荘A[NX̉@

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷(2016)

温めるのと冷やすのはどちらが良いのか?

腰痛治療では温めることを良いとする説や冷すことが良いとする説など諸説あり判断に困ることがあるが、そのときどきの時系列に沿って変遷を辿っており、文献の出版年月を辿ると説に矛盾点がないことが分かる。最初は『全て冷す説』から始まり、次第に『初期は冷して慢性期に温める』とされ、『気持良い範囲に留める』という説に変わり、最終的に2016年時点では『38度~40度の熱で15分程度温めることが良いとする』説が新たな主流になった。

※スポンサーCM

腰痛治療では温めるのか冷すのかという説は未だ諸説ある。

腰痛治療で真剣にさまざまな文献を何冊もご覧になられている方では文献によって腰痛治療には温めるのが良いという説もあれば、冷すことが良いとする説があったりと諸説あることにお気づきになられたことです。

「もう!一体どっちをすれば良いの?」
矛盾点に気がついた方はそのように思われることです。

矛盾点はあるが、変遷があり、主流となる説が変化している。変遷には理由がある。

確かに文献やテレビ番組、ネットでの治療家によっての意見など様々な説があり一般の多くの方では、矛盾を感じることがあります。しかし、こういった説は時系列(時流)によって主流となる説は日々変化しており、詳しく文献をご覧になられている方がその出版された年月を記録しながら時系列を追って行くと矛盾点がなく、主流となる説が変遷しているのだということに気がつきます。つまり文献を出版したときに最も主流となる説を紹介しているのであり、その変遷には理由があるのです。今回は2016年時点での主流となる説に基づいてこれまでの変遷についてお話して行きます。アークス整体院のページ数は全部で相当数に及びますので数十年前に執筆した記事を全て修正することは不可能です。そのまま放置されております。ホームページ全体をご覧になっていただくだけでも矛盾点がすでに生じてはいるのですが、それはその当時の説を反映しているものだと思ってください。

2000年ぐらいまでは痛ければ全て冷せと言われた

そもそも腰痛治療ではかつてから温めることと冷やすことの有効性について色々といわれてきました。2000年ぐらいまでは腰が痛ければ全て冷せということが文献や学説の主流でした。一部の民間療法の説で温泉に入ることで腰部疾患の中でも坐骨神経痛はあたためると症状が和らぐとされてはおりましたがそれは学説ではなく単なる昔から伝わる伝統医療の一種であり、学説としては「冷せ!」というのが普通でした。その当時は医者でも治療家でも「温めろ」と口にしようものならば冷たい目で見られる方が多かったのでだれもが「冷せ」と口にしたものです。

ではなぜそうすることが良いとされたのかと申しますと緊急医療の現場で「LICE処置」という言葉があり痛いときにはLICE処置の一つである冷すことが良いとされたからです。医療系の学校や体育系の学校では今でも冷すことが良いと指導が1本化されております。また、図書館ではそのぐらいの時期に出版された文献は数多くあります。一般人の多くに冷すことが良いと思われる方は大勢おられます。

「全て冷す」説は急性期には良いが慢性期が長引いてしまう。

ところが全てを冷すとする説には欠点があり、やはり坐骨神経痛だったり一旦慢性化した腰痛の治療には逆効果となる報告が多数見られるようになりました。炎症が強いときに冷やすことは痛みが沈静化されて炎症が鎮まるから良いです。ところが慢性期になると炎症が鎮まって患部に血流障害が発生するようになります。血流障害を起こしている部分を冷すと血管が収縮して余計に血流が悪くなるため治癒が長引いてしまうことが次第に明らかになったのです。

※スポンサーCM

2010年ぐらいから初期は冷して、炎症が鎮まったら温めることが良いという説が主流になる。

全て冷す説は次第に廃れて文献で紹介されることは少なくなりました。少なからず近年出版される文献でそのように記されるものは少ないはずです。

ではその代わりに登場した説は何なのかと申しますと2010年ぐらいに登場した説が、初期は冷して、炎症が鎮まったら徐々に温めることが良いという説です。

確かにこの考えには誤りはありません。「全て冷す説」の慢性期の治癒の長期化はこれによって防止できます。

「初期は冷して・慢性期は温める説」は判断基準が曖昧であり、極端なことをする患者が続出する。

ところがまだまだ不十分です。一般の方にケースバイケースは判断しずらいものです。例えば「炎症って何なの?」というそもそもの基本的な医学知識を持ち合わせている方は少ないです。二つの方法を一般人が状況を判断して取り入れるとても難しいです。

また、冷してから温めることが良いとする説では、医学知識を持ち合わせていない方では極端な対応に陥ることがたびたびあります。例えば専門家に患部を見てもらわずに雪国で凍傷を起こしているような腰痛のケースであっても「初期は冷せ」と記すととても危険です。凍傷した患部をガンガンと冷すことで患部が壊疽することもあります。また、温めることが良いとする説でも今度はスーパー銭湯に行って何時間も湯船に浸かったりサウナを浴びたりと極端な対応をされる患者様が続出されるようになりました。

2012年ぐらいから登場した説が「気持よいと思える範囲のことをする」

ではそういった極端な対応を防止しつつ安全性を保ち、患部の状態を良好に保つためにはどうしたら良いのか?ここで言われるようになったのがごく最近に登場した「気持よいと思える範囲のことをする」という説です。冷す・温めるというと「ではどれぐらいやれば良いのか?」
という判断基準が不明確です。また医療知識の無い人には患部の状態がどうなっているのか?など分かりません。

しかし、本人が冷してみたときに
「あぁ~気持良い・・ 」
とか温めたときに
「心地よい」
と言う感じで気持良い範囲に留めていただくようにすれば医療知識の無い方でも難しい判断をする必要はありません。

事故を起こすことも少ないです。

※スポンサーCM

2014年ぐらいから感覚障害患者の例外があることが配慮され、「38~40度で15分温める事が良い」とされる

しかし、やはり「気持よい」だけでは不明確です。「気持良い」とか「痛い」とか「冷たい」・「熱い」という感覚情報は万人に共通する感覚ではありません。例えば糖尿病や認知症、感覚障害をお持ちになられている患者様、感覚過敏な人もいれば感覚に鈍感な人もおります。また、ある時期は冷して・一定期間が経過したら温めるなどという不明確な判断は一般人にはできません。出来るだけデメリットがなくそれでいて簡単に取り組む方法が求められます。

そこで登場したのが「38度~40度の温度で15分程度温めることが良いとする説です。」

ある時期は冷してその後温めるという不明確なものではなく最初から温めることに1本化すればだれでも取り組めます。また、気持よい範囲などという判断基準が人によって分かれるものも相応しくはありません。しかし、「40度を15分」ということで数値化すれば誰だって分かりますし、感覚障害を患っている方でも火傷や凍傷などのリスクなく取り組むことができます。

こういった説が2014年ぐらいからチラホラと文献によって見受けられるようになったわけです。今後も変遷はありますが、あえてこのサイトでは修正や加筆はしません。矛盾点に気がつかれた方は
「あぁ~そういうことなんだな・・」
ぐらいに思っていただければ幸いです。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書