ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ゆっくり動き出して徐々に動きを強め、そして止まるときもゆっくり止まるように心がけることが良い。腰部の急激な動きによる伸張反射による発作的な攣縮がぎっくり腰の正体なので、反射がおこらないようにゆっくりした動作を心がけることが良い。日頃から胴体の筋肉を鍛えることでクシャミや咳など多少のことで筋肉を酷使しすぎぬように余力を持たせられると良い。

※スポンサーCM

何度もこれまでにぎっくり腰を患ってしまわれている方や慢性的な腰痛をお持ちになられている方がどうしたらぎっくり腰に陥らずに済むのか?ぎっくり腰とは実に様々な発生のキッカケがあります。しかし、それには幾つかの共通点があるのです。

この共通点を知っていただき、気をつけていただければ基本的にはぎっくり腰が起こることはありませんし、仮に起こっても直ぐに緩和させることができ、酷い症状が出る前に防止することができます。

ゆっくり動き出して徐々に出力を高めること。

ではどういったことに気をつけるのか?それが動くときなどに最初はゆっくりと優しく動きだしていただくことなのです。ゆっくり動き出して徐々に出力を高めて行くことでぎっくり腰の発生は著しく防止効果を高めることが可能になります。

※スポンサーCM

ぎっくり腰とは筋肉の急激な攣縮であり、伸張反射の一種

ではなぜゆっくり動くことが良いのかと申しますと、急に動かしたりしますと、腰椎を補強している筋肉が急に引っ張られて急激な攣縮を起してしまうからです。筋肉は反射的に固くなっる特徴があり、伸張反射という反射メカニズムをもっているわけです。筋肉が急激に引き伸ばされますと伸張反射という反射が起こって過剰に筋肉が収縮しますので、ときに引きつって攣縮するわけです。これがぎっくり腰の激痛の仕組みでもあります。

こういった伸張反射を防止するためにはどうしたら良いのかともうしますと、やはりゆっくり動き出していただくことが大切になります。

※スポンサーCM

自動車も急発進や急停止は車体に負担が大きい

こういった仕組みは車と同じだと思ってください。運転するときに毎回急アクセルや急ブレーキをしたらサスペンションだとか車の車体にとても大きな負担が加わりすぐにガタが来てしまいますよね。人間の体も急に全力で動いたり、止まったりしますと、関節に負担が加わりやすいのです。とくに下部腰椎には体重の多くが加わりますので負担に耐えられずにぎっくり腰を引き起こしてしまうこともあるわけです。

腰を丸めて腰掛けていて急に背を伸ばしたり、背を伸ばしている状態から急に背を丸めたり、緩急の差が大きくなりますと体がついてゆけず筋肉が反射的にブレーキを掛けてそれが痛みにつながりますのでゆっくり動き出してゆっくり加速し、そしてゆっくり減速し止るように心がけていただければ腰に加わる負担も小さくなります。皆様もこういった動きの方が安心してみていられることでしょう。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開