ゴルフの腰の痛みの安静期間

安静をすることは除痛にはなるが体力や腰部の耐久力の脆弱化を招き競技復帰したときに簡単に腰痛を再発させます。適切な除痛・リハビリをしてから競技に復帰するか、もしくはゴール設定を仕事復帰までとするか、いずれにせよ自己の努力が必要となる。他人に丸投げでは改善にはつながらず・・・

※スポンサーCM

安静という選択肢では、ゴルフの復帰は永遠にできません・・・

ゴルフの腰の痛みの安静期間』について述べさせていただきたいと思います。

おそらくはゴルフプレイ中に腰を痛めてしまって、どれだけの安静期間でまた再びプレイに復帰できるのか?ということを知りたいのか?もしくは仕事に復帰できるまでの期間までが知りたいのか?もしくは今現在ぎっくり腰などに陥ってしまわれており、ゴルフができるぐらいまでの安静にする期間が知りたいのか?要するには仕事か?ゴルフか?のどちらかをお望みなのかと思います。

では結論から申し上げますと、今回の腰痛では『安静』という方法を選択された場合は、ゴルフ復帰に関しましては諦めていただいた方が良く、治療のゴールラインは仕事復帰までとすることが良いと思います。ではなぜ、ゴルフプレイを諦める必要性があるのかについて述べさせていただきたいと思います。

腰を痛める以前の水準のゴルフプレイに復帰できぬ理由は、受傷の背景となった筋力・基礎体力の低下はトレーニングによってリハビリをせねば補うことができず、体力レベルを向上させぬまま競技に復帰すれば必ず腰痛を再発させてしまうから。

※スポンサーCM

ということで、ゴルフプレイの復帰をなぜ諦める必要があるのかと申しますと、検索者様が願う治療のゴールラインが腰を痛める以前の腰部の競技パフォーマンスをお求めになられているからです。もしも、手加減して単なる娯楽程度のお楽しみレベルをお求めであればそもそも検索などされなかったことでしょう。要するには痛める以前のレベルに戻りたいからこそどれぐらい期間が掛かるのかをお調べになられたのだと思います。

そして、当院のようなぎっくり腰や腰痛専門院ならば痛みを治せるのだから、ゴルフに復帰させるぐらい充分に可能なのだろうとお考えになられたのではございませんでしょうか?

確かにゴルフ中に腰を痛めてしまわれたという方は大勢当院をご利用いただいておりますし、痛みが全く出なくなるぐらいにまで症状が軽減された方も大勢おられます。

しかし、私ども整体師は痛みを取り除いたりケアしたりというアプローチは可能ですが、一旦衰えた腰部の筋力はリハビリトレーニングを積まねば元通りの水準に戻ることはありえません。つまり、『安静』という選択肢で、腰痛発症前のコンディションに回復させようと願うこと自体がそもそもゴール設定を誤解しているのです。安静にしていれば痛みはいつか治まりますが、腰部の耐久力はもともとの状態よりも悪化して衰えておりますので、すぐまたゴルフプレイを再開すれば腰を痛めてしまうことは間違いありません。したがいまして、ゴルフを今後継続することは諦めることが適切な選択肢であると回答させていただきたいと思います。

では、ゴルフプレイに復帰することをお望みになられるのでしたらどうしたら良いのでしょうか?この場合は整体などで除痛や痛みを軽減する処置を行った後にリハビリを行わねばなりません。筋力を鍛えるためにはリハビリが必要です。しかし、痛みがあればリハビリはできません。したがいまして、整体によって痛みを軽減・改善するためのアプローチが必要となるのです。リハビリを行うことで腰痛の発症前の競技に必要な体力水準・腰部の耐久性にまで改善させることで初めて安全性が確保されて腰痛を再発させずに競技に復帰可能になるわけです。

※スポンサーCM

リハビリとはある程度の変化を実感できるようになるまで通常ならば3~4ヶ月要すると言われております。しかも正しい方法を専門のトレーナーに指導していただき、ゴルフスイングなど無理のない動作の指導を受けたり、腰痛を悪化させぬための方法のレクチャーを受ける必要があります。

また、実施するリハビリの内容に関しましても人それぞれの体力水準によってウォーキングが適切な人もいれば、ランニングが必要な人、水中ウォーキングの人、ストレッチだけの人、などなど個別の体力水準を調べねば諸刃の剣となって逆に腰痛を悪化する可能性もございます。

したがいまして、今現在の体力水準がどうなのかということを直接お体の状態の検査を行っておらぬため私どもは存じ上げておりませんのでこれを指導することは理論上不可能です。

では、どうしたらリハビリを開始できるのか?それはトレーニングジムやリハビリセンターに実際に足をお運びいただいてセンターのスタッフや専門家の指導を受ける必要があるのです。

腰を痛めてしまうのは誰の責任でもありません。腰痛を受け入れて上手く付き合って行きましょう。

ということで、なんとかして競技に復帰したいと願うお気持ちは充分にお察しいたします。ひょっとするとすでに何回もぎっくり腰を繰り返していらっしゃり、『俺の腰痛はいつになったら治るんだ!』というお怒りのお気持ちを抱いておられるのかもしれません。しかし腰を痛めてしまうのは誰の責任でもありません。やはり物には順序がありますので、当初のすぐにゴルフ復帰したいというゴール設定を修正していただき、以下のどれかをお選びになることが宜しいかと思います。

◆お選びいただく選択肢

  1. ゴルフの競技復帰を息抜き・レクリエーション、お楽しみの一環ぐらいに留め、手加減(手抜き)をしてプレイをしていただく。
  2. きちんと除痛・リハビリをし、元の体力水準へと復帰させてから時間を掛けて復帰する。
  3. リハビリをせずに安静だけで除痛を図り、ゴール設定を職場復帰までとする
  4. 安静によって除痛を図り、無理にゴルフに復帰して何度も腰痛を再発させる。(腰痛の再発を諦める。

これらの方法しか選択の余地がないということをご提案させていただきたいと思います。おそらくは競技復帰を一番お望みなのかとは思いますが、どこの治療院もこういった自己の努力をせずに『俺の腰痛を治してゴルフに復帰させろ』なとど全て他人に丸投げの気持ちで通院されれば煙たがりますし、リハビリやトレーナーも同じ意見を答え受け入れを嫌がると思いますので参考程度にお考えになってください。

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

  1. ぎっくり腰の安静痛みと比例した対応をするべきだとされている。
  2. 腰痛は寝ていて治るのか?これまで一般論に従って過度な安静は良くないことを御伝えしましたが、自分自身の考えではどうなのかについて敢えて逆説についてお話して行きたいと思います。
  3. ゴルフ腰の痛み安静期間安静をすることは除痛にはなるが体力や腰部の耐久力の脆弱化を招き競技復帰したときに簡単に腰痛を再発させます。適切な除痛・リハビリをしてから競技に復帰するか、もしくはゴール設定を仕事復帰までとするか、いずれにせよ自己の努力が必要となる。他人に丸投げでは改善にはつながらず・・・
  4. 絶対安静の是非昔の治療家達は、腰が痛いときにはとにかく安静にしろと言ったが、実際には体の弱体化が起こってそちらの方が大きな問題となった。
  5. ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?一般的に2週間ほど寝て休むことで特に何もしなくても治まる。
  6. ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみぎっくり腰は深層筋によって引き起こされる。安静にし続けて何もせず放置すると椎間板の軟骨を深層筋がゆがめてしまい治癒が難航したり慢性化を起こす。
  7. ぎっくり腰は痛みに囚われないことぎっくり腰では安静に寝て過ごして、痛みに囚われすぎないように痛みのことを頭から忘れて別のことで気分を紛らわすことが必要。恐怖や不安は体を緊張させて余計に痛みを起したり治癒を長引かせる。
  8. ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る安静によって治ることは治るが、治療を受けないとやっぱり長く時間を要する
  9. 腰痛が悪化するのは体位の間違い安静にすると良いというが、安静の正確な体位について記している文献は少ない
  10. ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢もっとも楽と思える姿勢をとる。仰向けになって膝を曲げると良いのは慢性腰痛であり、全てに有効なわけであらず。
  11. 今後も安静が必要なの?レントゲンの画像所見を医学知識を持たぬ患者様にお見せしても余計に困惑するだけなので止めた方が良い
  12. ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつけるぎっくり腰には安静が良く、慢性腰痛のような血行障害では過度な安静は危険、
  13. 椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い初期の炎症が治まるまでは安静にすることが良いが整体を受けて動けるようになることが多い
  14. 安静にしても腰が痛い安静という意味を間違えていることはとても多い。動かないことや、寝れば安静だと考えるが、心身共に休んでいる状態にならないと安静とは言えない・
  15. ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう体だけ楽な体位をとっても心がリラックスしていないと腰の痛みが治まらない。
  16. ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方欧米では2日間以上の安静には効果がないという意見もあるが、どうやらアメリカの保険事情が背景にあり、商業主義的な医師達の早期通院を狙った考えに基づいている。
  17. ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方安静は二日までだって・・・無茶を言わないで。原因が筋肉で、尚且つ痛みが緩和した場合だけに限定される理論だよ。
  18. ぎっくり腰になると何日ぐらい休む?理想は2週間休みたい。だけど多くは1週間ぐらいにとどめる。理解が得られない職場では3日休んで働く人もいる。
  19. aaa安静が腰痛を招く安静に動かずに過ごしていると次第に体の組織が硬くなって腰痛に陥りやすくなる
  20. aa腰痛治療における安静とは安静とは日常生活における最低限の行動に留めること
  21. aa安静の間違い、体位への囚われ安静とは力を抜くこと
  22. aaきっかけの無い腰痛は安静で悪化する炎症性の腰痛は安静に寝ていることで痛みが治まるが、そうではないきっかけの無いものは寝ていても治癒は得られない。
  23. aaぎっくり腰では可能な限り力を抜くこと力を入れると楽になったような気がするけど痛みが何倍にもなる。
  24. aぎっくり腰では仰向けになることが良い。仰向けは床面との接触面が最も広いから。

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

ぎっくり腰の安静

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

ぎっくり腰は痛みに囚われないこと

ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る

腰痛が悪化するのは体位の間違い

ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢

今後も安静が必要なの?

ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつける

椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い

安静にしても腰が痛い

ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう

ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方

ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方

ぎっくり腰になると何日ぐらい休む?

aaa安静が腰痛を招く

aa腰痛治療における安静とは

aa安静の間違い、体位への囚われ

aaきっかけの無い腰痛は安静で悪化する

aaぎっくり腰では可能な限り力を抜くこと

aぎっくり腰では仰向けになることが良い。

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)