荘A[NX̉@

ラーメン屋の皿洗いで腰痛

お皿洗いでのアルバイトで腰を痛めぬようにするためにはナケムソンの椎間板理論を知りましょう。

※スポンサーCM

誤った思い込み「皿洗い=腰痛」、短絡的な回避行動は腰痛の予防とはならず。

ラーメン屋さんで皿洗いのバイトをして腰痛になってしまう対策についてお話して行きたいと思います。

さて、本日ご訪問されたユーザー様ともうしますのは推察するには今は高校生・もしくは大学生で飲食店でアルバイトをしようとお考えなのではございませんでしょうか?ちなみに確率から行けば食器洗浄機のようなものが存在しない個人のラーメン店でのお皿洗いをされるということですからきっと食後の食器が一杯に溜まるのは夜9時以降ですから深夜に働ける大学生なのかと察します。学業とともにアルバイトをされるということはとても良いことだと思います。是非とも頑張ってバイト代により、お小遣いや生計、学費を稼いで充実した学生生活を楽しんでください。

さて、これからアルバイトをされるにあたってきっと腰痛になってしまうのではというご不安をお感じになられているのでしょう。

しかし、なぜラーメン屋さんで皿洗いをして腰痛になるのか?きっと貴方様にとっては「ラーメン=腰痛」なのか「腰痛=皿洗い」なのか?間違ったイメージを抱かれていることでしょう。お皿を洗うことで腰を痛めてしまわれた方が身近におられるのか?ご自身もそうなってしまうのではとご不安をお感じになられていることでしょう。

実は、腰痛を慢性的に繰り返しておられる方は、腰痛の正体が何であるのかをご存知で無いために、根本的な予防法には目を向けられず、このように短絡的に「ラーメン=腰痛」という誤った先入観で物事を捉えてしまうのです。そして、「=怖い」からはじまり、「=食べない」というようになって行きます。このような全く関連性の無いもの同士をさも関係性が深いように思い込んでしまうことが患者様には多いのです。このような思い込みが強くなってしまいそれを拒絶する行動をとってしまうことを回避行動(逃避行動)と呼びます。

過度な逃避行動は、本当の原因から目を背けるだけでなく日常生活において様々な障壁をもたらす。

※スポンサーCM

このような回避行動を取るようになりますと、意図的にその行為をを遠ざけるようになります。しかし、根本的な原因が分かっておらぬために別の行動でもおなじようにぎっくり腰を起こすようになります。するとその行動でも「恐怖」を感じまた、逃避をするようになります。これを繰り返すうちに気が付くと身の回りの多くのことを遠ざけてしまい障壁だらけとなり、それが体の正常な活動を妨げ心身の健康に悪影響を来たし最後には慢性的な腰痛持ちになって行ってしまうわけです。

つまり、ここで重要なことは本当の原因に目を向けていただくことにあるのです。

ラーメンとぎっくり腰には何の関係性もあらず。

ちなみに、ラーメンとぎっくり腰には何も関係性がありませんのでご安心ください。強いてあげるとするならば、油分やカロリーが高いので、太りやすかったり、ストレスを感じやすくなったりして長期的にこれを食べ続けることで腰痛になりやすくなることは考えられますが、大学生活で週に1~2回程度食べたぐらいではぎっくり腰の原因とはなりません。さすがに毎食こればかりだとなってもおかしくありませんが・・・

しかし、皿洗いと腰痛には関係性はあります。ところが皿洗いに限ったことではありません。パソコンをしていてもそうですし、自転車を運転していてもそうですし、ゴルフやお掃除、販売職、力仕事などどんな仕事でも共通して気をつけるべきことがあるのです。

それがこれからお話するナッケムソンの椎間板の圧力負担です。

ナッケムソンが発見した椎間板理論、腰痛理論ではセオリーともなる常識

ということで、スウェーデンの整形外科医のナッケムソンが発見した腰椎椎間板に加わる圧力の負担についてです。近年この理論が掲載されておらぬ医学書が増えておりますが、かつては書店で腰痛のことを学ぶ本選びをする上では絶対不可欠の条件というほどの内容であり、この理論が掲載されておらぬ腰痛の本はただ、ページ数が多いだけ(意図的にページ数を誤魔化している)の本であるといわれるぐらいまで重要視されておりました。近年ではナッケムソン氏の理論が世間に充分に浸透したためこれに触れぬような本も出版されておりますが、やはり大切なものであるのです。

では、椎間板とはどのような物なのかと申しますと、

椎間板背骨の腰椎と骨盤を横から見た模式図、骨と骨の隙間にあるのが椎間板、椎間板は衝撃を吸収するクッションの働きを持つ。

椎間板は衝撃吸収のために働くが、度重なる負担や大きなストレスが加わることで壊れることがある。壊れ安い姿勢を示したのがナッケムソン理論

ということで具体的な説明をしますと下図のようになります。

ナケムソン椎間板理論

  1. まっすぐ立っている姿勢で椎間板に加わる体重負担を100%とします。
  2. 寝転んでいるとき25%
  3. 座っているときは140%
  4. 体を前傾させると150%
  5. 前傾させた状態で荷物(お皿)をもつと220%

前傾姿勢で重いものを持つと腰を痛め安い、したがって少しでも前傾姿勢を減らす荷物の持ち方を工夫する

※スポンサーCM

では、どうしたらお皿洗い動作の腰部の負担を軽減できるのかと申しますと、できるだけ腰を前傾しないようにすること、そして一度に重たい物を持たぬようにすることが大切です。シンクに溜めたドンブリを沢山重ねて一度に持ち上げるといとも容易くぎっくり腰になりますので、できるだけ少量づつ持ち上げるようにしましょう。

また、腰を前傾させずにできるだけ膝を折り曲げることで上半身を真っ直ぐ保つようにすることも必要です。(下図参照)

腰を落としたお皿洗い

図の左側は悪い例です。腰を常に前傾にして食器を持ち上げているため、腰部の負担は220%にまで上昇しております。これでは腰を痛めかねません。

右は良い例です。膝を曲げることで腰を落としているため、上半身を真っ直ぐに保つことができます。このため腰部の負担を軽減することができます。(ただし、膝が疲れますが・・・・)膝の疲れを少しでも軽減するために膝頭をシンクの腰板部分に当てて体を支えます。

ただし、この姿勢をしたから腰痛を完全に防げるというわけではありません。あくまでの腰の負担を軽減する一つの方法だとご理解ください。また、ご自身の疲れぬ範囲を良く見極めていただき、前傾姿勢でお皿を洗うけれども、食器を持ち上げるときだけ腰を落とすなどしたり、前傾姿勢と直立姿勢を交互に使うことで腰と膝の双方で負担を上手く分散するようにすると良いでしょう。

ただし、伸長が余りにも高い場合は、コルセットなどで腰を保護しても良い

もしかして、かなりの長身でしたら、腰を落とそうにも落とす範囲が大きすぎて体勢がしんどすぎると思います。こういった場合は予め腰痛防止用のコルセット(コルセットにもさまざまなタイプがありますのでメーカーなどにきちんとお問い合わせになってください。)を腰に巻くことで腰部の負担を少しでも和らげると良いでしょう。

またのご訪問を心よりお待ちいたしております。

ぎっくり腰・腰痛防止のためのオススメアイテム①腰痛コルセット

  • ラーメン屋さんのバイトなど腰部の負担の大きな重労働のお仕事をされる方必見です。
  • ★オススメポイント
    1. 腹圧の上昇による体幹の安定効果。→人間の体幹とは一種のエアサスペンションのような構造を持っており腹筋を引き締めると、体が安定し、背筋の力を使わずともきちんとした真っ直ぐの姿勢を保持することができるようになります。

      腹圧左はお腹が前方に突き出している状態、お腹を引き締めることで体が真っ直ぐに補正されて背筋にそれ以上負担をかけずに済む。

      コルセットとは慢性腰痛や重度のぎっくり腰を患った患者様にとっては必須のアイテムと言っても良いでしょう。なぜならば何の対処もせずにぎっくり腰を放置したまま過ごすことで、腰部の過労がさらに進行し痛みが悪化してしまうからです。皆様が腰が痛いとおっしゃるときには腰の痛みには2種類あると思ってください。
      ①筋膜・骨膜から発するもの。
      ②神経の枝から直接発するもの。

      慢性腰痛やぎっくり腰などを放置することで悪化するのはこのうちの①となります。急性期の痛みを発しているようなときには速やかにコルセットを活用することで腰部の疲労を早急に解消しなくてはなりません。また、こういったコルセットを日常的に活用せずともこれらを身近にご用意していただくことで例えば旅行、スポーツ、日常での肉体労働など腰を酷使するときなどに備えられますので、疲労の蓄積された危険な状態の腰部のまま過ごさずに済みます。

お皿洗いでの腰痛対策

結論:最終的には食器洗浄機を買う。

お皿を洗うとき肩や腰が痛くならない方法

キッチンの流し台が低くて腰が痛い、何か良い方法ありませんか?

シンクが低くて腰が痛い、対処法は?

ラーメン屋の皿洗いで腰痛になりませんか?

食器を洗うときどうしたら腰痛を予防できますか?

腰に負担が掛からないお皿洗いの方法

作業場面での腰痛対策

結論:中腰にならないこと

雪かきの腰痛は?

腰に負担をかけない乗車

日常業務で気をつけること

掘土での防止法

腰痛の一般防止策

腰痛持ちの釣りは?

腰痛持ちの長距離バスは?

ぎっくり腰の防止法

腰痛対策をして腰痛が悪化したときに見直すもの

腰痛防止には律動的な動き

腰痛の防止は?

声を出す効果は?

無意識で行うフィードフォワード制御によるもの

相反性神経支配

腰痛で最も世界的な治療法

腰痛防止のために意識的に改善するべきもの

なりにくい体質をつくるには?

ぎっくり腰の予防の重要性

生活場面での腰痛対策

腰痛持ちにクロスバイクは?

腰痛持ちに飛行機は?

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

カートを押したら腰が痛い

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

気をつける日常習慣

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門