荘A[NX̉@

外因性腰痛と内因性腰痛の判別

結論:内因性は全身的な緊張を生じることが特徴

〔目次〕

  1. 外因性腰痛と内因性腰痛の判別
  2. 腰痛の大別大きな力が腰に働く外因性発痛と、心理的側面による内因性発痛に分けられる。
  3. 内因性と外因性の関係相関関係を持つ。
  4. 判断の必要性両者の影響の度合いを見極める。外因性はメカニカル、内因性はメンタルを重視した治療となる。
  5. メンタルを重視した治療とは?丁寧な説明、優しい治療
  6. 内因性の考慮専門家の治療を必要としないこともある。
  7. 判別内因性は全身的な緊張、外因性は腰を局所的に庇う。
  8. 内因性の特徴脱力すると痛みが消失する。

※スポンサーCM

外因性腰痛と内因性腰痛の判別

ぎっくり腰では大きな力が腰に働いて生じる外因性腰痛と、心の状態が関係している内因性腰痛に分けられる。両者を判断して外因性にはメカニカルな治療、内因性にはメンタルを重視した治療を行なう。内因性は全身的に緊張が生じ、リラックスすると痛みが消失することが特徴。

メニューに戻る

腰痛の大別:大きな力が腰に働く外因性発痛と、心理的側面による内因性発痛に分けられる。

腰痛の原因は大きく分ける2つに分けることができます。この二つのどちらかに当てはまるかをぎっくり腰を患った初期の段階である程度判断しておくとその後の治療がスムーズです。

一つは重たい荷物を持ち上げたり、腰を酷使するような場面によってもたらされる外から痛みを起こす原因がやってくるもの。

外因性の腰痛のきっかけ

転んで腰をぶつけたり、腰をグキッと捻ってしまったりするようなもの。こういった直接的な外からやってくる大きな力が腰に働いて腰を痛めてしまったものを外因性腰痛と呼ぶことが出来ます。

これに対して、心理的な側面など心から引き起こされるようなものを内因性腰痛を呼びます。

メニューに戻る

内因性と外因性の関係:相関関係を持つ。

内因性の腰痛のきっかけ

毎日仕事や家庭、学校などで辛い思いをしたりすると元気が失われます。また、他人に怒鳴りつけたりと感情を使うほど精神をすり減らします。心理的な影響もかなり大きいもの。元気が失われると腰に力が入らなくなってすぐに腰を抜かしてしまったり、腰を痛め安くなります。また、普通なら大したことがない痛みでも強く感じることもありますし、沢山の発痛物質を作り出します。

※スポンサーCM

外因と内因は完全に切り離すことはできません。例えばつまづいて腰を捻ってしまった。腰が痛い。すると痛みと共に恐怖心や不安が頭をもたげます。するとこの恐怖心が内因性感作として腰に痛みをもたらします。外因が内因を呼ぶことがあります。

恐怖

また、内因によって恐怖心や不安が体を硬直させることで柔軟な体の動きを損ねてしまい腰を痛め安くなる。外因を呼ぶこともあります。

両者は互いに影響しあっており、相関関係を持っていると言えます。

メニューに戻る

判断の必要性:両者の影響の度合いを見極める。外因性はメカニカル、内因性はメンタルを重視した治療となる。

ぎっくり腰に陥ったときにはこの内因と外因がどれぐらい影響しあっているのかを見極める必要があります。人によっては外因の要素が強いこともありますし、内因の要素が強いこともあります。
外因要素が強い場合はメカニカルなテクニックを用いて改善をして行きます。つまり、人体を車のパーツのように見立てて、「この筋肉が機能を低下しているから腰のこの動きが制限されているのだろう」という感じでボディーメカニクスを重視して治療を手掛けるわけです。

メカニカルな整体治療

これに対して、内因要素が強い場合にはどちらかというとメンタルに働きかけるテクニックを用います。

メニューに戻る

メンタルを重視した治療とは?丁寧な説明、優しい治療

問診

例えば丁寧に症状を説明して、患者さんの不安を払拭する。
多くの患者さんは
「ヘルニアになってしまったのではないだろうか?」
「働けなくなってしまわないだろうか?」
こういった過度な心配を抱かれて不安から内因性発痛が引き起こされております。
安心させることで痛みは随分と軽減されます。
こういった心理的な発痛を食い止める仕組みは意外なことに多くの方が無意識に実践されております。
優しい声かけ

病気や怪我で辛いときに優しく声を掛けてもらうと気持ちがうんと楽になります。もちろん痛みや辛さそのものがなくなるわけではありませんが何もしてもらえず冷たくされるのと較べれば雲泥の差があるほど気持ちが楽です。

メニューに戻る

内因性の考慮:専門家の治療を必要としないこともある。

※スポンサーCM

外因性の要素が強いときには皆さんにはどうすることも出来ませんが、内因性の要素が強い場合には丁寧に接してあげること。優しく声をかけることなど気持ちを楽にしてあげられるような心遣いをして上げられれば別段専門家の治療を必要としないこともあるですね。もちろん内因性にも度合いがあって心療内科を受診するようなレベルもありますから一概には言えませんが一度専門家に相談してみるべきでしょう。

メニューに戻る

判別:内因性は全身的な緊張、外因性は腰を局所的に庇う。

では、内因性と外因性をどうやって見極めるべきなのか?
外因性は主に局所的なダメージによって起こることが多いです。そのため寝ていても起きていても腰に局所的に刺激が加われば確実に痛みが現れます

これに対して内因性は全身的な緊張が体を硬直させて痛みを強く誘発させることがあります。

恐怖心

恐怖心によって引き起こされる緊張が腰だけに働くことはありません。全身的に緊張が生じますので体全体が縮こまるような仕草をします。外因性の場合は腰を庇うような仕草をします。腰を庇うときには腰椎を垂直に近づけることでしょう。軽く腰を落とすと腰椎が垂直になります。膝を伸ばしている状態だと腰が軽く反るので腰の筋肉が働いてしまい痛みが生じるんですね。

腰椎を垂直に近づける

メニューに戻る

内因性の特徴:脱力すると痛みが消失する。

全身性の恐怖心によって痛みがもたらされているときにはこういった典型的なポーズとはちょっと違った姿勢特徴を示すことがあります。また、寝転んで腰に体重が加わらないようにした状態で他人が手足を色んな方向に動かしたときに全身が脱力する臥位のポジションだと心因性疼痛だとほとんど痛みを発しません。全身が脱力すると痛みが消失することも大きな判別の手がかりとなります。外因性の局所的な痛みの場合は寝転んで体を動かしても腰に痛みが走ります。

いずれにせよ上記に御伝えしたことはあくまでも参考程度に留めていただき、詳しくは専門家の先生に診てもらうことが大切でしょう。万が一上記の内容を実際のぎっくり腰で用いる場合は必ず自己責任で実施し、内容に関わらず専門家の受診をするようにしてください。

メニューに戻る

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)