泥酔者の施術をお断りする理由

泥酔して意識や記憶が無い場合は重大な受傷機転を持っている可能性が高く、見落としかねないので安全面の配慮として事前にお断りしております。

※スポンサーCM

最大の危険は記憶・意識が無いことであり、デメリットは安全性の欠如

商売をご経験されたことのある方でしたらおそらくは、お酒を飲んで酔っ払った方は態度が悪かったり、素行が悪くなって言うことを聞かなかったり、回りのお客様にご迷惑をかけてしまわれたりという、マナーの問題が一番に思い浮かぶのではございませんでしょうか?

また、多くの方が別の問題として、代金の踏み倒しや何らかの金銭的トラブル、また後々にサイフやカバンを無くしたときに「盗まれた」とかいわれのない言いがかりを付けられてしまうこともあることでしょう。たしかにこういったことは泥酔者ならではの問題だと思います。マッサージを受けたまま眠られてしまいそのまま熟睡して起こすこともできなくなるなどの面倒な手間も掛かってしまうことは事実です。

しかし、もっとも重要なのは整体に置いてはやはり安全性の問題なのです。皆様もすでにご存知かと思いますが、お酒を飲むと患部の炎症が悪化します。なぜならば、お酒は血液循環を過剰にするからです。こういった問題がやはり大きいです。

しかし、多少炎症が強まって「痛い!痛い」と嘆く程度でしたらまだマシな方だと思うのです。それ以上に問題があることがあるわけです。それが意識や記憶になるのです。とくにぎっくり腰を専門とする当院では、泥酔によって意識・記憶が無いは致命的な問題となることもあるわけです。そんなお話を今日はご紹介しましょう。

※スポンサーCM

ある日の昼間に掛かって来た緊急連絡、ご本人は「何もしていない」というが・・・

確か、その日は、夏も終わりの頃の午前中のことだったと記憶しております。私の携帯がなりましたので電話をとりました。

「すいません。ぎっくり腰になってしまいました。これから来てもらえますか?」
「なるほど、それでは幾つかお話を伺わせていただきたいと思います。」
「はい。」
「では、いつから痛みが現れたのですか?」
「今日の朝からです。いつもでしたら朝の9時ぐらいに目が覚めるんですけれども、なぜか痛みで目が覚めてしまい、7時ぐらいに起きました。起きたときから痛かったんです。」
「痛みはどんな感じでしょうか?起き上がれぬほど痛いとか具体的に教えていただけますか?」
「もう!余りの痛みで起き上がれません。」
「そうですか、それでは何かキッカケのようなものはございませんか?」
「いや、それがまったく・・・いつもと同じように生活して、今日も朝にいつも通りに寝ていました。何もしておりませんよ。

それだけの痛みでしたら、何もキッカケに身に覚えが無いは少しおかしな話だと思いました。これはひょっとすると内臓から来る病気なのか?それとも何らかの持病が関係しているのか?
「では、Aさん(今回の患者様)今は寝転んでお電話されておられるのですか?」
「はい、寝ています。」
「寝ている状態でも痛みは出ますか?」
「いえ、寝ていれば痛みはありません。」
どうも不思議な話です。通常ならば内臓などから由来するものであれば寝ていても痛みは同じように出続けるものです。ところが動かなければピタリと収まってしまうわけです。どうやら禁忌適応には該当しないようです。しかし、禁忌には当たりませんが、施術が有効なのかは分かりません。もう少しお話を伺わせていただき、最終的に施術不能な可能性もあることを事前にご了解いただき様子だけでも見させていただくということでご了承いただき、出張させていただいたわけです。受傷機転を持たぬけれども痛みが出てしまう。筋肉痛のようなものも考えられます。寝ているときの体位変換などから来る捻挫のようなものも考えられます。

ということで御自宅に出張させていただいたわけです。

施術をする前にもう一度詳細のお話を確認して行きます。次に視診を行います。このときには患部のお洋服をめくっていただき、腰や足に外観上の異常が無いかを拝見させていただくのです。

患部に大きなアザが出来ており明らかな内出血痕が浮かびあがる。

お洋服をめくって直接患部を見させていただきますと驚きです。なんと腰部が全体的に大きく紫色に染め上がり明らかに大アザ(内出血)をされていたのです。

※スポンサーCM

これは、痛いはずです。ひょっとすると骨折しているのかもしれません。
「Aさん、何もしていないとおっしゃいましたが本当に何もしておりませんか?」
「いえ、何もありませんよ。いつもどおり家でお酒を飲んで、夜になって寝て翌朝痛かったんです。」
これだけの内出血が何のキッカケも無く生じるとしたらもはや内臓が破裂しているのか?腹部の動脈が破れて出血しているのか?外観上の異常から推察すればもはや我々民間療法では手の施しようがありません。完全に病院で精密検査が必要なレベルです。

そのとき隣のお部屋にいた奥様がお部屋に入って来てこのようにおっしゃられたのです。

「あなた、何もしていないってそんなはずないでしょ。覚えてないの!まったく・・・昨日は夜になってから外にお酒を飲みに出かけて、帰りはお寿司屋の大将さんにおんぶされて帰って来たのよ!」
「おや、そんなことがあったのかい」
「Aさん、本当は昨日のことを覚えていらっしゃらないのではございませんか?」
「面目無い・・・いつもは家で酒飲んでおとなしく寝ているから。昨日は野球でG軍がシリーズ優勝したから嬉しくってつい沢山飲んだんだよ・・・そこまでは記憶があるんだけど・・まさか飲みに出かけたなんて・・・」
「では、少しでも詳しい状況が知りたいのでそのお寿司屋さんにご連絡してどういう経緯でおんぶされて帰って来たのか教えてもらってください。」
ということで奥様に御願いし、ご連絡していただいたわけです。
すると驚くことに、階段の踊場でご主人が大の字になって眠り込んでいたから仕方なくおんぶして連れ帰ったということでした。

どうでしょうか?お酒に酔っ払った人が階段の踊場で眠り込んでいたということですが、自然な流れで考えますと大の字になって眠るものでしょうか?ひょっとして階段で滑って足を踏み外して転落している可能性がありますよね。そして頭を強く打ったため、記憶が部分的に抜け落ちてしまったのかもしれません。つまり覚えていないのではなく、もともと記憶を喪失していたから事故の瞬間を知らぬわけです。

今回はテーピングで腰部をしっかりと固定し、さらにはコルセットで補強し、紹介状をしたためさせていただきました。そして、ご主人を支えながら車へ乗せて奥様の運転で病院に行き精密検査を受けていただきました。頭をぶつけたのかは定かではありませんが幸いにも脳には異常が無く、内臓も無事でしたので良かったです。

ということでお酒を飲んで泥酔している方には様々な危険があることが良くお分かりいただけたと思います。今回の患者様はお酒が完全に抜けきってシラフの状態でご利用されてもこの有様なのですから、泥酔状態で利用されたらもっと酷いことになるはずでしょう。皆様も是非ともお気をつけになってくださいませ。

  ※  注意:この物語は過去の患者様を題材として、私が脚色して作り上げた100%のフィクション作品です。実在する人物との関係性は一切ありませんのでどうかご安心くださいませ。

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報 

腰痛は気持ちが変われば治るか?

坐骨神経痛と変形性股関節症には違いがない

うつ伏せで足が上がらない、反らない

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)