荘A[NX̉@

禁酒をしたら筋肉がついた

禁酒をしても筋肉は付きませんが、体脂肪の減少や生活スタイルの変化によって筋肉が増えたように感じることができるかもしれません。ボディーの変化はぎっくり腰防止に効果的です。

※スポンサーCM

禁酒をしたら筋肉がついてぎっくり腰にならなくなったというお声について

(ぎっくり腰予防で)禁酒をしたら筋肉が付いた」というお喜びの声について触れて行きましょう。

ぎっくり腰に関わらず腰痛の三大原因と申しますのは

  1. 肥満

  2. 運動不足

  3. 日常姿勢

と呼ばれております。

なぜか筋肉が増えてぎっくり腰にならなくなる。

腰痛になられてしまわれた患者様が急性期の激痛発作のときに炎症を抑える目的で禁酒をしたら、なぜか筋肉が増えて腰痛になり難くなってしまわれたということです。

お酒やおつまみなどの高カロリーを控え肥満の軽減に繋がる。

単純に言えば、アルコールは高カロリーですから、これを断つ事ができれば、脂っ濃いおツマミの摂取もなくなりますし、1番の肥満のの軽減には繋がることでしょう。したがいまして、長期的に続けることでひょっとすると慢性腰痛が治ってしまうことも充分に考えられることです。

ということで通常ならば、1番だけの関連性をお考えになられることでしょう。

しかし、私が思うにはおそらくは運動不足や日常姿勢などの全ての要素の改善に禁酒は繋がっているのでは?と思えてしまうことがあるのです。

※スポンサーCM

肥満者の日常生活は標準体重の者よりも2時間以上、止まって休んでいることが多い。酒をやめれば行動している時間がその分増えることで運動量の増加に繋がる。

では、運動不足の改善にどのように繋がったのか?について述べさせていただきますと、やはりお酒を辞めることで、イスに腰掛けて長時間のお食事を楽しんでいる余暇時間が少なくなりましたので、その分の時間を別の行動に割り当てられるようになったことが大きいと思います。

話は少し変わりますが、皆様はご存知でしょうか?あるテレビ番組の調査では肥満者は非肥満者よりも一日に付き2時間以上休憩している時間が多いということが明らかにされていることを。私が思うには、のんびりダラダラしていたり、このようにお酒を楽しんだりとゆっくりと過ごされていることで、運動をする時間が失われてしまっているのではと思うのです。こういった運動の機会を損なうことが長い年月続くことで、運動不足が積み重なって行くのです。

とは言っても人間ですからやはり一日お仕事を頑張られたのですから僅かな憩いは楽しみたいものでしょう。これ自体は決して悪いことではありません。しかし、こういったものが長く続くほどやはり体には蓄積されてゆくものが必ず存在するわけです。したがいまして、こういった日常習慣を意識することで週末に積極的にトレーニングをするなど運動不足の解消に努めなくてはならないわけです。

飲酒による判断力の低下が日常姿勢の改善を導き腰痛の防止に・・・

やはりお酒とは正常な判断力を失わせてしまいますので、どうしても姿勢に悪い影響が出てしまうものです。お酒を飲んでいるときに姿勢を気にされる方など絶対におらぬはずでしょう。どちらかと言えばリラックシして姿勢を崩していることがイメージしやすいかと思います。楽な肩肘を張らぬ楽な姿勢とはやはり、姿勢に芯のようなものを失わせてしまいますので、腰に負担の掛かりやすい姿勢を取りやすくなってしまうのかもしれません。

※スポンサーCM

筋肉量の増加という意味では僅かだが、脂肪が減ることで相対的な筋肉量が増加するので、筋肉が増えたように見えるのかも

これまでの医学的な研究では、お酒を辞めることで筋肉が付くなどと言うことは私は耳にしたことがありません。ただし、生活習慣の中でお酒をやめることでお体を動かす時間が多少増加しますので、その分だけ筋肉が増加する可能性はあるでしょう。また、体脂肪量が減ることで、体が絞り込まれますので、それまで贅肉によって隠れていた筋肉の輪郭が浮き上がって筋肉が増えたように見えることは充分に考えられるでしょう。

ということで、禁酒には腰痛を防止する作用が期待できるかもしれませんので、もしも腰痛にお悩みの方で大酒飲みの方がおられましたら是非ともお試しになってみてはいかがでしょうか。

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

猫舌対策で腰痛は治る

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

食事中体幹前傾になってしまう。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

食物渇望

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門