ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰とはなんですか?

結論:急な腰の痛みの総称

ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。

※スポンサーCM

ぎっくり腰がヘルニアなどの他の腰部疾患と異なるのは発症の経過

ぎっくり腰とはそもそもどういったものなのかについて触れさせていただきたいと思います。

やはりギックリ腰という名前だけあって誰もが腰の病態であることをご認識されているかもしれません。そして腰がギクッとなって痛んだのですからやはりこれがぎっくり腰なのだろうとお思いになられたことでしょう。

しかし、腰部の病気にはさまざまな名前の物があるかと思います。例えば「椎間板ヘルニア」、「脊柱管狭窄症」、「坐骨神経痛」、またはスポーツ中などに腰を大きく捻って腰の筋を痛めたことがあるかもしれません。こういった「腰部捻挫」とぎっくり腰とは何が違うのでしょうか?また、整形外科などで言う筋膜性腰痛症などとどう異なるのでしょうか?

実はヘルニアもある意味ではぎっくり腰ですし、坐骨神経痛も脊柱管狭窄症も捻挫も筋膜性腰痛症も全てがある意味ではぎっくり腰と呼べます。

ただし、ぎっくり腰には一つだけ条件があるのです。それは腰痛の発症の経過になるのです。

急性に現れた腰部の痛みをぎっくり腰と呼ぶ

ぎっくり腰とは医学名では「急性腰痛症」と表します。したがいまして、ぎっくり腰という名前の病気はあくまでも俗称であり正式な名前ではありません。飽くまでも急性に発する腰部の痛みのことをそのように表現しているのです。したがいまして、症状の重さを表しているわけではないことを予めご承知ください。腰が重くて僅かに痛むようなものであっても急性の発生であれば立派なぎっくり腰ですし、急に腰が痛くなって救急車で運ばれてしまうような重度なものでもぎっくり腰ですし、逆に症状が重度なものでも高齢者の骨粗しょう症による変形性脊椎症のような徐々に痛みが大きくなるようなものはぎっくり腰の定義には当てはまりません。

急性とは短期間で痛みが現れたもの

では、急性という言葉は何を意味するのでしょうか?実はこれには明確な定義は存在しません。「短期間で現れたもの」というアバウトな解釈になるわけです。

しかし、皆様も体のどこかが痛くなったときのことを思い出していただければ痛みには転んで膝をぶつけたときのような直後に痛くなるようなものや、ジョギング中のふくらはぎの痙攣のように最初は僅かな違和感からはじまって徐々に痛みを発するものや、筋肉痛のように運動後数時間から数日経過してから遅れて現れるような痛みがあることがわかります。また、長時間歩いていて足裏に血豆ができるように数時間から数日かけて痛みが蓄積されて我慢できなくなるようなものもあります。そして慢性痛のように最初は妙な違和感からはじまって数年たっても痛みに苦しみ続けることもあるわけです。

※スポンサーCM

多くのぎっくり腰は何らかのキッカケをもち、急激な腰部の反射から椎間板のズレ、仙腸関節の捻じれ、関節のロッキングが生じている。

よくあるぎっくり腰とはどのような物なのかについてご説明さしあげますと、腰部の突然の動きにより急激な反射を引き起こしたものだとご理解いただければ良いことだと思います。腰を動かしたときの何らかの弾みで腰部に反射が引き起こされて、その反射による筋肉の攣縮(引き攣り・痙攣・ケイレン)が関節をロックします。このとき腰部の椎間板や、仙腸関節と呼ばれる部分がズレたり、捻じれたりしたままロッキングすると動いたときに激痛を発してしまうのです。

注意:病気の期間を表す言葉に「急性期」があるが、急性期の腰痛のことをぎっくり腰と呼ぶわけであらず。

よく病気の経過期間を表す言葉に急性期や慢性期という言葉を耳にされることかもしれません。急性期とは受傷から12週間(概ね3ヶ月)のことを表し、慢性期は3ヶ月以上のことを表します。注意していただきたいことは12週間以内のものを全てがぎっくり腰と呼ぶわけではないことをご注意ください。

きっかけを自覚できるものがぎっくり腰でもある。

ぎっくり腰というものを簡単にお考えになっていただければ、例えばイスから立ち上がろうとしたときや、重たいものを持ち上げようとしたとき、さらには運動中などグキッと痛みが出るキッカケを自覚できるもののことだとお考えになっていただければ分かりやすいと思います。

  ※  まとめ→ぎっくり腰は何らかの体を動かしたときの弾みで腰をグキっと急激に痛めてしまうもののことを表し、症状の重さを表す言葉ではない。

※スポンサーCM

◆付録 ぎっくり腰とは海外では何と呼ばれているのか?

  1. ドイツ→魔女の一撃(hexenschuss、strik ewitches)
  2. イタリア→魔女の一撃(corpo della strega)
  3. 英語圏→硬直した背中(strained back)
  4. 海外の医学用語→lower back pain
  5. アメリカ→slipped disk

特に注目していただきたいのはヨーロッパ圏での「魔女」という表現です。これは、あたかも神話や童話などの物語に登場する魔女が持っている串によって腰を突き刺されたような有様からそのように言われているわけですが、そもそもは浮気性の男性がこのような病気になり安いということからそれを懲らしめるような皮肉の意味あいがあるようです。

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

自然治癒まで寝るのは?

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

ぎっくり腰の定義

結論:急性に生じた腰の痛みの総称

腰痛の発生要因

ぎっくり腰と坐骨神経痛の違い

若い人のぎっくり腰

腰痛の場所

基礎用語

腰痛治療における「痛み」と「しびれ」の違い

足と脚、下肢の違い

股関節の運動方向について

関節間力とは?

腰痛診療ガイドラインとは?

股関節の外転とは?

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開