ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰の症状のチェック

ぎっくり腰

結論:片足に痺れがあれば、すぐに出張治療を受けるべきだ。

〔目次〕

  1. ぎっくり腰の症状のチェックページ概要:特に片足の痺れに気をつけよう。
  2. 質問ぎっくり腰の症状のチェック法は?
  3. チェック法①ぎっくり腰とヘルニアの違いは片足の痺れの有無
  4. 足の痺れの注意点神経が障害されて痛みが起こる場合もあれば、痛みを庇った動きで足の筋肉が攣っているだけのこともある。
  5. ぎっくり腰特有の症状発生初期には腰だけに痛みが現れる。
  6. チェック法②ぎっくり腰と腰部脊柱管狭窄症との区別、間欠性跛行の有無
  7. チェック法③ぎっくり腰と腰椎分離症・すべり症との判別:立ち上がって腰を反らすと痛みが強くなる。ぎっくり腰はいろんな動きで痛い
  8. チェック法④ぎっくり腰と腰椎圧迫骨折との判別:棘突起の圧迫、背中の丸み、起き上がる動作での痛み
  9. チェック法⑤内科由来の痛みとぎっくり腰の判別、腰の痛みの和らぐポジションの有無
  10. チェック法⑥心理由来の痛みとぎっくり腰の判別、寝ているよりも立っている方が楽、腰に明らかに刺激が届いていないのに痛くなる、恐怖心が高まると痛い、夜間になると痛むなど

ぎっくり腰の症状のチェック

ぎっくり腰では①片足の痺れの有無、②長距離が歩けるかどうか、③腰を反らす動作での痛み、④棘突起の圧痛など様々なものを見ることが必要。

メニューに戻る

※スポンサーCM

質問:ぎっくり腰の症状のチェック法は?

急に腰が痛くなってしまった。
「これってぎっくり腰なのかしら?」
このように思ったあなた、もしかしたらヘルニアなのでは?
と心配に思われることです。
このときの症状についてのチェック方法についてです。

メニューに戻る

チェック法①ぎっくり腰とヘルニアの違いは片足の痺れの有無

まず最初に一番筆頭にあげられる腰の病気として腰椎椎間板ヘルニアがあります。ヘルニアにも様々な種類があって腰部の椎間板の飛び出す方向によって5種類ほどに分類できます。軽いものから重たいものまでいろんなタイプがある中で典型的な症状を上げますと片足の痺れの有無です。

ヘルニア

腰骨を側面から見ている図ですが、腰椎の椎間板が飛び出してしまうのがヘルニア、このヘルニアが腰から出ている足に巡る神経に触れることで足に痛みや痺れを来たすというのが腰椎椎間板ヘルニアです。

この腰椎椎間板ヘルニアの最大の特徴は片足に見られる痺れや痛みです。ただし、足に痛みがあるから全てがヘルニアというわけではありません。注意してください。

メニューに戻る

足の痺れの注意点:神経が障害されて痛みが起こる場合もあれば、痛みを庇った動きで足の筋肉が攣っているだけのこともある。

※スポンサーCM

足に痛みがあってもヘルニアではないことがあるはどういったことなのかと申しますと、椎間板が足の神経に触れて痛みを来たすケースは僅かなものです。むしろ大部分のものは痺れではなく、足の筋肉が攣縮(つる)しているケースもあります。こういった攣縮によって生じた痛みは神経が障害されたときの痛みと大きくことなり、まったくの別物です。

攣ったときの痛みはジーンと持続的に突っ張った痛み、それに対して、神経障害の痛みは周辺に放散するような痛み方をします。触ったり刺激を加えたときにピストルから弾丸が発射されるようにドキューンと痛みを来たせば筋肉が攣っている。それに対して触ったときに遅れてジワジワと痛みが湧いてくるようなものはどちらかと言えば神経障害の可能性を疑うことができます。この神経障害のケースがヘルニアによって引き起こされている可能性を疑うことができます。

どちらかと言えば持続的に突っ張った痛みはそういった神経障害そのものよりも、ぎっくり腰の腰の痛みによって庇った動作や姿勢を取り続けることで二次的に引き起こされた筋肉の痛みの可能性の方が高いです。もちろん整体治療によって改善されるケースはとても多いです。

メニューに戻る

ぎっくり腰特有の症状:発生初期には腰だけに痛みが現れる。

ではぎっくり腰の特有の症状とはどういったものなのか?これは発生初期の段階では腰だけに痛みが見られるものを言います。発生した初期の段階で治療を怠ると庇った動作によって足に筋攣縮を生じるようになりますのでヘルニアとの判別が難しくなりますので多くの方がそれを区別することはできません。しかし、初期では腰だけが痛い。これはぎっくり腰の特有の症状です。

したがって初期段階でしっかりと治療を受けて安静にして休んでいると足に症状を来たすことはぎっくり腰では起こりえません。治療を受けずに動き回って放置していると足どころか肩や首にまで痛みを引き起こすこともありますから注意が必要でしょう。放置することで段々と痛みの部位が波及するほどに症状が複雑化するものだと思っていただくと良いでしょう。

そして一旦複雑化するとその辺の治療院では対処できなくなります。こういったときには専門の技術を持った先生でなければ治療は難しいです。

メニューに戻る

チェック法②:ぎっくり腰と腰部脊柱管狭窄症との区別、間欠性跛行の有無

次に、高齢者特有の腰部疾患の代表として挙げられる腰部脊柱管狭窄症との区別についてです。やはりぎっくり腰に頻繁に陥る患者さんでは高齢者のこの腰の病気を患っている方は相当に多いです。そして、自分では健康だと思っている高齢者の中で
「そういえばちょっとした距離を歩いただけなのに足腰が痛くて・・・すぐに足が棒になってしまう」
と言う方もおられると思いますが、そういった方には少なからず腰部脊柱管狭窄症をお持ちになられているご高齢者は大勢おられます。そして、そのことに一生気が付かないまま
「歳のせいだからしかたない」
と身動きの取れない生活によって心身ともに老いてしまい早くにその生涯を終えてしまいます。

ではこの腰部脊柱管狭窄症はどういったものなのか?ザックリ説明しますと以下の病気です。

狭窄症

図の脊柱管という部分が生まれつき狭かったり、加齢によって骨が変形してくることで脊柱管が狭まって内部の脊髄が圧迫されてしまう病気。

これに陥ってしまうとしばらく歩いていると足腰の神経が圧迫されて足にジリジリとした焼け付くような痺れが起こります。

ただし腰部脊柱管狭窄症をお持ちの方が不意にぎっくり腰を発生されるケースでは総じて慢性的に何らかの腰痛をお持ちになられております。
そしてヘルニアの神経障害のところで説明したように片側の足、両側の足に痛みや痺れを来たします。

とくに腰部脊柱管狭窄症では真っ直ぐに体を起こして歩いておりますと脚の痺れが起こってきます。しばらく歩いていると脚の痺れが強くなってきますがジンワリとした放散する痛みを足に生じます。そして歩き続けることが出来ません。でもしゃがみ込んだり腰掛けたりすると痛みがしばらくして痛みが軽減する。するとまたしばらく歩けるようになるという間欠性跛行を来たします。

ところがこれもぎっくり腰でも類似しており、腰の痛みを庇ったまま歩き続けると無理な力の入れ方によって足の筋肉が偏った酷使をされて次第に足に痛みや筋肉の攣縮を来たすようになります。こうなってしまうとどちらも足に痛みを起こしますのでとてもそっくりな病態に移行します。

でも同じくしてぎっくり腰では持続的な筋肉の攣縮、腰部脊柱管狭窄症による神経障害では放散する神経の痛みと言う感じで違いがあります。ぎっくり腰の場合は発生初期には足に痛みを引き起こすことはありませんので比較的に判別は簡単です。

メニューに戻る

チェック法③:ぎっくり腰と腰椎分離症・すべり症との判別:立ち上がって腰を反らすと痛みが強くなる。ぎっくり腰はいろんな動きで痛い

次に上げられるのは腰部疾患の中でも子供世代に見られる腰椎分離症という病気(生まれつき腰椎分離症のこともある)からもたらされる腰痛。これは若い頃や病院や整形外科ですでにレントゲン写真での検査を受けている方だけに分かるもの。主には子供時代の激しいスポーツのやりすぎで腰骨が折れてしまったものです。これを腰椎分離症と呼びます。この古傷が筋肉の衰える中高年世代になってから再発するのが腰椎すべり症

典型的なぎっくり腰との違いを上げますと、腰椎分離症やすべり症では特徴的なこととして立ち上がった状態で腰を反らすと腰に痛みが強く走ることです。これは背骨の折れた骨の古傷部分が刺激されることでその周囲の神経が圧迫されることでもたらされるとされます。反らす動作以外では腰に痛みは起こりません。また、ときには間欠性跛行や片足の痛みを引き起こすことも分離症・すべり症の特徴でもあります。

これに対してぎっくり腰の場合は腰の筋肉から由来する病態です。腰を曲げても反らしても捻っても痛みが起こることが多いです。もちろん特有の動作に優位に痛みが強くなることはありますが、大抵はどのような方向に動かしても少なからず痛みは起こります。なぜなら動かすことで筋肉に刺激が加わるから。

メニューに戻る

チェック法④:ぎっくり腰と腰椎圧迫骨折との判別:棘突起の圧迫、背中の丸み、起き上がる動作での痛み

※スポンサーCM

腰の曲がったおばあさん
次に高齢者の中でも女性で70代以降の方に多いとされる骨粗しょう症から由来する腰椎圧迫骨折との判別です。典型的に図のようなおばあちゃんに多く見られます。このときには背骨の後方のゴツゴツした骨の突起である棘突起を優しく叩いたり、押してみる。すると腰椎の骨折がある場合には折れた箇所が刺激されて痛みが起こります。

また、高齢者の女性で短期間の間に極端に背が縮んだり、背が丸くなるなどの姿勢の変形が見られたり、寝ている状態から起き上がる動作で腰に痛みが引き起こされたりと幾つかの特徴があるものです。ぎっくり腰でも背中の丸みがありますが、しばらく脱力して寝てリラックスしてくると別段背を丸めずとも真っ直ぐになれることが多いです。また、起き上がるときに痛みが起こることもありますが、圧迫骨折の場合は一旦起き上がってしまえば楽に動けます。腰の筋肉にはさほどの異常はありません。したがって一旦起き上がればほとんど不自由がありません。

メニューに戻る

チェック法⑤:内科由来の痛みとぎっくり腰の判別、腰の痛みの和らぐポジションの有無

つぎに大切になることはぎっくり腰そのものではなく、内科的なもの。すなわち内臓から由来する痛みや、癌などによる腰の痛みのとの判別です。あくまでも参考程度に考えていただきたいもので、本当に稀ですからもともと何らかの基礎的な病気をお持ちになられる方や癌の病歴を持っている人などよほど心配な方しか関係の無いことだと思ってください。

これの判別としては簡単なことです。寝転んだときや座ったときなど何らかの腰の痛みの和らぐポジションがあるかどうかが大切です。僅かにでも腰の痛みが和らぐポジションがあればそれは内科的な疾患を除外する要因となります。内臓が由来する痛みの場合は楽なポジションというものが存在しません。

メニューに戻る

チェック法⑥:心理由来の痛みとぎっくり腰の判別、寝ているよりも立っている方が楽、腰に明らかに刺激が届いていないのに痛くなる、恐怖心が高まると痛い、夜間になると痛むなど

そして、忘れていけない症状が、心理的な要因によって引き起こされるものです。ぎっくり腰を患えば腰が痛いです。痛ければ誰だって精神的に動揺します。平静で居られるはずがありません。しかし、このときの心理的な動揺の大きさは人によって異なります。例えばぎっくり腰によって腰に加わった刺激の量が10だとします。ところが心理的な腰痛を訴えられる方ではこの痛みが10どころではなく100にも1000にも感じます。心理的な腰痛では通常の腰痛疾患では見られない症状があり、痛み方がつかみどころがない複雑な痛み方を生じます。

では心理的な要因によって引き起こされる腰の痛みの特徴を申し上げますと以下の通り。

◆心理的な要因の腰痛の症状

  1. 寝ているよりも立っていたほうが楽(腰に触れるような刺激が加わっただけでも痛むため寝ていることが出来ない)
  2. 腰に明らかに刺激が届いていないのに腰が痛くなる(足の指先にチョンと触れただけなのに腰に強烈な痛みを訴える)
  3. 感情の変化によって痛みが強まる。恐怖心が高まると痛い。将来の不安、仕事の不安、経済的な負担、家族への負担など想像を膨らますほど痛みが悪化する。なんとしてでも治そうと気負うと痛みが強くなる。
  4. 全身の緊張が過剰に起こる:腰だけでなく全身状態に緊張が見られる。発言にも緊張感が見られる。
  5. 夜間に痛む:日中の労働中には痛みが起こらない。体力の消耗していない時間帯に痛みが強くなる
  6. 大切な仕事や受験の直前、直後に痛みが強くなる。

などが上げられます。心理的な要因はつかみどころがないのですが、腰痛の基本的な病態を理解していれば、そういった基本的な患者さんの反応と明らかに逸脱した反応を生じます。

どうでしょうか?上記のような感じでぎっくり腰とそうでないものの症状をチェックしてみてください。要するには皆さんの判断基準としては腰が痛かったらなんでも専門家に連絡して委ねる。こういった考え方で間違いはないでしょう。

メニューに戻る

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は病院に行かないと大変なことになるか?

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開