長すぎる休憩はぎっくり腰の原因となる

結論:休みすぎは、温まった体が冷えて、腰を痛めやすい。

※スポンサーCM

ぎっくり腰を防止するためには体がつかれて筋肉がカチカチにならないように休憩をしっかりとりながら肉体労働をすることが良いとされます。ところでこの休憩ですが確かに休むことで疲労が回復すると筋肉の疲れは取れてぎっくり腰の発生を減らすのには有効に思えます。しかし、休憩を取りすぎても返ってぎっくり腰の発生リスクを高めてしまうこともあるのです。どうして休憩を取りすぎると良くないのか?それは体を動かしているときには体温が上昇します。平常の体温よりも少し高いぐらいがぎっくり腰を防止するのには有効。ところが休憩を挟みすぎてしまうとせっかく上昇した体温がスッカリ下がって冷えてしまうんですね。また、運動によって汗を欠くと気化熱によって急激に体温が低下します。この冷えによって体が固まることでぎっくり腰の発生が増えてしまうわけです。長すぎる休憩はぎっくり腰の原因となりますので息を整えたり腰を反らしたりと簡単な体操に留めて、体温が冷えないぐらいの休憩で作業に復帰して一挙に片付けてしまう方が効率的で安全です。余りにも長時間に及ぶ作業の場合は作業時間を複数日程に分散することも必要です。

※スポンサーCM

緩和処置:慢性期

結論:体の抵抗力をつける

  1. 血中酸素濃度を上げると腰痛が治る血液中の酸素が不足すると組織が上手く働かないため痛みを起こす。
  2. 痛みを和らげる方法受傷三週間後のウォーキングによって痛みが和らぐことがある。
  3. 施術ぎっくり腰では罹患した患部にゆっくりと刺激を送り込むことが必要
  4. 脊髄に伝わる痛みの緩和法頭蓋骨療法といい、頭に触覚・圧覚・振動覚・温覚など様々な刺激を与えることで脊髄の刺激を紛らわす方法
  5. 座面療法腰椎の自然な前彎曲を復元する
  6. 牽引療法下半身や上半身の圧迫を取り除くことで患部の治癒を促進し、神経の腫れをとる作用が期待できる
  7. どういったことに注意して施術するの?リズムについて①刺激は単調だと虚無を感じるようになる。②感覚刺激とは電気信号である。③電気信号の発生にはエネルギーを使う、④エネルギーを枯渇させぬように断続的にインパルスを発生させる。⑤沢山の部位を何度も行き来することで受容器に暇を与えてエネルギーを再充填させる。
  8. バランスを見極めた調整が必要腰痛の治療では闇雲に腰や背中をマッサージするのではなく患者それぞれの体のバランスの偏っているところを見極めて偏りを調整する方向に治療をすることが必要となる。
  9. 神経の調整法神経系は与える刺激が少なすぎると過敏に刺激を感じるようになる
  10. MSS療法腸腰筋の本来のテンションを取り戻すことで腰の負担を軽減する。
  11. 腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきことずっと体を起こしていると体重圧力によって背骨の椎間板が水分が抜けてペッタンコになる。すると背中が丸くなって腰の筋肉が過剰に働く。出来るだけ小まめに体を依りかけたり、体重負担を緩和することで椎間板を重力から開放して膨らましてあげることが良い。
  12. ぎっくり腰は痛くない範囲で動くある程度動かしていると体がほぐれて動きやすくなる
  13. aaa腰痛治療における呼吸法の意味合い腰痛の治療では呼吸の操作はリラックスや治療家とのコミュニケーションを円滑にする目的がある
  14. 年頃の男性がぎっくり腰になったときの注意点自慰は控えめにすること。
  15. a脳内モルヒネで慢性腰痛を改善しよう運動にネガティブな感情を抱くと脳内モルヒネの分泌が妨げられて体を動かしたときの苦痛が大きくなる。
  16. 慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント一定期間続けて効果がなければ漫然と続けないこと
  17. 慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法靴紐を結びなおすようにしゃがみ込んで腰を丸くする
  18. aaa腰痛の根本療法と対処療法について両者の治療法は平行するべき
  19. a苦労せず地道に自分で治せる方法寝具を工夫することが最も楽
  20. aa下行性疼痛抑制系で腰痛を撃退笑いには痛みを軽減する作用がある。
  21. aぎっくり腰移動ぎっくり腰中は無闇に動かないことが大原則、折りたたみ杖を使ってタクシーなどを利用することが良い
  22. a長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる運動をしているときには体温が上昇します。途中で辛くなって休憩をするとその間に体温が冷えてぎっくり腰を起こしやすくなりますので息が整うぐらいの短時間の休憩が良いでしょう。
  23. a腰痛の治療では活動性を高める作業的にならず楽しみながら活動性を高めることを心がけると苦痛なく腰痛を改善できる。
  24. aaa腰痛治療の自己体温管理法有酸素運動で体温を上昇させて暖かく、尚且つ減量効果で腰の負担を減らせる。
  25. 腰痛の腰周りの緊張の対処法腰の硬直が続くときには治癒を妨げるため、関節に遊びを作ると良い。
  26. なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?丸くなった腰椎を補正できるから。
  27. 関節の負担を軽減してぎっくり腰を緩和するには?関節をサポーターで保温する。
慢性期ケア関連

慢性期ケア関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

緩和処置:慢性期

温熱療法

お風呂の腰痛治療効果

お風呂の弊害

入浴で気をつけること

慢性腰痛ケア

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

神経の調整法

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

腰痛治療における呼吸法の意味合い

年頃の男性がぎっくり腰になったときの注意点

脳内モルヒネで慢性腰痛を改善しよう

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

腰痛の根本療法と対処療法について

苦労せず地道に自分で治せる方法

下行性疼痛抑制系で腰痛を撃退

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

腰痛の治療では活動性を高める

腰痛治療の自己体温管理法

腰痛の腰周りの緊張の対処法

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

関節の負担を軽減してぎっくり腰を緩和するには?

慢性期ケア関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

緩和処置:慢性期

温熱療法

お風呂の腰痛治療効果

お風呂の弊害

入浴で気をつけること

慢性腰痛ケア

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)