腰痛は寝ていて治るのか?

著作者 Teacher with love

腰痛治療では
初期の2日間だけ寝ているのが良い
最近の本ではこう記される。
ひたすらに寝て過ごすことの是非は明らかではない。
医学研究はされている。
だが専門家の誰もがその真偽を知らない。
定説になっているから短期間の安静を奨める。
だが現実の多くの患者は完治まで寝て過ごすことはできない。
寝て過ごすことで一定の改善が得られることもある。
逆に無理に動くことで完治することもある。
逆に余計に悪化することもある。
寝ることが有効なのは肉体疲労が原因となるもの。
寝ることが無効なのは筋力の衰えたもの。
構造的な病変を持っているとき例外がある。
それは筋肉は働かせるが関節は休ませる。
寝ていることが良い悪いではない。
自分のおかれている状況を判断することが最も大切である。

※スポンサーCM

医学研究では実験している。
だが専門家の誰もがその真偽を知らない

腰痛になった。
このときにはこういいます。
「初期は2日間まで寝て過ごす。」
「その後は可能な範囲で動くようにする」
「過度な安静は余計に腰痛を悪化させる。」

表現こそ文献によって異なります。
ですが近年の腰痛に関する文献では過度な安静を危険視する。
そのようなことが記されていることが多いです。
2日以上安静に寝ていても意味がない。
治癒までの期間が短くなることはない。
こう言われております。
ところが20年ぐらい前の文献ではこういわれた。
「安静にしろ」
「寝ていれば治る」
これが定説でした。
しかし、そういった文献に記される内容、
知識として持ってはいます。
ですが、それをどれだけの方が実践されましたか?
ほとんどの方は仕事や家事で動く必要に駆られている。
腰の痛みが完治するまで寝ていることはできないはず。
つまり、医学研究では実証されてはいる。
ところが身近ではそれを実体験できる方は限られている。
専門家が言う
「安静に寝ているのは良くない」
は本当のことを言えば机上の空論です
先生のほとんどはその真偽を実証したことはありません。
実体験したことや実験したことでない。
だから他人にそれが良いのかを伝えることはできない。
しかし、確かめることができない。
だからこそ一般論として主流になっている。
本の理論を自分の考えとして患者に指導している
わけです。

ところが自然治癒力が備わっている。
そのためどちらで過ごしても一定の改善がある。
これは確か

※スポンサーCM

結果的に言えば私達にはもともと自然治癒力があります。
したがって寝ていて過ごそうとも治る。
2日間だけにして直ぐに動き回ってもどちらも一定の改善がある。
このことは確かです。
実際にぎっくり腰を患われた。
そんな方でも安静に過ごす。
そうしていることで一週間もすれば痛みが治まる。
私自身も腰が辛くなったときにはしばらく安静にする。
そして寝て過ごす。
すると楽になります。

気をつけること:
中高年の多くは寝ていれば治ると言う。
そして一定のところまでは治る

逆説になります。
実際に周囲の中高年の方をみてみましょう。
「腰痛なんて寝ていれば治る」
こう頑なにおっしゃられる男性もおられます。
やはりその通りに過ごしていること良くなる。
例外なく一定のところまでは治っております
正し、完治に至ることはない。
常に腰に不具合が残っていることは確かです。

「痛い!痛い!」と泣き言を言いながら過ごしている方で完治している人もいる。

初期の数日間だけ寝て過ごす。
その後は痛みがあっても無理に動き回る。
こういう男性のケースがあります。
この場合では動き回ることでつねに
「痛い!痛い」
と泣き言を言う。
壁に寄りかかったり両手を膝の上に乗せる。
そして腰を休めたりしながら日常を過ごされます。
しかし、そういった方のケースでは完治していることはあります。

我慢して日常を過ごしていつまでも慢性腰痛を持っている人もいる。

腰痛

また、別のケースもあります。
我慢して痛みに耐えながら過ごす。
そうすることでいつまでも慢性腰痛をお持ちになられている。
年々腰痛が余計に悪くなっている方も確かにおります。

つまりこれらのことから言えること。
それは腰痛対策には寝ていることが良い例もある。
直ぐに日常に復帰することが良い例も確かにある。
両方ともに端から否定することはできないわけです。

ただし、腰痛には原因がある。人により腰痛の原因は異なる

どうして賛否が分かれるのか?
人によっては良くなることもある。
悪くなることもあるのか?
これは腰痛が人それぞれ原因が異なるから。
原因の違いに起因するのだと言えます。

安静が有効となるのは主に肉体労働の疲労に起因するもの

※スポンサーCM

安静が有効となるのは肉体労働の疲労に起因するものです。
いわゆるオーバーユース(過労)といわれるもの。
筋肉の疲労に由来する痛みはしばらく安静にする。
寝ていることでスッキリと改善します。
ご年配の方は総じて
「腰痛は寝ていれば良くなる」
と言います。
ですが、これはその年代の方が現役で働かれていたときのこと。
肉体労働が主流だった背景から言われていた治療です。

昔にはデスクワークがありませんでした。
農業や林業、漁業、などの第一次産業。
工業などの第二次産業。
ここまでが仕事の中心だった。
それがその時代の方々のライフワークです。
肉体労働ばかり。
すべて単純作業だった。

こういったライフワークでは少々のセルフケアでは効果が見られない。
体に蓄積した疲労を除去する小手先のことをしても無駄。
気休めにしかならない。
例えばマッサージを受けたり、
ストレッチをしたり、
食事療法などをしても焼け石に水。
効き目がありません。

だからひたすらに寝た。
治癒まで安静に過ごしたわけです。
安静に過ごす。
こうすることで筋肉から疲労が除去される。
するとまた再び元気に働くことができます。

安静が有効でないものは筋力の衰えに起因するもの

では逆に安静が有効ではないものについてです。
それは筋力の衰えに起因するもの。
高齢者や、ご婦人・若い女性では筋力が衰えている。
こういったことがたびたびあります。
自分の骨格を支えることができない。
それほどまでに足腰や首が細い。
体が弱いケースもあります。

「歳だから仕方がない」
「女だから弱いのは当然だ・・・」
とまったく疑問を挟まないこともあります。

こういった方では骨格を支える筋力が弱いです。
そのために弱った細い筋線維が悲鳴をあげる。
姿勢を支えているだけで直ぐに炎症を起こす。
そして筋肉痛や関節痛を引き起こすこともあります。

そうであっても安静にする。
寝ていれば一定のところまでは改善します

でも、本質的な筋肉の弱さは克服されておりません。
だから、寝て過ごすことで余計に筋線維が細く退化します。
結果的には一時的な改善です。
また数日経過すると同じくして痛みが生じてしまう。
これを繰り返します。

筋力の衰えに起因する痛みをお持ちだったとします。
この方では安静に寝て過ごすことは有効ではありません。
徐々にですが悪化を辿って行く。
これは避けられないでしょう。
この場合は筋肉を休ませながら使う。
こうして少しづつ鍛えることは必要です。

構造的な病変が無いものでは痛みを少々感じるぐらいの日常でも完治する。

先に例を挙げた
「痛い・痛い」
こう悲鳴を上げながらも完治しているケース。
これは条件が限られます。
腰の病気の人はあてはまりません。
腰部脊柱管狭窄症、
腰椎椎間板ヘルニア、
腰部椎間板症など、
何らかの腰部の構造的な病変が無いものだけに当てはまる。
こう思ってください。
例えば運動不足で腰周りの血液の循環が悪くなっている。
この方のケースでは激しい運動に腰が慣れておりません。
だから最初のうちは運動をしたときに血管運動が追いつかない。
血液循環が不足した箇所に痛みが生じる。
しかし、もともと腰部に構造的な病変はありません。
だから、運動をしている中で次第に改善が見られる。
例えば、血液の循環を調整する血管の反射、
筋肉のテンション具合、
これら整ってくる。
すると次第に痛みを起こさなくなって行きます。

構造的な病変に至る場合にはダメージの回復と、筋肉の強化の相反するものを求める必要がある。

最後に構造的な病変が明らかにあるものの場合についてです。
例えば腰部椎間板症、
腰椎分離症など何らかの構造的な病変がある。
このときに無理に動き回れば腰部の破壊が進みます。
最終的には寝たきりに陥ってしまいます。

これらの構造的な病変が生じてしまうことには背景があります。
それはもともと筋肉の衰え、
柔軟性の低下これらがある。
体の廃用が背景にあります。
したがって寝て過ごしていれば益々廃用が進む。
体が悪化します。
しかし、運動をすれば余計に構造的な悪化を招きます。

この場合は例外として腰部の構造的なダメージを軽減する。
軽減した状態で運動をする。
そして筋肉を鍛える。
筋肉で骨格を保護する
必要があります。
つまり骨は休ませる。
けれども、筋肉は鍛える

という相反するものを求める必要が有るわけです。

例えば水中ウォーキングがあります。
体重が浮力によって軽減される。
この状態で関節に負担を与えずに筋力を鍛える。
そうすれば構造的なダメージがあっても筋力を落とさずに済みます。
もちろん若い方では筋肉量があります。
少々廃用になっても寝て過ごすこと痛みは減ります。
しかし中高年の方で自然治癒力も衰えている。
筋肉も少ない。
にも関わらず安静をお選びになられるとどうなるか。
筋力がメッキリと落ち込んでしまう。
取り返しが効きません。
だからこうして体重を免荷する。
関節に負担をかけずに筋肉を鍛える。
これが必要となるわけです。

水泳

寝ていることが良い悪いではなく、状況を正しく判断すること

いかがでしたでしょうか?
腰痛の治療では寝ることについて色々言われました。
寝てひたすらに過ごすことを良しとする説もあった。
それを否とする説もあった。
しかし、他人の意見はあくまでもその方の意見です。
自分にとってそれが良いのかは違ってくる。
おかれている状況を正しく判断する。
これが最も大切だと言えるはずです。

そういった判断しない。
盲目的に他人の意見に流されている。
すると、自分の考えがそこにありません。
だから何が良くて何が悪いのかという価値も分からなくなってしまう。

信じていることをやれば最終的には納得する。

また、治るのかどうか?これは大切なこと。
でも、そういう問題ではない。
皆様自身が信じることを行ってみる。
これが一番良い
のではないかと思います。
人は必ず心の弱さを持っております。
何かに依存したいという心理があります。
そういった依存心は周囲から言われて改善するものではありません。
しかし信じていることを行ってみる。
そうすればどのような結果となっても最終的には納得ができる。
他人の忠告にしたがって決断しても後悔する。
後々ぼんやりと
「ああすればよかった」
と振り返ってしまうものではないでしょうか?

そういった意味では
自分が最終的に納得できること
これを行っていただければと思います。

信じる

著作者: justbarbara

それではご覧になってくださいましてありがとうございました。
これからも慢性腰痛をお持ちになられている方々のために頑張ります。

慢性腰痛経済アイテム:ホームソックス

裏切り

著作者: Jon_Huang

「し・・信じていたのに・・・・」

これまで彼のことをひたすらに信じてきた。
でも、その思いは打ち砕かれました。
裏切られたのです。

彼との将来、
そして子供・・
信じ続けていた。
10年間の交際の果てが孤独。
待っているものは永遠に続く孤独。

20代を返して欲しい・・・・
貴方と出会わなければきっと幸せになれた。
もう二度と失った時間は帰って来ないのに・・・・

残酷なお話です。
ですが慢性腰痛の女性はこうなってしまう。
男性に捨てられてしまうことが多いです。
健康で若い女性に目移りする。
そして浮気や不倫に走る。
取り返しがつかない。
最後に破局に至ります。
毎日治療のために病院へと付き添う。
経済的に貧困なために体に鞭打って仕事をする。
にも関わらず奥様の分まで家事をこなす。
精神的に追い詰められてしまう。
すると、甘い誘惑に惑わされてしまう
のです。

誘惑
モデルはイメージです。

このような不幸はいや。
そのためには何とかして経済的な負担を軽減しましょう。
慢性腰痛では治療と同時に経済的な問題にも着目します。
これは急務であると言えるでしょう。
早くから貧困対策に真剣になって取り組む。
そうしないとパートナーの心は離れてしまうかもしれません。

では簡単に着手できる経済的な対策は何か?
それは衣類で体を保温すること。
電気代・光熱費を削減できます。
節約にもっとも有効な手段。
しかし、どういった衣類が良いのか?
ジャンパーは保温効果は高い。
ですが経済的な負担が大きいです。

もっともコストが安く抑えられる。
そして保温性が高いものはホームソックスです。
足元はフローリングと最も近い場所にあります。
床は底冷えしている。
だから熱伝導によって常に体温が奪われてしまいます。
また、足裏はほとんど無駄なお肉がありません。
だから熱が漏出しやすい。
一説では体を温めるときに最も効果の高い部位がある。
それが足元であるとも言われているほどです。

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

  1. ぎっくり腰の安静痛みと比例した対応をするべきだとされている。
  2. 腰痛は寝ていて治るのか?これまで一般論に従って過度な安静は良くないことを御伝えしましたが、自分自身の考えではどうなのかについて敢えて逆説についてお話して行きたいと思います。
  3. ゴルフ腰の痛み安静期間安静をすることは除痛にはなるが体力や腰部の耐久力の脆弱化を招き競技復帰したときに簡単に腰痛を再発させます。適切な除痛・リハビリをしてから競技に復帰するか、もしくはゴール設定を仕事復帰までとするか、いずれにせよ自己の努力が必要となる。他人に丸投げでは改善にはつながらず・・・
  4. 絶対安静の是非昔の治療家達は、腰が痛いときにはとにかく安静にしろと言ったが、実際には体の弱体化が起こってそちらの方が大きな問題となった。
  5. ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?一般的に2週間ほど寝て休むことで特に何もしなくても治まる。
  6. ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみぎっくり腰は深層筋によって引き起こされる。安静にし続けて何もせず放置すると椎間板の軟骨を深層筋がゆがめてしまい治癒が難航したり慢性化を起こす。
  7. ぎっくり腰は痛みに囚われないことぎっくり腰では安静に寝て過ごして、痛みに囚われすぎないように痛みのことを頭から忘れて別のことで気分を紛らわすことが必要。恐怖や不安は体を緊張させて余計に痛みを起したり治癒を長引かせる。
  8. ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る安静によって治ることは治るが、治療を受けないとやっぱり長く時間を要する
  9. 腰痛が悪化するのは体位の間違い安静にすると良いというが、安静の正確な体位について記している文献は少ない
  10. ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢もっとも楽と思える姿勢をとる。仰向けになって膝を曲げると良いのは慢性腰痛であり、全てに有効なわけであらず。
  11. 今後も安静が必要なの?レントゲンの画像所見を医学知識を持たぬ患者様にお見せしても余計に困惑するだけなので止めた方が良い
  12. ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつけるぎっくり腰には安静が良く、慢性腰痛のような血行障害では過度な安静は危険、
  13. 椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い初期の炎症が治まるまでは安静にすることが良いが整体を受けて動けるようになることが多い
  14. 安静にしても腰が痛い安静という意味を間違えていることはとても多い。動かないことや、寝れば安静だと考えるが、心身共に休んでいる状態にならないと安静とは言えない・
  15. ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう体だけ楽な体位をとっても心がリラックスしていないと腰の痛みが治まらない。
  16. ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方欧米では2日間以上の安静には効果がないという意見もあるが、どうやらアメリカの保険事情が背景にあり、商業主義的な医師達の早期通院を狙った考えに基づいている。
  17. ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方安静は二日までだって・・・無茶を言わないで。原因が筋肉で、尚且つ痛みが緩和した場合だけに限定される理論だよ。
  18. ぎっくり腰になると何日ぐらい休む?理想は2週間休みたい。だけど多くは1週間ぐらいにとどめる。理解が得られない職場では3日休んで働く人もいる。
  19. aaa安静が腰痛を招く安静に動かずに過ごしていると次第に体の組織が硬くなって腰痛に陥りやすくなる
  20. aa腰痛治療における安静とは安静とは日常生活における最低限の行動に留めること
  21. aa安静の間違い、体位への囚われ安静とは力を抜くこと
  22. aaきっかけの無い腰痛は安静で悪化する炎症性の腰痛は安静に寝ていることで痛みが治まるが、そうではないきっかけの無いものは寝ていても治癒は得られない。
  23. aaぎっくり腰では可能な限り力を抜くこと力を入れると楽になったような気がするけど痛みが何倍にもなる。
  24. aぎっくり腰では仰向けになることが良い。仰向けは床面との接触面が最も広いから。

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

ぎっくり腰の安静

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰は放っておいて大丈夫?

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

ぎっくり腰は痛みに囚われないこと

ぎっくり腰は寝るだけでは痛みの緩和に時間が掛る

腰痛が悪化するのは体位の間違い

ぎっくり腰で寝て過ごすときの姿勢

今後も安静が必要なの?

ぎっくり腰や腰痛は過度な対応に気をつける

椎間板の炎症のぎっくり腰は安静が良い

安静にしても腰が痛い

ぎっくり腰のときは心身両面に着目しよう

ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方

ぎっくり腰の復帰までの期間の考え方

ぎっくり腰になると何日ぐらい休む?

aaa安静が腰痛を招く

aa腰痛治療における安静とは

aa安静の間違い、体位への囚われ

aaきっかけの無い腰痛は安静で悪化する

aaぎっくり腰では可能な限り力を抜くこと

aぎっくり腰では仰向けになることが良い。

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)