荘A[NX̉@

ぎっくり腰治療における温熱療法や電気療法の弊害は?

電気療法や温熱療法はぎっくり腰の背景となる筋肉の硬結(強張り・筋スパズム)の改善を促し、血行を促進してくれる治療メリットが期待できるが、その反面患者がなぜそういったぎっくり腰の背景となる疲労が生じやすいのか?という根本的な療法にはつながらないため、患者の依存心を招いてしまい、キチンと日常ケアの必要性を理解しないまま物理療法だけをしても問題が何も改善されず、ぎっくり腰を再発させてしまう危険性があるので注意が必要。

※スポンサーCM

ぎっくり腰や慢性腰痛といいますと、直接的には重たいものを持上げることで生じるというイメージがありますが、間接的な意味ではそれらの背景には筋肉の蓄積された疲労があることは多くの方がご存知になられております。疲労が蓄積して腰の筋肉が固く強張ることで負荷が生じ、抵抗が加わるために腰をかがめてしまったときにぎっくり腰などが生じてしまうのです。

こういった病態に陥ったときにはひとまず温熱療法や電気療法などの機械を当てることが整形外科や整骨院では一般的です。ところがこれには弊害もいくつかあるので受けられる方はそのことについて知っておく必要があります。

治療的効果:筋スパズムの緩和、血行促進

ではまず弊害をお話するまえにこれの効果についてお話させていただきますと、先ほども申したとおりでぎっくり腰の背景には筋肉の硬結(強張り)が抵抗になっているため、この硬結である筋スパズムを改善する目的で電気治療や温熱療法を実施してゆくわけです。そうしますとそういった物理的刺激が筋スパズムを改善してくれるため、腰部の抵抗が解消されて、尚且つ腰部の血行を促進して治癒を早めてくれるということがこれのメリットになります。

※スポンサーCM

一見すると何も治療上のデメリットはなく有効性が見られるが、一番の問題点は依存心を助長すること。

こういった治療効果を耳にしますと、如何にもこれらの治療法はとても効果があるように思えてしまいます。これを受けることで腰部の緊張を僅かにでも抑えることができればぎっくり腰など怖くないと思える方もおられるかもしれません。逆にどこに弊害があるのか?と不思議に思えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、これらの療法の一番の問題点は患者様の依存心を助長してしまうことなのです。痛みを安易に解消してしまいますと、患者様自身はなぜ腰に硬結が生じてしまったのか?ということに目を向けることがなくなってしまいます。痛くなったら電気治療や温熱療法に依存してしまおうとお考えになられてしまいます。整体などの徒手療法と異なりこういった機械や設備とは皆様がご用意することはなかなか難しいため、こういった設備を備えている治療院にその後も延々と通い続ける結果となりかねません。ところが、そういったものと比較していただきますと、整体などではツボ押しやマッサージ徒手、ストレッチングなど幅広い療法を用いることができ、患者様自身も再現できますので、同じような痛みが発生したときに自分でセルフケアできるようになり、その都度違うタイプの痛みが発生したときにだけ先生のところに教わりに行けばよいため、その後に渡っても自分で管理して行くことができます。また、先生と時間をかけながら対策法を学べますので結果的には依存心を持たずにセルフケアにつなげられるのです。

現代人の多くは仕事に追われ時間が取れないため、考えることを放棄し目先の対策におちいりがち。

やはり、これらの療法自体が決して誤っているというわけではありません。これらの療法とは治療効果にだけ目を向けていただきますとむしろ一定の変化値をもたらすことができます。しかし、現代人の多くは仕事に追いかけられた日々を過ごしておりますのでどうしても自由な時間がなく、物事をキチンと考えることを放棄して大きな物事に流され易いのです。つまり余程強い意志を持って治療に望まないかぎりほとんどの方は思考停止して、妥協的にそういった療法を受け入れていってしまうわけです。そして根本的な対策をせず痛みだけが改善するのですが、また同じような状況に陥ったときにその状況を自分で克服することができないため、何度も治療院に目の前の症状を取り除いてもらうために通い続けてしまうわけです。こういった人間心理の弱い部分を多くの方は秘めております。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書