ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰 予防のトレーニング

結論:体力に見合った運動をする

ぎっくり腰予防のトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること

※スポンサーCM

自己流の方法や誤った取り組みをして怪我をする人が多いのがぎっくり腰予防トレーニング

ぎっくり腰の予防のためのトレーニングについて触れさせていただきたいと思います。

ぎっくり腰になられてしまわれている方でしたら、どうしたら次は再発しないで済むのだろうかと思われることでしょう。、またご自分で自己流のトレーニングを積まれていて何度もぎっくり腰を再発されておられる方もいるはず。

患者様からのお話で自己流のトレーニングをして症状が悪化されてしまった方を沢山見てきました。

では、どうしたらこういったデメリットを起こすことなく体を効果的に鍛えて、そして再発を繰り返さないように予防できるかについて述べさせていただきたいと思います。

※スポンサーCM

体に優しいそうなトレーニングメニューを提案する従来の考え方は誤り

テレビ番組や、医学書、さまざまな腰痛についてのことを書かれた書物、そしてインターネットなどを拝見させていただきますと、いかにも体に優しそうな印象の腰痛防止のトレーニングメニューが掲載されておりますよね。

ある医学書では、「腰痛の防止のためにはのんびりとウォーキングすると良いですよ。」と書かれていたり、また別の医学書では「腹筋が良い」、「ハーフスクワットが良い」、「水中ウォーキングが良い」、テレビなどを拝見しても同じような感じだと思います。

実はこういった従来の考え方そのものがぎっくり腰の防止の上では大きな誤りなのです。

どんなメニューか?よりもどんなやり方か?が大切

トレーニングをする上で最も大切なことはどんなメニューをするかということ以上に、どんなやり方か?という部分の方が大きなポイントになるわけです。

例えば健康に関連する本をご覧になっていただいたときに「腰痛防止にはのんびりとウォーキングをすることが良いですよ」と書かれている文献を必ずどこかでご覧になられていることでしょう。にっこりした笑顔のかわいいイラストを載せていかにも健康そうなイメージがします。

ウォーキングのにこにこしたイラストにっこり微笑んだ、ウォーキングの図

予防の鍵は「自分の体力レベルを知ること

ところがおそらくこのホームページをご覧になられている7割の方はこの方法を行うことでぎっくり腰の予防にはならず、逆に誘発してしまいます。なぜなら、なり安い患者様は多くの方が一般人よりも明らかに体力レベル、そして運動を行う上での脳の運動野の興奮性が不足しているからです。

したがいまして、多くの方が次の図のようなやり方を必要とします。

ストック歩行ストックを両手に持ち、体重を部分的に免荷することで、腰部に加わる負担を軽減する。(私は皆様の体力レベルを把握しておりませんので絶対に独断でこの方法を実践しないでください。)

従来の水中ウォーキングも根本的な誤りがある。それは体力レベルが余りにも低いと基礎代謝も低いため、冷え性によりプールに入ることができないこと。

そして、次の例としまして、やはり腰痛の文献に良く見かける「水中ウォーキングが良いですよ」という内容です。これにも根本的な誤りがあります。

水中ウォーキングの矛盾文献ではこのようにニコニコした患者様のイラストが掲載されており、いかにも腰に優しくて頑張れそうな印象がありますが、慢性腰痛やぎっくり腰を何度も再発されている方では、こんなにニッコリしながらプールに入ることはできません。

水中運動が可能なのは余程の肥満症の人だけ

水中は体重の負担が軽減されますので、余程の肥満症の方でしたら膝や腰に負担をかけることなく運動ができ、尚且つ皮下脂肪により体温を保つことができますが、ほとんどの方は基礎代謝が落ちすぎておりますので、冷え性を持っているのです。だから、実際のこういった患者様に「水中ウォーキングが良いですよ」と指導をしても「プールはちょっと・・・」とあまり良く無い答えが返ってくるか、もしくはカラ返事だけで実際にプログラムを組んでも意地でもやりません。水に入ること自体にかなりの恐怖心を抱いているのです。

本当に水中ウォーキングをするならばウェットスーツが必要。しかし現実的であらず

※スポンサーCM

したがいまして、もしも本当に水中ウォーキングをするならば、次の図のようにウェットスーツを着用して冷え性を防止しながら運動をしなくてはならないのです。

ウェットスーツを着た水中ウォーキング若い人ならば、市民プールでこんな格好でトレーニングなんてできるはずがありませんよね。恥ずかしくて笑われてしまいます。

体力レベルに応じた例:手すりを使ったルームランナーでの歩行

したがいまして、ご自身の体力レベルに応じたトレーニングを実施することが大切だと言えるわけです。ちなみにこの場合でしたら例えば下図のように手すりのついているルームランナーを用いて両手で体重を支えながら歩いてみるなど、体力レベルに応じたやり方を検討する必要があるのです。

ルームランナーの手すりにつかまって歩くルームランナーの手すりにつかまって体重を軽減することで腰や膝の負担を減らし、尚且つ屋外などの気温の影響も受けずに済む。(ただし、五十肩などをお持ちの方は手すりにつかまると肩を痛める可能性があります。)

独断で実行するのはやめてください。運動はプロが処方するものです。お薬のように副作用があります。

  ※  注意・・・絶対にご紹介した方法をご自身の独断で実施するのは止めてください。必ず専門家を受診し、指示の基で実施してください。

体はどんなときでも正直です。見合った運動を少しづつ積み重ねましょう。

いかがでしたでしょうか?実際のところは運動のメニュー自体はそれほど大きな問題ではありません。つまり、一番大切なことはご自分の体力がどの程度なのかを知っていただき、それに見合った運動を行うことなのです。体はどんなときでも正直です。焦っても現状を変えることはできません。背伸びをしても怪我をします。ですから、ご自身に見合った運動を少しづつ積み重ねて行くことが大切なのです。

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

自然治癒まで寝るのは?

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

ぎっくり腰の定義

結論:急性に生じた腰の痛みの総称

腰痛の発生要因

ぎっくり腰と坐骨神経痛の違い

若い人のぎっくり腰

腰痛の場所

基礎用語

腰痛治療における「痛み」と「しびれ」の違い

足と脚、下肢の違い

股関節の運動方向について

関節間力とは?

腰痛診療ガイドラインとは?

股関節の外転とは?

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開