荘A[NX̉@

腰が痛いときの歩き方

結論:腰を落として歩くが、途中で壁に寄りかかって休もう

※スポンサーCM

ぎっくり腰や腰痛を患ったときには多くの方は背を丸めて腰椎を鉛直な柱のようにして姿勢を保とうとします。

腰が痛いときの姿勢

腰を痛めているときにはこの図のように体をくの字にして背を丸くします。このようにしますと腰の高さにある腰椎が煙突のように真っ直ぐに配列されますから腰の筋肉を使いません。なのでこの姿勢で歩こうとします。

ところがこの膝が曲がったままの姿勢で歩きますと、膝や骨盤周りの筋肉に与える負担がとても大きいです。腰の痛みは一時的には楽ですがスポーツ選手が行うスクワットをしているようなもの。

スクワット

ほんの半日ほどそのまま過ごしておりますとすぐに太腿や骨盤周りの筋肉が過剰に緊張してきます。骨盤周りの緊張が腰の運動を制限するため腰を痛め安くなります。

※スポンサーCM

体を真っ直ぐにする

もし仮に、背を丸くした姿勢を取らずとも直ちに腰に痛みが現れないようなときには出来るだけ図のように膝と背を真っ直ぐに保ちましょう。この姿勢になることで直ちに痛みが現れる方は無理に動き回らずに寝ているべきです。

別段すぐには腰に痛みが現れないなら出来るだけ体を真っ直ぐにして行動をします。ところが、体を真っ直ぐにして行動すると腰が次第に疲れて痛みが強まってきます。腰が疲れると痛みが出ますので、このときには出来るだけ壁に寄りかかるなどして太腿を休ませたり、イスに腰掛けて背もたれに寄りかかるようにしてみましょう。

壁に寄りかかる姿勢

基本的には体を真っ直ぐにして痛みが直ちに痛くならないのでしたら真っ直ぐの姿勢で歩くようにします。仮に真っ直ぐの姿勢で腰が疲れてしまったら壁に寄りかかって腰を休めましょう。イスの背もたれに寄りかかっても良いでしょう。背を丸めた姿勢はできるだけ取らないようにして、腰を休ませながら移動をするようにすることが良いと言えます。どうしても腰を丸めないと行動不能なケースの場合は移動は最小限に抑えましょう。極力お願いできる仕事は他人に依頼するべきです。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門