ぎっくり腰専門ユークル整体院

病院や整形外科と整体の治療法の違い

結論:病院や整形外科は画像で静的な状態を評価する。整体では徒手検査による動的状態を評価する

ぎっくり腰の診察の病院や整形外科と整体の治療法の違いは診察方法に最大の特徴があり、病院の診察はレントゲンなど画像診察からのものであり静的な状態を見て行く。大量の人数の診察ができる反面で、痛みの原因を外観から評価することは困難である。これに対して整体では動的な診察によって体を動かしどういった動きが痛みにつながるのかを評価するため痛みの原因を見つけ易く直接的な改善に結びつきやすい。整体のデメリットは大量の人数の診察ができないこと。

※スポンサーCM

ぎっくり腰を患ってしまいどういったところの治療機関を受診するべきかお悩みになられたとことがあるかと思います。そのときに何が違うのか?どういった違いがあるのか?は興味のあるところだと思います。

静的診察と動的診察の違い

では具体的なそういった医療機関と整体の違いを述べさせていただきますと最も大きな違いは静的診察と動的診察という違いになると言っても良いでしょう。治療をするときの最もベースとなる原因の特定に用いる手段が両者では異なります。

整体では動的診察を用いる

ではどういった違いがあるのかということですが、整体では主に動的な診察法を用いて行きます。患者様のお体を実際に動かしてみて痛みが出る部位やその方向、どういった動作で痛みが増減するのかなどを見ます。こういった動的診察がメインとなり、静的な診察も平衡して実施しますがやはり筋肉を触診したり痛みの出る部位を直接触って評価することがメインになります。

※スポンサーCM

したがって原因部位がすぐに明らかになって痛みとの因果関係も明らかにしやすいです。したがって痛みの原因がすぐに明らかになるため直接的に痛みの部位を施術したりと変化が大きいことがメリットです。デメリットとしては大量の人数の患者様の相手をすることができないことが最大のデメリットであり少数の患者様の症状の診察に厳選しないといけません。

病院や整形外科では静的診察を用いる。

ではこれに対して病院や整形外科では何をするのかと申しますとこのときには静的診察というものをメインに実施して行きます。主には画像診断としてレントゲン撮影やMRI検査などの画像評価を実施します。一般的には最初にレントゲンを撮影して、そこに問題がなければMRIという装置を用いてより細かく検査をします。こういった方法のメリットとしましてはやはり機械的に評価して検査をしますので大量の人数の患者様を一日で診察することができます。多くの病院では1日何百人という患者様の診察をしておりますが、整体の治療と比較したときに10倍以上もの人数の診察をすることができます。

ただし、デメリットとしては痛みは見た目では中々分かり辛いということです。皆様もお子さんが痛みを訴えて泣いているときにそれが嘘泣きなのか本当の痛みなのか?いろいろとお話を聞いてみないと判断することができませんよね。それぐらい痛みは画像から評価することは困難なのです。これに対して動的に体を動かしてみればお子さんの痛みの訴え方に嘘偽りがあれば動きと一致しませんのですぐに判断できますよね。つまり画像で分かるほどの重篤な原因だけは評価できますが、それ以外のものは自然治癒など経過だけを観察するような治療法にどうしてもなってしまいます。したがって辛いときに受診してもそれほどの変化を実感できないことがあまりにも多いのが病院や整形外科のデメリットなのです。

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

ぎっくり腰、腰椎に炎症が出来て治癒できるのか?

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

回復までの過ごし方は?

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

すみやかな社会復帰の方法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰は病院に行かないと大変なことになるか?

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開