ぎっくり腰専門ユークル整体院

ゴルフの腰の痛みの安静期間

安静をすることは除痛にはなるが体力や腰部の耐久力の脆弱化を招き競技復帰したときに簡単に腰痛を再発させます。適切な除痛・リハビリをしてから競技に復帰するか、もしくはゴール設定を仕事復帰までとするか、いずれにせよ自己の努力が必要となる。他人に丸投げでは改善にはつながらず・・・

※スポンサーCM

安静という選択肢では、ゴルフの復帰は永遠にできません・・・

ゴルフの腰の痛みの安静期間』について述べさせていただきたいと思います。

おそらくはゴルフプレイ中に腰を痛めてしまって、どれだけの安静期間でまた再びプレイに復帰できるのか?ということを知りたいのか?もしくは仕事に復帰できるまでの期間までが知りたいのか?もしくは今現在ぎっくり腰などに陥ってしまわれており、ゴルフができるぐらいまでの安静にする期間が知りたいのか?要するには仕事か?ゴルフか?のどちらかをお望みなのかと思います。

では結論から申し上げますと、今回の腰痛では『安静』という方法を選択された場合は、ゴルフ復帰に関しましては諦めていただいた方が良く、治療のゴールラインは仕事復帰までとすることが良いと思います。ではなぜ、ゴルフプレイを諦める必要性があるのかについて述べさせていただきたいと思います。

腰を痛める以前の水準のゴルフプレイに復帰できぬ理由は、受傷の背景となった筋力・基礎体力の低下はトレーニングによってリハビリをせねば補うことができず、体力レベルを向上させぬまま競技に復帰すれば必ず腰痛を再発させてしまうから。

※スポンサーCM

ということで、ゴルフプレイの復帰をなぜ諦める必要があるのかと申しますと、検索者様が願う治療のゴールラインが腰を痛める以前の腰部の競技パフォーマンスをお求めになられているからです。もしも、手加減して単なる娯楽程度のお楽しみレベルをお求めであればそもそも検索などされなかったことでしょう。要するには痛める以前のレベルに戻りたいからこそどれぐらい期間が掛かるのかをお調べになられたのだと思います。

そして、当院のようなぎっくり腰や腰痛専門院ならば痛みを治せるのだから、ゴルフに復帰させるぐらい充分に可能なのだろうとお考えになられたのではございませんでしょうか?

確かにゴルフ中に腰を痛めてしまわれたという方は大勢当院をご利用いただいておりますし、痛みが全く出なくなるぐらいにまで症状が軽減された方も大勢おられます。

しかし、私ども整体師は痛みを取り除いたりケアしたりというアプローチは可能ですが、一旦衰えた腰部の筋力はリハビリトレーニングを積まねば元通りの水準に戻ることはありえません。つまり、『安静』という選択肢で、腰痛発症前のコンディションに回復させようと願うこと自体がそもそもゴール設定を誤解しているのです。安静にしていれば痛みはいつか治まりますが、腰部の耐久力はもともとの状態よりも悪化して衰えておりますので、すぐまたゴルフプレイを再開すれば腰を痛めてしまうことは間違いありません。したがいまして、ゴルフを今後継続することは諦めることが適切な選択肢であると回答させていただきたいと思います。

では、ゴルフプレイに復帰することをお望みになられるのでしたらどうしたら良いのでしょうか?この場合は整体などで除痛や痛みを軽減する処置を行った後にリハビリを行わねばなりません。筋力を鍛えるためにはリハビリが必要です。しかし、痛みがあればリハビリはできません。したがいまして、整体によって痛みを軽減・改善するためのアプローチが必要となるのです。リハビリを行うことで腰痛の発症前の競技に必要な体力水準・腰部の耐久性にまで改善させることで初めて安全性が確保されて腰痛を再発させずに競技に復帰可能になるわけです。

※スポンサーCM

リハビリとはある程度の変化を実感できるようになるまで通常ならば3~4ヶ月要すると言われております。しかも正しい方法を専門のトレーナーに指導していただき、ゴルフスイングなど無理のない動作の指導を受けたり、腰痛を悪化させぬための方法のレクチャーを受ける必要があります。

また、実施するリハビリの内容に関しましても人それぞれの体力水準によってウォーキングが適切な人もいれば、ランニングが必要な人、水中ウォーキングの人、ストレッチだけの人、などなど個別の体力水準を調べねば諸刃の剣となって逆に腰痛を悪化する可能性もございます。

したがいまして、今現在の体力水準がどうなのかということを直接お体の状態の検査を行っておらぬため私どもは存じ上げておりませんのでこれを指導することは理論上不可能です。

では、どうしたらリハビリを開始できるのか?それはトレーニングジムやリハビリセンターに実際に足をお運びいただいてセンターのスタッフや専門家の指導を受ける必要があるのです。

腰を痛めてしまうのは誰の責任でもありません。腰痛を受け入れて上手く付き合って行きましょう。

ということで、なんとかして競技に復帰したいと願うお気持ちは充分にお察しいたします。ひょっとするとすでに何回もぎっくり腰を繰り返していらっしゃり、『俺の腰痛はいつになったら治るんだ!』というお怒りのお気持ちを抱いておられるのかもしれません。しかし腰を痛めてしまうのは誰の責任でもありません。やはり物には順序がありますので、当初のすぐにゴルフ復帰したいというゴール設定を修正していただき、以下のどれかをお選びになることが宜しいかと思います。

◆お選びいただく選択肢

  1. ゴルフの競技復帰を息抜き・レクリエーション、お楽しみの一環ぐらいに留め、手加減(手抜き)をしてプレイをしていただく。
  2. きちんと除痛・リハビリをし、元の体力水準へと復帰させてから時間を掛けて復帰する。
  3. リハビリをせずに安静だけで除痛を図り、ゴール設定を職場復帰までとする
  4. 安静によって除痛を図り、無理にゴルフに復帰して何度も腰痛を再発させる。(腰痛の再発を諦める。

これらの方法しか選択の余地がないということをご提案させていただきたいと思います。おそらくは競技復帰を一番お望みなのかとは思いますが、どこの治療院もこういった自己の努力をせずに『俺の腰痛を治してゴルフに復帰させろ』なとど全て他人に丸投げの気持ちで通院されれば煙たがりますし、リハビリやトレーナーも同じ意見を答え受け入れを嫌がると思いますので参考程度にお考えになってください。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

ぎっくり腰対処その他

臥位の徒手検査には異常所見はないが、立ち上がると腰に痛みがある

疼痛誘発検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

ぎっくり腰判別のセルフチェック

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開