トレーニング後にプロテインを飲んでも効果を実感できない・・

筋肉を効率良く発達させるサプリメントのプロテインの効果は運動の内容によって異なる。筋肉の疲労を伴うようなタイプの運動のときにタンパク同化ホルモンの分泌が促される。

※スポンサーCM

今回の患者様は女性の方でしたが、無事にぎっくり腰を治すことができました。
「先生、こんなにもぎっくり腰の痛みを和らげていただいてありがとうございます。」

整体は患者の痛みを取り除く、客観的に見て分からぬがお喜びになっていただける。

嬉しいことです。私ども整体師とは患者様に物品をお渡しするわけではありません。したがいまして、痛みという目に見えぬものを取り去って差し上げるので、客観的に見たときにそれが何なのか全く分からないのです。しかし、これほどまでに患者様に喜んでいただけるからこそ、やりがいを持って臨めるのだと私は思っております。
その後幾つかのアフターケアをアドバイスしておりますと、患者様はこのようにおっしゃられました。

トレーニング後にプロテインを飲んでも筋肉が付く実感が得られないのはなぜ?

「先生、実は以前に通っていた病院で『筋力不足が原因してぎっくり腰になりやすいんだ!』ってドクターから言われたことがあるんです。それで一生懸命にジムに通って鍛えております。ところがそのジムで、トレーニングを終えると毎回プロテインを手渡されるのです。もちろんそういったサプリメントの代金もジムの会費に含まれておりますのできちんと飲むようにしているのですが、これが全く筋肉が付くような実感が得られません。いったいどういうことなのでしょうか?」

※スポンサーCM

プロテインは高たんぱく質食品であり食事よりも効率的に必要な栄養素だけを摂取できる。

筋力トレーニングをする方ならばいままでに何度かプロテインという言葉を耳にしたことがあるのではございませんでしょうか?要するには高たんぱく食品のことを意味しているのです。もちろんこのようなものを食べなくても、お肉やお魚、牛乳、大豆、卵などからもタンパク質は摂取できるのですが、必要なタンパク質量を摂取しようとしたとき、それと同時に脂肪などもタップリと取り入れてしまいますので、食事だけでタンパク質を補うのは余り効率的とは言えません。したがいまして、食材からタンパク質だけを抽出したものそれがプロテインであるのです。

食材を購入するよりも安価に済ませることができる。

こういった食材とはお肉や卵などを購入するよりも安価に済ませることができます。なぜならば、牛乳や大豆などのタンパク質の成分だけを抽出しているため、場所をとらず輸送コストが大幅に削減できるからです。、また大豆や乳製品の加工の行程で無駄な部分となったものを転用してプロテインにすることができますので、作業工程上のロスも少なく販売価格はかなり抑えることができるのです。

筋トレで筋肉を発達させたいならば是非ともおすすめします。

もちろん、こういったものも値段はピンカラキリまであります。私は中学時代の部活動をしているときにたびたび、そういったサプリメントのメーカーさんが販売にきておりましたが、そのときもドラム缶サイズのプロテインなど部単位で販売したりと様々なものを目にしました。近年のオリンピックアスリートならば多くの方が愛用されているといっても良いぐらいスポーツ選手にはメジャーなものとして現代では定着されつつあるといっても良いでしょう。とか言う私も筋トレで筋肉を効率よく発達させたいのならばこれを摂取するは是非ともおすすめしたいと思うぐらいなのです。

ただし、飲んですぐに発達するわけであらず。効果を実感できるまでに3ヶ月~1年ぐらいかかる。

では、これを飲んで効果を実感できぬ理由についてですが、2つあるのではと思います。
1つは、飲んですぐに筋肉が発達するわけではないということです。筋肉の発達とは一般的に自覚できるほどに発達が得られるのは早くて3ヶ月、女性の腰痛防止ぐらいの片手間のトレーニングであれば1年ぐらいは掛かると思っていただいても間違いではありません。つまりは長期的に取り組まねば効果は得られぬのです。

優しい体操などでは筋骨隆々にはならず。

そして、二つ目の理由は運動の内容になるのではと思います。筋肉を鍛えるときにこういったものが有効にはなりますが、それも運動の内容によっては異なってくるのです。一般的な女性が実施する優しい体操などのトレーニングではどれほど頑張っても筋骨隆々の体つきになることは難しいでしょう。

筋肉の発達とは運動により破壊された組織の修復によってもたらされる

筋肉とは運動したときの筋細胞の破壊によって、破壊された組織から信号が脳へと送られ、脳がタンパク同化ホルモンを分泌する器官へと、仲介物質を送り込むことで筋肉の発達が得られるわけです。

※スポンサーCM

トレーニングしなければ発達は得られない。

したがいまして最初の、筋細胞のトレーニングによる破壊(筋疲労)が無くてはこういったホルモンや中間物質の分泌が得られぬため、タンパク質の同化作用が生じません。したがいましてこれを飲んでも効果が得られぬ可能性があるのです。

ご婦人の場合は継続的に取り組んでいくことが良い

しかし、運動という物はそれを行っていること自体がやはり精神的・体力的に改善効果があり、ご婦人の方のように繊細なお体をされている方はじっくりと時間を掛けねば逆に体を壊されてしまうこともあるぐらいです。慢性的な腰痛を治療するには多少の時間は掛かりますが、やはり継続的に取り組んでいただくことは大変良いことだと言えるわけです。(注意:ただし、運動の実施に当たってはかならず掛かりつけ医の指導に従って安全に充分な配慮をしましょう。)

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

食事中のぎっくり腰の防止

栄養失調によるぎっくり腰

餅をやめれば腰痛が治る

筋トレで腰痛治療がダメならたんぱく質を見直せ

食事中の腰痛防止

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

食事の姿勢は?

なったときの食事は辛いものはダメなの?

猫舌対策で腰痛は治る

何を食べたら腰痛が治るの?

糖質制限食ってどう?

ぎっくり腰 早く治す食べ物

食後腰痛について

不意に起こる病気の備えで助かるものは非常食

ぎっくり腰防止のための栄養素

食事によって防げるぎっくり腰とは?

暴飲暴食はぎっくり腰の発生を増やす

一人暮らしのぎっくり腰で便利な食料

食事による循環系負担によるぎっくり腰

餅は主婦にとって腰痛対策となる

偏った食事は疲れやすくなる

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

日本人が不足しがちな栄養素

食生活と腰痛

痛みなどの脳からの伝達物質を抑える食べ物

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

腰痛はたんぱく質、炭水化物、カルシウムを取る

食事療法は?

ぎっくり腰の過剰な運動神経の興奮を抑えるには有機野菜を食べる

食物渇望

防止するための日常の飲食について

筋肉を増やすために必要な栄養素

ぎっくり腰防止によいたべもの

aa食事療法は長期的な効果

オヤツが痛みを和らげる仕組み

腰痛治療には食事制限が有効

若者のブランチによるぎっくり腰の増加

コンビニ食に注意しよう

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

腰痛防止には温かいものを飲む

ぎっくり腰防止にために効果的な飲み物

ぎっくり腰防止には温かい飲み物

ぎっくり腰のとき苦しまないためには水分摂取を減らす

関節症の腰痛は水分補給と運動

水分過剰摂取と腰痛

夜は水分を控えめにする

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

ケトン食体験談

ケトン食はお腹が減らない

食事制限のポイント

糖質制限食をしたら便器が詰まった

糖質制限食のデメリットは便秘

女性はなぜ甘いものが食べたくなるのか?

意志が弱くても間食を止める方法

腰痛予防のための苦労しない減量法は良く噛むこと

食事による防止

野菜を食べても痩せられないのはなぜ?

カロリーゼロの砂糖で腰痛を防止できる。

食欲と腰痛

ぎっくり腰防止には食事制限が良い

簡単に取り組める食事制限療法

糖質制限食で肥満を解消すると腰の負担が減る。

糖質を外から補うと腰痛になる

自然に近い食材は肥満症による腰痛を防ぐ

食欲と温度の関係

間食をやめずに痩せる方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

サプリメント

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

ビタミンB1の腰痛防止効果について

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

サプリメントの考え方

サプリメントをオススメする人

サプリメントが向かない人

サプリが効かせるにはマイナスの荷電が必要

QテレビCMのグルコサミンを飲んだ。痛みが治らないのはなぜ?

坐骨神経痛 ローヤルゼリー

坐骨神経痛 すっぽん

高齢者の慢性化したぎっくり腰にグルコサミン・コンドロイチンは?

高齢者の慢性ぎっくり腰にASUは?

アミノ酸で腰痛は治りますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

一番効果を実感したサプリはプロテインだった

ダンスインストラクター腰痛予防に必要な食事プロテイン

ぎっくり腰にプロテインが効く人

ぎっくり腰はプロテインを飲むだけではダメ

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

カルシウムだけを取っても腰は丈夫にならず

カルシウムの必要性

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

泥酔患者を整体でお断りする理由

腰痛対策、酒飲みの食事で気をつけること

ぎっくり腰中のお酒は?

禁酒の意外な腰痛防止効果

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

整体に行く日にお酒を飲んでしまいました。

アルコールは?

アルコールで腰痛おさまる?

お酒は少量なら良しは誤り

腰痛の治療にお酒は誤り

腰痛持ちは酒飲みが多い

お酒について思うこと

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

喫煙と腰痛

喫煙と腰痛

腰痛を治したいなら喫煙をやめよう

ぎっくり腰とタバコ

糖質

結論:炭水化物を主食とする食習慣は生物学的には不必要。

甘いものは肥満腰痛を起こす

お餅が原因となるぎっくり腰

ぎっくり腰の発生を招く正月の食品

腰痛と糖質疲労

糖質疲労が背景のぎっくり腰に注意する

糖質疲労による腰痛の注意点

糖質過多はぎっくり腰になる

糖化によるぎっくり腰

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)