荘A[NX̉@

ぎっくり腰の湿布の効果

結論:湿布はリラックス効果がある

ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。

※スポンサーCM

湿布はリラクゼーション効果によって痛みを紛らわす。

ぎっくり腰になられたときに用いる湿布薬の効果について触れて行きましょう。

整形外科や病院、薬局などで手軽に手に入るものでありながら、多くの方が愛用されていることでもおなじみの湿布です。

湿布の目的は一番はリラクゼーション作用です

成分に含まれるメントールやカプサイシンがリラックスを与える。

湿布に含まれているメントールやカプサイシンなど温熱や冷却の感覚神経に作用する成分が含まれておりますのでそういったものを貼付することで患部にリラクゼーション作用を促し、リラックスを得ることができるのです。

こういったものを貼付しますと、お体の辛さがスッキリと癒されるような感覚に導かれます。したがいまして、痛みによって伴う精神的な苦痛を和らげることができるのです。

※スポンサーCM

そもそも痛みとは①不快な感覚刺激と②不快な情動。リラクゼーション作用は②に対して効果的な手法である。

では、湿布の効能とはどのようなものかと言いますと、人間の痛みとは大きく区分すると感覚刺激と情動の二つを併せ持ったものなのです。痛みが生じると人間は不安になるものです。「このまま死んでしまうのでは」、「もし動けなくなったらどうしよう」などなど痛みは感覚刺激とともにこういった不安や恐怖の情動を想起させます。

湿布は不快な情動を押さえ込むことでストレス症状を軽減

ところがこのような情動は、湿布によるリラクゼーション作用を与えることにより、紛らわすことができるのです。つまり、湿布とはそれそのものが痛みを抑えるというよりも、不快な情動を抑え込むことにより、不眠や食欲低下、過剰な行動制限による体力低下、恐怖反応による血圧の上昇、脈拍上昇の防止、下痢や便秘、胃痛・胸焼けなどのストレス症状を軽減することが期待できるのです。

なぜ湿布が必要なのか?それは、ぎっくり腰ではアイシングも温熱も症状を悪化させるから。本当に温度刺激を加えたら温冷ともに弊害が発生するから

おそらく、ぎっくり腰では温めることも冷やすことも良く無いということは何度も別のページでも触れていることなのですでにご承知だと思います。繰り返しますが、温熱は患部の炎症を悪化させ、さらには冷却は筋肉の血行を障害して硬結を強めてしまいます。

湿布は感覚だけ与えられるため、まさに気休めとなる。

したがいまして、湿布の効能とは実際に温度を与えずに、温度の感覚だけを与えることができることが一番のメリットなのです。良く言えばリラクゼーション、悪く言えば「気休め」になると言い換えても良いかもしれません。湿布の感覚刺激そのものには病気や怪我を治す効果はまったくありません。あくまでの精神に働きかけることで、二次的な不眠・食欲不振、精神的ストレス、恐怖反応などの障害を防止するという効果になるわけです。

ぎっくり腰の飛び跳ねるような痛み(一次痛)は痛み止めのお薬でもマヒさせることは不可能。湿布でも収まりません。

ぎっくり腰になられたときの痛みとは、急性期においては画鋲を踏みつけたときの飛びあがるような痛みに似ている部分があります。もちろん人によって症状に違いはありますが、このような痛みと申しますのは、両手で思い切り拍手をして後から遅れて痛みが出るジンジンしたときの二次痛とは異なり湿布や鎮痛剤でも完全に抑えることはできません。湿布や鎮痛剤で押さえ込める痛みとは基本的には二次痛だけなのです。一次痛を抑えるためには2しか方法はありません。

※スポンサーCM

一次痛を抑えるポイント

  1. 椎間板の引っかかりやロック、関節の捻じれや狭まりなど機械的なストレスを加える痛みの原因を解消する
  2. 麻酔(麻薬)によって麻痺させる(薬の効果が切れればまた痛くなる・・・何度も繰り返して使えば中毒性を持つ、または薬剤の使用量を増やさなくては効き目が出なくなる。=依存性・有害性)

本格的な痛みの解消のためには整体操作が必要。

したがいまして、湿布とはあくまでもリラクゼーションを目的としており、これだけでは応急処置(その場の苦痛を和らげるだけ)の効果しか期待できません。何度もお伝えしておりますが、整体によって椎間板のスリップや仙腸関節・脊椎のねじれを解消しなくては根本にアプローチすることは難しいのです。

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

自然治癒まで寝るのは?

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

どこが痛くなるの?

ぎっくり腰の定義

結論:急性に生じた腰の痛みの総称

腰の病気は多くが同じ

腰痛の発生要因

ぎっくり腰と坐骨神経痛の違い

若い人のぎっくり腰

腰痛の場所

どこまでが腰?

ぎっくり腰の由来

ぎっくり腰の特長

ぎっくり腰の定義

腰はどこからどこまで?

ぎっくり腰とは?①

ぎっくり腰とは?②

ぎっくり腰の症状

腰の表現法

ぎっくり腰は医療機関によって定義が異なる

腰痛の分類

ぎっくり腰と類似した病態

腰痛の発生周期から見た分類

基礎用語

足と脚、下肢の違い

股関節の運動方向について

関節間力とは?

腰痛診療ガイドラインとは?

状況整理の5W1Hについて

腰痛の定義は?

股関節の外転とは?

神経根圧迫とは?

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに2つのカテゴリーに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学①

痛み科学②