ぎっくり腰専門ユークル整体院

椎間関節炎による腰痛

腰を反らす動作

著作者:
mateus,

椎間関節炎による腰痛は主に腰を反らす動作で腰に痛みを来たすもの。若い人では不意に腰を動かす動作やスポーツなどの無理な動作で生じることが多い。椎間関節は背骨の後方にあり、椎間関節の関節包や関節軟骨などを損傷することから通称でギックリ腰関節とも呼ばれるほど。腰部脊柱管狭窄症や腰椎分離すべり症と異なり下肢症状は来たさない。若者ではそれなりに強いキッカケで発生し、腰部に抵抗を加えない状態で腰椎に強い反動が生じることで損傷が発生する。中高年では腰椎椎間板症などの腰部の経年劣化に伴うものであり椎間板が劣化で潰れてペシャンコになることで腰部の後方支柱の過重圧力が少なくなり、椎間関節の関節軟骨が呼吸不全を起こして脆弱化するため、関節軟骨が次第に損なわれる。機械ストレスに対抗するために椎間関節部分で骨肥大が生じると摩擦などのストレスが余計に大きくなり痛みのスパイラルが始まってしまう。腸腰筋・大腿四頭筋・腹筋のストレッチが短期的には有効であり、長期的にはこれらの筋力アップを図ることが根本対策となりうる。

※スポンサーCM

腰を反らす動作で腰に痛みが走る。不意の動作で発生するなら椎間関節炎かも・・・

もしも、スポーツなどで不意に腰を反らした瞬間に腰にピキンと痛みが走ったというケースでは多くの場合で椎間関節炎というものを患っていることがあります。もちろん例外はあるでしょう。しかし、発生確率から推測するとそれはやはりその可能性がとても高いと言えます。

椎間関節は背骨の後方にある

ではこの椎間関節とはどこにあるのか?これは以下の部位になります。
椎間関節

図は腰椎を右側面から見た図です。左側にある棘突起が皆様の腰を後ろから触ったときの背骨のど真ん中にあるゴツゴツした部分です。向かって右側が椎体と呼ばれるものです。赤丸で囲まれた上位の腰椎と、下位の腰椎のつなぎ目のところのことを椎間関節と呼びます。通称でギックリ腰関節などという呼び方をする文献もあります。

椎間関節炎に衝撃、牽引、ねじれなどが加わって関節包関節軟骨を損傷する。

では次に椎間関節炎についての説明ですが、椎間関節の図をご覧になってください。

椎間関節の関節包椎間関節は上位の背骨の下関節突起と下位の背骨の上関節突起というもので構成されるわけですが、関節の部分は図のような関節包と呼ばれる繊維状の袋がついております。そして袋の中には潤滑剤の滑液という液体を内部に備えております。主に損傷を受けるのはこの関節包の付着部、そして骨と骨が接合する関節面が損傷を受けます。

これらを障害するきっかけとなるのは例えば関節面に対して大きな衝撃力・激突するような力が加わることが影響することもあります。

椎間関節の衝突関節面同士が強い力でゴチンとぶつかることで炎症を発することもある。また押し付けるような力でギリギリと障害されて炎症を発することもある。前者は若い方のスポーツ動作などで多く、後者は高齢者など慢性腰痛を持っている患者に見られることが多い。

椎間関節の突起の炎症ゴチンとぶつかった関節面が腫れている図

また、ゴルフだったり腰を強くひねる動作をしたり腰を不意に屈める動作をすることで関節包が急激に引っ張られて腰を悪くすることもあります。

腰に痛みはあるが下肢症状は来たさない

※スポンサーCM

腰を反らして痛みが出るものには高齢者に代表する腰部脊柱管狭窄症と呼ばれる疾患だったり、腰椎分離症などの疾患がありますが、基本的にこれらの症状で見られる足の痛みや痺れ、冷え、足のコリなどの下肢症状(下半身のベルトライン以下の部分のこと)は来たしません。

下肢に分布する神経は一切障害せず腰だけに痛みを来たします。もちろん腰部脊柱管狭窄症や腰椎分離症も症状の度合いが軽ければ腰にだけ痛みを来たして下肢症状はきたしません。

若者の発生のきっかけではそれなりに強い力がキッカケとなる。

椎間関節炎は高齢者で発生するものと異なり若者に発生するものではきっかけとしてそれなりに強い力が腰部に加わって発生することが多いです。あくまでも日常動作の範囲のことをしているのでしたらそこまで腰を患うことはありません。立ちあがったり、深呼吸をするぐらいのわずかな腰を反らす動作で生じることはまずないといってもよいでしょう。例えばスポーツの場面で言えばバレーでスパイクを打つときなども強く腰を反らしますが、このような非日常的な範囲の強い腰を反らす動作で椎間関節に炎症を起こすことがあります。

バレーのスパイク

重たいものを持上げるときの腰を反らす動作では抵抗が加わるため腰を悪くすることは少ない

また、意外に思えることかもしれませんが、重たいものを持上げるときなどでも腰を反るはずですが、このときに1回の持上げる動作によってこのタイプのぎっくり腰を起こすことは少ないです。(正し高齢者の場合は例外)

重たいものを持上げる動作

皆様も振り返っていただくと良くお分かりいただけると思いますがアルバイト中などに腰を痛めたケースなどでは例えばイスをテーブルの上に載せようと持上げた瞬間に腰を痛めてしまうこともあると思いますが、イスの重量はせいぜい1~2KGグラム程度のはずです。これぐらいの負荷重量のものの方が腰を痛めてしまうのです。これは私自身のデッドリフト(床に置かれたバーベルを腰の高さまで持上げるトレーニング)の経験でもそうですが、重たいものを持上げるときには持上げた状態を保持するために前方荷重になったバランスをとり、必然的に腰を反らすため、重量物が腰部の動きに抵抗を与えて腰の関節に加わる過度な負担を抵抗が抑えてくれます。抵抗が加わるから腰を悪くすると思いがちですがそれは逆で、抵抗があるから強い反動を防止してくれるのです。例を挙げますと車のタイヤは地面に接しているから抵抗が加わって壊れることなく回転を続けることができます。ところが空中に浮かせて無抵抗の状態でフル回転させますと遠心力によって次第に引き裂かれて爆裂します。抵抗が加わるから体を壊してしまうという部分も確かにあるのですが、抵抗が有るから体を守ってくれている部分もあるのです。

ただし、何回も動作を反復していれば少しずつダメージが蓄積して椎間関節がやがてダメージの蓄積によって腫れてきますので重たいものを持上げても腰を痛めることはあります。当然のことですが、もともと椎間関節に無理を強いる日常生活を過ごしていれば咄嗟に腰を反らしたときにそれまでのダメージが堰を切るように一挙に表面化することもあります。また、筋肉痛のようなタイプのぎっくり腰や腰痛の場合は重たい荷物を持上げた翌日~2日後ぐらいに遅れて痛みを来たすことがありますがこの場合は椎間関節とは言えません。あくまでも1回の持上げ動作で腰を痛めるとしたらある程度腰部の動作に抵抗を与えるぐらいの重量であるほうがぎっくり腰の発生が少なくなることは間違いのない事実です。

だからこそ椎間関節炎によるぎっくり腰のようなものはどちらかと言うとスポーツ選手のような腰部の動作に抵抗を掛けない状態で思いっきり腰を反らしてスパイクを打つ動作や思いっきり腰を反らすリンボーダンスのような体勢になったときに腰を痛めてしまうのです。日常生活でも突然猫が飛び出してきて驚いて腰を強く反らしたときなどに椎間関節を痛めることがあります。

高齢者の椎間関節炎は椎間関節に加わる繰り返しのダメージや腰部椎間板症などの背骨の経年劣化が背景にある。

次に、若者の椎間関節炎では無くて高齢者に見られる椎間関節炎についてお話させていただきたいと思います。若者の場合はどちらかと言うと腰部に抵抗を加えていない状況下で無理な腰を反らす動作で発生する椎間関節炎ですが、高齢者の場合ですとそういった発生の仕組みではなく繰り返し加わるダメージによって引き起こされることが多いです。また、腰部椎間板症などの背骨の経年劣化が背景にあることが多いです。

正常な腰椎では前方支柱と後方支柱の荷重配分が7:3となる。

以下の図は正常な腰椎を横から見た図です。

腰椎の前方凸の配列正常な腰椎は横から見たときに十分な椎間板の厚みを持っており、腰椎は前方凸の配列をします。このときに前方支柱である椎体と椎間板、そして後方支柱である椎間関節には前後で7:3の比率で荷重を受け止めていると言われております。この7:3の配分で荷重を受け止めていることが背骨の理想的な荷重配分となるのです。

腰部椎間板症を患うと前方支柱の荷重配分が増える、後方支柱に荷重が乗らないため椎間関節が呼吸不全を起こす。

※スポンサーCM

ところが高齢者など腰部椎間板症を患っている患者では背骨の配列が大きく変化します。

腰部椎間板症の後方凸の腰部中高年者の背骨の配列の図。腰部椎間板症を患っていると椎間板が経年劣化で潰れてペッタンコになる。すると腰椎の前方が潰れた椎間板の分だけ椎体間の距離が狭まり、腰椎全体が稲穂のように後方凸の配列になります。

後方凸になりますと前方支柱と後方支柱の荷重配分は前方に大きく偏るはずです。後方にほとんど体重が乗らなくなることはすぐお分かりいただけることでしょう。

すると椎間関節の上関節突起と下関節突起の関節面がしっかりとかみ合わなくなります。

関節面には関節軟骨が敷き詰められているのですが関節面に体重が加わらなくなりますと、関節軟骨は関節に加わる接触圧の圧力変化によって滑液の中の栄養素を吸収して呼吸をして代謝を行っておりますので、圧力変化が失われてしまうと関節軟骨が呼吸不全を起こしてしまい極端に脆くなってしまうのです。脆くなった関節軟骨に負担が加わることで結果的に関節軟骨が剥離したり、関節炎を起こしたり、失われた関節軟骨によって関節に加わる衝撃を緩和できなくなるため骨に直でダメージが加わってしまうわけです。すると高齢者では椎間関節に骨肥大が起こってしまい肥大した部分が摩擦を生じさせて慢性的に椎間関節炎を引き起こす結果となるのです。

椎間関節症の老人椎間関節に骨肥大が生じた図、骨は過剰な摩擦やダメージが加わり続けるとその部位を保護するために骨が発達して肥大をおこす。肥大すると余計に摩擦や圧迫ストレスが増えるためさらに痛みが続く。このような痛みのスパイラルが起こることで痛みが慢性化することになる。

治療方法①衝突型:杖に寄りかかることで急性期の炎症が治まるのを待つ

では仮に若者のゴチンと骨同士がぶつかって腫れてしまうような衝突型タイプの椎間関節炎をおこしてしまったケースではどうするべきなのかと申しますと衝突した骨がしばらく炎症を続けますので出来る限り必要に駆られて動くときには腰を丸めるようにして杖に寄りかかって過ごしていただきますと腰にストレスが加わることなく治癒が早まります。近年では炎症が合っても冷やさないことが良いとされておりますのでそのまま安静にして寝て過ごしていただければ徐々に改善して行きます。

②牽引型・ツイスト型:腰部コルセットで胴体をまっすぐに保つ

次に椎間関節の関節包から由来する炎症を生じてしまったときにはどうしたら良いのかと申しますと腰を屈める動作で関節包に引き抜かれるような外力が加わって炎症を生じてしまっておりますので①のように杖に寄りかかるように腰を屈めると余計に痛みが増します。したがって胴体をまっすぐに保つべく腰部コルセットで胴体をまっすぐに保つことが良いでしょう。どうしても痛いのが嫌だという方には腰部だけでなく胴体の骨盤から胸の高さまで覆えるような大判型のコルセットが病院などで特注することができますのでそういったものをもちいることも良いでしょう。ちなみに大判型コルセットのことをテイラー型装具(Taylor brace)などと呼びます。一般的に椎間関節炎で用いることはありません。

③大腿四頭筋・腸腰筋・腹筋のストレッチが有効となる。

また、こういったタイプのぎっくり腰を患ってしまったときに特に有効となるのは大腿四頭筋や腸腰筋のストレッチになります。大腿四頭筋や腸腰筋に関してはこれまで何度も別のページでお話しましたのでここでは詳しく触れません。簡単に言うと以下の図のようなストレッチが有効になるのですが、出来るだけ腰椎の炎症部分を刺激しないように腰の随伴運動を抑えた状態で行うことがポイントになりその方法に関しては具体的な方法は専門家をご利用していただきたいと思います。

ちなみに腰部の痛みが無い方のやり方を示したのが以下の図です。

腸腰筋ストレッチ腸腰筋をストレッチする図

腹筋ストレッチ腹筋をストレッチする図

大腿四頭筋ストレッチ大腿四頭筋をストレッチする図

これらの筋肉をストレッチすると腰を反らしたときの痛みは随分と軽減します。痛みの強い急性期に用いてもある程度なら痛みも軽減します。具体的な方法に関してはそれぞれのページをご覧になってください。またしつこいようですが腰椎の随伴運動を伴う方法を用いますと患部を刺激して余計に痛みが強くなります。上記の方法は全て腰を痛くする方法ですから気をつけてください。ちなみに腹筋も椎間関節にストレスを与えずにストレッチする方法がありますがここでは御伝えしません。また別の機会にご説明したいと思います。

後はこれらの3つの筋肉を筋トレしていただくことで筋肉量を増加させるなど発生の背景となる要因を継続的に対策して行くことができれば根本的な治療となることでしょう。

腰痛と背骨の構造的要因

結論:腰痛の9割は第四・第五腰椎の間で起こる

後縦靭帯の損傷は体幹前屈によって起こる

腰椎で最も損傷しやすい箇所

腰痛と椎間関節

結論:腰を反らして痛める

椎間関節炎による腰痛

椎間関節炎による腰痛はほんの僅かにも動けないほど痛い

腰痛と関節軟骨関節症

結論:グルコサミンでは治らない。軟骨は運動で強くなる。

軟骨組織とぎっくり腰

腰痛と軟部組織障害

結論:痛めた靭帯は受傷直後しかくっつかない

ぎっくり腰で靭帯損傷とは?

靭帯損傷によるぎっくり腰の最大の特徴

棘上靭帯炎による腰痛

腰椎分離症・すべり症

結論:子供が腰痛になったらまず疑う。発症したらスポーツを休ませる。

腰骨のズキッとしたズレと、ヌルっとしたズレは?

背骨の構造

結論:背骨の構造の変化は腰痛の原因ではない

腰椎

拮抗筋の役割と胸椎との関係

腰椎の前方と後方への動き

背骨の変形

結論:変形自体は腰痛には関係しない。

ぎっくり腰で変形性脊椎症は?

ぎっくり腰とヒンジの歪み

腰痛と骨盤

ぎっくり腰で腸骨が痛くなる理由は?

ヤコビー線

子育て中のぎっくり腰は骨盤筋をほぐそう

腰椎捻挫と骨盤の水平回旋。

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

持上げ動作

力学

筋肉

内科

骨格

その他

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開