荘A[NX̉@

腰をバットで殴られたような痛み

本当に殴られた場合やそこまで痛みがあるならば病院を受診することが適切。しかし、不安だけがそれぐらい強い場合は冷静に判断し、民間でも充分な対処が可能。痛みの経過を観察し、増悪するならば躊躇せず病院を受診します。

※スポンサーCM

バットに殴られたのが強い恐怖の感情だけであるならば冷静に判断することが必要です。

では結論から述べますと。以下のような対処が必要です。

  1. 本当に大きな力が加わって生じたもの→明らかに危険性が高いです。すぐに病院に行きましょう。ご自分で移動が出来ない場合は救急車を要請してください。
  2. 痛みのキッカケが無いが我慢できぬほどに痛い→病院に行きましょう。ご自分で移動が無理ならば周囲の方に救助を求める。もしくは救急車を呼んでください。
  3. 大きな力は加わっておら場合で、痛みの度合いは強いが我慢できるほどの痛み→御自宅で安静にしていただくことが基本です。移動が可能であれば病院を受診する。もしくは急ぎの場合は当院にご相談ください。
  4. 力は働いて無いが、大した痛みではなく充分に我慢できる。飛躍した表現(比喩)としてバットで殴られたとおっしゃられるだけ。→この場合は、当院のケアをご利用になってください。必ずしも病院の受診が必要なわけではありませんので、経過を観察して心配ならば受診してください。

※スポンサーCM

人によって痛みの感じ方とはそれぞれです。痛の定義は日本整形外科学会で定めるところをかいつまんで説明しますと「不快な感覚刺激(ズキンとかズキズキとかビリッなどという感覚)」「不快な情動体験(不安、恐怖や悲しいとか怒りなどの情動の変化)」ということになります。したがいまして、僅かにコツンと当たっただけでも痛いとおっしゃられる方もおられれば、血を流すほどでも大したこと無いとおっしゃられる方もおられます。電動ドリルや工具、工事現場のタンクローリやダンプなどが大きな音を立てるだけでも恐怖によって凍りつくような思いをされる方もおられることでしょう。こういったもの全てが痛みであると表現することができます。

痛みによって恐怖の感情を引き起こしてしまい、患部がまるでバットで殴られている様をイメージしてしまうほどの不安に駆られているのでしたらそれは一種の痛みの状態であると言えるでしょう。今回の患者様が訴えられる主訴というものが本当に患部がそれほどまでにズキズキするというのでしたらすぐに病院に行き診察を受けていただくべきであると考えます。しかし、どちらかと言えばこちらの恐怖の感情に当てはまるのでしたら、民間施術によって痛みの原因箇所にアプローチすることができればこの恐怖の感情も少なくなるでしょう。

いずれにせよ危険性があるため、どうしても不安な場合は当院までご相談いただければと思います。

症状の経過はどうでしょうか?痛みがさらに増悪し、意識が朦朧としたり、脈拍が激しくなったり低くなって血圧が低下しているときには病院に行くことを躊躇してはなりません。

こういった過剰な精神的な不安によるものと、本当に重篤な病気ではもっとも大きな違いは痛みの経過です。最初のうちはズキン・・・・ズキンとゆっくりと静かに痛むのが、時間の経過とともにズキン!ズキン!ガンガン!など痛みが強まるときには危険な徴候であることは確かです。この場合は躊躇せず病院に行きます。ご自分での通院が出来なければ救急車を呼ぶことも正しい判断だと言えます。

ということです。本当に不安が強い場合はこれらの文章や当サイトの案内はのんびりとご覧になられずとも結構ですからすぐに救急機関を受診してください。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

経過観察の重要性について

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治療のタイミング

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門