医者や医療関係者もぎっくり腰になる

ぎっくり腰

結論:医学の道はあまりにも広いため、10回生まれ変わっても極めることはできない。

※スポンサーCM

ぎっくり腰と言いますと力仕事をする人や大掃除や引越しなどで重たい物を持ち運んだときになってしまうというイメージをお持ちになられるもの。

医療関係者

だから病院のお医者さんや看護士さん、リハビリの先生、治療院の先生のように医学に詳しい方ではならないものだと思えてしまいます。

ところが、決してそういうわけではありません。医学の道は俗に10回生まれ変わっても全てを習得できないと言われるぐらい学問として多岐に渡る分野があります。なので歯医者さんは歯に詳しい、薬剤師さんはお薬に詳しい、お医者さんは病人の検査に詳しい、リハビリの先生は運動に詳しいという感じで自分の専門分野にはとても詳しいのですが、皆が専門分野を分担しているから自分の専門以外のことには結構疎かったりします。疎いと言ってもそれは一般人よりは知識を持っているわけで、あくまでもその道の専門家から見れば知識が浅いということです。

したがって、お医者さんや薬剤師さん、看護士さん、歯医者さんのぎっくり腰は決して珍しいものではありません。ただし、治療に携わる方にも意地がありますから、自分の専門分野に関することでしたら、自力で腰痛を治すために色々と知識や技術を深めようと努力をします。

※スポンサーCM

だから、医者・理学療法士・整骨院・整体院・鍼灸師・按摩師などのぎっくり腰に関連する医療者達は他の分野の人と比較して受診される傾向は少ないです。ところが明らかに畑の遠い歯医者さん、薬剤師さん、看護士、助産士さんだったりすると普通の方と同じように通院して治療を受けられます。

自分の得意分野とそうでないところをハッキリさせることで色んな人が力を合わせることで高い医療を追究する。必ずしも一人の先生が全ての分野のエキスパートになる必要は無いのだと思います。

また、ぎっくり腰はちょっとしたクシャミや咳、倒れそうになって踏みとどまったとき、足を滑らせたときなど意図せず起こることもあります。こういった意図せず生じる事故・怪我によっても起こりますから全てを知識や知恵だけで防止することは出来ません。人が意識を配らせられることにも限度があります。また、病院のお医者さんも多忙を極めており、元々心身が衰弱していてぎっくり腰に陥りやすかったりしますし、一部には堕落した医者もおりますから安定した暮らしにあぐらをかいて、惰性で生活していて不摂生によりぎっくり腰になってしまうこともあることでしょう。

※スポンサーCM

医者

結論:医者はレントゲンで骨を見るだけで治療はしない

  1. 医者選びの間違い病院のお医者さんの治療が悪いから腰痛が治らないのだという考え方ではなく、「自分で治すもの」だという認識を持つことが必要、腰痛は日常の無理・無駄・ムラから引き起こされるものであってそこを正さないと医者選びを幾ら繰返しても腰痛は治らない。
  2. ぎっくり腰で専門医の診察が必要なもの専門医の対応が必要な症状は、排尿困難・間欠性跛行・安静時痛
  3. 医者や医療関係者もぎっくり腰になる治療や医学の勉強をしているのだから絶対にぎっくり腰にならないのかというとそういうわけではありません。人が意識して防止できる範囲には限度があります。気を抜いていれば医療関係者でもアッサリと腰を痛めるはずです。
  4. 医者が腰痛に対応できない理由医学の道は余りにも膨大なもの。そのため一人が全てを極めることはできない。医師免許取得にあたっては細菌学・婦人科・整形外科・内科・外科など余りにも広範囲の学習をするためひとつ一つを深く学ぶことはできない。整形外科疾患の分野だけでも筋・神経・骨格と様々な医療があり、腰や膝・足首・外反母趾と広範囲すぎて腰痛を捨てているのかもしれない。
  5. 腰痛は誤診が多い腰痛診断では誤診が日常的にある。レントゲン検査の画像上の特性から診察していることがあまりにも多い
  6. 骨主体診療の利点と欠点骨折や脱臼を早期発見して短時間で多数の患者を見るのには有効だが痛みは目に見えない現象
  7. セカンドオピニオンとは?複数名の専門家の意見を聞くことでベストな判断につなげること
  8. 医者の腰痛治療の考え方「そんなの寝ていればそのうち治る・・・」
  9. 医者と一般治療家の腰痛治療の違い医者は教科書的なものを求め、治療家は優れた治療効果を求める。
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

医者

結論:医者はレントゲンで骨を見るだけで治療はしない

医者選びの間違い

ぎっくり腰で専門医の診察が必要なもの

医者や医療関係者もぎっくり腰になる

医者が腰痛に対応できない理由

腰痛は誤診が多い

骨主体診療の利点と欠点

セカンドオピニオンとは?

医者の腰痛治療の考え方

医者と一般治療家の腰痛治療の違い

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)