ぎっくり腰は痛みが安定した後、痛くない範囲で動かす

結論:じっとしすぎると体が弱まる。ぎっくり腰が再発しやすくなる

概要:ひたすら安静にして動かずにいるよりも多少なりとも動かした方が治りが早い

  1. 息抜きコラム慢性化したぎっくり腰の対策法の間違い
  2. 従来説「痛みがあればとにかく安静にして過ごせ!」は誤り
  3. 理由安静は症状が固定化するまでは有効だがその後は痛みの慢性化につながる。

※スポンサーCM

さて、ぎっくり腰の対策についてです。
皆さんは社会人として会社でお勤めをされている。
自営業をされていることもあるでしょう。
主婦として毎日働かれている方もいる。
こういった方々はどうぎっくり腰の対策をするべきか?
専門的な腰痛の治療法を身につけることは現実的ではない。
それよりも、ぎっくり腰の発生を未然に防ぐ。
そのための防止法を身につけることの方が妥当です。
重篤な病気や怪我は一旦陥ってしまうなかなか治らない。
治そうと思ってもそう簡単にはなおりませんから当然のことです。

ではぎっくり腰になりにくい状態とはどういうことのか?
これはすなわち言い換えると「健康」だと言えます。
では健康とはどういう意味なのか?
いろんな辞典で健康を紐解いてみます。
すると
「元気がある」
とか
「活力がある」
とか病気でないとか定義があります。

※スポンサーCM

ことぎっくり腰に絞って健康について思いつくものをあげてみます。
すると、
「体の機能が高い状態」
こののことを意味している。
こう思っていただくと良いでしょう。
例えばスポーツカーのようなものです。
加速、減速、コーナリング、色んな機能面で優れている。
これが健康でぎっくり腰に陥りにくいわけです。
では身近な例で言えばそれはどういうことなのか?

体の柔らかさがあらゆる方向に対して高いこと。
しなやかな状態のこと。

こう思っていただくことが良いでしょう。
さすがに若くて筋骨隆々の若者のようにはなれない。
強健な肉体を手に入れることは女性や高齢者には不可能なこと。
ですが、それぞれに見合った体の機能があります。
ですので可能な限り柔軟性を高い状態に保つ。
このように心がける。
このことがぎっくり腰対策には不可欠だと言えます。
しなやかな柳の枝のように力を受け流す。
これができると、ぎっくり腰にならずに済むことでしょう。

メニューに戻る

〔概要〕:
ぎっくり腰の対策法の誤りについて。
かつては痛みがあればひたすら寝て安静にする。
「寝てすごせ」
と言った。
だが、近年では安静にするのは症状が固定化するまでとしている。
その後は痛みが出ない範囲の運動を行う。
こうすることで痛みの慢性化を防止する。
このことが必要であることが明らかになっている。

慢性化したぎっくり腰の対策法の間違い

※スポンサーCM

慢性化したぎっくり腰の対策法の間違いについてです。
ぎっくり腰は激痛です。
一度患った方はその痛みの恐怖を思い出すだけでも戦慄が走る。
もう二度と繰り返さないようにしたい。
そう考える。
ぎっくり腰について過敏に対応をされる。
ですが、時としてその過剰な対応が間違っていることがあるのです。

メニューに戻る

従来説:
「痛みがあればとにかく安静にして過ごせ!」
は誤り

例えば代表的なものとしては
「痛みが有ればとにかく安静にして完全に治まるまで寝て過ごせ」
という説があります。
昔の方はぎっくり腰で痛くなったときには無闇に動かない。
とにかく寝ていれば良い。
ということでひたすら寝てました。
痛みが治まるまで我慢してすごされておりました。
ところがこの考え方は近年では見直されてきた。
誤りであるということが明らかになってきたのです。

メニューに戻る

理由:
安静は症状が固定化するまでは有効。
だが、その後は痛みの慢性化につながる。

これはどういうことなのか?
従来説の安静はぎっくり腰を患った当初は有効です。
痛みがある程度固定するまではよいこと。
しかし、完全に固定化してしまえば、それ以上安静にしていても無駄になる。
それほど意味がない。
むしろ筋力が低下する。
関節のこわばりを作り出すこともある。
筋肉の反射神経も衰える。
神経の興奮性も弱まってしまう。
過度な安静がぎっくり腰の慢性化につながってしまう。
こういったことを意味しているのです。

ぎっくり腰の防止のためには気をつけることがあります。
安静は最初だけにする。
痛みの固定化が起こったらそれ以上過度に安静にしない。
その後に関しては痛みが出ない範囲の運動をする。
こうすることで痛みが出ない動作をできるだけ増やして行きます。
すると結果的にぎっくり腰が発生しなくなる。
腰痛の治療ともなりうるのです。
むしろ痛みが出ない範囲の運動をできるだけ多く行います。
すると慢性化した衰えた腰部を発達させることができる。
そして治癒が促進される。
その後の再発も抑えることができたりもします。

そして、正し方法のためには是非ともご連絡いただきたい。
専門家を有効に利用していただければと思います。

メニューに戻る

ぎっくり腰ケア

結論:寝て痛みが鎮まるのは炎症が静まっただけ。ゆがんだ体を調整しよう。

  1. ぎっくり腰ケアで重要なこと治療をしっかりと受けないとぎっくり腰の背景となる原因は改善されない。痛みが治まることは発痛成分のブラジキニンの生成が止まっただけ。
  2. ぎっくり腰は痛みが安定した後、痛くない範囲で動かす痛みが治まるまで安静にしていると治癒が余計に長引いてしまうので多少なりとも痛みを伴わずに体を動かすようにする。
  3. 腰痛治療のタイミングストレッチや体操で腰痛をケアするためにはお風呂上りやスポーツで体が温まっているときに行なうことが良い。
  4. 手軽にできる腰椎牽引は?手軽にできる腰椎牽引をいろいろ紹介
  5. 軽いぎっくり腰の治りかけのケアについて湿布を用いたりコルセットで腰部を保護したりする。スポーツは控えて肉体労働であれば職場の上司に報告して腰の負担の少ないオペレーションに配置してもらう。
  6. 靴下を履くときにぎっくり腰になった場合の治療法太腿の裏のハムストリングスやふくらはぎの筋肉の柔軟性を改善させることが良い
  7. 骨膜から由来する腰痛の緩和法腰痛では背骨の骨同士が激突して骨の表面の骨膜が腫れ上がって痛みを生じるものがある。背を丸めることが痛みの緩和となることが多い
  8. 整体を受けても(やっても)治らぬもの整体で治らぬものは当然あります。ただし、事前のヒアリングにて判別し、治らぬ方はその時点でお断りしておりますのでご安心ください。
  9. ぎっくり腰のセルフケアぎっくり腰に実際に陥ったときのセルフケアとしては腰にシップを貼ったり、手足や腰に痛みを響かせない範囲の簡単な体操に着手すると良い
  10. aaaぎっくり腰では意図的に力を抜くことが良い力を抜くと痛みが半減する
  11. aaaぎっくり腰のときに体から力を抜くには?3秒力を入れて、3秒力を抜く。これを繰り返す。
  12. 体位変換時痛の治療法胸椎の可動域に着目するべき
  13. aぎっくり腰の治りかけのケアについて治りかけのときには無理な運動は心がけるが腰に負担を来たさない範囲で痛みに比例した対応をとりましょう
  14. a腰部の関節包嵌入の解消法ぎっくり腰の中には背骨の隙間に関節包が挟み込まれて激痛を発するものもある。
  15. aぎっくり腰すぐ治る炎症して知覚過敏になった場所にいかにして刺激を与えないようにするのか?によって復帰までの日数は大きく異なる
  16. aぎっくり腰の痛みは両足よりも片足動作で軽減する両足を揃えた状態で足腰を動かすよりも、片足づつ動かした方が腰の痛みは当然少ない
  17. ぎっくり腰の関節痛のやわらげ方関節内の圧力変化によって滑液を軟骨に浸潤させて排出する
  18. 腰部の神経の圧迫によるぎっくり腰の改善法可動式ベッドで屈曲牽引操作をし、腰の圧力を分散する
  19. ぎっくり腰後の日常ケアの腹式呼吸について腹式呼吸は副交感神経を優位にしリラックス出来る。
  20. 末梢体幹反射手足の末梢を刺激し反射を促すことで胴体の緊張を取り去る方法
  21. 重心偏移の上半身での調整法重心偏移が生じると必ずつま先が外に開くが足首や股関節だけを調整しても改善はされない。上半身の調整を必要とする。特に大きいのが肩甲骨と胸椎
  22. a防御反射によるぎっくり腰は心の動揺をなくせば防げる心が平静を保てれば無理な反射動作が起こらない。
  23. 自分でできるぎっくり腰の緩和法セルフケアとして取り組むことができる簡単なぎっくり腰の緩和法
腰痛の受傷早期のケアについて

早期ケア関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

アイシング・冷やす処置

ぎっくり腰ケア

ケアの考え方

間違ったケア

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

ぎっくり腰ケア

結論:寝て痛みが鎮まるのは炎症が静まっただけ。ゆがんだ体を調整しよう。

ぎっくり腰ケアで重要なこと

ぎっくり腰は痛みが安定した後、痛くない範囲で動かす

腰痛治療のタイミング

手軽にできる腰椎牽引は?

軽いぎっくり腰の治りかけのケアについて

靴下を履くときにぎっくり腰になった場合の治療法

骨膜から由来する腰痛の緩和法

整体を受けても(やっても)治らぬもの

ぎっくり腰のセルフケア

ぎっくり腰では意図的に力を抜くことが良い

ぎっくり腰のときに体から力を抜くには?

体位変換時痛の治療法

ぎっくり腰の治りかけのケアについて

腰部の関節包嵌入の解消法

ぎっくり腰すぐ治る

ぎっくり腰の痛みは両足よりも片足動作で軽減する

ぎっくり腰の関節痛のやわらげ方

腰部の神経の圧迫によるぎっくり腰の改善法

ぎっくり腰後の日常ケアの腹式呼吸について

末梢体幹反射

重心偏移の上半身での調整法

防御反射によるぎっくり腰は心の動揺をなくせば防げる

自分でできるぎっくり腰の緩和法

早期ケア関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

アイシング・冷やす処置

ぎっくり腰ケア

ケアの考え方

間違ったケア

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)