荘A[NX̉@

ヘルニアにパイプイスは?

結論:収納性は優れるが、すでに足腰が弱っていると出し入れが面倒くさくなる。

※スポンサーCM

大きく分けるとご質問者の
意図には2つの立場が
あるのではないでしょうか?

ひとつは、仮設事務所や
学校の部室、屋外など

あくまでも仮の場所で
過ごすときにパイプイスを
使いたい。


こういった意図
もあるでしょう。

もうひとつは、
収納性を重視した
用途です。

例えば高齢者夫婦の
マンション住まいだった
とします。

普段は折りたたみ
イスを使います。

寝るときなど、
押入れから布団を
取り出すときに、

入れ替わりに
折りたたみのパイプイス
を押入れにしまいます。

そうすると部屋が広く
無駄なく使えます。

快適ですよね。

たぶんこういった
意図が質問の背景には
あるのでしょう。

臨時なら
止むを得ない。

やはり、
ヘルニアをお持ちの
方では、イスの背もたれは
しっかりとしたものを
用いるべきです。

パイプイスは、
背もたれが部分的に
しかありません。

もっと背中全体を
支えられるもの、

また回転イスのように
向きをスムーズに
変えられるもの、

背もたれのリクライニングを
調整できるもの。

肘掛けの備わるもの、

高さ調整が自在なもの、

機能性の優れた
ものを用いる
べきでしょう。

しかし、前者の質問の
意図である仮設の場所、
臨時使用の目的でしたら
避けることはできません。

一時的に用いるものに、
高いコストを掛けたり、
輸送する手間を掛けたり
できませんよね。

こういったときには
パイプイスでも、
やむを得ず使いましょう。

選択の余地はありません。

ですが、
強いて上げるなら、
軽くて丈夫で、携帯性
に優れたイスを用いる
べきです。

キャプテンスタッグ


キャンプ用の折りたたみ
イスを用いていただくと、
軽くて形態性に優れます。

耐久性はパイプイス
より劣りますが、
臨時使用の観点では
そこまで耐久性を
求めるべきでは
ありません。

あくまでも運び込むのが
楽なこと、

コンパクトに運べること。

そういった部分を
重視するべきです。

背もたれも、パイプイス
より広い面積ですから
腰の負担も楽な
はずです。

臨時使用では、
パイプイスを使う
ことになっても仕方が
ないとしか言えません。

※スポンサーCM

日常使用なら

次に後者の、
自宅で日常使用
について考察しましょう。

収納性を重視して
パイプイスを選ばれる
ことでしょう。

でも、そもそも物事を
順当に考えてみると
無理があるように
思えます。

なぜならご自分で
ヘルニアであることが
すでに分かっております。

毎日、押入れから
パイプイスを出し入れ
するのは確実にしんどく
なりますよ。

年々、面倒くさく
なります。

少なくとも足腰の弱さを
自覚されている方に
おすすめ出来る方法
ではありません。

長い目で見たときに
破綻する可能性が高い
方法だと思われます。

腰痛が悪化したり、
結局、出し入れが
面倒くさくなって
そのまま置きっ放しに
なるでしょう。

それならば最初から
腰にとって優れた
イスを用いた方が
良いと思えます。

やはり足腰の衰えは
加齢現象として誰にでも
起こることです。

そこには例外が
ありません。

いつまでも健康でしたら、
可能な計画も、

加齢による足腰の
衰えによって計画が
上手く行かなくなります。

可能性は高いです。

自宅でのパイプイスの
常時利用は、足腰の健康な
方にとどめるべきでしょう。

70歳が目安

一般的に体の機能の
衰えは70歳を過ぎると
急速に進行することが
分かっています。

69歳までは、40代と
同じぐらいの気持ちで
過ごせます。

そもそも、体力の衰えは
進行しているのですが、

それを、はっきり自覚
するのは70歳を過ぎる
ぐらいからになります。

日常に少しでも負荷が
加わるととたんに足腰が
痛くなったり、
息切れを起こしたり、
体調が不安定になります。

60代の方が70代の
ライフスタイルを考える
上では、この時期に迎える
体調の変化を予測する
ことが必要でしょう。

そもそも、ヘルニアを
自覚されている方では、

実年齢よりも15歳ぐらい
老化が進んでいます。


50代の方でしたら
すでに70代ぐらい
だと思っておくべきです。

やはり順当に考えると
無理があるのだと言えます。

※スポンサーCM

背もたれは必須

医療機関でヘルニアを
診断された方は大勢
おられます。

近年ではヘルニアは
腰痛との関連性がない
ことが分かってきました。

恐怖回避信念という、
ある種の恐怖症が腰痛
の正体ではないかと
言われております。

間違った腰痛の認識から、

足腰の老化を
加速させています。

足腰の弱ったヘルニアの
患者さんでは、イス選び
では絶対に欠かせない
ものは背もたれです。

床に腰掛ける生活は
弱った足腰の負担
となります。

背もたれのないイスは
腰の疲労を招きます。

出来る限り、
簡素なパイプイスではなく
機能面に優れたイスを
使いましょう。

体の身代わりに
なってくれるもの
だと思いましょう。

現実に体を支えて
イスには大きな
負担が加わります。

長い年月でイスは
傷んで壊れます。

このときに機能性や
サポートの優れたイスは
重宝します。

体の一部
だと思って
イスを選んで
ください。


腰痛対策では
イス選びは重要な
要素だと思ってください。

決して妥協が
許されないのです。

仮に背もたれがない
イスを使うと、
ヘルニアの患者さんは
前かがみになります。

つぶれた腰椎の椎間板
に大きなストレスを
与えてしまうでしょう。

座り仕事の腰痛対策

結論:小まめに立ち上がること

長時間のオフィスワークによるものの予防は?

デスクワーカーは30秒あったら足首を伸ばそう

パソコンで背中を痛めない方法

座り仕事で背中を痛めないためには?

座り仕事での腰痛防止

機能障害症候群によるぎっくり腰は日常生活に注意する

イスから立ち上がるときの防止法

座りっぱなしで過ごしていてぎっくり腰になった

イス座位

結論:座ると背中は丸くなる。

座位姿勢で拘縮する筋肉

足を組む姿勢と腰痛

イス座位と筋肉の疲労との関係

浅く腰掛けて寄りかかるとぎっくり腰になる

イスに腰掛けたときに足を組んでしまう理由について。

腰の痛みはイスに寄りかかって持たれるのが良いの?

長時間の座位による腰の強張り

骨盤後傾での仙骨すわりの原因

仙骨座りの解消法

長時間座りすぎて神経圧迫されるものは?

デスクワーク

結論:デスクワークは足が衰えて腰を患う

デスクワークは腕の重さにより背中を痛める

デスクワークは上半身の筋肉がぎっくり腰を起こす

ワーカー型とマネージャー型の腰痛

L字型デスクと腰痛

長時間のデスクワークによるもの

デスクワーカーが腰を痛め易い理由

デスクワーク者が腰椎椎間板ヘルニアを起こす原因

デスクワークはなぜ腰に悪いのか?

機能障害症候群とぎっくり腰について

デスクワーク中に心がけたいぎっくり腰対策

デスクワークによる下顎突き出し姿勢と腰痛の関係

筋肉の働きから見たデスクワークが腰痛を起こす理由

腰痛とイスについて

結論:お尻の神経の圧迫に気をつける。

ヘルニアにパイプイスは?

ヘルニアのイス

イスや机の調整と腰痛

座面との接触圧は坐骨神経を損傷する

腰が曲がらないイスは?

腰痛防止のためのイスの高さ

頚椎ヘルニアにアーロンチェアというイスを用いてみようと考えております。いかがでしょうか?

アーロンチェアとバランスチェアはどちらが腰痛に良いですか?

慢性患者にとってのイスと畳みの暮らしの是非

座面との接触圧はお尻の血行を妨げる

ぎっくり腰には椅子の高さは関係しますか?

床座位

結論:腰痛持ちはイスの生活にする。

床座位での生活での長期的な危険動作

正座はぎっくり腰を防ぐ座り方

腰痛を悪化させる胡坐

陥りやすい膝を立てた床座位姿勢

床座位を続けると腰痛になる

床座位を止めれば腰痛に良い

正しい座位

結論:骨盤を起こして座る。

正しい座位姿勢の考え方

防止のための正しい座り方

腰痛と座位全般

結論:座位は背筋の負担が増す。背もたれに小まめに寄りかかる。

座りっぱなしで腰痛が悪化したのはなぜ?

腰掛けているだけなのに腰が痛い

座っているときや前かがみで痛くなるのは?

窮屈な姿勢は腰痛を招く

座位姿勢で腰の負担が増加する理由

座ることで予防にはならない

立位と座位の使い分け

体重減少により筋肉がなくなり骨が出て座っているのが辛い

座位と背骨の関係

座っているだけなのに腰が痛くなる原因

座るとお尻の骨が痛い

姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門