れてみる。
火鉢
すると
「熱いっ!」
って思う前に手をサッと引っ込めている。
こういった反応が体に備わっている。
このことを反射と呼びます。
人の体には無数の反射が備わっている。
特定の条件が特定の反射を起こす。
この反射によって体に力みが起こる。
反射が強く起こりすぎる。
すると体が力む。
力みがあると炎症箇所が刺激されやすくなる。
だから腰が痛いんです。

メニューに戻る

反射の注意点:意図的に発動を抑えることは出来ない。

※スポンサーCM

「なあ~んだ!力むから痛いんだ!」
「じゃあ、体の力を抜けば良いんでしょ!」
そう思うことでしょう。
でも、そう簡単にはいかない。
なぜなら反射は例外なく誰にだって起こる
そんな反応なのだから。
例えば君が、
一生懸命に力を抜こうとした。
でも、特定の部分に刺激を与える。
反射が起こる条件を与える。
すると意図に関係なく反射が起こる。

体をくすぐると、こちょばい。
くすぐる
思わずのけぞってしまう。
あれも反射。

反射には絶対に例外はない。

正常な人間なら絶対に起こる。
インターネットや本を読む。
すると「絶対」って言葉は
なかなか見ない。
断言することってなかなか難しい。
でも反射だけは絶対なんです。
繰返します。
絶対なんです。

もし仮に、例外があったとしましょう。
火鉢に手を入れても反射が起こらない。
そしたらどうなるか?
きっと大火傷をする。
火傷

だから、例外を作らない。
意図して反射を止めようとする。
でも、万人が反射を起こす。

それだけ強力なシステム。
これが体には備わっている。

メニューに戻る

参考:整体は絶対の仕組みを持つ反射を利用する。

反射は意図して防ぐことは絶対に出来ない。
逆にいえば反射を上手く利用すればどうなるか。
もうお分かりでしょう。
反射という絶対の仕組み。
万人に通ずる絶対の理論。

スッキリ

先にも述べました。
反射は無数にある。
無数にあるが故に複雑。
単純な体の操作の中にも反射は隠れている。
だからこそ、プロの施術が必要なんです。

メニューに戻る

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門