ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰に陥ったときに良くある間違い

結論:出来る限り様子を見て、セルフチェックで判断する

〔目次〕

  1. ページ概要:
    良くある間違いは救急車を呼んでしまうこと。
    生死にかかわる人が利用するもの。
  2. ぎっくり腰のときのお願い様子を見ないでいきなり救急車を呼んでしまうのは止めよう。
  3. 痛みの目的
    警告信号回避信号により危険を避けることが目的。
    苦しみを与えることが目的ではない。
  4. 救急車を呼んではいけない理由早すぎる医療機関の通報は一刻を争う重篤な患者の治療の妨げとなりうる。
  5. ぎっくり腰の基本的な対処
    できる限り様子を見る
    救急車は命に関わる人が使うもの。
    重篤な後遺症につながる人が利用するもの。
    こう心得る。
  6. 救急車を呼ぶ判断
    稀に一命に関わる重篤なものもある。
    きちんとセルフチェックする。
  7. 自己都合の場合の判断急ぎで治療するならば民間療法を利用すべし
  8. 病院受診の注意点
    深夜は専門医は不在。
    専門外の医師ではほとんど何もしてもらえず
  9. 民間療法利用の判断
    すぐにでも仕事に復帰する必要があるとき。

良くある間違いの代表についてです。
やはり、
「様子を見ることなく慌てて救急車を呼んでしまう」こと。
救急車は命に関わる患者が利用するものです。
「早く治したい」という思いは自己都合。
自己都合の場合、民間治療を受けなくてはならない。

※スポンサーCM

ぎっくり腰のときのお願い:
様子を見ないでいきなり救急車を呼んでしまうのは止めよう。

もしも深夜の時間帯に突然のぎっくり腰になってしまわれた。
この場合はどうしたらよいでしょうか?
「深夜に突然腰が痛くなってしまった」
こんなときの対応方法についてご紹介させていただきましょう。

まずは、推奨できないものをご紹介します。
すると、 様子を見ずに救急車を呼んでしまうことです。

メニューに戻る

痛みの目的:警告信号回避信号により危険を避けることが目的。
苦しみを与えることが目的ではない。

突然の痛みに襲われた。
こんなときにどうしても不安になってしまう。
痛みには不安や恐怖をも、もたらす効果があります。
心配になってしまうのも無理はありません。
しかし、理解すべきことは痛みには2つの目的があること。
ひとつは、どこが痛いのかを体に教えること。
そうすることで、それ以上に痛みを悪化させないように教えている。
どんな姿勢を取るべきか教えている。
こういった警告の意味合いがあります。
そして、痛みは、反射を引き起こす。
筋肉を咄嗟に動かし、回避する目的です。
痛くて動けないのは、無理に動き回らせないためです。

メニューに戻る

救急車を呼んではいけない理由:
早すぎる医療機関の通報は一刻を争う重篤な患者の治療の妨げとなりうるから

※スポンサーCM

だから、危険な状態に陥っていないかを早期に判別する。
それさえできれば、 そこまで急を要することはありません。

痛みがあるからといって、救急車を呼ぶことが適切ではありません。
むしろ、近年では早すぎる医療機関への通報は問題になっている。
ギックリ腰よりも、もっと重篤な症状に間に合わない。
医師の対応が遅れてしまう。
ぎっくり腰以上に重篤な症状には以下のものがある。
例えば、呼吸器疾患
例えば、交通事故による大量出血
一刻を争うような状況に間に合わない。
そんな事態が発生している。
そのため、早すぎる通報は有害視されております。

メニューに戻る

ぎっくり腰の基本的な対処:
できる限り様子を見る
救急車は命に関わる人、
重篤な後遺症につながる人が利用する

重要なことは、「できるかぎり様子を見ていただくこと」です。
そして、命に別状がなく痛みが引くのを見計らう。
そこで改めて病院や治療機関を受診する。
これが推奨されているのです。

悪く言います。
命に関わる人や重篤な後遺症に陥る方、
このために救急車が存在する。
夜間に営業している治療院がどこにもない。
翌日の仕事に支障を来たしてしまう。
そんな安易な考えは避ける。
地域指定病院や救急病棟はもっと重症な人が利用する。
選択肢としては、救急車を呼ぶことではない。
命に関わる人の方が断然に優先順位が高い。
ですので、できればご自分で可能な限り様子をみましょう。

メニューに戻る

救急車を呼ぶ判断:
稀に一命に関わる重篤なものもある
きちんとセルフチェックする。

ただし、例外もあります。
ぎっくり腰はすべてが様子を見ていて良いわけではありません。
腹部の大動脈が破裂して腰に痛みが出るケースもある。
その場合は大量に出血してしまう。
また、腎臓の損傷を起こしている場合もあります。
腰にガン細胞が転移して痛みを発するものも極まれにあります。
そこで、救急車を呼ぶ判断基準をご紹介します。

  1. どのような姿勢になっても激痛がある。
  2. どんどん痛みが増悪する。
  3. 排尿が出来ない。
    ただし、痛くてトイレまで歩くことができないもの。
    痛くてオシッコすることができないものは含めません。
    オシッコが意図して出ない事態

上記に当てはまりませんか?
この場合は、直ぐに救急車を呼んでも良いでしょう。
でも可能なら、夜間外来の病院をお探しになってください。

メニューに戻る

自己都合の場合の判断:
急ぎで治療するなら
民間療法

また、上記に当てはまらないこともあります。
本来のぎっくり腰である可能性です。
ただし、翌日のお仕事やプライベートの用事は自己都合です。
上記にあてはまらない。
にも関わらず緊急医療機関を受診することは迷惑です。
病院側はもちろん、他の患者さんも迷惑
します。
自己都合で今すぐにぎっくり腰の対処をご希望しているなら、
国家資格を所持した治療家をご受診いただくこと。
これが適切な対応であると言えるでしょう。

メニューに戻る

病院受診の注意点:
深夜は専門医は不在。
専門外の医師では何もしてもらえない

※スポンサーCM

では、深夜に仮に緊急医療機関を受診したとしましょう。
この場合はどのような対処法が待っているのでしょうか?
基本的には専門医がそこに待機していることはありません。
専門とは掛け離れた内科医や産婦人科医がいます。
当直の医師がとりあえずの応急処置に当たる事が一般的です。

そして、専門外の医師が対応にあたる。
対応といってもレントゲンを撮影する。
そして、骨に異常がないかを調べる。
たったこれだけ。
骨折が無いかを判別するだけで終わる。
これが通常のながれです。
せいぜい市販の痛み止めか、
湿布を処方される。
これだけの結果となってしまう。
だからといって痛みが引くまでひたすらに寝る。
充てもなく安静に過ごす。
これを選択されますと最低でも2週間ほどの期間を要します。

メニューに戻る

民間療法利用の判断:
すぐにでも仕事に復帰する必要があるとき。

すぐにでもお仕事に復帰したい。
それなら、民間の整体を受診しましょう。
そして、
「病院に行って時間の無駄になった」
ということにならないようにしましょう。

メニューに戻る

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

ぎっくり腰対処その他

臥位の徒手検査には異常所見はないが、立ち上がると腰に痛みがある

疼痛誘発検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

ぎっくり腰判別のセルフチェック

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開