慢性腰痛とタバコ・お酒の関係について

慢性腰痛患者の多くはタバコやお酒などの嗜好品を日常的にたしなんでおり、日常の辛さを紛らわすために依存症に陥っていることが多い、依存症はよほどの強い意志を持っていても中々止めることができず、そもそも依存症患者(病人)であると自覚しておらぬことも多い。飲酒や喫煙を止めるだけで完治する慢性腰痛もある。日常の精神ストレスが脳の下降抑制システムによる疼痛コントロールを障害し、非器質性腰痛をもたらす。その辛さから逃れるために嗜好品などの依存症に陥るため、負の連鎖から脱却するためには1本・1合でも減らすことが求められる。おすすめはニコチンフリーの嗜好品やハーブ

※スポンサーCM

慢性腰痛患者には必ず嗜好品がある。

現実逃避

写真著作者:Joey L.

『私だって・・主婦としてこんなにも頑張っているのよ・・・なんで理解してくれないの・・・』

辛いことが起こると無意識に換気扇を回しシュポッとタバコに火をつける。タバコは体に悪いというけれど止めることができない・・・

慢性腰痛を訴える患者様はかなり多くの確率でお酒やタバコなどの嗜好品を日頃からたしなまれております。これらのものは気分を紛らわしてくれるので多くの方から愛好されてはおりますが、その一方で健康な体を蝕んでしまうと真っ向から否定される方もおられます。

嗜好品が原因で腰痛を引き起こしていることはとても多い

こういった日頃から愛用されている嗜好品が実は慢性腰痛の引き金となっていることを皆様はご存知でしょうか?当然のことですが、タバコは血行を悪くしますし、血管がタールやニコチンによって収縮すれば脳梗塞や心筋梗塞などのリスクにもつながります。タバコの有害性について近年では学校教育などでも義務化されておりますのでインターネットを使う世代の方でしたらほとんどの方がそのことをすでにご存知のはずでしょう。

タバコやアルコールが慢性腰痛の直接のきっかけとなりうる

※スポンサーCM

これらのタバコやアルコールなどの嗜好品とはやはり慢性腰痛の直接的な原因となりえます。まずタバコは血行障害など腰部の血流を悪くしますし、体の神経の活性と休息を司る自律神経の働きを失調させてしまいます。

また、アルコールに関しましては過度に飲みすぎることで肥満症にもつながりますし、神経系の細胞の働きを悪くし神経細胞や脳細胞を溶かして(萎縮)しまいます。これらが腰の痛みの神経のコントロールを悪くします。またアルコールは飲むことで食事のバランスを崩したり、酔っ払うことで日常における体調管理などの自己管理を怠ってしまう間接的な原因ともなります。

こういった様々なことが慢性腰痛の引き金になってしまうことはやはりあるのです。

学校教育で特に熱心に訴えたのが依存性

思い返していただきますと、学校教育の現場では特に皆様に何を訴えていたのかというとタバコやお酒が体に悪いとか副流煙が周囲の健康をも害するということはもちろんのことですが、それ以上に熱心に皆様に訴えていたことは依存性についてではございませんでしょうか?

依存性とは一種の麻薬中毒者のように一度手を出したら止められなくなってしまう状態を意味します。飲まずにいると次第に正気を保っていられなくなり、手が震えだしてしまったり、どうにも心が落ち着かなくなってしまったり、感情のコントロールが上手く行かなくなってしまったりそういった感情に陥るので再び苦しみから逃れるために手を出してしまう。そしてそれから逃げられなくなってしまうのです。

依存性のあるものに手を出すと誰だって止められなくなる

こういった依存性のある嗜好品とはどれほど意思の強い方であってもやはり一旦手を出してしまうと止められなくなってしまう可能性が高いです。タバコなどは現在では1箱500円近くしますが今から20年前でしたら1箱200円未満で入手できるほど手軽なものでした。ところが倍以上に値上げしてしまい、毎日タバコをやめて、1年我慢すればリッチに外国旅行に行けるぐらい値段が高くなっても一旦手を出されてしまった方は止めることはできません。止められ無い理由としてはやはりニコチンやアルコール依存症から抜け出すための強い目的意識がないこともありますが、やはりそれだけ依存性とは強烈な魔力を持っているのです。

ところが病人であると自覚していることは少ない

ところが皆様の中では自分自身がタバコの依存症患者であると自覚されておりますでしょうか?お酒の依存症患者であると自覚をされておりますでしょうか?毒物を摂取しなくては生きて行くことのできない病的心理に基づく行動をとっていることを自覚できておりますでしょうか?そうです。貴方は病人でもあるのです。

タバコやお酒を止めると慢性腰痛が治ることは多い

信じられぬことかもしれませんが、依存症で、なおかつ慢性腰痛を合併されている方で、タバコやお酒を止めたら慢性腰痛が完治したという方は大勢おられます

皆様の中で
『本当か!?』
と疑問に思った方でも一度試していただくと本当に治ってしまうことがありますので実践してみていただけると良いでしょう。きっと周囲の方々も皆様の取り組みを応援してくださるはずです。

かつてニコチン依存症患者だった頃を振り返ってみて

偉そうなことを言いますが、実はいうと私自身が今から4年前ぐらいまで重度のニコチン依存症患者でした。毎日タバコを何十本も吸い、何か辛いことがあると理由をつけてタバコを吸い続けておりました。しかし、ある日をキッカケにタバコを止める決意をしてそのまま4年ほど持ちこたえております。その頃を振り返ってみてなぜ自分がニコチン依存症から脱却できたのかについてお話させていただきたいと思います。

タバコから脱却できた理由①時間の浪費

※スポンサーCM

私がタバコを止めるべきだと思った一番のきっかけはお金がもったいないとか健康がどうだとかいうことではなくやはり一番大きかったのが時間の浪費です。喫煙者の方は良くご存知だと思いますが、タバコとは1本に火をつけて吸い終えるまでには概ね3~5分ほどを費やします。

喫煙者は年間60万円の生産性を奪われている。

仮に1日20本吸いますと5×20で毎日100分の時間を浪費することになります。例えばこの100分をもしアルバイトをしたり、別のことに費やしたらどれほどの生産性につながりますでしょうか?無駄に過ごしている時間がどれほど生産性を奪っているのかを考えると時給1000円だと換算しても毎日1500円以上になります。365日で60万円近くの損失になります。

これだけの生産性が日々損失していれば仕事や家庭生活に支障を来たしてしまったり、不満足な結果になってしまったとしても無理はありませんよね。

慢性腰痛患者は日常の満足度が低いため嗜好品に走り負の連鎖に陥る

慢性腰痛患者の多くの方はやはり仕事や家庭生活に不満をお持ちになられているケースが多く、そのストレスから逃れるためにこういった嗜好品をたしなまれることがほとんどです。しかし、そういった嗜好品が私達の生産性を奪ってしまいますのでより仕事や家庭生活に不満を抱くようになり負の連鎖となります。

負の連鎖が非器質性腰痛の原因である下降抑制を障害し、痛みから逃れなくさせる。

こういった負の連鎖が続いて行きますと、次第に精神に変調を来たすようになります。この変調がうつ病や異常な脳の興奮状態などを導いてしまいます。すると脳で痛みの度合いをコントロールする下降抑制というシステムが機能しなくなり、本来ならば感じないはずの痛みに囚われてしまったり、脳のコントロールが上手くゆかず痛みを調整できなくなってしまうのです。これが慢性腰痛の一つである非器質性腰痛の直接的な原因となりうるのです。

負の連鎖を断ち切るためには嗜好品を変える必要がある。

ではどうしたらこういった負の連鎖から逃れられるのかと申しますと慢性腰痛だけを治そうと思っても無理があります。毎日ウォーキングをしたり人によっては食事制限をしたり、筋力トレーニングをしたりと多くの方が挫折を味わってきたはずでしょう。やはり皆様の日常のこういった身近な嗜好品による依存症の改善から着手し、精神の安定化を図れるようにすることが大切であると言えます。

もちろん日常でタバコやお酒の依存症に陥っている方がいきなり完全に禁煙したりお酒を止めることは難しいです。まずは1本・お酒なら1合でも減らしていただくことが依存症から脱却するため必要であると言えるはずです。

オススメするものはニコチンフリーの嗅ぎタバコ

ここで皆様にオススメするのがニコチンフリー(0mg)の嗅ぎタバコです。

こういったニコチンフリーのタバコなどをたしなんでいただければ体に無害で楽しむことができるはずでしょう。

嗅ぎタバコはこういった手首のくぼみのスナッフボックスというところにタバコを入れて鼻から香りを楽しんでいただいたり吸引することで一味変わったタバコの楽しみ方を味わうことができるはずです。

スナッフボックス手首のくぼみのスナッフボックスの図

喫煙できるハーブ(ニコチン0)も良い

また、日常のタバコライフと一味変わった楽しみ方という点ではハーブなどを用いた喫煙できるハーブなども良いです。たまには火をつけて煙を吸って楽しみたいという方にはニコチンが使われておりませんので有害物質が肺に入らず健康を損なう心配はありません。

要するにはタバコやお酒以外の楽しみを他で見つけていただき、最終的に1本・1合でも依存量を少なくすれば次第に慢性腰痛などの改善にもつながるといえるのです。

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)