筋肉症状

筋肉の症状

  1. 慢性腰痛患者に見られる過剰伸展反射筋紡錘の興奮性が異常になっているためにすぐに筋肉が過剰収縮を起こして腰に激痛をもたらす。
  2. 背筋だけが悪くなる腰痛はない痛みは必ず防御性収縮を引き起こすため主動筋が一番に痛みを生じるが拮抗筋や共同筋にも痛みを引き起こすことがある。
  3. ぎっくり腰で大量に汗を出すのは筋緊張による体温調節発汗腰が痛い、このときには筋肉に思いっきり力を込めてしまう。すると筋肉が熱を作ってしまう。熱を下げるために汗を大量にかくこともある。
  4. 筋応答不良によるものとチェック法 筋肉量は十分に有るけれども重たいものを持上げるときなど必要なときに十分に筋肉が機能しない筋応答不良によって生じるぎっくり腰もあり、肝心なときに筋肉が働かないため、逆に重荷となってぎっくり腰の発生を高めてしまう。
  5. 急激に身動きが取れなくなるのは筋性防御動けなくなるのは筋性防御によって体が硬直して患部を刺激するから。
  6. 腰が攣ってしまう女性毎日マラソンを10キロする。筋トーヌスの低下により錘内筋線維の張力の緩急の差が大きくなることで反射が起こり易く攣ってしまう。しっかりとストレッチをすることが必要
  7. 弛緩性腰痛腹筋や背筋を使わずに背骨で体を支えることで背骨がへたってしまうこと
  8. 中腰になるとお尻の両脇が痛い中腰になったときにお尻の両脇が痛くなるものには、(1)低い姿勢による中殿筋酷使、(2)座位による圧迫障害型、(3)背骨の中の狭窄によるものなどが考えれれる
  9. すぐに疲れてしまう原因は筋肉不足病院で検査を受けてこれといった原因が 無いのにすぐに疲れるときには筋肉が不足しすぎていることが多い。
  10. 筋膜性腰痛症には種類がある筋肉の疲労である筋膜性腰痛症、しかし疲労によるものにも色々あります。
  11. ぎっくり腰です。ピクッと痛みがある。これは何?筋肉の痛みが原因だと思われます。筋肉が痛みを出すと反射が起こります。この反射はピクッと関節に伝わる。そして僅かな動きをもたらすことがあります。
  12. 夜中に生じた筋膜性腰痛症によるぎっくり腰小学校の先生の症例
  13. aaa筋・筋膜性腰痛の放散痛の仕組み痛い箇所が別のところに飛び火して、新しいトリガーポイントを作り出してしまう。
  14. 腰の筋肉の左右差が生じる2大原因①限界まで酷使している、②他の代償として使っている
  15. aaa筋肉から由来する痛みの仕組み筋肉が弛緩できなくなるとそこにストレスが集中して痛くなる
  16. アトニー症状によるぎっくり腰筋肉の弛緩によって起こる体の様々な機能低下、
  17. aaa慢性腰痛と筋肉の長さ慢性腰痛患者では生まれつき筋肉が短い。
  18. a筋膜性のぎっくり腰の特徴筋肉を触ると引き攣るような反射や圧痛点を見る。
  19. aインバランスと関節不安定性筋肉の良く使う部位と使わない部位の差が広がると関節がグラついて腰を酷使する。
  20. aaaぎっくり腰の関節の痛みと筋肉の痛みの違い寝て痛みが消失するなら筋肉、関節を命いっぱい動かして痛いなら関節
  21. aぎっくり腰で筋肉が腫れてしまうのはなぜ?日常生活で筋肉を酷使することで微細なダメージが蓄積するから

筋肉によってもたらされる全般的な症状についてまとめます。



筋攣縮・筋肉がつる

  1. ぎっくり腰患者が気をつけるべき筋攣縮腰が痛いときに無理に動作をしていると咄嗟に腰部に走る激痛発作が現れることもある。
  2. 筋攣縮によるぎっくり腰のアフターケア腰の痛みが緩和した直後は兎に角腰部の負担を軽減することが大切。コルセットが有効である。
  3. 筋攣縮によるぎっくり腰の禁忌事項腰の筋肉が痙攣したときにはその筋肉を逆方向に伸張する。
  4. 筋攣縮によるぎっくり腰の治療メゾット軽い刺激から徐々に慣らしていく
  5. 筋攣縮によるぎっくり腰の治し方筋肉に加わる刺激によって防御反射が起こらないように少しずつ刺激に慣らす
  6. 中高年の筋攣縮の原因筋肉が衰えすぎてびっくりしやすい
  7. 筋攣縮によるぎっくり腰筋肉がビーンと引き攣って腰が痛くなるぎっくり腰について
  8. 反射低下による筋攣縮による腰痛老人に起こりやすい反射低下は梅雨時や真冬や炎天下などじっと屋内で過ごすことで生じやすい。
  9. 筋攣縮は中高年に見られる若い世代に見られるような肉離れは高齢者には少なく、肉離れするほどの負担を与えられないため中高年は筋肉のエネルギーを枯渇するまで使用し続けて筋攣縮を起す。

筋肉が引きつってしまう症状についてまとめます。



筋肉痛

  1. 適応性短縮と腰痛の関係運動不足で体が固くなる現象の適応性短縮、多くの方は生まれつき体が固いと思い込んでいる。
  2. 筋肉は良く使うほど痛みに過敏になる筋肉が弱っている箇所が痛くなるのではない。使って神経が鋭敏になるから痛みを訴える。
  3. 筋膜の痛みと骨膜の痛みの違いについて 筋膜の痛みは我慢できるが、骨膜の痛みは耐え難い
  4. 急性外傷と筋肉痛の痛みの対応すぐに痛みが現れるものと遅れて現れるものがあり、遅れるものはアドレナリンの分泌が関係
  5. 筋肉痛が原因となるもの局在が不明である特徴があり、不安に陥ってしまうことも多い
  6. 筋スパズム型慢性的な肩こりや頭痛と同じメカニズム。局所のエネルギー需要が供給を上回ると無理な運動を制限する。血管の緊張(攣縮)であり外観の以上はあらず。防止には有酸素運動が良い
  7. 筋膜性の痛み筋肉の痛みは筋膜の伸張によって生じるものである。筋膜はその形状のまま保とうとする特性を持つ。
  8. 筋肉痛の有無について筋肉痛を伴うのは筋肉に極度な負担が加わったときであり、追い込みすぎにより十分に超回復が得られず逆に筋肉が衰えてしまうことがある
  9. 生じる理由筋肉が酷使されすぎると生じる現象であるため筋肉痛を生じない程度の負荷設定にすると良い。
  10. 関節痛との違い筋肉痛は骨を操作して筋肉を弛ませる。関節痛は筋肉を操作して痛みを取る
  11. 筋肉痛によるぎっくり腰の痛みの特徴意思で体を動かすと痛くなる

筋トレをした翌日にみられる筋肉痛や、筋肉痛全般についてまとめます。



筋緊張・筋肉の固さ

  1. スティッフバック腰が硬くなってしまい前屈・後屈ともに腰に痛みをみるもの。
  2. マッスルガーディングとは深層部位の激痛を抑えるために表層筋で生じ、添え木のように患部を守る。
  3. マッスルガーディングは揉んではダメなのか?痛くて我慢のために筋肉が硬くなる説と、痛い部分を守るために筋肉が甲羅のように硬くなる説のマッスルガーディング、どちらの説であったとしても硬くなった筋肉には疲労が生じて痛みの悪循環を起す原因となる。
  4. マッスルガーディングは深層筋を治療する深層筋の痛みをかばうために表層の筋肉が過剰に緊張して強張る現象。深層の治療を必要とする。
  5. 筋肉が固くなる理由アミノ酸酸化説、カルシウムイオン説、神経興奮説、乳酸説、活性酸素説、FF説、ストレス説、可動域低下説、肥満説
  6. ぎっくり腰は筋肉が緩められないときに陥るぎっくり腰に陥る前後には腰の筋肉が興奮気味になり筋肉が無意識に力んで固くなってしまって衝撃を受け流せなくなっている。
  7. 筋肉が固まったから腰痛になったの?筋肉が原因のこともあれば関節が原因となることもある。
  8. ぎっくり腰でみられる筋緊張の原因は?ぎっくり腰で筋肉が過剰に緊張する理由は①運動神経の興奮性の上昇によって反射による筋緊張が生じていること。②エネルギー消耗によってカルシウムポンプが十分に働かず筋肉が収縮したまま弛緩できなくなっている、などがある。
  9. 筋肉が緊張するとなぜ腰痛が生じるのか?筋肉が緊張すると痛みが出てぎっくり腰になるのは、発痛物質が生成されるから。
  10. ぎっくり腰と筋肉のコリ筋肉のコリから由来するものについて、凝りを放置するとどうなってしまうのか?(コラム集①)
  11. 緊張反応と腰痛人は不安を感じたときや痛みを感じたときに特定の反応をするが腰痛持ちや心因性の腰痛を起こす患者では極端な緊張反応を生じていることがある。
  12. シールド型体格指数のBMIが31を上回ると症状が重くなる傾向がある。
  13. フラミンゴ兆候シンクロナイズドスイミングのスカーリングのような兆候、緊張性が高まっていることを意味する。
  14. 筋肉が硬直するのは?深層筋のダメージを補うためにアウターマッスルがマッスルガーディングを生じるから。
  15. 古いタイヤのように腰部が硬くなった症例体の疲労によって古びたゴムタイヤのように体が硬直して痛みを生じることもある。
  16. 筋緊張による血行障害から由来する腰痛の典型的特長痛みの局在がハッキリせず、鋭い反射が起こるような痛み方でないこと
  17. 筋肉の異常緊張の原因筋肉の異常緊張の原因
  18. 患者が気をつけるべき筋トーヌスについて筋肉の脱力した状態でのテンションを意味する筋トーヌスに着目し全体のテンションが均一になるように日常からメンテナンスすることが望まれる。運動神経の興奮性が大きく関係しており、脳性・脊髄性・末梢性などが関係する。整体では主に末梢性のものを対象として調整している。
  19. aaaバランスと腰の緊張バランスが悪いと腰を緊張させて安定を保ち、腰の疲労を招く
  20. aaa筋肉を鍛えると筋緊張が減る筋肉を鍛えるほど余計な緊張が減る
  21. a立ったまましゃがめないぎっくり腰体の背面の筋肉が障害されているときや心理的な要因からもたらされるぎっくり腰
  22. 筋トーヌスとの関係についてぎっくり腰では事前の兆候として筋トーヌス(脱力したときの筋肉のテンション)に変化が見られることがあり、下半身のトーヌスが低下して上半身が亢進している。これらを早期に発見し全体が均一になるように整体で治療を受けると良い。
  23. 関節可動域制限によるぎっくり腰の原因とは?筋肉の興奮が高まること

筋肉が固まっている症状についてまとめます。



筋肉のコリ

  1. ぎっくり腰の原因となる筋肉のコリはなぜ生じるのか?筋肉が酷使されることで興奮性が高まるから
  2. ぎっくり腰の痛みが筋肉のコリを作り出す原因筋肉を動かすときの乳酸がコリを作り、乳酸がエネルギーの生成を抑制するから。
  3. 筋肉のコリが原因となるぎっくり腰の自然退縮について普通の筋肉のコリなら長くても1ヶ月以内に治まる。しかし、コリが筋硬結になると自然退縮が得られない。
  4. ぎっくり腰の原因となる筋肉のコリとは?運動神経の興奮により筋肉の緊張が亢進した状態のこと
  5. 腰痛と防御収縮患部の痛みは患部の損傷そのものによって引き起こされるよりも患部を防御するための防御収縮によってもたらされる。
  6. コリによるぎっくり腰の種類①疲労性のコリ、②保護としてのコリ
  7. 寒さの震えによって体がコリ固まっている女性の治療。感冒と呼ばれる状態でした

世間一般的に「コリ」と呼ばれる症状についてまとめます。



筋肉関連症状


症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

症状別

「症状別」カテゴリーを以下の4つに区分します。

① 腰痛症状

② 筋肉症状

③ 腰部の経過別の症状

④ 腰痛と関連性のある症状