荘A[NX̉@

Q、腰痛で立ち仕事続けると?

腰痛で立ち仕事を続けても適切なケアと腰痛防止指導を受ければ大丈夫です。しかし、怠れば慢性腰痛や椎間板ヘルニアになります。立ち仕事を続けることで慢性腰痛になっている方は多いですが、ご家族を養うためというやむを得ぬ事情があり分かっていながら多くの方は働き続けています。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

A、適切なケアと腰痛防止の指導を受ければ大丈夫です。しかし、怠れば慢性腰痛になります。

適切なケアと腰痛指導を受ければ充分に腰部の状態を改善し、立ち仕事をすることができます。しかし、全くケアを受けずに、腰痛のメカニズムなどの教育を受けずに立ち仕事をされていれば、そう遠くない将来に慢性腰痛や腰椎椎間板ヘルニアなどに苦しめられることになるでしょう。

では、なぜ立ち仕事を続けるとこのような状態になってしまうのかともうしますと、実は立ち仕事そのものに原因があるわけではありません。充分な腰痛防止教育を受けて無い方が殆どなのです。つまり、必要なセルフケアや腰部の耐久性能などについてまったく無知のまま健常者と同じような動作をされるために腰部を痛めてしまうわけです。また、痛めてしまったときに適切なケアを受けることができれば状態は悪化しませんが、それを怠ってしまえばダメージが蓄積されてしまい、いずれはこういった慢性腰痛へと移行していってしまうのです。

だからと言って立ち仕事を逃れて生きて行くことはかなわず。

「立ち仕事を続けると慢性腰痛になるリスクがある」と聞きますと、多くの方は立ち仕事を続けることが怖くなってしまいます。しかし、日本の現在の仕事では、やはり立ち仕事を逃れて生きて行くということは難しいことであるとお考えになっていただけると良いでしょう。

建築現場や工事現場、土建などをはじめ多くの方が立ち仕事や肉体労働をされておられるわけですが、やはりこういったお仕事を避けてしまいますと、本当に仕事の幅が狭まってしまいます。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

そういったことを含めて考えますと、「慢性腰痛になったら怖い」とお考えになって別の道を求めると厳しい生存競争を強いられてしまいます。少なくとも事務系のお仕事だけでご自身のご家族を養って行けるだけの生計を営むということは狭き門になることは間違いありません。ところが、肉体労働として現場関係のお仕事をされておられる方と申しますのは総じてこのような事務系のお仕事の方よりも収入は大きいはずでしょう。

実際に立ち仕事をされている方に話を伺ってみよう。

ということで、もし慢性腰痛になってしまったらどうしようというお考えではなく、実際に立ち仕事(肉体労働)をされている方にお話をお伺いしてみると一番参考になるのかと思います。その方が建設的な考え方と言えるはずでしょう。

私の父もそうですし、きっと身の回りの立ち仕事をされている方の多くが中高年になると「腰がつらい・・・腰が辛い」とおっしゃられるはずです。では、この方々になぜ立ち仕事をされているのか?別の仕事をしないのか?と聞いていただければ間違いなくこのように返ってくることでしょう。

  1. 家族を養って行かねばならないからこれぐらいはしょうがない
  2. 今更サラリーマンなんてできない。
  3. 働けるだけでもまし。
  4. 年を取ったら仕事を選ぶことなんてできない。
  5. どこにも雇ってもらえない。

そうです。多くの方が腰痛を実際にお持ちであり、年に数回ぎっくり腰になり、全く動けなくなることもあるのですが、それでも仕方が無いと言って文句を言わずに会社勤めをされているのです。

肉体労働は家族を養って行くための常道である。

ということで多くの方が腰痛を我慢して無理を押してでも立ち仕事をされることは、やはり奥様やお子さんなどご家族を養って行くことが一番の目的であるのです。私達は人として生きている以上最低限の望みとして所帯を持ちたいと願うものですが、こういった望みを手堅く手に入れるにはやはり立ち仕事は不可欠でもあるのです。手っ取り早く安定した収入を稼ぎ、ご家族を安心して養って行くためにはやはり常道と言えるのが立ち仕事であると言えるのです。とくに公共事業などの税金を使った工事や多額の総工費をかけた建設などは安定した収入を稼ぐためには欠かせません。これを避けていたらきっと一般の会社事務では、不安定な収入になるはずでしょう。余程卓越された能力がなければ、それほど高額の収入を期待することはできぬことです。これでは、結婚の限界年齢である40代までにパートナーを射止めることは難しいです。こういった年齢を過ぎているにも関わらず不安定な収入では、ご自身にとっては良くてもパートナーや、そのご家族のご理解は得られぬことでしょう。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

慢性腰痛が怖いとおっしゃられて避けていても、いずれ無理を感じるようになり、やがてはそこに望むようになる。

ということで、多くの場合は最初は「慢性腰痛になりたくない」お考えになられ、簡単なお仕事に就かれるのですが、婚期などの都合からやはり、ある時期になりますとこのままではダメだと考え直すようになり、慢性腰痛になることも承知で立ち仕事をされるようになります。痛みの無い平穏な暮らしを望む以上に、人として最低限の幸せを手に入れようと願う気持ちの方が上回るからでもあるのです。

腰痛と職場・会社

ぎっくり腰は若者に多い。仕事が忙しくて腰のケアが出来ないから

腰痛の職場復帰の目安

競争社会を求めるとストレス腰痛に蝕まれる

社会的な理解

すぐに陥ってしまい勤めることができません。

勤務中の腰の負担の和らげ方

仕事中に出来る腰の疲労の解消法

腰痛対応で立ち飲み居酒屋店の売り上げUP

仕事中にラジオを聞くと腰痛が治る

ハイヒールを履く職場での腰痛対策は?

絶対に治らない腰痛

ハードワークの過労によるもの

勤務中に出来るぎっくり腰防止法

腰痛防止で考慮するべき職場環境

ドライバーと腰痛

ピザ屋のバイクを運転してます。しばらく運転しておりると腰が痛くなります。

トラックドライバーがぎっくり腰

配送業でぎっくり腰になった

配送業の男性のもの

デスクワークからドライバーに転職したら慢性腰痛になった

力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事の腰痛対策の限界

激しく体を動かす肉体労働の場面で起こるギックリ腰

建設業男性、短い睡眠でハードな仕事をする

建設業

大工の症例

力仕事のぎっくり腰セルフチェック

力仕事を我慢し続けると慢性腰痛になる

ぎっくり腰で引越ができません。

肉体労働者が腰を痛める原因

肉体労働者の腰痛防止のストレッチ

土木工事で腰を痛めないようにする姿勢

重たい台車を押す方法

勤労者の疲労原因

力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態

肉体労働者のぎっくり腰、関節軟骨の破綻の原因

農業

田植えのヘルニアは?

農業での防止

畑仕事で腰が痛い

腰を痛めないための畑仕事の姿勢は?

農業の腰痛の防止法

立ち仕事の腰痛対策

結論:こまめに腰を下ろして休む。

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

ヘルニア 立ち仕事 悪化

腰痛で立ち仕事つづけると?

立ち仕事の腰痛の意外な原因

立ち仕事は腰が弱くなりますか?

美容師の腰痛対策は?

立ち仕事の腰痛防止で注意するべき動作

ガードマンの腰痛防止は足を左右に開く

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

立って作業をすると腰が痛くなる

立ち仕事と座り仕事の腰痛の違い

立ち仕事は背面、座り仕事は表面の筋肉を酷使し、ぎっくり腰になる。

ウェイターの腰痛対策は?

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

飲食店の方のぎっくり腰予防には?

美容師男性の腰痛対策とは?女性客の頭の位置を高くすること

腰痛ビジネステクニック

腰痛を治すのではなくビジネススキルを高めることで、腰痛にならずに済むようにする。

腰痛の負のスパイラルの形成過程

下手なマーケティングはするな!

ストレスによる腰痛を減らす確実な方法

加賀田流3つの意識

金持ちほど他人に乞い、貧乏人ほど乞わない

仕事の安定感を得る方法

ネットサーフィンを止めると腰痛対策になる

腰痛とライフワークバランス

インプットとアウトプットのバランス

単調な作業は隙間時間にやる

仕事の集中力を高める腹筋運動

坐骨神経痛はビジネステクニックでは防げない

仕事の疲労を軽減する方法

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

職業選択

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛と職場・会社

ぎっくり腰は若者に多い。仕事が忙しくて腰のケアが出来ないから

腰痛の職場復帰の目安

競争社会を求めるとストレス腰痛に蝕まれる

社会的な理解

すぐに陥ってしまい勤めることができません。

勤務中の腰の負担の和らげ方

仕事中に出来る腰の疲労の解消法

腰痛対応で立ち飲み居酒屋店の売り上げUP

仕事中にラジオを聞くと腰痛が治る

ハイヒールを履く職場での腰痛対策は?

絶対に治らない腰痛

ハードワークの過労によるもの

勤務中に出来るぎっくり腰防止法

腰痛防止で考慮するべき職場環境

ドライバーと腰痛

ピザ屋のバイクを運転してます。しばらく運転しておりると腰が痛くなります。

トラックドライバーがぎっくり腰

配送業でぎっくり腰になった

配送業の男性のもの

デスクワークからドライバーに転職したら慢性腰痛になった

力仕事・肉体労働と腰痛

力仕事の腰痛対策の限界

激しく体を動かす肉体労働の場面で起こるギックリ腰

建設業男性、短い睡眠でハードな仕事をする

建設業

大工の症例

力仕事のぎっくり腰セルフチェック

力仕事を我慢し続けると慢性腰痛になる

ぎっくり腰で引越ができません。

肉体労働者が腰を痛める原因

肉体労働者の腰痛防止のストレッチ

土木工事で腰を痛めないようにする姿勢

重たい台車を押す方法

勤労者の疲労原因

力仕事のぎっくり腰の筋肉の状態

肉体労働者のぎっくり腰、関節軟骨の破綻の原因

農業

田植えのヘルニアは?

農業での防止

畑仕事で腰が痛い

腰を痛めないための畑仕事の姿勢は?

農業の腰痛の防止法

立ち仕事の腰痛対策

結論:こまめに腰を下ろして休む。

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

ヘルニア 立ち仕事 悪化

腰痛で立ち仕事つづけると?

立ち仕事の腰痛の意外な原因

立ち仕事は腰が弱くなりますか?

美容師の腰痛対策は?

立ち仕事の腰痛防止で注意するべき動作

ガードマンの腰痛防止は足を左右に開く

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

立って作業をすると腰が痛くなる

立ち仕事と座り仕事の腰痛の違い

立ち仕事は背面、座り仕事は表面の筋肉を酷使し、ぎっくり腰になる。

ウェイターの腰痛対策は?

受付の仕事で長時間立ち続けて腰が痛い

飲食店の方のぎっくり腰予防には?

美容師男性の腰痛対策とは?女性客の頭の位置を高くすること

腰痛ビジネステクニック

腰痛を治すのではなくビジネススキルを高めることで、腰痛にならずに済むようにする。

腰痛の負のスパイラルの形成過程

下手なマーケティングはするな!

ストレスによる腰痛を減らす確実な方法

加賀田流3つの意識

金持ちほど他人に乞い、貧乏人ほど乞わない

仕事の安定感を得る方法

ネットサーフィンを止めると腰痛対策になる

腰痛とライフワークバランス

インプットとアウトプットのバランス

単調な作業は隙間時間にやる

仕事の集中力を高める腹筋運動

坐骨神経痛はビジネステクニックでは防げない

仕事の疲労を軽減する方法

仕事関連

「仕事関連」をさらに3つのジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

腰痛による職業問題

職業選択

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書