ぎっくり腰専門ユークル整体院

腰痛の原因調査で最も有力な疼痛誘発検査

表現に乏しく「痛い」と連呼するだけの患者様

腰痛の検査の中で最も有力とされる検査の一つには疼痛誘発検査がある。整形外科の治療ではレントゲン撮影をして痛み止めのお薬を処方したり、治療院に通院すると説明もなくいきなりベッドに寝かされてマッサージ治療を受けたりと原因を確かめずに治療が開始されるため改善が得られない。患者の多くが漠然と患部の状態を捉えており表現に乏しく『痛い』と連呼することしかできないため多くの治療院は原因追求を諦めてしまっていることもある。痛みには様々な情報が隠されており、痛みの部位・局在、強さ、圧痛点の有無、誘発する動作などがあるためそれらを疼痛誘発検査で導き出す。ある程度痛みを実際に引き出しながら原因を追求することが正しい特定に結びつく。患者様には検査についての理解が必要となる。

※スポンサーCM

腰痛の原因調査の一つの方法である疼痛誘発検査

腰痛には様々な原因がありますが、その確認をするための方法にも沢山のものがございます。その中の一つである疼痛誘発検査について今回はお話させていただきたいと思います。

数ある調査法の中でも最も有力な検査

今回お話する腰痛の調査法の疼痛誘発検査ですが、数ある調査法の中でも最も有力な検査法なのではないのかと思っております。

整形外科では痛み止めの薬だけをもらう

これまで皆様はきっと腰が痛くなったときに最寄の治療院の駆け込まれたり、整形外科に駆け込んだ方は多いと思いますが、整形外科ではとくにこれといった治療をしてもらうことができずレントゲンを撮影して、痛み止めのお薬だけを処方されたことでしょう。

当然腰の痛みが治りませんから次の治療施設をお求めになられたことです。

多くの治療院ではマッサージ治療を受ける

そして次に駆け込まれたのが一般的な整骨院や整体院、鍼灸などのマッサージ治療をしてくれるお店に行かれたのではないでしょうか?

このときにはおそらく先生は
『さあ!こっちのベッドに寝てください』
と指示し皆様の体を丁寧にマッサージされたはずです。

いきなりマッサージが開始される治療院

ところが先生にマッサージを受けたのですが全く良くなりません。結果的に今度は鍼灸院に行ったり整骨院に言ったりと転々と治療院を巡ってそれでも治らないためインターネットを使って検索して色々と調べるようになったのではないでしょうか?

治らない理由は痛みの原因を調べていないから。

方々の治療院を受診したのですが結果的に痛みが直らなかったとしたらおそらくはその治療院の施術方法に間違いがあるというよりも多くの場合、原因をキチンと調べていない可能性を上げることができます。

腰痛には原因がそれぞれ存在し、一つ一つの原因にそった手法で治療をしなければ結果的に治癒を得ることは難しいのです。

そもそも検査そのものをしていないケースも多い

また、治療院にもよりますが腰が痛くても頭痛があっても肩が凝っても最初からベッドに寝かされていきなり治療がスタートすることもがあり、検査を最初から行っていないこともあります。

検査をして原因を追求してある程度の見立てをしなければ手段を問わず治るはずはありません。

リラクゼーションサロンやエステ、オイルマッサージなどのリフレッシュを目的とした院では総じていきなりベッドに寝かされて施術が始まることが多いです。そしてそういった施術をお求めになられるお客様も大勢おられます。要するに日頃仕事で疲れた体を癒したり、気持良くなって贅沢気分を楽しみたいと思われるのです。

こういったリフレッシュマッサージは腰痛の治療とは異なり痛みを治療するわけではありませんからそもそも原因を追求する必要性はありません。いきなり寝てもらってマッサージが開始されることがほとんどです。

検査どころか患者様によっては『痛い・痛い』としか説明できないこともある。

また多くの治療院でいきなりマッサージが開始されてしまう理由には患者様が仰られる症状が余りにも漠然としており、患部がどこなのか?どういった動作で痛くなるのか?というレベルではなく
『痛いです。先生とにかく腰が痛いんです。』
『辛いから早くなんとかしてください』
としきりに訴えられ、
こちらがどのように痛いのか?と質問しても
『痛いものは痛いんです。どこかはいいからとにかくすぐに痛みを取ってください』

とまともに原因が何なのか?腰痛の治療に向き合っていないこともあります。無秩序に『痛い』とだけ連呼して訴えるだけで冷静に痛みがどういった具合に出るのか表現できないこともあります。ですから先生によっては仕方なく場当たり的にマッサージをされるのかもしれません。

治療前に検査が必要であることを説明することもある。

※スポンサーCM

ところが患者様に寄りますが腰痛をお持ちになられるのですが、マッサージでリフレッシュすることが治療であるとお思いになられる方は多いです。

『先生じゃあ治療をお願いします。これまで色々とマッサージを受けてきましたが一向に良くなりませんでした。』
とおっしゃられながらベッドや布団に寝転ばれる方もおります。真剣にリラクゼーションマッサージによって腰痛が治るとお思いになられている方も大勢いらっしゃいます。

したがって私どももそういった患者様がおられたときには
『治療では腰痛の原因が何であるかを確認しなくてはなりません。そのために様々な徒手検査を行わせてもらっております。これまでの腰痛の経緯についてもお話をお聞かせ願えませんか?』とお願いさせていただくこともあるほどです。

やはり巷に沢山のリフレッシュ院がありますので医学に精通しない一般の患者様にはどれも同じように見えてしまうものです。

検査で特に重要になるのが疼痛誘発検査。痛みをわざと発生させて痛みの部位や痛みの強さ、痛みの出る動作などを確認すること

そして患者様の治療をするときには検査が必要となるのですがそのときに特に重要なのが疼痛誘発検査です。わざと罹患部位に痛みを誘発することで以下の内容を確認します。

  1. どこが悪くなっているのか?(痛みの部位・局在):痛みの局在が指ではっきりと指し示すことが出来る場合は表在痛という比較的太い神経線維から由来する痛み、痛みの局在がアバウトではっきりしないときには深部痛という細い神経線維から由来する痛み
  2. 痛みの出方:例えば動いたときに痛みが出たり、寝ているときに痛みが出たり、深夜に痛みが強くなったり、朝方に痛みが強くなるなどの痛みの出方の違いがあります。
  3. 痛みの強さ:痛みが軽くて鈍い痛みなのか?それとも強くて一瞬飛び上がって体が硬直するような酷い痛みなのか?寝ていても痛みが持続するのか?
  4. 痛みの誘発に直接関係する動作:腰を屈めたときや反らしたときに痛みが強くなったり胴体を捻ったときに痛くなったりとそれぞれに違いがあります。一般的に腰を屈めたときに痛みが強くなれば腰椎椎間板ヘルニア、腰を反らしたときに痛くなれば腰椎のつなぎ目である椎間関節の障害の可能性が強いといわれます。
  5. 圧痛点の有無:触られたときにジンワリと響くような痛みを発する部位を圧痛点(ツボ)と呼びます。マッサージを受けたときに人によっては心地良いと感じる部分のことで、痛みの成分が蓄積して一次的に知覚過敏を起こしております。手技操作によってほぐして血流を良好にすると罹患部位の発痛物質が抜けて血流によって運び去られるためスッと痛みが解消されます。治療をするときにはとても重要な箇所の一つです。患者様によってはマッサージ器を用いて気持良いところに押し当てて腰の痛みをセルフケアされる方もおられます。

単純に痛みと一言で表現されますがこれだけの情報が分かります。

※スポンサーCM

痛みを確認せずに治療をしても治療とはならない。

痛みにはこれだけの情報が隠されております。やはり治療をする上では闇雲に先生が持っている治療技術を患者様に実施しても正しい原因が特定されていなくては十分な治療は得られません。少なくとも痛みの部位を確認せず腰を施術しても全く改善は得られないことはお約束しましょう。

疼痛をわざと誘発するためある程度の患者様の理解が必要となる。

また疼痛誘発検査は治療をする上ではとても有効な手段ではありますが敢えて痛みを患部に誘発するため、患者様によっては過度に恐怖心を抱いてしまったり、事前に十分な説明をしても怖がってしまうこともあります。

そのため私どもは事前に説明をしてなぜ疼痛をわざと誘発してまで検査をするのか?検査ではどの程度の痛みを誘発するのか?などをある程度の理解をいただいてから行わせていただきます。主に用いるのはSLRテストと呼ばれる片足を持上げて腰の関節を曲げ伸ばしする検査だったり、ラセグーテストと呼ばれるイスに腰掛けた状態から膝の曲げ伸ばしをするテスト、うつ伏せになってから股関節を後方に反らして足を持ち上げてみるテストなど様々なものがございます。

また、検査にあたっては患者様のお体を傷め付けることが目的ではありませんからほんの僅かに痛みが出て『あぁこの辺が痛いのだな』と分かる程度で十分です。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

ぎっくり腰対処その他

臥位の徒手検査には異常所見はないが、立ち上がると腰に痛みがある

疼痛誘発検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

ぎっくり腰判別のセルフチェック

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開