ぎっくり腰専門ユークル整体院

どうしたらぎっくり腰が治りますか?

結論:整体で腰に生じた伸張反射を鎮める

ぎっくり腰では過剰に生じた伸張反射によって、腰部の軟部組織が圧迫されるスリップディスクが生じます。解消するためには患部の筋肉の緊張度合いの調整を司る筋紡錘(筋肉の安全装置)の過剰な働きを緩和させることが必要です。そして間接的な原因である疲労や関節拘縮を取り除くことが有効です。

※スポンサーCM

ぎっくり腰の多くは過剰に発生した伸張反射を解消することで和らぐ。伸張反射とは強制ブレーキ装置

簡単に結論をご説明しますと、腰部で発生した過剰な伸張反射を取り除くことが求められます。ぎっくり腰の多くは腰部の筋肉に備わる筋紡錘という安全装置が過剰に働くことで伸張反射という強制ブレーキが作動した状態に陥っております。伸張反射さえ取り除くことができれば腰部に加わる過剰なストレスが劇的に軽減することが多いです。

ぎっくり腰の直接の原因は背骨の歪みや仙腸関節の捻じれによるスリップディスク

ぎっくり腰では「ギクッ」となった瞬間に腰椎や仙腸関節と呼ばれる部分に捻じれや歪みが生じ腰部の椎間板といわれる構造物がスリップしております。このスリップした機構が伸張反射の強制ブレーキで引っかかったままロックされますので強烈な痛みが持続的に現れます。

※スポンサーCM

治療においては伸張反射を解消することで本来の仙腸関節や腰椎の機構へと戻し、ロックを取り外します。さらには関節的な発症の背景となる疲労や体の硬直などを改善することができれば速やかに解消されるものです。

大元になるきっかけにもアプローチせねば何度も受傷する。

また、さらに大元の精神的ストレスや職場環境などのキッカケにもアプローチすることも時には必要です。こういった直接的・間接的な方法を通してぎっくり腰になる原因、そしてなりやすい傾向を減らして行く事が治療、そして再発の防止には大切なのです。

画一的な方法ではぎっくり腰は治らず。

決まりきった方法では基本的にはぎっくり腰は治りません。誰もが同じ原因ではありませんのでこれだけをやれば治るとは一切ありません。ギックリ腰の原因とは直接的な原因は椎間板のスリップですが、それを起こしてしまう背景が複雑なのです。

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

自然治癒まで寝るのは?

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

ぎっくり腰の定義

結論:急性に生じた腰の痛みの総称

腰痛の発生要因

ぎっくり腰と坐骨神経痛の違い

若い人のぎっくり腰

腰痛の場所

基礎用語

腰痛治療における「痛み」と「しびれ」の違い

足と脚、下肢の違い

股関節の運動方向について

関節間力とは?

腰痛診療ガイドラインとは?

股関節の外転とは?

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開