荘A[NX̉@

ぎっくり腰 何日

ぎっくり腰はいつまで続くの?

ぎっくり腰が何日で治るか?8割のものは10~14日、多くの痛みの原因に随伴して筋肉痛が現れ、痛みをかばって筋肉が過剰に緊張すると3日~7日間追加で痛くなることもあるので出来るだけ早期に治療を受けよう。関節が引っかかっているだけで外れるとすぐに緩和されるものが多い。初期の痛みを悪化させる前に治療を受けることが必要

※スポンサーCM

ぎっくり腰は何日で治るのか?

急なぎっくり腰、予測できないタイミングで起こります。多くの方は焦っていることでしょう。

  1. 明日の仕事はどうしたら・・・
  2. 週末のゴルフは?
  3. 旅行の予定が・・・
  4. いつまで寝て過ごせば良いのだろうか・・・・

忙しい毎日を過ごされている方にとっては一日もゆっくり休んでいる時間が取れないものです。やはり何日ぐらいで治るのか心配になってしまうものです。

内容によって大きく日数は変わる。8割のものは自然治癒で10日~14日

では最初におおよその目安をお話しますと、8割方のものは何もしない自然治癒で10日~14日程度休むことで随分と痛みが軽くなります。自然治癒力の衰えた老人では若干長くなります。症状の度合いによってももう少し変わります。

ただし、ここでいうものはあくまでも目安です。例外は沢山ありますので詳しいお話についてこれからお話します。

筋肉痛は3日~7日(全てのぎっくり腰に伴う)

腰が痛くなるもの全般をぎっくり腰と呼びます。ちょっとした肉体労働の翌日に見られる筋肉痛のようなものも含まれます。これは3日~7日もすれば緩快します。

ぎっくり腰では関節組織の微細な炎症を持っておりいずれの病態であっても患部に負担を与えないように腰部の周辺の筋肉が緊張を起こします。これによっても筋肉痛が引き起こされます。

腰を傷める例えば背骨の1箇所に炎症が生じたとしましょう。そのままでいると痛いので、次の図のように背骨の周辺が防御のために過剰に緊張を起こします。するとその箇所が安定するため痛みが紛れるわけです。

腰周りの筋肉が緊張緊張すると患部の負担が無くなり一時的に解消される。しかし、疲労を迎えるとやがて二次的な痛みを引き起こすようになる。

すなわち、労働によって起こる筋肉痛と我慢して起こるものの2種類があるわけです。つまりこのときのは少なからず緊張を伴いますから3日~7日ほどは痛みが起こります。

受傷早期に無理をせずに安静に過ごしていれば伴わずに済みますからこの日数を短くできますし、筋肉以外の短期間で治まるものであればスッキリと緩和されて翌日にはゴルフの大会に参加できることもあるほどです。ところがこのときに我慢して動き回っていると次第に酷くなって治癒が長引くのです。

つまり、筋肉痛は他と随伴して現れます。以下のグラフのように表すことができます。

痛みの時間

何らかの腰部の障害が仮にAだったとしましょう。Aの痛みによって二次的に起こされる、もしくは肉体労働によって単独で現れるのが筋肉痛であり、これそのものは安静に過ごせば3日~7日で治まります。ところがAが発している限り動き回れば何度でも防御のために筋肉痛が生じます。Aが仮に簡単な関節のロックであれば手技をすれば即時改善します。そうすれば我慢する必要がありませんから翌日にはゴルフ大会で活躍することも可能。

稀に存在する高齢者の骨折であれば自然治癒には一般的に数ヶ月を要します。この間無理に動けば常に緊張をしますので疲労の限界を迎えると何度でも痛みを生じることになります。

コンディションを常に高めれば痛みがあっても我慢して動くことならできる。

※スポンサーCM

あくまでも炎症の度合いにも寄りますが、筋肉を緊張させることで患部を補強して緩和される程度の炎症であれば基本的には痛みが出ていてもマッサージやストレッチをすることでコンディションを常に最大限に高めておけば、その場の痛みを我慢して動くことならできます。

実際にスポーツ選手の多くは怪我や不調のときでもそうやって急場を凌ぐ例は多数あります。しかし、根本的には無理に動き回ればいつまでも治癒が図れません。そういった対処はあくまでも一時的なものに抑えてスポーツや仕事のピーク期を抜けたらすぐに休ませる必要があります。

10日~14日の根拠は関節のひっかかり(ロッキング)

では先ほど最初に申し上げた多くのものは10日~14日程度の期間を要するとはどういうことなのかと申しますと、これはぎっくり腰の多くが関節の引っかかりに由来することによります。

骨格と全身の関節図の水色のところが関節、全身には沢山の関節があります。腰を曲げたり伸ばしたりするときには全部が連動して動きます。

ところが一日中デスクワークで座り続けたり、仕事で立ち続けたりとじっと過ごしておりますと次第にロックして引っかかった部分が動かなくなってしまうのです。

座っているとき関節の機能低下座ったまま過ごしておりますと体重の負担の加わらない主に骨盤以下にロックが生じます。水色の関節が茶色く表現されておりますが、これは機能が低下してロックされやすい状態になっていると考えてください。

関節の引っかかり引っかかったまま立ち上がると当然股関節や膝がしっかりと伸びませんから腰が屈んでしまいます。このままでは上手く真っ直ぐになれません。

結果的に真っ直ぐ立つためには24個もある背骨を代償的に用いることで動かなくなった可動範囲を補います。

引っかかりによる腰部の代償前方に倒れた胴体を背骨をグニャリと反らすことで真っ直ぐにすると、一番可動範囲の大きい腰椎に大きな負担が加わりぎっくり腰を引き起こしてしまいます。

この引っかかりそのものは、整体を受けていただくことですぐに取れてしまい、本来の状態に戻ることが多いです。したがって初期であれば処置を受けることで1日で完治することは珍しくありません。

何の処置を受けなくても10~14日ほど安静にして寝て過ごせば日頃酷使した筋肉の疲労が抜けて関節に弛みが生じるため引っ掛かりが取れることが多いです。しかし、無理をして過ごせばいつまでもひっかかったままも珍しくはありません。一生引っかかっている方も慢性腰痛にはおられます。また、一定期間休み続けても痛みが続くときにはひっかかりが取れていない可能性がありますので整体を受診してください。

椎間板・靭帯・関節包の炎症:14~21日

次は各組織別にの治癒期間を見て行きましょう。

腰部の椎間板と呼ばれるクッションや靭帯、関節包と呼ばれる組織に炎症が発生するケースも全体では少数ですがございます。

腰の軟部組織靭帯は骨と骨をつなぐバンド、関節部分には同じ素材で出来た関節包、また骨のジョイントにはスベリを良くするための関節軟骨、更には背骨の衝撃を吸収して椎骨同士がぶつかるのを防止する椎間板があります。これらの組織の損傷は日常生活レベルであれば通常は2週間から3週間、交通事故やスポーツ事故のような大きな怪我の類になりますと2~3ヶ月を要することもあります。

骨折数ヶ月~半年

※スポンサーCM

また骨が未熟な子供がスポーツの大きな動作をしたり、骨粗しょう症の患者様では背骨が折れているようなこともあり、そのケースでもぎっくり腰であると訴えることもあります。

腰椎椎体圧迫骨折と腰椎分離症こういった背骨が折れてしまうケースは稀なものです。発生したときには最低でも数ヶ月~半年ぐらいを要します。

腰椎椎間板ヘルニア:状況によって数ヶ月~半年もしくは要手術となることもある。

また、稀なものですが腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれるようなものもございます。

腰椎椎間板ヘルニア椎間板の中身の髄核という芯が飛び出して脱出(ヘルニア)し、腰の神経に触れることで炎症を発すると著しい足腰の痛みを起こします。主には腰よりも足の痛みの方が顕著です。

椎間板ヘルニアにも破断性と呼ばれる椎間板がパックリと割れて髄核が外に完全に飛び出してしまうものもあれば、筋膜性ヘルニアという軟骨が歪むだけのものもあります。自然治癒には限度がありますが治るものであれば数ヶ月から半年ほどの安静臥床を要します。つまりしばらくは寝たきりで過ごしていただくことになります。

ただし、自然治癒が得られないタイプのものもありますからその場合は手術の対象となることがあります。

それでは最後までご覧になってくださいましてありがとうございました。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書