荘A[NX̉@

ぎっくり腰の施術内容|アークス整体院

結論:治療では体に生じた反射防御を徒手操作で解消する

整体ではぎっくり腰の原因となる急激に生じた過剰な反射よる自然治癒力の妨げを除去すべく原因に対応した方法を行います。

※スポンサーCM

ぎっくり腰は急激に生じた過剰な反射が原因している。整体は原因に対応した療法を行う。

ぎっくり腰施術の全体的な流れ(概要)

電話での対処可能かの判断→予約→聞き取り→目視調査→触診→各種理学検査→所見→施術


施術の全体像

全体像を一言で説明すると:電話での対処可能かの判断→予約→聞き取り→目視調査→触診→各種理学検査→所見説明  ※  1→施術電話口で必ず『ぎっくり腰です。』とお申し付けください。


細かな内容

  1. 電話相談

    お電話口にて、発生日時・機序・原因などをおうかがいして、おおよそ考えられうる原因を絞り込んで行きます。このときには、『ぎっくり腰です』(ぎっくり腰か判断できぬ場合でも痛みを取り除いて貰いたいなら申し出てください。)  ※  2
  2. 対処判断

    つぎに原因、要因がわかったら、可能かどうか判断いたします。  ※  3
  3. どの程度の説明がご希望かをお申し付けくださいませ。  ※  4
  4. 予約

    施術可能と判断した場合、予約していただき、お伺いします。ご来院することも可能です。
  5. 問診

    到着後は、お電話ではおうかがいできなかった詳細を口頭で確認をとります。
  6. 視診

    受傷部位や歩行状態・全身観察を合わせて行っていきます。
  7. 触診

    手で直接お辛い部位を触っての調査、痛みや不具合のある局所、因果関係のある部位を触ってゆきます。
  8. ※スポンサーCM

    各種理学検査

    さまざまな検査を実施して痛みの原因を特定します。  ※  5

    打診器腱反射テスト:特殊な打診器という検査器具にて、膝頭や肘などを叩き、反射が正常に行われるかを見て、重篤な脊髄や脳から由来する危険な疾患との判別を実施します。

    ・疼痛誘発検査  ※  6

    • 足を持ち上げたり、胴体を前かがみにしたり、反らしたり、仰向けや横向けなど体位変換を実施していただくことで体が痛みを出る動作を実際に再現することでどの部分が痛いのかを確認します。この行程では痛みをわざと誘発しますが、体を破壊しているわけではありません。
    • ケンプテスト→立位姿勢で後斜めに体を反らし腰の痛みを誘発することで、腰椎の外側型の疾患を除外します。
    • SLRテスト→仰向け状態で足を持ち上げて行きそのときに見られる腰の痛みの出方や脚の動きの左右差から異常個所を探して行きます。陽性の所見が見られるときには腰椎椎間板ヘルニアなどが疑われることもあります。
    • ラセーグテスト→ベッドの端に腰掛けた状態で患側(腰の痛みの出る側と同側の足)の膝を伸展します。このときに腰に痛みが誘発されれば腰椎の異常が疑われます。
    • FNSテスト→今度はうつ伏せの状態から足を持ち上げて、腰の痛みの出方や脚の動きの左右差などを見極めて行きます。
    • ニュートンテスト→仰向けやうつ伏せの状態で様々な方向から骨盤に圧力を加えて行き、仙腸関節の痛みを誘発することが目的の検査です。
    • パトリックテスト→股関節と膝関節を屈曲させて足を交差させ、股関節疾患などとの判別を実施します。(正常では太ももの外側がベッドに当たるまで動く)
    • ファベーレテスト→股関節に外側に回旋させることで股関節関節疾患の痛みが無いかを確かめます。
    • フィデルテスト→股関節を内側に回旋させることで股関節疾患の痛みが無いかを確かめます。
    • ブラガードテスト→SLRテストで足を持ち上げた状態から大腿筋膜性の疼痛を除外するためにつま先の運動を取り入れることで大腿筋膜性の疼痛を除外する目的のテストです。
    •   ※  13
    、関節可動域検査、徒手筋力検査を行い、所見をとります。

    精密検査装置本場アメリカから輸入した体の歪みを調べる精密検査装置、ミリ単位以下の背骨の歪みを見つけだします。

  9. 検査所見の説明

    患者様のご要望に応じて所見をお伝えします。店舗は豊富な画像資料がございますのでそれらを利用した形でご説明して行きます。
  10. 整体

    手技により時間をかけてぎっくり腰の痛みをケアします。
  11. アフター指導

    ご要望に応じて実施します。

どのような技術を用いるのかという詳細に関しては以下を参考にしてください。

ぎっくり腰施術の詳細(技術内容)

このページの後半では整体とはどのような物なのかご存知無い方のためにどのような施術を受けるのかについてをご説明させていただきたいと思います。

原因に対応した療法を実施、100人いれば100人とも内容は変わる。

一言で申し上げれば原因に対応した療法ということになります。100人の患者様がいれば100人とも異なった施術になるとご理解くださいませ。必ずこれをするという固定されたマニュアルが存在するものではありません。

ぎっくり腰とは腰部で発生した急激な反射によるロッキング

まず、簡単にぎっくり腰とはどのような物なのかについてご説明さしあげますと(詳細はぎっくり腰とはをご覧ください。)、腰部の突然の動きにより急激な反射を引き起こしたものだとご理解いただければ良いことだと思います。文献によっては腰部の捻挫だとか、ヘルニアの一種だとか、過労だとか、炎症だとか、血行障害だとかその見解は統一されておらず、さまざまな説がありますが、
「ギクリ」
と何らかの弾みで痛みが生じていることを多くの方が実体験されていることでしょう。

この急激に起こった過剰な反射により、関節や椎間板という腰部の機構に強制的な力が働いてしまい、それらがロッキング現象を起こしてしまうのです。

腰部のロッキングにより激痛がもたらされる。

このロッキング現象により本来の位置から逸脱した椎間板や関節がその周囲に存在する微細な神経群や毛細血管に化学反応をもたらして、その化学反応によってほんの僅かに動いただけなのに激痛をもたらしてしまうのです。

つまり、整体とはどんなことをする療法なのか?はそれぞれの疾患によりことなり、決まったことをする画一的なものではありません。ぎっくり腰ではその原因別の対応方法を持って施術に当たらせていただいているわけです。

ぎっくり腰は過剰な反射によりロッキングが発生し、自然治癒が妨げられているこれを解消して自然治癒力を導き出す。

ではぎっくり腰によくある原因について論じて行きますと、ロッキング現象になってしまいますと、なかなか寝ているだけでは痛みは解消されません。つまり、過剰に生じている反射が人間の持っている自然治癒力を妨げてしまっております。

過剰に生じた反射を解消し、その障害を取り除く。

当整体院のぎっくり腰の専門施術では、この損なわれた自然治癒力を取り戻すために過剰に発生した反射を第一に解消させてゆきます。そして、第二に反射によって生じた牽引力による障害を取り除きます。例えば筋肉の血行が阻害されていればそれを解消するための方法を行います。

元通りの機能性へと改善に導く

そして、その次には生理的な位置から逸脱した関節や椎間板の機能性を改善します。さらにはそれらの逸脱した位置から本来の位置へと誘導し元通りの関係性に戻して行くのです。そして最後に、患部に集まっている炎症反応の原因となる化学物質を除去すべく誘導操作を行うわけです。

ということで具体的な流れは以下となります。

※スポンサーCM

具体的な流れ

  1. 反射抑制の解除

    東洋医学によるぎっくり腰の関連経絡となる足の太陽膀胱経の流注などに対して刺激を送り込んで行きます。ぎっくり腰の三大経穴とも呼ばれる志室穴(ししつ)、腎兪穴(じんゆ)、大腸兪穴(だいちょうゆ)など、重要な点穴、さらには腰以外にも、委陽穴(いよう)や委中穴(いちゅう)など関連性の深い点穴を余す事無く刺激することで反射抑制を取り除いて行きます。
  2. 過剰な牽引力の解消

    次には、反射によって過剰な反応を起こした部位には血行障害が起こっており、持続的な牽引力が働いているため、その牽引力を取り除くために筋膜リリース療法という術式を行います。この術式では血行障害部位の通行を妨げている筋膜(トンネル)のテンションを拡張することにより筋区画(筋膜のバイパス)と呼ばれる血液の流入路を拡大し、患部の過剰な牽引力を和らげます。
  3. 関節南部組織の粘弾性の向上

    関節とは骨と骨の結合部分です。ぎっくり腰では関節や周辺に存在する椎間板、軟骨という部分に捻じれや過剰な回旋力が働き、その周辺を補強している軟部組織(腱・靭帯)に本来ならば有り得ぬ力が働いており、その無理な歪から拘縮という状態を引き起こしております。拘縮とは靭帯や腱が異常に短縮された状態を意味します。また、腰椎の椎間板の運動性も低下しております。線路に例えればレール(軟部組織)と車輪(椎間板)の噛みあわせが悪くなっていて、脱線(ぎっくり腰)をしやすくなっている状態に例えられます。これを解消するために、マッケンジー法やウィリアムス法などの関節の柔らかな操作をするマニュピレーション、

    マイクロ振動波装置

    また、マイクロ振動波を発生する装置を用いて改善につなげます。これにより、関節軟部組織の粘弾性(納豆が糸を引いて伸びるような有様)が向上し、充分な運動に耐えうる耐久性が取り戻されるわけです。

  4. 関節。椎間板操作による生理学的位置への矯正

    軟部組織の粘弾性が改善された次には、生理学的な位置から脱位した関節や椎間板を、本来あるべき位置へと操作します。ここではアジャストメント法やモビライゼーション法という優しい操作法を用いることで関節を固定位置からその動きを拡張し、生来の位置へと誘導するのです。
  5. 化学物質の誘導操作による除去

    施術の極めつけとしましては、過剰な反射によって導き出された炎症物質や疼痛物質をリンパ誘導手技という手法を用いることで静脈やリンパ管へと誘導し、患部からドレナージ(排毒)することで全身の健康な部位で化学物質を代謝させ除去するのです。

そのほかにも数多くの施術法があります。

上記のような1~5以外にもバラエティー豊富な手法があり、文字数の都合により割愛させていただきますが、このような方法が患者様の損なわれた自然治癒力を導きだすことで多くの方が見違えるほどの改善を実感されるわけです。

その他用いる可能性のある道具

  ※  7

  1. ヘルストロン

    ヘルストロン

    微細な電気のシャワーを体に送り込むことにより、体の血流を整えます。  ※  8

  2. ホットパック・アンカ

    アンカ

    基本的には市販の丸型のアンカを利用します。シート型のホットパックもございます。  ※  8、  ※  9

  3. 低周波治療器

    低周波治療器低周波治療器の実際

    微弱な電流を体に流すことで筋肉の緊張を緩和させ、血流を良くします。  ※  8衣服は着用したままでも利用できますのでご安心くださいませ。

  4. クリーム

    クリーム

    腕や足にむくみなどが、体に冷えをもたらし、体の機能の妨げになるようなときにはご希望によってリンパ誘導を実施します。その際に皮膚の摩擦を軽減するためのマッサージ専用クリームです。  ※  10

  5. 棒

    点穴を刺激するときに腰部の硬結があまりにも強すぎるときに用いることがあります。

  6. 関節角度計

    関節角度計

    関節可動域を測定するときに用いることがございます。通常の可動域と比較して異常値であるかを見極めます。

  7. マスク

    マスク

    インフルエンザなど風邪が流行しているシーズンには装着を御願いすることがあります。また、スタッフが着用していることもありますが、感染症の予防の観点からの装着となります。

  8. ゴムバンド

    ゴムバンド

    骨盤をゴムバンドで固定することで、特定の関節動作を制限したり、別の動作を誘導したり、固定された部分によって痛み軽減されるかを見ることで痛みの部位を確認したりします。

  9. 毛布

    毛布

    下半身の保温を実施することで体温の低下を防止します。

  10. タオル

    タオル

    ボディー用、フェイス用など幾つかの種類を用いることがあります。ただし、当日のご予約ですとご用意できぬ場合もございます。その場合はご家庭のものをお借りすることもございます。  ※  11

  11. マイクロ振動波装置

    マイクロ振動波装置

    関節内部に微細な振動波を送り込むことで、その動きを滑らかにする効果が期待できます。

  12. 細かい歪みを測定する装置

    歪み測定器

    突起先端からでる微弱な電気抵抗の差から歪みを測定します。

  13. 打診器

    打診器

    膝頭や肘頭などをゴム製のハンマーで叩き、特定の反射を誘発します。反射の度合いが通常よりも亢進していたり、完全に消失している場合は神経系の異常(脳・脊髄・末梢神経の損傷)などを疑うことができます。

  14. 骨格模型

    骨格模型

    精巧な骨格模型にて腰部の状態を説明します。店舗でしたら無料ですが、御自宅までお持ちする場合は別途1000円申し受けます。

  15. 解剖学図鑑

    図鑑

    腕や脚の骨など図を用いて説明するのに用います。店舗ならば無料ですが、御自宅へお持ちする場合は別途1000円申し受けます。

  16.   ※  12

お困りになられたときにはいつでもご相談ください。最後までご覧くださいましてありがとうございました。

ということでいかがでしたでしょうか?もしも、ぎっくり腰にお困りになられたときには是非ともアークス整体院をご用命くださいませ。当院はいつでも緊急依頼に対処できるように数多くのスタッフが待機しております。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書