ぎっくり腰専門ユークル整体院

腰痛にスーパー銭湯は?

スーパー銭湯

結論:日常ケアとしては良い。腰の感覚が過敏なら止める

※スポンサーCM

腰痛を患ったときには体をホカホカにあっためて血流を良くしたら腰痛の治癒が早まるだろうと考えてスーパー銭湯に足を運んで、湯船に浸かったり、サウナの利用をお考えになられる方もおられることです。

ところが短絡的に体を温めることが良いとか、冷やすことが良いとか言えるものではありません。腰痛があるときには感覚が過敏になっているため少々の熱や冷水の影響でも体に痛みが起こされることがあります。特に急性期の腰の痛みでは痛みが強くなることがありますので銭湯は控えるべきです。一般的に腰の感覚は16度~40度までなら冷たさや温かさを感じることが出来るのですが、15度以下になったり、41度以上になったりすると痛覚に対しても刺激が加わるため痛みが強まってしまうこともあるのです。つまり温浴はできる限り控えるべきだと言えます。同じく冷水浴も控えましょう。

日本には「湯治」という言葉もありますから腰痛を患ったときぐらい大浴場のスーパー銭湯でくつろぎたいものですが極端な刺激を腰に与えたり、無闇に動かずに休んでいれば済むものを痛みを堪えて銭湯まで足を運ぶことで痛みが悪化しますので湯治はあくまでも日常的な腰のケアであって痛みを抑える対症療法として捉えることは危険な考えだと言えます。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開