ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰と出産

出産

結論:出産経験の無い人ほど痛みに敏感。

※スポンサーCM

出産が女性のぎっくり腰に与える影響、女性の健康に与える影響はかなり大きなものです。

ぎっくり腰の患者様では主に2種類の痛みを生じます。

力仕事

一つは力仕事のような腰を酷使したことによる、腰の関節や筋肉・骨などに加わる強い力によってもたらされる痛みです。こういった外からやってくる力が痛みをもたらすことを外因性感作と呼びます。

心の悩み

もう一つは心理的な悩みや苦悩からもたらされる体内の緊急反応による痛み、要は体の内部がビックリして痛みをもたらすのです。心や体の内なる部分からもたらされる痛みのことを内因性感作と呼びます。

※スポンサーCM

腰が痛ければ必然的に怖かったり心理的な動揺がありますから内因性感作を招きます。内因性感作が、体を硬直させて足がもつれたり、腰に力が入らなくなって腰を抜かしたりと外因性感作を招くこともあります。

腰を抜かす

外因性と内因性はどちらも影響しあっており完全に切り離すことはできません。

ところが、ぎっくり腰を患った患者さんには少なからず内因性感作の度合いが大きい人もいれば小さい人もいるのです。

内因性感作の影響が大きい人は総じて、男性や若い女性、出産を経験したことの無い方に多いです。男性の場合は出産は想像するぐらいしかできませんよね。

出産を経験したことが無い方では痛みを感じたときに多くの方は死を連想します。

死

ところが出産を経験した女性では痛みを感じたときに生命の誕生を連想します。

生

赤ちゃん

※スポンサーCM

「うぅ~痛い・・・で・でも早く赤ちゃんと会いたい」
出産のときの母の強さを思い出してしまうのでしょう。
痛みはあっても別に病気だから起こるのではない
痛みとは健康な人なら誰にだって起こるものである。
一度産みの苦しみを経験した女性では、内因性感作によって受ける痛みの影響が著しく軽減されるのです。
多くの場合出産経験のある女性では外因性感作の影響の方が大きいです。出産経験やお子さんの有無だけでもぎっくり腰の原因が判別できてしまうことも沢山あるんですね。

女性と腰痛

結論:痩せすぎて体力不足で腰痛を起こす。しかし、自分では「太っている」と考えている。

どうして男は重たいものを持てるのですか?

女性の腰痛の原因

膀胱炎と腰痛

妊娠

結論:妊娠中の腰痛は避けられない。妊婦帯で紛らわす

妊娠中のぎっくり腰対策は?

妊婦はどの体勢で寝るのがいいのか?

不妊の恐怖について

妊娠中の火照りで眠れず

ぎっくり腰中の出産はどうしたら良いのか?

産後腰痛

ぎっくり腰だけど骨盤矯正が受けられない

ぎっくり腰と出産

赤ちゃん・胎児・乳児

結論:生後1歳までは短時間睡眠を繰り返す。夜鳴きは避けられない。育児休暇を上手く利用する。

子育てと仕事でぎっくり腰になった

子育ての苦労からのぎっくり腰

ぎっくり腰と新生児の睡眠リズム

抱っこ腰痛

結論:抱っこは3歳児まで。

生後数ヶ月の赤ちゃんを抱っこしてぎっくり腰になった

3歳の子供を抱っこしたらぎっくり腰になった

抱っこの年齢

腰を痛めずに子供を自転車・ママチャリ・ベビーカーに乗せる方法

腰痛と肥満

相撲取りに腰痛が少ない理由

肥満体型のぎっくり腰は椎間関節腰痛が多い

肥満のぎっくり腰は生活の無理を見直す

肥満体型の二つの腰痛タイプ

その他体型

背の低い人の腰痛

痩せていてもぎっくり腰になるのか?

身長が高い人は腰を屈め、ぎっくり腰になりやすい

ぎっくり腰心理学

ぎっくり腰は発生は減らせるがなくならない

ぎっくり腰の原因となる因果関係

F1レーサーのぎっくり腰の症例

精神的な緊張はぎっくり腰の発生を増やす

ストレスが不注意を招いてぎっくり腰を起こす

ストレスがぎっくり腰を招く仕組み

仕事でストレスを抱えるとぎっくり腰になりやすい

ストレス性ぎっくり腰を防ぐには体型を考慮する

ぎっくり腰の痛みとストレスの関係について

ぎっくり腰とがっくり腰の違い

心因性のぎっくり腰の特徴

ぎっくり腰と心身

ぎっくり腰と心理・社会的要因

ぎっくり腰は、他人事ではない

ぎっくり腰患者に見られる無理な考え方

ぎっくり腰と思考パターン

ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく

ぎっくり腰の恐怖

その他原因

股関節アライメントとぎっくり腰

ぎっくり腰は下半身のアンバランスによって起こる

19歳、突然腰が痛くなったが癌か?

ぎっくり腰を緩和したいなら「床断熱」に着目する

原因不明

きっかけがなくジワジワ痛くなったのはぎっくり腰か?

何もしていないのに腰が痛い

ぎっくり腰がスポーツ選手にも起こる理由

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

持上げ動作

力学

筋肉

内科

骨格

その他

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開