荘A[NX̉@

ヘルニアで立ち仕事をしたら悪化

結論:ナッケムソンの理論を知るべき。

正しい腰のケアをせずに立ち仕事に復帰すれば確実に悪化させる。
腰痛は知識で治す必要がある。
専門家の指導が必須。
短絡的な対処法を知るだけでは対応は不十分。
整体による矯正。
それとともにナッケムソン理論を知る。
ヘルニアについて必要なことを学習しましょう。

※スポンサーCM

正しい腰部のケアをせずに立ち仕事に復帰すれば確実に悪化します。

慢性的な腰椎の椎間板ヘルニアをお持ちであると思います。私はぎっくり腰や一時的な腰痛症であれば何度か患ったことがありますが慢性腰痛ではありません。しかし、できるだけ腰痛の本などで知りえたことや専門家としての意見を述べさせていただければと思います。ということで、皆様が一番興味をお持ちになられているのは『ヘルニアでこのまま立ち仕事を続けて悪化しないだろうか?』という不安ではございませんでしょうか?ではこれについて述べますと、『正しい腰痛のケアをしなければきっと立ち仕事によって悪化することでしょう。』という回答とさせていただきたいと思います。

腰痛とは頭で防ぐもの、闇雲に不安にかられているだけでは何も進展が得られず。

慢性腰痛をお持ちの方に日頃どういったケアをしているのか?どんな姿勢に気をつけているのか?という質問を何度かしたことがありますが、これといったケアをされている方は少なく、精々が腰が辛くなったときに整体やマッサージを受けるというぐらいが多くの方の現状でした。人によっては湿布を貼るとか、マッサージ器に当たるとか、お風呂に入るとかいろいろな意見がありましたが、ほとんどの場合は具体的な対策を実施されておりません。

そして、皆様の多くの方が実際にされていることは『腰痛にならぬように!』と神経を尖らせて、恐るおそるゆっくりと動作をされるぐらいなのです。

ここで皆様におすすめしたいこととしましては、『どういった対処が必要なのか?』とか『立ち仕事で悪化しないだろうか?』と闇雲に不安を抱くことではなく、皆様がお住いのご近所にある図書館などへ足を運んでいただき、腰痛に関してしるされている文献をご覧になっていただければと思います。もしくは時間が取れぬ方や本を読む手間が面倒に思える方に関しましてはどうか私どもの元までお越しになって直接指導を受けていただければと思います。指導を受けていただければ時間を掛けて丁寧に出来る限りご説明いたします。

では、なぜ立ち仕事で悪化するのかということについてご説明したいと思います。

立ち仕事で悪化するのではなく、危険な姿勢を知らぬことで悪化する可能性が高い

皆様は立っているから腰を痛めると思われておりますが、実際はそのようなことは理論上ありません。なぜかと言いますとそれがナッケムソン理論となるからです。

※スポンサーCM

腰椎椎間板ヘルニア負担を加えるナッケムソン理論を知りましょう。

では、危険な姿勢というものがどういうものかについて触れさせていただくこと以下のような図になります。

ナッケムソン理論

この図では腰椎の椎間板部分に加わる負担をそれぞれの姿勢のときにどうなるかを示しておりまして、真っ直ぐ立っているときの椎間板の負担を100%すると別の姿勢ではそれぞれ以下となります。

  1. 仰向け25%
  2. 側臥位75%
  3. 立位100%
  4. 立位にて前屈150%
  5. イスに背筋を伸ばした状態で腰掛ける150%
  6. あぐら150%
  7. イスに腰掛けて前屈200%
  8. 足の裏を床につけた状態で行う腹筋運動215%
  9. 立位にて前屈して重たい物を持つ215%
  10. 座位にて前屈して重たい物を持つ250%

※スポンサーCM

どうでしょうか?ナッケムソン理論では腰椎の椎間板に加わる負担がどの程度かを示しておりますが、皆様が恐れてい立位姿勢とはそもそも負担は100%でしか無いのです。それに対して皆様が日常でお過ごしになっておられて全く不安を感じることのない背筋を起こして座位になっていたり、床にあぐらを欠いていたり、何気なく中腰の動作を取っていることの方が圧倒的に腰に加わる負担は大きいのです。(注意:ここでいう腰の負担とは腰部の椎間板に与える負担のことを示しており、筋肉の疲労度や足の負担を言っているのではありません。)

ただし、皆様はこれまでそういったことをお知りになられませんでしたので、きっと闇雲に不安に駆られてしまいこういった何気ない動作で腰にストレスが生じていることには気が付かないことでしょう。

短絡的な対処をするのではなく専門家のアドバイスを求めましょう。

ということで皆様に御願いしたいことは腰痛防止のための学習です。腰痛とは短絡的な対処、例えば『立ち仕事でヘルニアが悪化しないか?』という不安であったり、『○○ジュースは腰痛に良いですか?』などという短絡的な知識を幾ら知識として詰め込んでも実際のところは他に全く応用が効きませんので状況が変化するたびに大きな不安を感じてしまうものです。

当院ではきちんと『腰痛についての基礎知識を教えて貰いたい』と事前に願い出ていただければそういったお話にも対応いたしますので是非ともご相談いただければと思います。

1回の個人レッスンで2時間ほどの予定を組ませていただき、一般の素人の方にもご理解いただけるように説明をさせていただきます。

とりあえず御願いしたいこと、今のまま立ち仕事に復帰すると腰を痛めます!復帰は諦めましょう。

ヘルニアになって職場復帰を願うときには腰椎の椎間板ヘルニアの飛び出した塊を手術で取り去っても充分ではありません。整体によって変形した椎間板の矯正をして本来の形状に整えることも必要ですし、それとともに再発防止のための日常ケアや気をつけるべき姿勢、今のお体の問題点をきちんと見つけることが必要になります。そういった手間を面倒くさがって『大丈夫か?』という結果だけを求めても確実に悪化します。どうか安易な判断をされぬようにお願いしたいと思います。

また、どうしても止むを得ず無理をおして復帰されるのでしたら、せめて腰痛防止用のコルセットだけでもご利用いただくことをご提案させていただきたいと思います。

腰痛と職場・会社

ぎっくり腰は若者に多い。仕事が忙しくて腰のケアが出来ないから

腰痛の職場復帰の目安

競争社会を求めるとストレス腰痛に蝕まれる

社会的な理解

すぐに陥ってしまい勤めることができません。

勤務中の腰の負担の和らげ方

仕事中に出来る腰の疲労の解消法

腰痛対応で立ち飲み居酒屋店の売り上げUP

仕事中にラジオを聞くと腰痛が治る

ハイヒールを履く職場での腰痛対策は?

絶対に治らない腰痛

ハードワークの過労によるもの

勤務中に出来るぎっくり腰防止法

腰痛防止で考慮するべき職場環境

ドライバーと腰痛

ピザ屋のバイクを運転してます。しばらく運転しておりると腰が痛くなります。

トラックドライバーがぎっくり腰

配送業でぎっくり腰になった

配送業の男性のもの

デスクワークからドライバーに転職したら慢性腰痛になった

力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事の腰痛対策の限界

激しく体を動かす肉体労働の場面で起こるギックリ腰

建設業男性、短い睡眠でハードな仕事をする

建設業

大工の症例

力仕事のぎっくり腰セルフチェック

力仕事を我慢し続けると慢性腰痛になる

ぎっくり腰で引越ができません。

肉体労働者が腰を痛める原因

肉体労働者の腰痛防止のストレッチ

土木工事で腰を痛めないようにする姿勢

重たい台車を押す方法

勤労者の疲労原因

力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態

肉体労働者のぎっくり腰、関節軟骨の破綻の原因

農業

田植えのヘルニアは?

農業での防止

畑仕事で腰が痛い

腰を痛めないための畑仕事の姿勢は?

農業の腰痛の防止法

立ち仕事の腰痛対策

結論:こまめに腰を下ろして休む。

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

ヘルニア 立ち仕事 悪化

腰痛で立ち仕事つづけると?

立ち仕事の腰痛の意外な原因

立ち仕事は腰が弱くなりますか?

美容師の腰痛対策は?

立ち仕事の腰痛防止で注意するべき動作

ガードマンの腰痛防止は足を左右に開く

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

立って作業をすると腰が痛くなる

立ち仕事と座り仕事の腰痛の違い

立ち仕事は背面、座り仕事は表面の筋肉を酷使し、ぎっくり腰になる。

ウェイターの腰痛対策は?

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

飲食店の方のぎっくり腰予防には?

美容師男性の腰痛対策とは?女性客の頭の位置を高くすること

腰痛ビジネステクニック

腰痛を治すのではなくビジネススキルを高めることで、腰痛にならずに済むようにする。

腰痛の負のスパイラルの形成過程

下手なマーケティングはするな!

ストレスによる腰痛を減らす確実な方法

加賀田流3つの意識

金持ちほど他人に乞い、貧乏人ほど乞わない

仕事の安定感を得る方法

ネットサーフィンを止めると腰痛対策になる

腰痛とライフワークバランス

インプットとアウトプットのバランス

単調な作業は隙間時間にやる

仕事の集中力を高める腹筋運動

坐骨神経痛はビジネステクニックでは防げない

仕事の疲労を軽減する方法

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

職業選択

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛と職場・会社

ぎっくり腰は若者に多い。仕事が忙しくて腰のケアが出来ないから

腰痛の職場復帰の目安

競争社会を求めるとストレス腰痛に蝕まれる

社会的な理解

すぐに陥ってしまい勤めることができません。

勤務中の腰の負担の和らげ方

仕事中に出来る腰の疲労の解消法

腰痛対応で立ち飲み居酒屋店の売り上げUP

仕事中にラジオを聞くと腰痛が治る

ハイヒールを履く職場での腰痛対策は?

絶対に治らない腰痛

ハードワークの過労によるもの

勤務中に出来るぎっくり腰防止法

腰痛防止で考慮するべき職場環境

ドライバーと腰痛

ピザ屋のバイクを運転してます。しばらく運転しておりると腰が痛くなります。

トラックドライバーがぎっくり腰

配送業でぎっくり腰になった

配送業の男性のもの

デスクワークからドライバーに転職したら慢性腰痛になった

力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事の腰痛対策の限界

激しく体を動かす肉体労働の場面で起こるギックリ腰

建設業男性、短い睡眠でハードな仕事をする

建設業

大工の症例

力仕事のぎっくり腰セルフチェック

力仕事を我慢し続けると慢性腰痛になる

ぎっくり腰で引越ができません。

肉体労働者が腰を痛める原因

肉体労働者の腰痛防止のストレッチ

土木工事で腰を痛めないようにする姿勢

重たい台車を押す方法

勤労者の疲労原因

力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態

肉体労働者のぎっくり腰、関節軟骨の破綻の原因

農業

田植えのヘルニアは?

農業での防止

畑仕事で腰が痛い

腰を痛めないための畑仕事の姿勢は?

農業の腰痛の防止法

立ち仕事の腰痛対策

結論:こまめに腰を下ろして休む。

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

ヘルニア 立ち仕事 悪化

腰痛で立ち仕事つづけると?

立ち仕事の腰痛の意外な原因

立ち仕事は腰が弱くなりますか?

美容師の腰痛対策は?

立ち仕事の腰痛防止で注意するべき動作

ガードマンの腰痛防止は足を左右に開く

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

立って作業をすると腰が痛くなる

立ち仕事と座り仕事の腰痛の違い

立ち仕事は背面、座り仕事は表面の筋肉を酷使し、ぎっくり腰になる。

ウェイターの腰痛対策は?

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

飲食店の方のぎっくり腰予防には?

美容師男性の腰痛対策とは?女性客の頭の位置を高くすること

腰痛ビジネステクニック

腰痛を治すのではなくビジネススキルを高めることで、腰痛にならずに済むようにする。

腰痛の負のスパイラルの形成過程

下手なマーケティングはするな!

ストレスによる腰痛を減らす確実な方法

加賀田流3つの意識

金持ちほど他人に乞い、貧乏人ほど乞わない

仕事の安定感を得る方法

ネットサーフィンを止めると腰痛対策になる

腰痛とライフワークバランス

インプットとアウトプットのバランス

単調な作業は隙間時間にやる

仕事の集中力を高める腹筋運動

坐骨神経痛はビジネステクニックでは防げない

仕事の疲労を軽減する方法

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

職業選択

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書