荘A[NX̉@

腰痛診療ガイドラインとは?

結論:腰痛治療に携わる全ての者があつかう、「経典」にあたるもの

※スポンサーCM

「腰痛診療ガイドライン」とは、
「日本整形外科学会」と、
「日本腰痛学会」が共同出版した本です。

今現在日本には、無数の
腰痛に関する本があります。

この本は出版する人、
それぞれの主観が
入り混じったものです。

そのため例えば
治療法でも、A先生は
「腰を温めろ!」
ということもあります。

でも別のB先生は、
「腰を冷やせ」
と言います。

治療家の先生によって
間逆の答えを
言うこともあるわけです。

そういった意見の食い違いが
あると、患者さんに混乱を招きます。

この混乱を防止するために、
腰痛の治療に携わる先生が、
ガイドラインを通読して、

「ある程度、共通の認識を
持ちましょう。


という目的で出版された
ものが腰痛診療ガイドライン
です。

今現在では2012年度版が
出版されており、ネットでも
無料で見ることができます。

ただし、これそのものが、
学会で使われるような資料のため、
一般人に読むことは難しいです。

そのため、身近な治療家の先生が
まずこれを理解し、
それを患者さんに噛み砕いて
お伝えすることが社会的に
求められているわけです。

ちなみに2012年度版が無料
購読できるようになった、背景には
次のバージョンのガイドラインの
出版が間近に迫っていることを
意味しているとも言えます。

最大の特徴は、
医学的な根拠を
盛り込んでいること

※スポンサーCM

このガイドラインの最大の特長は
なんなのか?

それは一言で言えば、
これまでの古今東西の、
研究データを取りまとめて、
可能な限り医学的な根拠のあるものを
紹介していることです。

また、従来の治療法で、
医学的な根拠がないものに
ついても、この本で紹介されています。


この本を読んだ上で、
整形外科や病院を受診してみると、

「えっつ!これって意味ないって
言っていたよね?!」

と思えるものが沢山みられます。

そして、世の中にある、
無数のサイトで紹介されている
治療法が、
このガイドラインによって
否定されます。

現行の、医療関係の
法律は、改定されるまでに
10年以上掛かります。

日本の法律は遅い。

だから法律が書き換えられる
まで、病院の治療が、
ガイドラインに
沿うことはありません。

既存の医療情報は、
一生書き換えることが
できない。

また、これまでに沢山の
医療に関する情報が、
一般人や治療家によって
世に出されました。

こういった情報を、
最新のガイドラインに合わせて、
書き換えることは難しいでしょう。

私もすでに7000ページ以上、
ネットで記事を書きました。

これらを全部改定することは、
もう物理的に不可能です。


全部消して一から書き直さないと
いけなくなってしまいます。

そのため食い違いがあっても
そのままにせざるを得ません。

これからガイドラインを読まれる方は、
ネットの記事を読むときに、
それがいつ書かれたものなのか?

これを気にして読んでいただくことが
必要なのでしょう。

そして、ガイドラインにも、
あやふやな部分はあります。

①ガイドラインを読まずに
自説を唱えているのか?

②ガイドラインを知った上で
自説を唱えているのか?

③ガイドラインが出版される
前の情報なのか?

※スポンサーCM

ここに気をつけて
いただくことが
必要であると言えます。

要するには、腰痛治療に携わる
全ての人が知っておくべき本。

もともとは出版当時は、
数千円の代金の本でした。

ところが、治療院の
先生によっては、
そのたった
数千円ですら

「勿体ない」

と思えてしまう。

なぜなら
既存の腰痛に関する
文献がすでに無数
にあるから。


一生掛かっても
読みきれないほど
無数にある。

なのに、なぜ数千円
払ってまで買わないと
いけないのか?

そう思えてしまうのでしょう。

でも、今現在では
「無料」
で読めます。

無料である以上は、
治療家の先生方なら、
読まないで済む
理由がありません。

知らなかったが
通用しないのです。

「知らない=モグリ」
なんです。

それぐらい、社会的に
治療家が通読することを
求められているガイドラインだと
いえるでしょう。

治療家の先生を
判断する目安として、

「腰痛診療ガイドライン
という本を知っているか?」

「腰痛治療で一番オススメの
本は何ですか?」


という質問をしてみてください。

その方が、どういったスタンスで、
腰痛治療に望んでいるのかが
分かることでしょう。

少なからず

「何ですか、それ?」

と答えた先生は、
腰痛を真剣に治療しようとは
思っていないことが明らかです。

要するには、
このガイドラインは、
仏教や、キリスト教などで
いうところの「経典」に当たるもの
なんですね。

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

自然治癒まで寝るのは?

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

どこが痛くなるの?

ぎっくり腰の定義

結論:急性に生じた腰の痛みの総称

腰の病気は多くが同じ

腰痛の発生要因

ぎっくり腰と坐骨神経痛の違い

若い人のぎっくり腰

腰痛の場所

どこまでが腰?

ぎっくり腰の由来

ぎっくり腰の特長

ぎっくり腰の定義

腰はどこからどこまで?

ぎっくり腰とは?①

ぎっくり腰とは?②

ぎっくり腰の症状

腰の表現法

ぎっくり腰は医療機関によって定義が異なる

腰痛の分類

ぎっくり腰と類似した病態

腰痛の発生周期から見た分類

基礎用語

足と脚、下肢の違い

股関節の運動方向について

関節間力とは?

腰痛診療ガイドラインとは?

状況整理の5W1Hについて

腰痛の定義は?

股関節の外転とは?

神経根圧迫とは?

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに2つのカテゴリーに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

ぎっくり腰のドタキャンについて

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰を繰り返す乳癌の母は、骨転移ではないか?

バレーのスパイクで腰が痛いのはぎっくり腰か?

きっかけがなくジワジワ痛くなったのはぎっくり腰か?

ぎっくり腰の続発症について

ぎっくり腰にはじめてなった人の陥る傾向

神経痛による痛み方の特徴

ぎっくり腰で病院に行くと何をしてもらえますか?

ぎっくり腰になっても労災にならない会社はどう?

ぎっくり腰の退職の仕方

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

自然治癒まで寝るのは?

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

どこが痛くなるの?

ぎっくり腰の定義

結論:急性に生じた腰の痛みの総称

腰の病気は多くが同じ

腰痛の発生要因

ぎっくり腰と坐骨神経痛の違い

若い人のぎっくり腰

腰痛の場所

どこまでが腰?

ぎっくり腰の由来

ぎっくり腰の特長

ぎっくり腰の定義

腰はどこからどこまで?

ぎっくり腰とは?①

ぎっくり腰とは?②

ぎっくり腰の症状

腰の表現法

ぎっくり腰は医療機関によって定義が異なる

腰痛の分類

ぎっくり腰と類似した病態

腰痛の発生周期から見た分類

基礎用語

足と脚、下肢の違い

股関節の運動方向について

関節間力とは?

腰痛診療ガイドラインとは?

状況整理の5W1Hについて

腰痛の定義は?

股関節の外転とは?

神経根圧迫とは?

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに2つのカテゴリーに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書