動作経済4原則

ぎっくり腰は偶発的なアクシデントと思われるが不運などではなく、統計的に受傷者の6割が再発を繰り返すことから明らかな原因がある。体型的なものなど先天的な要因でもあらず。その発生の背景にある最も大きい共通点は作業上のムリ・ムラ・ムダ、これを無くすために必要なのが動作経済4原則

※スポンサーCM

ぎっくり腰は重たいものを持ち上げたときのアクシデントと思われるが

皆様はぎっくり腰という言葉を耳にしたときにきっと重たい荷物などをもちあげたときにグキッとなってしまう姿だけを思い浮かべてしまうことでしょう。

こういった受傷機転が先行してイメージされるのできっと『ぎっくり腰=アクシデント』と御考えになられることです。周りの方の多くも耳にしたときには『かわいそう・・』となどと口にされることです。

発生率を診ると偶然ではないことが分かる。

このようなアクシデントという不運なイメージがありますが、統計的に診たときには発生率では明らかに偶然ではないことが分かるのです。

受傷者の6割以上が毎年のように繰り返す。

こういった方の発生率を診ていったときに受傷される方はおおむね6割の方が毎年のようにぎっくり腰を繰り返しているのです。これは明らかに偶然とは呼べぬと思います。

繰り返す者の要因の多くは普通体型や引き締まった体型

では、繰り返してしまう方にはどんな問題があるのか?と申しますと、皆様はきっと明らかな肥満体型など身重なお体をイメージされるかもしれません。ところが必ずしもそういった原因ばかりではないのです。体系的には至って普通だったり、むしろ引き締まったお体をされている方などの方が多いぐらいです。

ぎっくり腰の常連の共通点、ムリ・ムダ・ムラ

こういった方のには共通点があったのです。それは体型や、日常の姿勢、仕事の職種などではなく仕事や作業におけるムリ・ムダ・ムラであったのです。

①ムリ:腰部を損傷させる直接の原因

作業時にみられる一番の特徴はムリという部分です。こういった方は例えば『荷物を運んでください。』と指示を受けたときには明らかに一人で運ぶのが難しいような高重量であっても急に持ち上げてしまったりします。

慢性腰痛患者がリハビリをして悪化するのはムリによるものがある。

長年腰痛に苦しまれている人がどのように自分で努力してリハビリしてもなかなか腰痛を克服できずにいる多くの原因はムリという部分です。どんなリハビリ種目もそうですが『これならば安全』という種目は存在しません。にも関わらず彼らの多くはまったくそういった配慮なしに見よう見真似で上級者のトレーニング種目を実施して腰痛を悪化させてしまったり、腰部が衰えているのにも関わらず指導者の監督なしでダンベル体操など不適切なトレーニングを行います。

無謀なことをしているのに気がつかないことが多い

※スポンサーCM

こんなムリをされているにも関わらず。
『先生、私はこれまで腰痛を克服するためにいろんなことに挑戦してきました。何をしても治らぬのです。』

このように真剣におっしゃるのです。ご自分では無謀なことをしていてもそれにはまったく気がついておらぬず必死になって努力しているとおっしゃられることが多いのです。

②ムダ:余計な仕事や、やらなくても良いことで体力を消耗

次にあげられることは作業のムダです。例えばぎっくり腰になってしまった方に受傷までの経緯をお伺いしますと、ジャンピングスクワットを前日に300回行ったとかおっしゃられる方もおります。そういった方が働かれている職場では誰か一人が残業していると『自分が先に帰るのは申し訳ないから』ということで、みんなで一緒になって居残りする悪しき風習があったりします。また、毎晩のように睡眠時間を削ってゲームに興じたりと本来ならば必要のない無駄なエネルギーを使っていることがとても多いのです。

③ムラ:作業が連続して続いておらず、分断されてしまっている。

そして、最後の共通点がムラになります。これは一つの作業が何回も分断されてしまっており、作業効率が明らかに落ちてしまっていることを意味します。例えばマラソンをするときなどお考えいただければ分かると思いますが、走っていて疲れるからといって100メートルに1回の間隔で休憩を挟んでいたら、かなりエネルギーのロスが大きいですよね。

質量があるものは動き出すときに一番エネルギーをロスする。

人間の体とはかなりの質量がありますので、動き出すのに膨大なエネルギーを必要とするのです。一旦動き出してしまえばエネルギー消耗が安定しますが、分断して動くほどこの立ち上がりの消耗によってロスが大きくなります。

動きが連続するほどロスが少なくなる

ですので作業でのロスを少なくするためにはできるだけムラを防止し、作業を分断しないよう連続にする必要があります。

ムラを最も少なくしたのがライン工場

こういったムラをもっとも少なくするために考えたのがライン工場です。沢山の作業員が手分けをして、部品を仕分けする機械、加工する機械、切断する機械、など仮に一人で行ったならば作業行程が変わるたびに複数の機械の間を行ったり来たりせねばならないのですが、担当を細かく区分して、同じ作業だけを連続して行えるようにすることでこういったロスを極限まで削減することができるため、体力の消耗が少なくて済みます。

ムラの大きい人ほど自分ひとりで全て行おうとする。

そして、このようなムラの大きい人ほど日常の仕事の場面では他人と協調性がとれず、いろんな仕事を一人で抱え込んでしまいます。その結果ムラが多くなり多くのエネルギーを消耗して疲労困憊になってしまうのです。

ムリ・ムダ・ムラを防止するために必要なのが動作経済の4原則

このムリ・ムダ・ムラを防止するために必要となるのがギルプレスの動作経済の4原則となるのです。

動作経済の4原則

※スポンサーCM

  1. できる可能性のある能力を上手く活用する。
  2. 必要動作の数を、最も少なくする。
  3. 動作の距離を最も短くする。
  4. 動作を優しく、ムリの無いものにする。

では、以下にそれぞれ述べさせていただきたいと思います。

1、できる可能性のある能力を上手く活用する。

たとえば、片手だけでパソコンを入力することはできますが、とても非効率です。ところが両手を使って入力ができれば両手が有効に使えます。このときに足で操作できる器具や、瞬き一つで操作できるツールなどがあればもっと便利になります。作業中に使っておらぬ部分が少しでも少なくなり、フル活用できることが望ましいですね。業績の悪い企業ほど、こういった使えるものが機能しておらぬことが多いのです。

2、必要動作の数を、最も少なくする。

例えば、朝起きて、洗面台に行ったときに歯を磨いて顔を洗って、ひげを剃ったりといろいろなことをすると思いますが、朝起きたときに顔を洗う。食後に歯を磨く、出勤直前にひげを剃るなどと、分けてしまっても良いですが、それだと洗面台へと3回足を運ぶことになりますよね。また、お部屋の荷物を整理したときなどついでにお掃除もできれば荷物を動かす手間も1回で済みます。仕事の帰り道にお買い物をすれば出かける手間が一回で済みます。このように1回の手間で複数のことを行うことで必要動作の数を少なくすることができます。

3、動作の距離をもっとも短くする。

例えば必要な荷物があったときに台所にボールペンが置いてあったり、書斎に包丁が置いてあったり、と荷物が乱雑に整理されてあると家中を沢山歩き回って動作の距離が増えてしまいます。ところが必要なものとそれに関連したものが近くにあれば移動距離は出来る限り少なくできます。整理整頓して、分類分けしたりすることができれば使いやすいです。

4、動作をやさしくムリのないものにする。

例えば重たい荷物を一人で持ち運ぶような作業をしているとすぐに疲労困憊になって作業が行き詰ってしまいます。ところが複数名で行ったり、台車やリフトなどを用いれば疲労困憊になりませんので、その作業を沢山こなす事ができ、長く続けられます。また、ムリのある内容をしていると怪我などのリスクが増えてしまい仕事が続けられなくなります。一人が受け持つ仕事量が増えすぎてしまって過労で働けなくなったり、疲れてしまい作業のミスや交通事故をしてしまったりすると全体の作業に支障を来たしてしまうこともあります。

動作経済を見直してぎっくり腰を防止しましょう。

いかがでしたでしょうか?今述べたような内容を実施していただくことで動作経済を見直していただくことが必要であり、こういったことを日頃から心がけていただければぎっくり腰の発生も大幅に減らすことができるのです。

ぎっくり腰をしない人との違いはモーションマインド

このようなぎっくり腰を毎年のように繰り返している人とそうでない人の違いを述べさせていただきますと大きな違いがあってそれがモーションマインドになります。モーションマインドとは普段からどうやったらムリ・ムダ・ムラがなく最も楽に動作ができるかを考えるためにこの動作経済の4原則に基づいた考えが完全に定着しており、常にこの考えに沿ってどうやったらもっと楽にできるか?これを必然的に選択して行動していることをこのように呼んでいるのです。

腰痛対策の体の使い方

  1. ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方腰を屈める動作のときに腹筋と背筋をしっかりと使うこと。
  2. 腰痛防止の筋肉の使い方腹筋を膨らますように力を込めて腹圧を上昇させる。
  3. ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作るちょっとした防止法としては構えを作ること。腰椎の自然の彎曲を意識する。
  4. 動作経済4原則についてギルブレスによって明らかにされたムリ・無駄・ムラの仕組みを説明
  5. 踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈足幅のスタンスが広がって安定が増したり、屈む動作をしゃがむ動作へと変化させることが出来るから。
  6. 一歩踏み込むと腰の負担が減る足を前後や左右などに開くことでスタンスを広く構えると立っているときの負担が軽減されます。
  7. 腰痛にならないための体の使い方バケツを持ち上げるときに腰を痛めぬためには膝を曲げて重心を落として持ち上げること。そして背中を反らしすぎぬようにしよう。空いている手を支えに用いることは腰の負担を減らします。
  8. 動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法起こさぬためには、ゆっくりと動作を行うことで、急激な体勢保持をせぬようにすることが必要
  9. 腰に負担の掛けない起き上がり方①胴体まっすぐに固めた状態でベッドから足をはみ出して足の重さをテコに利用して起き上がる、②仰向けから側臥位になり四つんばいとなってハイハイして壁まで移動して壁につかまって起き上がる、③振り子の要領で足を振上げて振り下ろすタイミングにあわせて肘で床を押してゴロンと起き上がる
  10. ぎっくり腰にならない動きのワンポイントゆっくり動き出して、ゆっくり止まることを心がける
  11. ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ防止のために1つだけ上げるならばヘソの位置に気をつけること。
  12. 腰を入れるとぎっくり腰にならない腰を入れるとはしっかりと膝を曲げて踏み込んで腰を真っ直ぐに保こと
  13. しゃがむ動作で腰を温存老後のぎっくり腰を防止するには出来る限り若いうちからしゃがみ込む動作を意識的に用いることが良い
  14. 腰痛防止には足の効率的な力の発揮に着目する。足の指は斜めに曲げ伸ばしする特徴がある。
  15. 防止のためのマザーハンドの考え方利き腕(ファザーハンド)ばかりを意識していることによるものがあり、使っていない側のマザーハンドをどのように上手く使うかを意識すると力が左右でバランスの均衡が保たれ偏った負担を防止をできる。
  16. ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方腰に疲労を蓄積させないようにセルフケアや治療を受ける。膝のバネを使って歩く
  17. 一旦立ち止まってから動くと腰を痛めない止まらずに動くと腰に無理な力が加わる
  18. 低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止前後に足を開いて手を伸ばす側に胸椎を捻りながら腰をかがめると腰の可動範囲を少なくできる。
  19. 腰痛防止のための歩行の足の使い方歩くときの足の着地の瞬間に膝を軽く曲げることと踵から着地すること。
  20. 予備動作で止まればぎっくり腰は防げるはっきりと分かる動作を幾ら気をつけてもぎっくり腰は防げない。むしろ見えない動作で腰に気をつけるべき
  21. 急に動くとぎっくり腰を起こす筋肉には強制停止装置が備わっており、それが過剰に働くことで腰を痛めてしまうので急に動かないように気をつけよう。
  22. 捻る動作を意識すればぎっくり腰を防げる背骨を支点として駒のように回転する動作が腰痛防止に役立つこともある。
  23. 極端な動作に気をつけるぎっくり腰を頻繁に患って慢性腰痛を起こしてしまう人の多くは極端な行動を取りがち
  24. ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる動き出す静と動の間でぎっくり腰は生じるため予備動作の一瞬に気をつければぎっくり腰を防止することができる。
  25. 斜めに動けばぎっくり腰を防げる直線的な動きは力が弱い。上半身と下半身を使って捻るように斜めに動くと力が強くなり腰痛を防止できる。
  26. ぎっくり腰防止は動かす動作と逆を辿って戻す動作開始は曲げてから捻る、だけど戻すときには斜めに戻す。こういった行きと帰りの動作が異なると腰の負担となる

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

腰痛防止には足の効率的な力の発揮に着目する。

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

一旦立ち止まってから動くと腰を痛めない

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

捻る動作を意識すればぎっくり腰を防げる

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止は動かす動作と逆を辿って戻す

腰痛対策関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)