ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰で揉み返しになった

結論:先生が一生懸命にマッサージで治療をしても、自己管理が悪ければ何度も悪化を繰返します。

※スポンサーCM

ぎっくり腰を患ったときにマッサージを受けたら一旦は良くなったのにその後、揉み返しになって余計に悪化したとします。この背景には治療者側の問題もあるのですが、患者の自己管理の悪さも一因します。

質問:マッサージを受けてしばらくして腰の痛みがぶり返し、悪化したのは?

ぎっくり腰を患ったときにマッサージ屋さんで治療を受けたところ、その場の痛みが緩和されたのだけど、しばらくして腰の痛みがぶり返してきた。もしくは痛みが元よりも悪化してしまった。こういった腰痛サイトを拝見することがあります。

すでに「マッサージでぎっくり腰が悪化した」で、マッサージの鎮痛メカニズムが心理的な要素や血流を良好にする作用が期待できることは御伝えしました。一旦痛みが緩和されたのになぜ痛みが再燃して悪化してしまうのか?

悪化した原因:腰の管理の問題がある。

これにはいくつか原因が考えれます。

※スポンサーCM

その1つが腰部の管理の問題です。以下のようなことは考えられませんか?

  1. 痛みが治まったから無理に動き回ってしまった。:マッサージの痛みの緩和効果は永続的に続くものではありません。また、対症療法であり、患部の炎症そのものは鎮まってはおりません。無理に動き回ると痛みは悪化します。
  2. 寝ているときの腰に良い安静のポジションが分からない:仰向けに寝て膝の下に布団を挟んで膝を立てたポジションを保つと痛みが緩和されます。枕を使わずに膝を立てたり、仰向けに足を真っ直ぐにして寝そべっていると腰が反り返って痛みが悪化します。また、側臥位になって体を丸めるエビのポジションは仰向けよりも体と床面との接触面積が狭まるので体に若干の緊張が生じて痛みが強くなります。
  3. マッサージの効き目が切れた:マッサージの効き目は一生永続するものではありません。効き目が切れるとそれまで収まっていた痛みが再び現れます。一旦鎮まった痛みが再び現れると「マッサージによって治癒した」と思っていたのが裏切られたような気持ちを抱いてしまうかもしれません。その不満や怒りが体を緊張させて痛みを招いたのかもしれません。

    怒り

  4. お風呂や氷で冷やすなど過度な刺激を与えた:間違った対処としてアツアツに加熱されたお風呂に入ったり、キンキンに冷やした氷で腰を刺激したりと過度な刺激を腰に与えてはおりませんか?極端な刺激を与えると腰がビックリして痛みを再燃させることがあります。
  5. 不安定な気持ち:「すぐに仕事に復帰しなければならない」という気負い、「このままどうなってしまうのか?」という将来への不安、身動きが取れないことで何も出来ない苦痛、楽しみにしていたスケジュールを不意にしてしまった虚無など心理的な影響はありませんか?心が不安定だと体が緊張したり痛みに敏感になったりと悪化したように感じてしまうものです。
  6. 天候や気温の変化:一般的に気温が体温よりも低下するほど腰が刺激されて痛みを感じます。冬場であれば夕方ぐらいにマッサージ店に足を運んで手技を受けたとし、夜間を迎えると気温の低下が起こります。すると体が冷えて緊張が生じ痛みを再燃させることがあります。マッサージを受けたときと同じ気候条件になると痛みは元よりも軽くなることが多いです。本来ならばマッサージの先生がこういったことに事前に言及しておく必要があるはずですね。

※スポンサーCM

いずれにせよマッサージを受けてぎっくり腰が悪化したときには揉み返しという治療家の先生側の腕の問題もあると思いますが、患者さん側にも腰部の管理上の問題があることは確かなことでしょう。適切な管理をしないと何が原因で痛みが悪化したのか分からなくなってしまうので気をつけたいものです。

また、どうして痛みが悪化したのか分からないときには専門家に相談することも大切ですよね。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開