腰痛のときに膝を立てるのが良い理由

膝を立てて寝ている人

端的に言えば、「腰が休まる」からです。腰痛持ちの方では、寝るときに多くの方が無意識に膝を立てて寝るはずです。高齢者の寝ている姿勢でも、膝を立てる方は大勢います。また、私がぎっくり腰の対処で出張整体したときにも同様に、多くの患者さんが膝を立てて寝ています。

実際に、腰の疲労の回復を早める効果がありますし、腰が痛い方でも膝を立てると楽に過ごせます。慢性腰痛をお持ちの方でも小まめに膝を立てて、腰痛をやわらげて日常を過ごせる場合もあります。

密着

では、どうして膝を立てるのが良いのでしょうか?簡単に言えば、腰が布団と密着するからです

例えば足をまっすぐにした状態と、膝を立てた状態で「腰の反り具合」を比較してみてください。
腰が浮き上がって隙間が出来る人
足をまっすぐにして寝ると腰の下に隙間ができます。手が隙間にスッポリと入るはずです。ところが膝を立てると、腰の下の隙間がなくなります。
膝を立てると腰の隙間がなくなる
全く手が腰の下に入らない人もいますし、かろうじて入る人もいます。隙間は確実に狭くなるはずです。

極端な例では、足をもっと高くしてみてください。
足を高くすると腰がピッタリと床にくっつく
股関節を深く曲げて足を高くするほど、腰がピッタリと床と密着して楽ちんです。楽ちんだと、腰がリラックスします。短時間で腰に十分な休養を与えられ、腰痛が和らぎます。立ち仕事をする人は、昼休みの休憩中に足を高くしてみてください。腰の疲労が抜けて、一日元気に働けます。

腰が密着する理由

ではどうして股関節を深く曲げるほど、腰が密着して楽ちんなのでしょうか?これは骨盤が後傾するからです。
膝を立てると骨盤が後傾する
膝を立てて足を高くするほど、骨盤が後ろに傾きます。骨盤が後傾を強めるほど、腰骨が床と密着します。密着するほど、力が抜けて休まります。高いリラックスが得られ、腰の回復を高めてくれます。

ところが、足をまっすぐにして寝ると、骨盤が前傾します
足をまっすぐにすると骨盤が前傾する
骨盤が前傾すると、その上につらなる腰椎も前に引っ張られます。そして腰に反りをもたらします。腰が床から浮き上がると、浮いた腰を支えるために筋肉が緊張を強めます。腰の疲労を助長する結果となるので、腰痛のときには膝を立てて腰の疲労を緩和しましょう。

注意点

今回は、膝を曲げて足を高くすると、良い理由についてお話しました。注意事項がいくつかあります。以下に列挙します。

  • 足を冷やさないように注意する:冬場に足を高くしていると、足が冷気にさらされて冷えてしまいます。毛布で足を覆いましょう
    足を高くしたら毛布で足を覆う
  • 布団を敷く:フローリングに寝そべるのは絶対に止めましょう。冷えは万病の原因です。症状が悪化しますので、体の下に「断熱材」となるものを必ず敷いてください。
    足を高くするときにはフローリングではなく布団の上で寝る
  • 尻が浮き上がるまで足を高くしない:足を高く上げすぎると、最終的に尻が浮き上がってきます。
    尻が持ち上がるまで足を高く上げない
    尻が浮かぶほど足を高くすると、炎症している腰が強く刺激を受けます。足を挙げるのは尻が持ち上がらない程度に留めます。やはり、ものには限度があります。膝を立てて足を高くするのも、ほどほどに留めましょう。
  • 長時間足を高くし続けない:膝を立てたり、足を高くしたりと、膝や股関節を常に曲げて長時間過ごすと、次第に関節が曲がったまま伸びなくなります。多くの高齢者がそうであるように、立位になっても膝や股関節が曲がって過ごすようになります。
    膝の曲がった癖
    膝が常に曲がった癖がついて伸びなくなるのを拘縮(こうしゅく)と呼びます。拘縮を起こさないように、ときおり立てた膝をまっすぐに伸ばしましょう。曲がった癖を意識的にまっすぐに戻すように働きかけてください。

膝を立てて寝るのが良い理由についてでした。取り入れると疲労の早期の回復が望めます。これまででしたら、仕事で一日働いて腰がつらかった方でも、腰の回復を促進できます。何とか一週間を乗り切れる方もいるはずです。週末はしっかりと体を休めてください。そして体力作りにも取り組みましょう。ひざ下枕を皆さんにおすすめします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

首狩り族の膝枕/反り腰/腰痛
価格:4500円(税込、送料無料) (2019/2/16時点)


美しい寝姿勢をサポートして、腰の反りを緩和します。腰痛の改善にぜひおすすめしたいです。