ぎっくり腰の治療の薬|ギクッに痛み止めはNG

ぎっくり腰には薬が有効となるものと効かぬものがある。誤った摂取は副作用の危険がある。ドラッグストアで入手できるお薬は炎症と発痛の相互作用を利用したもの。間接的に相互作用をとめて痛みを和らげる。したがって直接的に神経を障害するぎっくり腰の痛みを紛らわすことは難しいです。お薬が有効なのは生理痛などの組織の出血や炎症を持っているもの。唯一おすすめするのは湿布ぐらいで、気休め程度しか期待できません。

薬が効くぎっくり腰と効かぬぎっくり腰がある

ぎっくり腰には痛みの種類が幾つか存在しており、有効なケースと意味のないケースがあるという結論となります。

誤った摂取は副作用の危険がある。

皆様、謝った対処法を取りますと、胃腸障害・睡眠障害、頭痛、生理不順、母乳などを介しての小児への影響、集中力の低下による業務中の事故などさまざまな副作用のリスクがありますので絶対にお気をつけくださいませ。

頭痛や生理痛でおなじみなのが痛み止め

痛みにお困りになられたときにすぐに思いつくのはきっと市販の痛み止めなどのお薬ではございませんでしょうか?お薬とは手軽に入手でき安価です。頭痛や生理痛などのときには重宝するものであるというイメージですよね。

痛み止めや疼痛のメカニズムである炎症と発痛の相互作用に対して働きかける。

痛みには2つの原因物質があり、1つは血液中に存在する発痛物質のB(仮)というもの。そして、もう1つは炎症の生じている部分で生成されている炎症物質のP(仮)というものです。難しい薬理作用のお話をすると皆様ウンザリすると思いますので、このPとBがお互いに相互作用で痛みを発していると考えていただければよいでしょう。お薬のあるメイカーのものはPに対して働きかけることでこの相互作用を抑えるわけです。

痛みとは夫婦喧嘩のようなもの。

例えるならば普段は仲良くしているご夫婦が激しく言い争いをするように喧嘩をしている状態が痛みなのです。このお薬はすぐに焼もちを焼いてしまう(炎症させる)奥様(P)に対して働きかけているわけです。

夫婦を切り離して喧嘩を抑える

『まあまあ怒らないでください!』ということで奥様の働きを封じることで、ご主人と切り離してしまいその結果痛みが大きくなることを防止しているわけです。

したがいまして、お薬は炎症を抑えることで相互関係のあるBの働きをも間接的に抑えることができ、結果として痛みを抑えることが可能になるわけです。

全ての疼痛に炎症が伴うわけであらず。痛み止めが意味をなさないことも

ところで皆様は炎症と申しますと、風邪を引いたときの扁桃腺の炎症だったり、転んで膝を擦りむいたときのことを思い浮かべることもあるかもしれません。ところが皆様の多くはぎっくり腰のときに転んだり、直接的にどこかに体をぶつけているわけではございませんよね。中にはグキッという音を聞いた人がいるかも知れませんが、良く思い出してください。あのときの音はどこから聞こえてきたものですか?良く思い出すと耳で聞いた音ではありませんよね。どこかから伝わってきたような音のはずです。そうです。骨の中を走るような音だったことでしょう。

実はこのときの音とは腰の背骨に存在する椎間板という軟骨がスリップを起こしたときの音なのです。

背骨と椎間板背骨を後方から見ている模式図です。骨の隙間に椎間板という軟骨が存在します。

椎間板の動き次の図は背骨を横から見ている図です。椎間板の中には髄核という軟骨の塊が存在し、背骨が前後に動いたときにその髄核がテコの支点として機能します。

ところが一時的にこの髄核の機能が落ちておりますと、激しく背骨が動いたときにこの髄核が本来の位置から飛び出してしまうのです。

髄核のt飛び出しこの髄核が背骨の配列から飛び出してしまうことで瞬間的に『グキッ』という骨を伝わる音が発生し、それが骨の中を耳まで伝わって音を聞かせているわけです。この発生した椎間板のズレによって次の図のように腰の周囲に存在する神経を直接的に障害してしまっているのです。

腰の神経腰周りに存在する沢山の神経が縦横無尽に周囲に広がっている。

腰椎椎間板ヘルニアこの腰周りの神経を飛び出した髄核が直接的に障害しております。このことを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます

椎間板がずれたときには炎症反応は少なく、神経を直接的に障害していることで痛みを発している。

そして、このときの痛みは注意することがあります。先程は痛みのメカニズムを夫婦の関係に例えましたが、今回とは奥様(P)はそれほど関係しておりません。なぜらば炎症とは組織に対しての強い刺激や損傷が原因で生じるものだからです。皆様は喉を咳などでゴホゴホとしていると、実際には感染症などのウィルスがなくても頭痛を引き起こすはずです。それは喉の粘膜が咳によって刺激を受けてしまうことでその組織から奥様(P)が働き出してしまうからです。ぎっくり腰では多くの場合ご本人の思うほど炎症物質は作られておらぬことがほとんどです。多くの場合は喧嘩のようなご夫婦は関係しておらず、炎症物質と発痛物質の相互作用による科学変化なしで直接的に神経を障害して痛みを引き起こしているわけです。したがいまして炎症を抑えるためのお薬などを飲んでいただいてもそこまでの効果を得ることは難しいわけです。

ちなみにヘルニアが生じることで背骨の軸が傾くことがあり、そのときの傾きを補正するために背骨の片側の筋肉が激しく緊張し背骨をロックしてしまいます。このロックによって椎間板がさらに激しく歪んで、周囲の神経を直接障害して激痛を発するのです。

ヘルニアのときのロッキング髄核が飛び出して背骨が傾き、周囲の筋肉がロックを起こしている図。

いかがでしょうか?黄色いラインは全て神経を表しております。太い神経が直接的に障害されておりますので腰椎椎間板ヘルニアは画鋲を踏み込んだときのような酷い痛みを発するわけです。この状態の場合は幾ら痛み止めなどのお薬で炎症成分を抑えたところでそもそも神経の本幹を直接的に侵害されているのですから痛みを抑えることができるわけなどないのです。

ただし、椎間板が長く潰されていると元に戻らなくなり、常に筋肉がロックを起こすため、血行障害が生じ、そこから発痛物質が導かれることもある。

ぎっくり腰とは多くの場合は腰椎の椎間板ヘルニアです。比較的に柔らかい椎間板が飛び出しているために直接的に炎症を発することは少ないです。ところが飛び出して背骨が傾いたときにその周囲に存在する筋肉がロックを起こして過度に緊張を呈します。この筋肉の緊張によって一時的に患部の血液の需要が増大し、血行不良(血液不足)を呈することがあります。血液が不足してくると血管を拡張させるために発痛物質であるお父さん(B)が現われます。このお父さんの影響により腰に痛みを発することがあるわけです。この場合はBによってPが感作されているのでPの働きに関係が深いお薬は多少効果がある場合はありますが、これによって明かな痛みの治療になることはありえません。

したがいまして、ぎっくり腰では早期に飛び出した椎間板を元の位置に戻すように徒手操作をする必要性があるわけです。皆様のご近所にある治療院や整形外科、鍼灸院などでそういった操作をしてくれるかどうか分かりませんが、ぎっくり腰の専門の整体院などをご近所で検索していただければそれなりのところが見つかる可能性はありますので是非お求めになってみてください。

痛み止めが有効なのは生理痛、生理痛は組織の障害部位から大量の炎症物質が作り出されているから。

では、皆様が良くご利用になられる痛み止めとはどういった場面に相応しいのでしょうか?それは例えば代表的なものには生理痛があげられます。

生理では人によって個人差はありますが、出血を伴いますよね。これはお腹の子宮の膜が剥がれ落ちてその部分で出血しております。したがいまして損傷した部分から大量の炎症物質が発生します。

また、例えばスポーツ動作中に転倒して膝を打ったりしたとしましょう。こういったときにも患部には内出血などの損傷を伴います。

また、血行障害や血液需要の急激な増大によって血管を拡張させる作用を担うお父さんが現われているときにもお母さんを裏部屋に監禁しておくことで夫婦喧嘩の発生を防止します。要するにはこの2人が取っ組み合いの喧嘩をせぬようにお父さんの機嫌が悪いときには向こうっ気の強いお母さんは火に油を注ぐようなものなので遭遇させぬように遠ざけてしまうわけです。ただし、お父さんはとても強いので、これを直接的に監禁して制御することは難しいです。したがいまして、痛みは完全には治まりません。頭痛や肩こりなどの血行障害が原因の痛みには痛み止めによる多少の痛みの鎮痛はあります。これによって軽度のものなら改善されます。しかし、ぎっくり腰のような直接的な神経部位の障害には一般的なお薬はそれほど意味をなしません。

一般的な鎮痛薬の仕組み、痛みを濁流に例えたときにどうやって恐怖を克服するのか?

また、その他の一般的な鎮痛薬の仕組みについて述べさせていただきたいと思います。皆様は痛み止めというと、痛みそのものを取り除いてくれるものであるとお感じになられることでしょう。痛み止めというものを川の水流に例えるならば、きっと多くの方はダムのように水を塞き止めてしまうことを鎮痛であるとお感じになられることでしょう。

しかし、実際には川を塞き止めることはできません。

要するには脳を誤魔化して痛みを抑えているのです。例えば、皆様が川岸に立っていたとしましょう。目の前を流れている濁流が身に迫って来たら『怖い』と感じることでしょう。

では、この怖い感覚が仮に痛みだったとしましょう。もし怖さを感じなくさせるためにはどうしたら良いでしょうか?

一番簡単なのは川岸から遠ざかることですが、そうではなく遠ざからずになんとかするとします。

もっとも簡単なのは目隠しなどして情報を遮断すること。

おそらくもっとも簡単な方法は目隠しとヘッドホーンなどで視覚情報と聴覚の情報を遮断してしまうことだと思います。そうすればさらに水が迫ってきて水しぶきが体に降りかかってくるぐらいになるまで恐怖を感じないはずです。

痛みのお薬でもこの仕組みは同じです。このように意図的に別の感覚の中に痛みを隠してしまうわけです。そしてどさくさに紛れるようにして痛みを感じ難くするわけです。

この例を身近な例で例えるならば、スポーツ中に怪我をしたときのことを思い浮かべてください。夢中になってプレイをしているときに転倒したり、相手プレーヤーなどと接触してもそのときにはまったく痛みを感じぬことでしょう。

ところが翌日になってから妙に足がズキズキ痛むので病院にいって精密検査を受けてみたら実は骨が折れていた・・・などご自分で体験したことはなくても身近にいらっしゃる方でそのようなエピソードを訴えられる方は大勢おられることでしょう。

痛みとはこのようにある程度精神集中をすることで誤魔化すことができるのです。この仕組みを助けたり、痛みから意識を切り離すために敢て不要な情報を脳に与えたり、脳の興奮性を操作したりという方法を用いているのが一般的な鎮痛薬の仕組みだったのです。要するには痛みに対しての感受性(感じやすさ)を操作しているわけです。それを図に表すと以下のようになるわけです。

痛みの感受性横軸が時間軸、縦軸が発痛物質の量だとお考えになってください。発痛物質の量が増えて行き、Aの境界線を越えると痛みを発するとします。鎮痛薬では発痛物質の量をコントロールするのではなく、このボーダラインをAから図のBへと移動させることで痛みとして認識させぬようにしていたわけです。

したがいまして、痛み止めを飲んでも痛みの原因物質の量が減っているわけではありません。むしろ痛みという危険信号を危険信号として認識していないだけであって危険に足を踏み入れてしまうことにつながるのです。

赤信号なら本来止まるはずなのに、目隠しをして信号を見ぬようにすることで危険にみずから飛び込んでいってしまうわけです。したがいまして、お薬で痛みを抑えては本来はならぬのです。どうしても我慢できぬ痛みでも日常を過ごすことを余儀なくされるために敢て体に無理を強いていることを私たちは理解する必要があるわけです。痛みがあったって食事を作らねばお子さんが飢えてしまいますよね。痛みがあってもお仕事を済ませなくては家族を養うことができませんよね。大事な取引を逃してしまったらその後の事業計画にも支障を来してしまいますよね。お薬とは、こういったやむを得ぬ事情があるため必要なものであり、本来は危険性を回避するために自らが注意深く行動する必要があるのです。痛み止めのお薬によって痛みがおさまったから患部が治癒されているわけではないのです。

痛みとは高度な、オートマチック危険回避システム

ということで、もしも痛みというものを例えるならば自動車などでいうところのオートマ車に例えられるのではございませんでしょうか?AT車はギアチェンジなど勝手にやってくれますよね。痛みも同様で、自動的に危険から身を遠ざけてくれているわけです。ところが痛み止めでこれを誤魔化すということは、その間は本来ならばマニュアル車のような走行が求められるわけです。どういった症状がぎっくり腰を悪化させるのか?とか危険な動作をとらぬようになどと自分でコントロールして動かさねば、患部をガシガシと刺激してしまい、お薬が切れたときにはそれまで溜まっていた痛みが一挙に噴出すように激痛にのたうつことになってしまうわけです。つまり、後々のツケが待っているのです。

つまり安易にお薬にたよってはならぬと言えるわけです。

痛み止めには副作用もある。多少の鎮痛ならば副作用を懸念した方が良い。

ということで次に考えるべきことは痛み止めを服用するかどうか?ということです。先程、痛み止めがぎっくり腰に効くケースと効かぬケースがあるということをお伝えしましたが、皆様はその判断がつきませんのでおそらくは『飲んでみてダメだったら別の方法を考えよう!』と安易にご購入に踏み切ってしまわれるのではないかと思います。

ところがお薬とはお体に対して変化を与えるため、それが有効なケースもあれば逆効果となることもあるわけです。つまり、副作用の影響を受けてしまうわけです。痛み止めが組織の炎症などに有効性があることをお話しましたが炎症が対してないときにも多少の効き目はあります。しかし、ヘルニアのように神経を直接障害しているときにははっきり言えば疼痛物質などの化学反応は起きておりませんので、これを飲むことは副作用の影響を受けるだけの結果となってしまうのです。

また、痛み物質の相互作用のように間接的に働きかける場合というものもやはり直接的に痛みに働きかけるより効き目は劣りますので、どうしても副作用の影響の方が強く受けてしまいます。一番大きいのはアレルギー症状と胃や消化器症状です。また、消化器が障害を受けることでむくみなども呈します。例えば授乳中の奥様の場合は小児の健康などに影響が出てしまう危険などもありますし、妊娠中などでは服用することもできません。また、男性の場合でも勤務中に眠気が生じてしまい自動車の運転中に居眠りをしてしまったり、大切なお取引中にミスをしてしまったりと重大な過失を起こす危険性がありますので不注意によるミスを防止するために飲まない方が懸命です。

痛み止めのデメリット、依存性

そして、副作用の次のデメリットとして痛み止めのお薬には依存性があります。依存性と言いますと麻薬やタバコ・お酒のようなものをイメージしていただけると宜しいでしょう。さすがに麻薬は少し大げさかもしれませんが、麻薬に手を出された全ての方が『ほんの1回だから大丈夫!中毒になったりしないさ。』、などと安易に手を出しますがたった1回使用したのが病みつきになって人生を棒に振ったりします。

実はこのようなものがお薬にはあるのです。最初はほんの僅かのお薬でも充分に痛みが紛らわされることもあれば、次第に体がお薬に抵抗力を持つようになってしまい、服用量を増やしたりせねば聞かなくなります。服用量が増えるに連れて副作用の影響の方が強くなり、最後には副作用の影響で胃潰瘍や不眠症、男性機能低下、不妊などの二次的な病気を引き起こしてしまうのです。

そして、お薬を服用することで痛みを感じぬことが普通になってしまいますと、お薬が切れたときにわずかな刺激が加わるとそれに耐えられずに激痛を訴えるようになってしまうことにもなります。

痛みのリバウンド

このような痛みのことを痛みのリバウンドと呼びます。ダイエットと同じく無理なお薬とはやはりリバウンドを起こしてしまいます。そして結局はもともとよりも痛みを感じやすくなってしまい余計に不自由な暮らしを余儀なくされてしまうのです。

もし止むを得ず痛み止めを使うならば、張り薬よりも飲み薬

もしも、皆様がぎっくり腰なんだけどもどうしても手持ちのお金がない!とか月末でピンチだから来月までは出費を抑えたいなどとお考えで、尚且つ今回のご説明した案件に当てはまって痛み止めが効くことが考えられる場合などがあれば、利用するお薬はできれば飲み薬をお選びになりましょう。貼る薬にも同じ成分が含まれておりますが、基本的には貼っても経皮的(皮膚越し)では有効成分はまったく吸収されておりません。

湿布などにお薬の成分が含まれた張り薬などが鎮痛するメカニズムは、それに含まれる薬の有効成分が効いているわけではありません。多くの場合は皮膚の感覚神経を刺激する、メントールやカプサイシンなどの冷んやりした成分や、ほかほか温かみを与える成分が含まれております。また、手を当てたときに痛みが治まるのと同じで、触覚を脳に送りこむことで、痛みの情報を別の情報で紛らわす効果があります。つまり刺激成分や触覚によってどさくさに紛れるように脳の感覚を遮断しているわけなのです。脳とは一度に複数の情報をキャッチすることができません。お薬の刺激成分や触覚情報を先に脳に届けておくことで疼痛物質の感知を感じさせぬようにして痛みを紛らわしているわけです。

要するには多くのメーカー貼り薬にはそのような『抗炎症成分配合!』などということを謳っておりますが、実際には有効成分が効いているのではなく、さまざまな感覚情報の内、文字による視覚・温度覚(温覚・冷覚)、触覚の3つの感覚を用いることで鎮痛を行っているのであり、実際には痛みを抑える働きなどそもそもなかったのです。しかし、そういった謳い文句によって『さすが○○は良く効いた!』と感じていたわけです。平たく言えば子供騙しに引っかかっていたとも言えます。

それでもたとえごまかしであってもそれでも良いから使いたいという方もいらっしゃることでしょう。そこで簡単に使い方について述べますと、具体的な方法に関しましては各メーカーの書いている用法にしたがっていただくわけですが、常に肌に張りっぱなしでいると皮膚がかぶれたり、皮膚炎を起こしたり、皮膚が弱くなりますので、できるだけ我慢ができないときの緊急に用いるようにした方が懸命です。また、お風呂などに入るときにはせめて1時間前には湿布をはがしましょう。でないとお湯の刺激が肌に染みてヒリヒリと感じてしまうことがあります。また、どれも概ね6時間ほどで効果が切れますので、次の貼付まで最低でも半日ぐらい空けるようにしましょう。

病院のお薬との違いは?麻酔などは感覚そのものを麻痺させる。

では、皆様がぎっくり腰になったときに用いるお薬と病院などで利用するお薬の代表である麻酔とはどのような違いがあるのでしょうか?

麻酔とは麻薬の一種であるといっても良いでしょう。鎮痛しますが、神経の働きそのものを麻痺させております。この場合は副作用の影響がとても強いです。

しかし、幾ら感覚を麻痺させても腰椎椎間板ヘルニアのように物理的に侵害されているものでは痛みを誤魔化すことはできません。要するにはいくら神経を麻痺させても痛いところに画鋲がズブズブと激しく突き刺さればやはり激痛になるのです。一旦ぎっくり腰になれば麻酔などのお薬でも和らげることができないこともあります。

筋弛緩薬などでも痛みは和らぐこともあるが、筋肉が働かないため、身動きが取れなくなる。

では、筋弛緩薬などのお薬を用いる場合はどうなのか?と申しますと、要するには行動が不能になります。なぜなら体を動かす筋肉が緩んで働けなくなるからです。私たちの体とは骨を動かす二の腕や力瘤、太腿や腹筋も筋肉ですが、心臓や内臓も筋肉の一種なのです。したがいまして、心臓の機能までも抑制されて弛緩しますので頭がぼうっとして仕事が手に付かなくなって眠ってしまったり、車の走行中に事故を起したり、家事の最中に気を失って火災を引き起こしたりと予測不能な事故に繋がる可能性があります。歩いていてオシッコやウンチを我慢することもできずにお漏らししてしまうことだって考えらえられますので、もしも動き回るのでしたらオムツを着用し、できるだけ接客などをしないように心がけなくてはなりません。したがってこれを用いるときは最終的に仕事や家事などを諦めて、布団に寝るだけの病人に徹するときには有効なのかもしれませんが、働きたいときに無理にこれを使えば逆効果になる恐れがあります。また、こういったお薬を処方してもらえるのかどうかは皆様の意志で選べるものではありません。専門医が必要に応じて処方箋を発行しますので事前に処方してもらえるのか病院の先生に治療方針を確認する必要があります。

もし服用するならば、市販薬でおすすめするのがロキソニン

では、仮にもしも皆様がどうしてもご予算的に手ごろな痛み止めをお選びになられたとした場合にもっともオススメするのは市販薬の中ではロキソニンです。多くの患者様が治療のためにロキソニンを服用されております。このお薬と申しますのは先に述べた夫婦(発痛と炎症)の関係を利用した痛み止めのお薬の代表と言っても良いぐらい有名で、多くの慢性腰痛の患者様がその名前を知っております。皆様の多くは初めてぎっくり腰になられた方だとは思いますので、初めて耳にすることもあるかも知れませんが、市販薬の中では一番名前が売れており世間に浸透しておりますので安心してご利用できることでしょう。ただし、必ず薬剤師や掛かりつけ医に相談して自分の腰の痛みに有効なのかを確かめてください。当方ではその責任を負いかねます。

ボルタレンは効き目が強いが副作用も強い

では次に耳にするものとしてボルタレンについて述べますと、これに関しても基本的にはロキソニンなどと作用の機序は同じです。ただ、有効成分の働きが強いもので作られているのです。基本的には病院まで歩いて出かけられる方が第一選択でこれを用いることはしません。胃粘膜を保護するお薬など合わせて飲む必要が出ます。

ミオナールは少し機序が異なる

つぎに、痛みが起きているときに用いるお薬として有名なものとしてミオナールについて述べますとこれは中枢(脳や脊髄)の過度な興奮を抑えることで筋肉の緊張や筋肉の痛みを抑えます。私たちの筋肉とは下図のように筋膜という組織が存在しております。

筋膜筋膜はこの図でご覧になっていただくとおり、筋肉をいくつもの区画を区分することで筋線維の摩擦を防止する役割を持っております。

ちなみにこの筋肉の筋内膜の表面に痛みを感じ取る神経が分布しているのです。

筋膜の神経筋肉の緊張が生じるとこの神経の線維が直接障害されます。従いまして、筋膜から由来する痛みとは炎症成分や発痛成分などの科学物質の影響無しで痛みがあらわれますので一般のロキソニンやボルタレンでも痛みを完全に抑えることは難しいです。皆様は車の乗り降りなどで後部座席に乗り込むときなどに足を前方に出したときに足のふくらはぎやつま先にこむら返りを起こしてしまったことなどはございませんか?あれなんて組織の損傷をともなっておらぬことは明らかなのに痛みを発しますよね。あれは正に筋膜から由来する痛みであることを物語っているわけです。

ぎっくり腰には幾つかの種類がございまして、全てがヘルニアのようなものであるわけではありません。ときにはこのようなこむら返りに近いものがあり、安静にしていても引き攣るような痛みを伴うものもあるのです。この場合は筋膜から痛みが生じているものだと思っていただければ良いことでしょう。

脳や脊髄の興奮を抑えることで運動の命令を弱めて、この筋膜の緊張を低くするのがミオナールの目的であるのです。

ちなみに筋肉とは下図のように腱を解して骨に接続しております。骨には骨膜というものがあり、骨膜上にも神経線維が分布しております。

骨膜筋肉の緊張が強まりすぎると骨膜上の神経線維も牽引されることで痛みを発します。ときに緊張が長く続きますと、この神経線維が強く障害されて、本当に組織障害が生じ、炎症物質などが生じたり、筋肉のエネルギー需要が増大することで血管拡張を促す発痛物質などが生じ、痛みが強くなりますので、夫婦喧嘩を生じさせてしまう引き金となりうるのです。したがいましてミオナールによって脳の興奮を抑えるように働きかけて、この緊張を解消させているのです。

ただし、この場合は脳の興奮性に働きかけておりますので炎症成分や発痛成分などが局所で生じているときに服用しても痛みを抑える働きは望めません。副作用だけを享受する可能性がありますので、痛みの種類を正確に分析する必要があるわけです。もちろん椎間板ヘルニアなどの直接的に太い神経が集中している箇所を侵害するような痛みを抑えることは期待できません。

背骨由来の痛みで唯一痛みを抑えてくれるのはステロイド系の鎮痛薬、ただし副作用の度合いも最強である。

では、ぎっくり腰の中でもっとも多い椎間板ヘルニアのような背骨から由来するものはどういった痛み止めのお薬が期待できるのでしょうか?基本的には臨床上の多くの患者様は脊髄(頚椎や腰椎)由来の痛みが生じたときにはステロイド系のお薬を飲みます。ステロイド系のお薬が痛みを防いでくれる仕組みに関しましては統計的な根拠であって実際にどのような仕組みで痛みが無くなるのかは明らかにされておりません。副作用として骨粗しょう症を招いたり、内蔵のステロイドホルモンを分泌する臓器の働きが弱まってしまったり、太りやすくなってしまったり様々な副作用があります。もちろん飛び出している椎間板の髄核を引っ込めるような働きはありませんので本当の一時しのぎだと思っていただければ良いでしょう。

座薬(坐薬)の仕組み

では、皆様が良く耳にする痛み止めのお薬として、経口(お口から飲む)タイプではなく坐薬に関してはぎっくり腰にはどうなのでしょうか?

座薬とはお尻の肛門からお薬を挿入することで大腸の粘膜から直接お薬を体内に取り込みます。このときとは経口摂取などのときとは大きく異なり、解毒施設である肝臓を通過せずに体内に取り込まれます。また、胃腸も介しませんので胃粘膜が荒らされてしまう心配もありません。

ただし、似たような粘膜の障害が今度は大腸で生じることになります。したがいまして、経口薬と座薬とはお薬の長期服用が必要になるときにセットにすることで胃と腸を交互に休ませてダメージを分散することが可能になるのです。

塗り薬について

では、次に塗り薬はどうなのでしょうか?塗り薬にも様々なものがございます。基本的には皮膚の表面に存在する感覚神経に働きかけるものですからほとんど湿布などと同じだとお考えになっていただければ良いでしょう。例えばメントールやカプサイシンなどの成分を皮膚の感覚神経に与えることで感覚情報をわざと混線させて誤魔化しているわけです。しかし、日常的に常備しているとちょっとした痒みや虫刺されなどの皮膚の炎症で活用できますので購入して決して損するものではありません。ただし、経皮摂取となりますので効き目の程はそれほどでもなく緊急で痛みを抑えたいときには力不足と言えるでしょう。

ではどうやってお薬を入手すれば良いの?お薬には効き目に応じて分類がある

では、実際にお薬でぎっくり腰の改善をお考えになられたときに必要なお薬はどこで入手すれば良いのでしょうか?

これは必要なお薬によって入手できるお薬の種類がまったく異なってきます。前述した坐薬などは肝臓を介さずに体内に取り込まれるので誤って服用するととても危険です。また、経口摂取するボルタレンなども副作用のデメリットが強いです。したがいまして、医師の直接の診察が必要となりますので病院などへ足を運んでいただき、きちんと沢山の他の患者様と順番に診察を受けていただき、診察までに数時間を掛けて入手していただく必要があります。病院によっては直接お薬を処方せず処方箋というものを発行することがあり、その処方箋をもって提携している調剤薬局などに出向いていただきお薬を入手することになります。したがいまして病院へ行き数時間かけ、さらに薬局へ足を運んでようやくお薬を入手することになるわけです。もちろん皆様がお薬を欲しても、担当の先生がお薬の処方を判断しますので行けば必ず効き目の強いお薬を処方するわけではありません。どうしても目的のお薬が必要な場合は病院などにメールなどで事前に問い合わせていただきお医者様の治療方針を確認する必要があります。

また、次に効き目の程がそれよりも順ずるタイプのお薬などでは、医師の診察は必要ありませんが、薬剤師さんと対面したり、対面できない場合でもメールなどで症状や経過などの詳しいお話のやり取りが必要になることもあります。この場合は効き目の程は処方箋を必要とするお薬とは大きく異なるのですが、通院せずとも済みますので移動の手間や診察待ちの待ち時間などを大幅に削減することが可能です。腰の激痛があるときに無理に病院に通うとそのことが腰部の痛みを悪化させてしまうことがありますのでインターネットを通じて薬剤師さん経由でお薬を入手していただくことがもっともお薬を入手する上では安心できます。ご近所の薬局などでもお薬を入手することもできますが、どうしても顔を見られてしまったり、薬剤師さんと直接お話をしないといけませんので色々と細かい質問を受けてしまい、やはり直接対面して相談するということは後々購入を断り辛くなってしまうこともあります。散々親身になって相談に乗ってもらってやっぱり購入を止めた場合はご近所同士でその後も顔を見かけることがありますので安易に断ることは心証が悪く、気まずくなりますから注意が必要です。ところがネットなどを通じてメールでのやり取りで入手していただければ相手に自分の顔などを知られることもありませんから少しでも納得の行かぬ部分があったり、相手の対応に不満を感じるときにはすぐに購入を断ることが可能です。お互いに後々の遺恨を残しませんのでお互いがドライになることができ、円滑に物事が上手く行くのです。

もちろん中にはそういった薬剤師さんやお医者さん、などのやり取りすら必要のないものもあります。しかし、この場合は効き目はとても低いものになります。少なからずご自身で利用前から『気休めである』と理解した上で服用していただくことが良いのではないかと思います。当然ですが発熱や発痛を直接的に抑える働きは無いとお考えになっていただけると良いでしょう。その代わりに副作用の度合いも低いものになると思っていただければ良いでしょう。

オススメの対処法は大工作業

ではぎっくり腰の痛みを解消しようとお考えになられたときにはどういった対処が必要になるのかと申しますと先程少しだけ触れましたが、腰部の挟み込まれた椎間板を背骨から取り除いて元通りの位置へと戻していただく必要性が求められます。言い変えますとぎっくり腰でもっとも有効性があるのは大工さんのように挟まれたものを取り除いたり、傾いた背骨を元通りにもどしていただくことが一番シンプルで明快かつ単純でもっとも確実であるわけです。

お薬には複雑な作用機序などがあり、全てを知ることは一般人にはほぼ不可能です。全てを知りたい場合は薬科大学などで専門的な知識を習得せねばなりません。したがいまして、多くの場合は薬局などですぐにでも入手可能なお薬をお試しになるところですがほとんどの場合それほどの効き目を体感することは叶わぬのです。それなりに効き目を求める場合は直接お医者様の診察を受ける必要があり、お医者様の治療方針などを知る必要があります。

最悪のケースではせっかく病院まで診察を受けにいったのに『1週間仕事をお休みして安静に過ごしてください。』という経過観察の指示だけで終わってしまうことだってありえます。誰だって副作用のリスクのあるような効き目の高いお薬をすき好んで処方したくはありません。万が一患者が死亡したり副作用によって障害を起こしたときには責任を問われてしまうのですから、安静にするような指導だけをする可能性はとても高いのです。レントゲンやMRI などの精密検査を受けたのですが、実際にやることは安静にするような指導だけだったということなど決して珍しいことではありません。患者様から悪い噂が立たぬように形式的に湿布だけ処方するのが社交辞令となっているのです。

では、こういったときにどういった対処をすれば良いのかと申しますと民間療法にはなってしまいますが、整体などで挟み込まれた椎間板を直接的にもとの位置へと誘導操作することが良いと言えるわけです。これならばお薬のような副作用の影響はありません。きちんと国家資格を所持したぎっくり腰の専門の先生もおりますので、『最寄駅名+ぎっくり腰専門整体院』などの検索をして調べていただければ先生を見つけることはすぐにできると思いますので是非ぎっくり腰専門整体院をお求めいただければ良いのではございませんでしょうか?

最後に・・・やっぱりお金が無いからお薬が良い・・・・という方へ

では、ここまで様々なご説明を申し上げてきましたが、結論として皆様がご予算的にどうしても捻出することが難しいから副作用などの危険があっても、やっぱりお薬でなんとかしたいとお考えになられるのでしたら、やはりきちんとメールなどで症状や有効性などをご遠慮なく確認することのできるネット販売をおすすめしたいと思います。ぎっくり腰とはお薬で痛みを抑えようとしたときにはどうしても7日~14日ぐらいを要するものです。お薬が到着するまで数日費やしますが病院にせっかく行ったのに何も処方してもらえなかったり、湿布しか出してもらえぬリスクを考慮すれば最初から処方してもらえることを約束した状態で購入できますので痛みの対処としては手間・費用ともにもっとも手軽く、それでいて堅実な方法ではないかと思います。


[おまけコラム]

ドラッグストアで購入できるものではぎっくり腰には期待できず。

おそらくは私が思うには今回のアクセス者様は、ぎっくり腰になられてしまわれて痛みを抑えるために何とかしたいのだけも整体や治療院などで身近にあるお店でクチコミの良いところをご存知なかったり、身近に治療をしてくれる院をご存知なかったり、仕事の転勤などの都合で遠方から引っ越されてきた方だったりという可能性があるのでは無いでしょうか?私が察するには主婦の方で、ご結婚などの都合により嫁いでこられた新婚の女性では?と思っております。小さなお子様もおられる都合で治療院に通うことができないなどのこともあるのでしょう。

では、皆様にご注意していただきたいことなのですが、『ドラッグストアや薬局で処方される医薬品の類ではぎっくり腰に対してそれほどの効果は期待できない』のが実情だと思います。例えば痛みを抑えるような飲み薬などもありますがぎっくり腰の強烈な痛みはそういった飲み薬ではむしろお金の無駄になるのではと思えるほどです。

ぎっくり腰では筋肉の強張りや骨のズレなどによって椎間板と呼ばれる組織が挟み込まれて激痛を発することもありますし、仙腸関節という骨盤の関節が捻じれてしまって痛みを引き起こしていることもあり、こういったものは関節の捻れや骨のズレを基の位置に誘導して挟み込まれた神経や椎間板という背骨の軟骨を助けださなくては、例え麻酔を打っても痛みは収まりません。したがいまして、病院で観血的に麻酔注射を打っても痛みが収まらぬことは充分に考えられるのです。

ぎっくり腰に陥ってから慌てて薬局に行っても時すでに遅し、入手できるものは気休め程度の効果である。

ということで、もしも皆様がぎっくり腰になったとします。そのときに薬局(ドラッグストア)に行ったとしたら入手できるものは精々が気休めぐらいだとお考えになってくださいませ。

一旦発生してしまったときにはやはり一番おすすめするのはぎっくり腰専門整体院を受診することで、腰椎や骨盤の隙間に挟まれてロックされている神経や椎間板を骨や筋肉を調整し、全身の構造を矯正して救い出す必要があるのです。整体ではこういった障害された構造体を、物理的に操作することによってもとの状態へと導くことが期待できるのです。出張整体にも対応しているところなどもございますので、腰を痛めているのに無理を押して治療院まで足を運ぶ必要などもございません。ご自宅にいながらにして受けることができまることもあるのです。

薬局で入手できるものは精々が気休め、しかし気休めでも宜しければいくつかのオススメのものをご紹介させていただきたいと思います。

ということで、本来は陥る前に準備していただくことが一番大切と言えます。しかし、身近な薬局でも手に入るものだけを今回ご紹介させていただきますので、どうか気休めでも構わぬから買ってみようと思われたときだけ参考にしてください。(当院は薬剤師免許や医師免許はありませんのであくまでも参考程度とし、その使用上の責任は一切負いかねることを予めご承知くださいませ。)

気休めアイテム①シップ

湿布一番におすすめするのは処方箋無しでも入手できるシップです。痛み止めのお薬や、スプレー型、塗り薬タイプなどいろいろありますが、どれも基本的には同じ程度の作用だと思ってください。ただし、直接皮膚に貼り付けた方が痛みを長時間紛らわす作用は期待できます。皮膚に塗ったり噴きつけるタイプのものは汗や布団などが皮膚にこすれると薬が落ちてしまいます。また、飲み薬では眠くなったり胃が重くなることがあります。シップは温かいシップや冷たいシップなどありますが基本的にはご自分が気持ちよいと思えるものを使っていただければ大丈夫です。

気休めアイテム②アイスノンor氷嚢

アイスノンアイスノン

氷嚢氷嚢

基本的にぎっくり腰には炎症を持つタイプと血行障害を持つものの2種類があると思ってください。その内の炎症があるものには有効です。ただし、ビニール袋などに氷と冷水を入れ、タオルを表面に巻いたようなものでも代用が効きますので特に買う必要があるというわけではありません。

気休めアイテム③毛糸の靴下

毛糸の靴下薬局で販売されている毛糸の靴下です。基本的には炎症性のぎっくり腰であろうとも、血行障害が原因となるものでも足先や下半身は冷えを持っておりますのでこういった保温性の高いものを着用していただくことは良いことです。また、ぎっくり腰以外のときでも着用できますから決して損はしません。

気休めアイテム④毛糸のパンツ

毛糸のパンツ靴下同様毛糸のパンツは保温性が期待できますので体を冷やすことがありません。

気休めアイテム⑤カイロ

カイロ

血行障害が原因となるぎっくり腰のときに必要性があります。足先など冷えたところを温めるだけでも腰の痛みが和らぐこともあります。

気休めアイテム⑥靴底型カイロ

靴底カイロ

靴の中敷として挿入することで最も冷え安い足裏をあたためますので熱の損失を防止することにつながります。これも血行障害を原因とするぎっくり腰に期待できます。

気休めアイテム⑦カロリーメイト

カロリーメイト

携帯食や保存食としても期待できますので、薬局で購入して自宅に常備していただければ万が一のときに痛みを押してまで食材の買出しに出かけずとも済みます。お子様の大好きなチョコレート味などがオススメです。個人的にはチーズ味が好きです。

気休めアイテム⑧プロテイン

プロテインプロテインは筋肉の材料のタンパク質となりますので、肉体労働をされる方で慢性的な腰痛をお持ちであったり、肉体労働をされているにもかかわらず体型が痩せ型の方には、脂身タップリのお肉や、コレステロールタップリの卵をよりも経済的に安価にタンパク質を摂取できますのでおすすめです。ただし、現在肥満傾向の方には特に必要ありません。ぎっくり腰の予防につながる可能性は僅かにありますが、治す作用はまったくありません。

薬局に売られているコルセットはどうなの?ほとんど気休めです。買わない方がマシと言っても良いでしょう。

では、ドラッグストアで売られているコルセットはぎっくり腰などには有効なのでしょうか?これに関しましては、実物を近所のドラッグストアで数件見させていただきましたが、まったく効果の程が期待できません。ペラペラで固定性よりも産後の女性の骨盤のケア(ケアというよりも骨盤やお尻を引き締めるだけのもの)程度の期待しかできません。にも関わらず値段も5000円以上するものが殆どです。ネット通販で事前に専門のコルセットをお買い求めになっていただくか、私どものような腰痛の専門整体院を受診していただければ、適切なものをご提案いたします。

いかがでしたでしょうか?ドラッグストアとは幅広いお体の不定愁訴に対応する形で品揃えは豊富ですが、お薬にしても、そこまで速攻性のあるものは取り扱っておりません。こういった変化値を大きく実感できるものは医師の処方箋がなけれ入手できませんし、コルセットにしてもあまりにも固定性の高いレアな商品を在庫として抱えておくと店側にとっても売れ残りのリスクがあるので、どうしても効き目や効能が穏やかで誰にでも利用できるものを提供せざるを得ぬのがドラッグストアのぎっくり腰における実情であると言えるのです。