腰痛にバストバンドは?

ぎっくり腰にバストバンドを用いても良いができれば専用のギックリ腰バンドを使いましょう。

※スポンサーCM

さて、今回のご質問は腰痛になってしまったのですが、通常のぎっくり腰用のゴムバンドやコルセットなどではなくて、バストバンドを用いてみるのかどうなのか?というご相談になります。おそらくはかつて肋骨を骨折したり、腰の比較的高い部分のぎっくり腰を経験されたり、とすでに所持しているものがあるのではないかと推察されます。

A、痛いところに巻くのが基本になります。装着して不快感がなく痛みが軽減されれば良いでしょう。

では回答になりますが、コルセットとは基本的には痛みの強いところに巻き付けるものです。したがいまして、バスト用だからとかヒップ用だからとか、ウェスト用だからという分け隔てなく痛みが強い場所に装着していただき、結果的に痛みが治まり、尚且つ違和感などがなければ問題は無いものだと思います。

個人差が大きいためサイズが合わないことがある。

実際の装着するときの問題点はいくつかあってあくまでも肋骨や胸郭、胸椎など比較的背骨の高い部位の痛みに対応するための装具がバストバンドになるのですが、女性の胸のふくよかな方や、男性でも胸が皮下脂肪で大きい方など個人差の最も現れる場所ですので胸用のものを腰に巻いたときにキツキツで締め付けすぎてしまうこともありますし、逆にユルユルになってしまうことなどもございますのでやはり専用のものを購入していただくことが一番おすすめできます。

※スポンサーCM

ぎっくり腰の90%には骨盤コルセットが期待できる。

骨盤位置に巻き付けるようなタイプのものもあります。ぎっくり腰の90%は骨盤と腰椎の境目付近で生じるものとなりますので大方はそういったもので対処可能です。比較的高い位置の肋骨に掛かるような高位のぎっくり腰には表題の通りのバストバンドを用いていただければ充分な効果が期待できます。

初めてぎっくり腰になった人以外は専用のものを購入しましょう。

こういった類似した道具で、腰の痛みの補助を代償することは安全性を考慮したときにどうしても『腰に良い』とは断言することはできません。やはりその部位に適合したものを用いていただくことが良いといわざるを得ません。しかし、初めてぎっくり腰になってしまった方の場合ですと、その後再発しない可能性もございます。多くの方のぎっくり腰発生頻度は1生に1回程度です。ですから臨時に購入するのがもったいないと思えてしまうかもしれませんのでそういった初回の様子をみるときだけ別のもので代用していただき、2回目以降はきちんとしたものを購入なさっていただくことが良いと言えます。初めて以外の人はできるだけ購入した方が無難でしょう。

※スポンサーCM

コルセット以外の固定法

結論:少々の出費を惜しまない。
それよりも専用のサポーターを買う方が間違いない。

  1. 腰痛のときのサラシの長さあくまでも体感を参考にする。
  2. 農作業の腰痛防止のサポーターは?防止にはサポートウェア。
  3. 腰痛にバストバンドは?胸部固定用のバストバンドでもサイズさえ合えば用いても良いができれば専用の腰バンドを使いましょう。
  4. コルセットと包帯の違い両者にはメリットとデメリットがある。コルセットはライン生産しているためコストパフォーマンスに優れるが、腰以外には用いることができない。
  5. リスクを高める帯和服女性は日ごろから帯によってお腹を締めているために腹圧が落ちて腰を痛めやすい。生理的な彎曲を筋力で意識的に作ることがぎっくり腰防止に必要
  6. 腰痛にバストバンドは?比較的腰の高い位置痛みに有効、圧迫刺激によるゲートコントロールによるもの。②猫背を矯正するには頭部をうつむけず手の位置を高くする。③狭い場所は足のスタンスが狭くなり持ち上げるときの移動距離が長くなりリスクが増える。
  7. 腰部固定でコルセットとサラシの判断は?コルセットの購入について。どうしてもお金が勿体無い方はサラシを用いても良いが、繰り返して発生するリスクがあるならば早めに良いものを購入したほうが良い。
  8. コルセットの代わりに包帯を用いるのは?包帯の圧迫感が痛みを緩和させる。血行障害に気をつける。
  9. 予防効果の高い腹巻とても腰部のケアに良いのが腹巻、保温性が高い
  10. 腹巻と腰痛腰痛対策にだれもが積極的に扱うべきものが腹巻
  11. 腰痛にサラシは?治療院などで巻いてもらうのは良い。ただし、巻き方の知らない方がまくと血流を妨げてアザが出来たり、紫色に変色したり、危険なのでおすすめはしない。
  12. 腰を動かないようにギブスで固定すれば腰痛はおこらないか?完全に動かないようにし、固定すると血流が障害されて余計に腰痛が酷くなる。

コルセット関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

基本事項

装着期間

過信

弊害

その他

コルセット以外の固定

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

コルセット以外の固定法

結論:少々の出費を惜しまない。
それよりも専用のサポーターを買う方が間違いない。

腰痛のときのサラシの長さ

農作業の腰痛防止のサポーターは?

腰痛にバストバンドは?

コルセットと包帯の違い

リスクを高める帯

腰痛にバストバンドは?

腰部固定でコルセットとサラシの判断は?

コルセットの代わりに包帯を用いるのは?

予防効果の高い腹巻

腹巻と腰痛

腰痛にサラシは?

腰を動かないようにギブスで固定すれば腰痛はおこらないか?

コルセット関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

基本事項

装着期間

過信

弊害

その他

コルセット以外の固定

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)