荘A[NX̉@

しゃがむ動作で腰を温存する

結論:膝を使わない人ほど、腰に負担をためている。

※スポンサーCM

老後になってから患うぎっくり腰は若いうちの何倍も厄介です。若いうちのぎっくり腰はせいぜい1週間ぐらい寝ていればそこそこ痛みは鎮まって不自由なく仕事にも復帰できます。ところが老後に患うぎっくり腰はとてもしぶといです。チクチク腰を刺激して、直ったと思ってもしつこくチクチクと腰をしぶとく患い続けます。こういった高齢者のぎっくり腰は若い頃からの腰の酷使によるものであり、腰を大切に用いている方ほど腰部の軟骨が沢山温存されているため高齢になっても足腰が元気でいられます。では腰を大切に用いて腰の組織を老後にも十分に温存するためにはどうしたら良いのか?それは出来るだけ腰を深く曲げ伸ばししたりせずに可能な限り膝と腰を連動して動かすことが求められます。難しい仕組みはここでは触れませんが端的に言えば膝を沢山使うほど腰の負担を軽減できるように出来ております。例えば身を低くするときに腰を曲げて低い姿勢を取ろうとするのではなく、膝を曲げて重心ごと高さを変化させると腰骨の劣化は起こりません。高齢者になっても元気な腰でぎっくり腰に陥らないためには若いころからしっかりと膝を使うことが大切でしょう。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

動作経済4原則について

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

使用度の低い部分を意識する必要性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門