荘A[NX̉@

ぎっくり腰では長時間トイレに行けず辛い

ぎっくり腰で注意することは腰の痛みによってお手洗いに行けないこと。長時間トイレに行けぬ状態を我慢していると体が力んでしまい膀胱炎や便秘、体の硬直などによって施術の妨げとなる。急にお腹の力が抜けたときに貧血に陥ることもあるので気をつける。

※スポンサーCM

ぎっくり腰では、あまりの痛みのためにお手洗いを我慢していることが多い

なぜお手洗いに注意を払うのかと申しますと多くの患者様はぎっくり腰で自由に身動きが取れなくなることでお手洗いに行くことができなくなってしまうからです。痛みのためにずっと用を足せず我慢していることは多いです。

我慢していることは精神的なストレスともなる。

ぎっくり腰では受傷してから我々整体師に緊急連絡をし、現地に駆けつけるまでにすでに半日以上が経過しているようなこともございます。このように我慢をされておられるときには、精神的なストレスとなってしまうことがあります。不安や恐怖、ストレスによる攻撃的な感情、不快な思い、など感情のコントロールが難しくなります。

我慢し続けることで便秘、膀胱炎、腹膜炎、貧血、ショック症状などを起こすこともある。

また、感情的に不快になるだけの問題ではなく医学的なデメリットも沢山あります。例えば小水が溜まりすぎてしまうことで膀胱炎を起こしてしまうこともございます。お腹に溜まった塊が固まってしまい便秘になることもございます。常に全力でお腹に力を入れ続けていることで次第に腹膜炎を起こしてしまう可能性もございます。また、お腹に力を入れ続けているとお腹に血液が全力で集まってくるため、時には貧血を起こしてしまったり、ショック症状(気絶)してしまうこともあるのです。

実際に術後にお手洗いに行きふら付いてしまうこともある。

※スポンサーCM

私どもはこういったお手洗いを我慢している状態は施術にはデメリットになるだろうと考えておりますので事前に済ましていただくことをご提案し、術前にお手洗いまでの移動を介助して差し上げることもあります。

また、術後にトイレに行かれることもありますが、このときには体力の衰えているご老人やご夫人の場合ですと、済ました直後にこれまでお腹に力が入りすぎていた状態から急激に全身に血液が巡り出すことで貧血に陥ることもあるのです。瞬間的に気を失ったようにフラフラと力尽きてふら付いてしまうことがございますので、ご婦人が転倒してしまわぬようにご主人にはおトイレの中にまで付き添いをお願いすることもあるのです。

施術にもマイナスとなる。力んでしまい妨げになる。

このような我慢している状態は整体施術にも大きなデメリットとなりえます。なぜなら我慢しているときには常にお腹周りに力が入っております。この力が入っていることが施術の妨げになってしまうわけです。

腰周りが硬直してしまい、矯正術などが使えなくなってしまう。

例えば妨げになる例としましては、傾いた骨盤を土台から矯正するときなどに腰周りが硬直していると矯正術のうちいくつかのものは操作を妨げられてしまいます。また、点穴療法などを用いる場合であってもせっかく過剰な防御反射が解消できても、すぐに力んだ部分が硬直しだしてしまうこともあるのです。

※スポンサーCM

中には泣き出していて施術にならぬこともある。

施術を先にある程度実施すれば介助の手間をかけず、ご本人も楽に一人でお手洗いができるだろうと、先に施術が可能かを患者様に質問したこともございます。ところが半日近く出したいものを我慢しているときにはすでに顔に冷や汗と涙を浮かべ『今すぐ行かせてください』と必死になって訴えられることもあります。このような状態ではまともな施術にはなりませんので、速やかにお手洗いまでの移動を介助しているのです。

我慢している状態が長時間にわたるときには術後もお腹が過敏になっているため、コルセットなどは用いないようにする。

また、このように長時間に渡ってお腹が不快な状態が続いておりますと術後もしばらくの間、お腹が過敏になっております。このときには、腰痛バンドなどの体に巻き付けるような装具は腹部を圧迫してお腹を刺激してしまうことがあるので、ご婦人やご高齢者の場合ではその人の体力の度合いを見て、お腹の調子が改善するまでは腰部に巻き付けるコルセットなどのバンドを用いぬようにお願いすることもあるのです。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門