ぎっくり腰専門ユークル整体院

しゃがむ動作で腰を温存する

結論:膝を使わない人ほど、腰に負担をためている。

※スポンサーCM

老後になってから患うぎっくり腰は若いうちの何倍も厄介です。若いうちのぎっくり腰はせいぜい1週間ぐらい寝ていればそこそこ痛みは鎮まって不自由なく仕事にも復帰できます。ところが老後に患うぎっくり腰はとてもしぶといです。チクチク腰を刺激して、直ったと思ってもしつこくチクチクと腰をしぶとく患い続けます。こういった高齢者のぎっくり腰は若い頃からの腰の酷使によるものであり、腰を大切に用いている方ほど腰部の軟骨が沢山温存されているため高齢になっても足腰が元気でいられます。では腰を大切に用いて腰の組織を老後にも十分に温存するためにはどうしたら良いのか?それは出来るだけ腰を深く曲げ伸ばししたりせずに可能な限り膝と腰を連動して動かすことが求められます。難しい仕組みはここでは触れませんが端的に言えば膝を沢山使うほど腰の負担を軽減できるように出来ております。例えば身を低くするときに腰を曲げて低い姿勢を取ろうとするのではなく、膝を曲げて重心ごと高さを変化させると腰骨の劣化は起こりません。高齢者になっても元気な腰でぎっくり腰に陥らないためには若いころからしっかりと膝を使うことが大切でしょう。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開