スポーツ選手のぎっくり腰の復帰までの目安

スポーツ選手

結論:3ヶ月かけて元のパフォーマンスに戻す

※スポンサーCM

  1. スポーツ選手のぎっくり腰の復帰までの目安ページ概要:どのようなぎっくり腰でも3ヶ月あれば回復するもの。ただし、ベストコンディションに向けてリハビリをしよう。
  2. 備考ぎっくり腰と隣り合わせにあるスポーツ選手
  3. ぎっくり腰の治癒の基本損傷部の治癒は3ヶ月でどんなものでも回復する。
  4. 従来の安静治療の弊害3ヶ月何もせず安静にしてすごせば大幅な競技能力低下につながる。
  5. 3ヶ月間何をするべきか?ベストコンディションを目指す時期に当てる

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰までの目安

常に激しい運動でぎっくり腰と隣り合わせにあるスポーツ選手では大きな怪我によるものもある。しかし、大抵の怪我であれば3ヶ月で一応は回復するもの。ただし、回復期間に何もせずに安静にして過ごしていると競技能力が大幅に落ちてしまう。したがって3ヶ月間は常にベストコンディションを目指して可能なトレーニングを行う。

メニューに戻る

備考:ぎっくり腰と隣り合わせにあるスポーツ選手

常にぎっくり腰の発生リスクと隣り合わせにあるのがスポーツ選手ではないでしょうか。スポーツ選手では考えられないほどの腰の酷使をします。ある意味では腰のポテンシャルを限界まで発揮する。限界まで発揮すれば当然ぎっくり腰にも陥り易い。もし仮にこういった人たちがぎっくり腰を患ってしまったときには復帰までどのような目安で考えれば良いのでしょうか?

メニューに戻る

ぎっくり腰の治癒の基本:損傷部の治癒は3ヶ月でどんなものでも回復する。

こういったスポーツ選手の競技中に生じたぎっくり腰では目安として3ヶ月ぐらいを見ていただくと良いのではないでしょうか?
3ヶ月という数字は何に基づくのか?それは骨折や捻挫、脱臼などいわゆる一般的な怪我を負ったときには正しく応急処置が成されているならどんなものでも3ヶ月ぐらいあれば回復するという意味合いです。

もちろん折れた骨をキチンと整復(折れた断端をくっつける)処置をしなければ変形治癒します。脱臼も捻挫も同じ。きちんとした固定処置、整復処置をしないと変形治癒や不完全治癒を招きます。でもそういった処置をしっかりとしているなら大方どういったぎっくり腰であったとしてもまず完全に傷が治る。その目安期間が3ヶ月なんですね。もちろん高齢者のように自然治癒能力が落ちていたり、糖尿病患者のように傷が中々修復しない人もおられ一口に3ヶ月で治るとは言い切れませんが、まず普通ならば3ヶ月あればどんな怪我でも治癒します。

したがって3ヶ月という期間を目安としてスポーツ大会のスケジュールを組んだり、リハビリトレーニングをしたり調整をすることで復帰が分かり易いです。

※スポンサーCM

メニューに戻る

従来の安静治療の弊害:3ヶ月何もせず安静にしてすごせば大幅な競技能力低下につながる。

しかし、誤解をしてはいけないのですが、3ヶ月間何もしないで安静にして寝て過ごせというわけではありません。そのようなことをしていれば安静にしている間に大幅に体が衰えます。人は何もせずにいると24時間で数パーセントの筋力低下が起こるといわれるほど常に重力に逆らって動いている必要があります。長期間寝て過ごせば大幅に競技能力が低下して第一線を維持することはまずできません。

メニューに戻る

3ヶ月間何をするべきか?ベストコンディションを目指す時期に当てる

ではこの3ヶ月という期間は何をするための期間でしょうか?ただ3ヶ月間無為に過ごす。寝ていてはダメ、練習してもダメという意味なのか?
決してそういった無駄に過ごす期間ではありません。
この3ヶ月間という期間はあくまでもベストコンディションを目指すための時期だと思ってください。
3ヶ月間かけて少しずつ調子を上げて行く訓練をつむ。そして、晴れて患部の損傷が100%収まったら初めて100%のパフォーマンスを出してみる。完全に治癒した患部は壊れることはありませんから安心して思う存分に力を発揮できます。

※スポンサーCM

3ヶ月間、リハビリを積みながらベストコンディションを目指しつつ、腰には無理をさせない。動かせる体のパーツを出来るだけ使い腰を無理させないトレーニングを心がける。また、ぎっくり腰を起こしてしまったスポーツ動作を見直してみることも大切です。

こうして体を鍛えてそれまで不足していた筋肉を補ったり、腰に負担が加わらないように柔軟体操をしたりと無理をさせないように配慮しつつ、少しずつ腰の痛みを伴わずに動かせる動作を増やして行き、3ヶ月経過後に思う存分動かしてみるようにするとパフォーマンスの低下もなく、尚且つほとんどのぎっくり腰が治癒していることでしょう。再発も気にせずに済みます。

メニューに戻る

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

  1. 時間経過と腰痛関節弾力による腰痛は時間が経過しても治らない。
  2. 一ヶ月腰痛が治らない原因すでに慢性化が起こっている。
  3. ぎっくり腰何日かかる?軽い筋肉の炎症なら3日、関節の硬直なら整体で1回で治る。1ヶ月以上痛いものは精密検査を受けよう
  4. ぎっくり腰の仕事復帰一般的には痛みが収まったら復帰されますが、腰をどの程度酷使するのか?そして仕事の考え方にもよります。
  5. 数週間続く腰痛は自然治癒しない慢性化している可能性があるため治療を受けないと治らないこともある。
  6. 3週間続くぎっくり腰は慢性化している自然治癒が期待できるぎっくり腰は発生後1~2週間まで
  7. スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安スポーツでは人が持っている力の100%の発揮を目指す故に一旦ぎっくり腰を発症したらベストパフォーマンスには3ヶ月ほど要することもある。
  8. ゴルフの再開は?ぎっくり腰からのゴルフの再開は、多くの症例に共通する腰椎の椎間板ヘルニアの突出したヘルニアの誘導操作によって多くの場合痛みが治まるが、結果の良し悪しに関わらず低下した腰部の運動性をリハビリによって克服せねば安全性の補償はできません。
  9. 1ヶ月以上続く腰痛の原因1ヶ月以上腰痛が続くと骨折や悪い病気をイメージしますが、自然治癒メカニズム(血流が悪い)だけのこともあります。寝ていないでキチンと治療を受けましょう。
  10. 安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由痛いときには注意するが治まると同じ動作を繰り返すから。
  11. 腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期最も痛みが強い時期ではなく意外なことに痛みが治まった直後
腰痛の検査・慢性期判断

腰痛の検査・慢性期判断

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

中期的な経過判断

長期的な経過判断

セルフチェック

腰痛の検査データ

検査法について

検査の流れ

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報 

腰痛は気持ちが変われば治るか?

坐骨神経痛と変形性股関節症には違いがない

うつ伏せで足が上がらない、反らない

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

腰痛の検査・経過判断関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

中期的な経過判断

長期的な経過判断

セルフチェック

腰痛の検査データ

検査法について

検査の流れ

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)