ぎっくり腰で整形外科を受診するデメリットとは?

結論:ぎっくり腰は整形外科や病院では、治療していない。

※スポンサーCM

ぎっくり腰で倒れた女性
ぎっくり腰では、完全に身動きが取れなくなって、
自宅で突っ伏したままの状態になります。

こんなときには通院するのもしんどいです。
這って移動せねばなりません。

ところで、もしこういった状況ですと、
きっと家の目の前にある治療院ならば

「どこでも良い」

と飛びこみたくなります。
実際には腰が痛くて飛び込めませんが、
気持ちの上ではそれぐらい深刻な状況でしょう。

でも、治療では何をするものなのか?
皆様の日常からは、かけ離れておりますよね。

たぶん、多くの方が病院や整形外科に
通ったことがないはずです。

「何かデメリットには
ならないだろうか?」
疑問を抱く女性
とくに健康上のことだと
心配にもなるはずです。

治療上のデメリットは特にない。
でも、メリットもない。

※スポンサーCM

別のページで整形外科を受診するメリットに
ついてすでに述べましたので、
今回は整形外科のデメリットについてです。

まず、いえることは治療上の
特筆するべきデメリットは
とくにないことです。

つまり、整形外科を受診することで、
今のぎっくり腰が悪化することは
まず考えられません。

整形外科は、保健所に届け出て
開設します。

もし仮に健康に
被害をもたらすような危険な治療が
行われるのでしたら、

その整形外科医院はすぐに
営業が禁止にされるはずです。

その医院が診療を受け付けて
いることは、少なくとも
保健所に何らかの営業上の
処罰を受けていないことを
意味しています。

厚生労働大臣が認可する資格によって、
患者の健康にデメリットをもたらす
ことはまず考えられません。

ただし、デメリットはありませんが、
メリットもありません。

メリットとデメリットはいつだって、
相反するものです。

例えば、効き目の強い、
麻酔薬を仮に整形外科で
注射してもらうことが出来れば、
腰の痛みは劇的に
緩和することもあるでしょう。

でも効き目の強い薬ほど、
副作用があります。

麻酔によって腰の患部の
神経を眠らせると、
副作用によって
二度と目覚めないこともあります。

注射をせず、
様子を見守れば10日で
完治したものを、
わざわざ麻酔によって
症状を悪化させてしまうことも
あるでしょう。

そうなってはいけない。
だから整形外科では、
痛み止めの飲み薬と、
痛み止め

もしくは湿布薬、
湿布

このどちらかを
処方するだけの
対応に留めているのです。

この二つは、
際立った鎮痛効果は
ありません。

でも副作用も
ありません。

だから患者さんに
もたらすメリットは
少ないです。

逆に言えばデメリットも
少なく済みます。

仮に湿布が皮膚に合わなければ、
患者さんがその場ではがせば、
大事には至りませんよね。

様々な治療の中では、
一切のリスクを負わず、
きわめて安全性は高いでしょう。

通院によって患部の安静を保てない

※スポンサーCM

整形外科そのものが、
治療にとってデメリットを与えることは
特にありません。

しかし、整形外科を「受診 」すること
にはデメリットは
あげられるかもしれません。

例えば、ぎっくり腰では
腰に炎症があります。
腰の炎症

歩いて通院しようとすれば、
腰を刺激します。

この刺激が腰の病状を
悪化させることもありうるでしょう。

寝ていて自宅療養すれば、
ひどくならないのに、
無理に整形外科まで歩くことで
炎症が悪化します。

もちろん、これは整形外科の
責任ではありません。
皆さんのチョイス(選択)の
問題でもあります。

ヘルニアと「誤診」されることが多い

他にもデメリットとしてあげられるものは、
診断上の「誤診」があげられます。

整形外科を受診して、
ぎっくり腰の痛みが悪化することは
ありません。

しかし、通院することで
誤診を受けてしまう。

この誤診によって、
患者さんにデメリットを
もたらすことが考えられます。

例えば、代表的な誤診は

「腰椎椎間板ヘルニア」

です。

通称「ヘルニア」と呼ばれます。

ぎっくり腰を受傷した多くの患者さんは、
整形外科を受診したときに
「ヘルニア」だと診断を受けます。

レントゲンを撮影したときに、
ぎっくり腰の患者さんの
多くは背骨の隙間が狭まって
見えるからそのように診断を
受けます。

レントゲンの撮影結果だけを
判断材料にし、
異常な映像が、
痛みの原因だと
決め付けられてしまいます。

これによって、

「自分はヘルニア患者なのだ」

と、その後の生涯に渡って、
不自由な生活を余儀なくされてしまう
方も大勢おられます。

本当はもっと別の原因で、
腰を患っているのに、
レントゲン結果を鵜呑みにし、

「手術をしなければ治らない」

と思い込んでいる腰痛患者は
実に多いです。

また、単なる筋肉が原因の
腰痛にも関わらず、
不必要なヘルニアのお薬を
処方するケースもあります。

過分な医療費負担をもたらす
ことにもつながります。

心の弱い人だと思われるケースもある。

また、臨床上の患者様で、
整形外科を受診したケースを
ご紹介すると変わったものもあります。

それは、整形外科で、
「心の弱い人」、
「甘えた人」、
という偏見の目を
向けられてしまうことです。

整形外科医院では
レントゲン検査で、腰痛の原因を
判定します。

ところが大部分の腰痛は、
レントゲンによって痛みの原因を
突き止めることが出来ません。

レントゲンに何も異常がなければ、
お医者さんによっては、

「この患者さんは甘えているのだろう。」

「心が問題なのだろう」

と、患者の訴えを受け入れずに、
精神科や心療内科への紹介状を
出すこともあります。

こういった心無い対応によって
ストレスを溜めてしまう方も
おられます。

私どもの治療院を利用される
患者様の中にも、
整形外科でのぞんざいな対応に
無念の想いを
打ち明ける方もたびたびおられます。

医者に治療の要望はできない。

また、整形外科や病院全般で言えることですが、
お医者さんに対して、
皆さんは治療の要望を
上げることはできません。

例えば医者に対して、

「先生、マッサージをしてください。」

「ズレた腰骨を、はめ治してください。」

「強い麻酔を打ってください。」

「もうちょっと細かくみてください」

など、こういった要望を
あげることは一切できません。

病院や整形外科での治療は
全てお医者さんに
治療を一任することになります。

あとは整形外科医の判断に
任せて、何をされるのかも
分からない状態で治療を受けます。

また、整形外科や病院は、
受診前に、その施設への
問い合わせに
応じてはおりません。

問い合わせ

「どういった治療をするのか?」
「自分の症状は治るのだろうか?」
「治療費はいくらになるのか?」
「どんな先生が治療を担当するのか?」
「持病の兼ね合いはあるのか?」
「薬は処方してもらえるのか?」

など、患者さんが抱く疑問に
一切対応しておりません。

ただ、整形外科に足を運ぶ。
受付をする。
待合室に並ぶ。

そして医者と面会する。
診察を受ける。

そこで初めて治療の内容を
知ることになります。

だから、傷めた腰を我慢してまで
通院したのに、

「医者は何もし
てくれなかった!」
無念
と無念の思いを口にされるのです。

再発防止や、アフター指導がない。

また、整形外科では、
治療後に何らかの指導をすることも
ほとんどありません。

せいぜいあるのは
「腹筋を頑張って鍛えてください。」
腹筋運動
この一言だけです。

中には「説明文」を
一方的に渡すだけの
指導もあります。

言葉での説明は
時間の無駄だと、
A4サイズの紙に、

「こういう体操をしろ」
「体を冷やすな」
「ゆっくり動け」

と当たり障りのない
日常について記されている。

口頭の指導が一切得られない。
そんなこともあるのです。

一方的にそんな
文書を渡されても
意味がわかりません。

意図が伝わりません。

ぎっくり腰では、整形外科は
受診しない。

「自宅療養」

をしてください。
まずは腰の安静を確保することです。

その上で出張治療に対応している
院をお求めになることが正解だと言えます。

ぎっくり腰の代表的質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

  1. ぎっくり腰とは?ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。
  2. 症状急激に起こる腰部の激痛により歩行困難、起立困難となり臥位姿勢を余儀なくされ、生活が障害され、極度な精神的な不安を呈すること。
  3. 原因直接的な原因は過度な疲労と背骨の彎曲、そしてスリップディスク(椎間板のズレ)、関節的な背景には3大外傷要因のディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースがある。
  4. 放置すると(無理すると)?椎間板の圧迫症状を解消せぬまま歩き回れば椎間板の変形や、痛みによる逃避歩行など痛い部位をかばった偏った姿勢により余計に痛みが強くなり、永続した椎間板ヘルニアなどに進行するケースがある。
  5. 救急車は?命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。
  6. 応急処置は? 急性期の炎症症状と、慢性期の患部の血行障害の2つを同時に併せ持つ複雑な病態。湿布を貼付して体を保温し、安静に過ごすが正しい対応。
  7. いつまで様子を診るの? どれだけという決まりはないが症状の経過を見ることが必要。一般的には受傷早期の血管反射(交感神経反射)が過敏な半日(6時間~12時間)だけ様子を見て、痛みが鎮まらない場合は速やかに整体を受診するべき。
  8. 病院は?ぎっくり腰専門というものは民間療法の当院だけの特徴であり、総合病院や整形外科よりもぎっくり腰の臨床経験が豊富です
  9. 緊急性があるのは?①体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  10. 後遺症にはなりませんか?後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。
  11. クセには?初期に適切な処置を受けなかった場合や、長期間の安静だけの治療では再発する可能性があります。
  12. 死ぬことは?ぎっくり腰ならば直接の死因となることはありません。
  13. 急性期の過ごし方は?初期処置をきちんと受けねばどれほど気をつけても悪化の可能性があります。安静第一、無理は禁物、中腰動作に充分に気をつけ、動くときには油断しないようにゆっくり慎重に動きましょう。
  14. どんな施術?原因となる急激な力によって生じた過重な反射抑制による自然治癒の妨げに対して、①経絡療法による反射抑制の解除、②筋膜リリース操作、③マニュピレーション、④アジャストメント・モビライゼーション、⑤化学物質のドレナージなど原因に対応した方法を行います。
  15. 病院との違い病院では器質的な側面を重視してレントゲンなどの画像診断をし、痛み止めを処方するが、ぎっくり腰は運動器疾患であるため、異常を見つけることもできず、さらにはこの一次痛にはお薬は効かず。整体では機能的な側面にアプローチするため治癒が見出される。
  16. 他院との違い他との違いの一番は熱意!国家資格、高い専門性、きめ細かなギックリ腰患者様へのサポート
  17. 自然治癒まで寝るのは?寝ていて収まるのは炎症反応と筋肉の疲労のみ。挟み込まれた椎間板や捻じれた関節を戻さなければ痛みは容易く再発する。
  18. 自然治癒の期間整体による初期処置の有無により早いものは即改善、受けぬ場合は10日ほどを要することも多い、治癒までに要する日数には性別・年齢・受傷機転など様々な条件によって大きく異なる。
  19. 温めるのと冷やすのは?温めも冷やしもせずに湿布を貼付して、体を毛布や衣類で充分に保温してください。
  20. どうやったら治るの?原因を取り除くことにあります。直接的な原因のスリップディスクの解消、そして間接的な複数の要因を適切に対処することが必要です。多くのものには過剰な伸張反射が影響しております。
  21. 予防トレーニングトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること」
  22. 湿布は?ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。
  23. 難しいのは?体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  24. 整体で治るの?多くの方がご利用いただいた直後に多くのお喜びのお言葉を残されます。それまでまったく身動きが取れぬ方が自由に起き上がれるようになることもたくさんあります。
  25. 何回ぐらいで治るの?これまでの多くの方が1回で改善を実感されております。わずかな回数で済んでしまうことがほとんどです。
  26. どこが痛くなるの?第四腰椎と第五腰椎の間、そして腰仙関節、この2箇所だけで90%の発生率。その他にも仙腸関節、傍脊柱起立筋群、長期化した例では逃避運動により痛みの箇所がお尻や太もも、ふくらはぎ、背中など広範囲に拡大する

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

腰痛と病院

結論:病院は検査だけ。治療はしない

  1. 腰が痛くて病院に行けない大原則は安静にして過ごすこと。腰が痛いときには出張整体を利用したり、他人に手を貸してもらって移動することも良いです。しかし、どうしても自分の生活環境を見られたくない人では松葉杖を通販で購入して杖をついて通院することも良いでしょう。
  2. 病院で治らない理由病院では器質的な変化にばかり着目しているから。
  3. なぜ病院では詳しく見てくれないのか?患者の症状を良くするためには、詳しい日常動作など職業についてお話を聞く必要がある。現代の病院医療ではお体の外観を画像で判断するぐらいしか見ておらず。
  4. 痛いのに病院で原因が見つからないのは?85%の腰痛症が非器質的腰痛症だから。椎間板に巡る血行が乏しくなったりするとすぐに腰が痛くなる。心因性の原因もあげられる
  5. 病院での腰痛治療の必要性小さな子供に聞くと一番に「痛くなったら病院に行く」と答えます。しかし、そもそも自分で治す考えが必要であり、病院の役割は自分で治すための術を授けること。
  6. 医療機関による対応の違いについて主に整体と病院の治療の流れの違いについて。基本的には病院では痛み止めの薬を処方して痛みをごまかすだけ
  7. 治療機関による診察の違い 受診する場所によってヘルニアだとか、腰部捻挫だとか診断される回答は異なる。
  8. 気をつけたい医療機関での診断様子を見て短絡的に精神的な要因であると決め付けられてしまうこともあるので医療機関の受診には気をつけましょう。
  9. ぎっくり腰になったらすぐ病院に駆け込むべきか?自宅で3日ほど安静にして痛みが和らいでから通院しましょう。早期に病院に行くと待合室で長時間待たされて腰の痛みが悪化します。
  10. 病院は?病院は命に関わる患者を扱う場所であり、それ以外の自然治癒で放っておいて治るものには有効な治療をしていない。レントゲンに異常所見がなければ自宅安静を指示されるだけの結末となる。
  11. すぐに病院に行く必要のあるものとその理由安静にしていても痛みが強く現れ落ち着く姿勢がないものには気をつける
  12. 最新医療が精神論に帰結する理由最近の医療の腰痛理論では脳の機能障害が痛みを引き起こしており感情のコントロールが痛みを抑えるとし、最終的に精神論を並べ出すことが多い。精神論に帰結する最大の理由は痛みが目に見えないものだから。
  13. 病院で腰痛が治らない理由:レントゲンの検査は無駄だから病院の腰痛の検査ではレントゲンを撮影する。だが、骨と、骨の隙間から軟骨の磨り減り具合が分かるぐらい。痛みを発する神経の通った組織を観察できない。皮膚・関節包・靭帯・筋肉・骨膜は画像に映らない。このためレントゲンにはほとんど価値はない。
  14. 医療が発展しても病院で腰痛が治らない理由高度先進医療として癌や怪我の外科治療などは目覚しいほどの発展をしているが、腰痛や水虫、風邪などが世の中からなくならないのは死なないから。命に関係するものは研究費をとりやすい。
  15. ぎっくり腰で痛みが強いです。大学病院に行った方が良いですか?大学病院は二次医療・三次医療に対応している機関です。
  16. 病院治療の利点と欠点病院の医療は戦争医療であり生き死に関わるものには強いが、慢性疾患には極めて弱い。
  17. ぎっくり腰は杖を使って病院に行っても悪化するだけ待ち時間が長くて腰が悪化する
  18. 病院の腰痛治療は、腰痛ガイドラインで否定されている病院で行うすべての治療は医学的な根拠がない
  19. 腰痛治療の病院での考え方病院のお医者さんは腰痛は命に関わらないため治さなくても良いと考えている。
  20. 病院に通っても中々腰痛が治らない原因が分かっていないならそれ以上通ってもムダ
  21. 坐骨神経痛は、医療機関では間違った診察を受ける坐骨神経痛の多くは筋肉痛である。
  22. 病院の医療では腰痛治療が難しい現状について専門分野だけを学ぼうとするため、少しでも専門外のことがあると対応できない。
  23. 西洋医学的にみた腰痛治療の限界病院医療の限界は腰痛の評価が不十分なこと
  24. ぎっくり腰で入院することはあるか?状況によっては入院せざるを得ないこともある。
  25. ぎっくり腰で入院するメリットは?ない
  26. ぎっくり腰の入院のデメリットは?プライバシーがないこと。精神的な苦痛が大きい
  27. ぎっくり腰の病院「通院」のメリットは?画像検査で、骨折や脱臼を発見できること。医者によっては麻酔を使ってくれることが「あるかも」しれないこと。

腰痛と整形外科

  1. 腰痛診療ガイドラインが求める整形外科の役割重篤な脊椎疾患のトリアージだとされる。
  2. ぎっくり腰で整形外科を受診するデメリットは?治療上のデメリットによって症状が直接悪化することはない。だが、間違った診察を受けることがある。
  3. ぎっくり腰で整形外科を受診するメリットは?ない
  4. ぎっくり腰のときの病院と整形外科の違いどちらも同じもの。規模の大小が違うだけ。レントゲンで骨に異常がなければ見逃されてしまう。
  5. 整形外科でのもみかえし、医師に伝えるべき?医師だけでなく担当の先生にも皮膚が弱いことを伝えてください。
  6. 整形外科で牽引療法を受けたらぎっくり腰が悪化した慢性期の治療として用いるものであり、ぎっくり腰の急性期に用いると症状が悪化します。
  7. 整形外科で腰痛が治らないのはなぜ?保険診療はお金の実費負担がほとんどないため先生も患者も結果に無頓着だから。

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

どんな施術?

病院との違い

他院との違い

自然治癒まで寝るのは?

自然治癒の期間

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

整体で治るの?

何回ぐらいで治るの?

どこが痛くなるの?

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

腰痛と病院

結論:病院は検査だけ。治療はしない

腰が痛くて病院に行けない

病院で治らない理由

なぜ病院では詳しく見てくれないのか?

痛いのに病院で原因が見つからないのは?

病院での腰痛治療の必要性

医療機関による対応の違いについて

治療機関による診察の違い

気をつけたい医療機関での診断

ぎっくり腰になったらすぐ病院に駆け込むべきか?

病院は?

すぐに病院に行く必要のあるものとその理由

最新医療が精神論に帰結する理由

病院で腰痛が治らない理由:レントゲンの検査は無駄だから

医療が発展しても病院で腰痛が治らない理由

ぎっくり腰で痛みが強いです。大学病院に行った方が良いですか?

病院治療の利点と欠点

ぎっくり腰は杖を使って病院に行っても悪化するだけ

病院の腰痛治療は、腰痛ガイドラインで否定されている

腰痛治療の病院での考え方

病院に通っても中々腰痛が治らない

坐骨神経痛は、医療機関では間違った診察を受ける

病院の医療では腰痛治療が難しい現状について

西洋医学的にみた腰痛治療の限界

ぎっくり腰で入院することはあるか?

ぎっくり腰で入院するメリットは?

ぎっくり腰の入院のデメリットは?

ぎっくり腰の病院「通院」のメリットは?

腰痛と整形外科

腰痛診療ガイドラインが求める整形外科の役割

ぎっくり腰で整形外科を受診するデメリットは?

ぎっくり腰で整形外科を受診するメリットは?

ぎっくり腰のときの病院と整形外科の違い

整形外科でのもみかえし、医師に伝えるべき?

整形外科で牽引療法を受けたらぎっくり腰が悪化した

整形外科で腰痛が治らないのはなぜ?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)