坐骨神経痛の原因

結論:坐骨神経痛と診断を受けた人は、とにかく全身を冷やさないこと。冷えると神経細胞の活動が停滞し、細胞が傷つくから。

坐骨神経痛

  1. 坐骨神経痛の経過経過は良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら徐々に悪化する
  2. 坐骨神経痛は病院に行くべきか?ネジレを取って脚長差を改善すると良い
  3. いつ歩けるようになる?慢性化することが多く、1週間経過しても改善が見られないときには直ちに専門を受診する必要がある
  4. 坐骨神経症状を呈するもの第四腰椎と第五腰椎の障害では脛の前に障害が出る。
  5. 意外な原因日常動作にみられる反動を使った動作によって筋肉に伸張反射が生じることでコリが生じて痛みを発することがある。
  6. キックボクシングで坐骨神経痛になったキックボクシングの練習中に発生したヘルニアが原因で坐骨神経痛になった症例
  7. 坐骨神経痛の症例お尻が痛くなることが特徴で股関節を深く曲げると強い痛みを訴える。
  8. 坐骨神経痛パラドックス ニワトリと卵の矛盾ヘルニアや狭窄症、分離症などの構造の変形が痛みを招くのではなく、痛みが構造の変形を招くとして原因と結果を入れ替えて考えると従来の全ての矛盾点が解決する
  9. 腰椎椎間板ヘルニアが原因でなるの?腰椎椎間板ヘルニアが坐骨神経痛を来たすことがあるが、坐骨神経痛が腰椎椎間板ヘルニアを来たすこともある。座位姿勢でのお尻や腰の負担を軽減するために肘をテーブルの上に乗せる背中を丸める腰椎のストレート姿勢を作ることで腰が丸くなり腰椎の椎間板がつぶれ腰椎椎間板ヘルニアとなる。
  10. 急性外傷説元来から言われていた主因である腰椎椎間板ヘルニア説、しかし、臨床においては多くの場合、急性外傷の側面も同時に持っている
  11. 坐骨神経痛の力のモーメント『もう歳だから・・・こんなにも衰えてしまった』、『非力な女だから仕方がない』すぐに身体的な原因に責任転嫁するが、大半の原因は身体的な原因でなくボディーメカニクスに対しての無知によって生じるものである。ほんの僅かなきっかけで!
  12. 坐骨神経痛で寝たきり最も寝たきりの恐怖がある疾患でもある。
  13. 坐骨神経痛が腰を丸める理由腰を丸めると腰骨が支柱のように働いて筋肉を使わないからです。
  14. 血流障害によって起こる神経に巡る血流が減少することでもたらされるが多くは体の機能が低下することで引き起こされる。
  15. 3つのロッカー機構で坐骨神経痛を軽減①ヒールロッカー、②アンクルロッカー、③フォアフットロッカー
  16. aaa坐骨神経痛の背景には糖尿病がある糖質制限食によって改善する坐骨神経痛がある。
  17. 雪の日の坐骨神経痛と脳機能障害雪の日に坐骨神経痛を患う人の多くは脳機能障害によって腰痛に陥り易いものだと決め込んでしまっていることがある。
  18. a倒れ込む力と坐骨神経痛歩くときには倒れ込む力を推進力に利用するが高齢者ほど足の力が弱く倒れ込む力を利用できない
  19. a坐骨神経痛と遺伝坐骨神経痛は生まれながらの股関節や腰椎、骨盤などの骨格の遺伝の影響を受ける。
  20. a坐骨神経痛が自然治癒しない理由自然治癒で治るのは侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛は血流循環を良くする治療が必要
  21. 坐骨神経痛患者に見られる典型的な姿勢疼痛性側弯姿勢を取ることがある。骨格変形にもつながる。
  22. 進行した坐骨神経痛の腰部で見られる変性坐骨神経痛の進行したケースでは腰椎の椎体の変形や椎間関節の磨り減り、靭帯の肥厚など腰の曲がった外観をに変形して行く
  23. 坐骨神経とは?そもそも坐骨神経とはどんなものだろうか?神経分布領域について
  24. 坐骨神経痛と硬膜内圧脊髄を収めている袋の硬膜に加わる圧力が高まると坐骨神経痛が強くなる。姿勢と硬膜内圧の関係について
  25. 坐骨神経痛の種類と姿勢の関係腰を屈める姿勢で症状が悪化するものはヘルニア、後ろに反らして悪化するものは脊柱管狭窄症だといわれる
  26. 坐骨神経痛を起こす代表的な腰部疾患代表的なものに腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症がある。
  27. 坐骨神経痛の注意点痛みの部位と原因箇所

坐骨神経痛と診断された方、神経の異常興奮が起こっているときにはとにかく患部を「冷やさない」ように注意してくださいね。



坐骨神経痛の筋トレ・運動

  1. マッケンジー体操は今日から止める科学的には完全否定されている。
  2. 坐骨神経痛は運動してもいいの?許可を求める相談は多い。心配のない範囲から取り組んでみると良い。
  3. 坐骨神経痛がウォーキングで悪化した腰部脊柱管狭窄症による間欠性跛行ではない。
  4. 坐骨神経痛のリハビリの運動は?運動に関する基礎知識を身につける必要がある。
  5. 坐骨神経痛の運動、プールは?最大の障害は通う手間、面倒くさくなって続かないことが多い。
  6. 坐骨神経痛が筋トレで悪化した鍛え方そのものの問題ではないことが多い。
  7. どんなトレーニングをするべきか?諸説あるトレーニング理論ではかなり新しい説
  8. 本格的に運動をするための方法は?運動を本格的に行う場合では一言で説明できるものではない。
  9. 辛くない運動療法ならばクロスワード療法筋トレと言えば歩いたり腹筋をしたり、体を虐めるものだというイメージが強いがほんの僅かな動作であっても有効なものである。しかし、患者に共通するある特徴がそれを妨げている。
  10. トレーニングの回数と頻度『たった1回しかできない私は非力、一杯できるあの人はすごい!』トレーニングは得てして回数が多いほどすごいと思えてしまうが・・・・
  11. 腰曲がり防止のための大腰筋鍛錬坐骨神経痛は腰の曲がった高齢者に多い・・腰を曲げないためには大腰筋を!
  12. 筋肉量を簡単に増やす方法鍛錬しても一向に筋肉がつかない人は口をそろえておっしゃられます。『私は女だから筋肉がない』、『老人だから筋肉がない』しかし、簡単に筋肉量を増やす方法は確実に存在します。
  13. 腰を反らす体操法ビジネスマンなど毎日長時間のデスクワークにより、腰部の硬直姿勢で過ごす方にオススメするケア方法
  14. 柔軟性について。柔軟性を高めるとなぜ治療に良いのか?
  15. 運動との関係運動をすることが治療になぜ良いのか?
  16. 柔軟性トレーニングについての誤解について『こんなにも体が柔らかいんです。』自慢する人のほとんどが間違った意識を持っている。
  17. 治療で減量を指示された人が絶対に知るべきこと。『減量しろ』と医者に言われてその通りにしたら逆に悪化した・・それはどうしてか?
  18. 取り組んでいただきたいナチュラルストレッチお尻や太腿、すね、つま先など神経の支配領域に見られる症状を緩和させるには?
  19. 中殿筋の鍛錬法筋トレという現実を受け入れることができない方は絶対に見てはいけません。見ることで貴方は絶望を味わいそして治療を諦めるはずです。余りにも残酷なので勇気の無い方には見てもらいたくないのです。
  20. ぎっくり腰はお尻の衰えによって起こるいわゆるお尻の衰えが腰の痛みを招きます。仰向けに寝そべってケツを床から持ち上げる運動について
  21. 臀部を鍛える腰痛防止効果お尻を鍛えると背骨の土台である骨盤ごと姿勢を安定させられる。

つらい努力は出来るだけやりたくありませんよね。最小限の努力で済ませるためにはどこを鍛えるべきでしょうか?腹筋をやるのは間違いです。



坐骨神経痛と筋肉

  1. 多裂筋によるもの多裂筋が障害されると強烈な撃鉄兆候が生じることがあり、対処するときには乳頭突起がランドマークとなりうる。
  2. 横突間筋によるもの腰部の深層筋である横突間筋が原因となるものについて
  3. 筋肉の最大の役割『そんなの体を動かすことに決まっているでしょう。』は大間違い。もっと大切なことがあるのです。
  4. 加齢により年間で失われる筋肉量は?借金をすれば利息を払います。私たちは生きて健康に暮らすためには毎年一定の筋肉が金利のように失われていることに着目し、金利を上回る貯筋をしないと坐骨神経痛に必ず見舞われることに注意を払わねばなりません。
  5. 腸腰筋と腰椎すべり症近年良く耳にする腸腰筋や大腰筋という言葉、腸腰筋は余りにも多くの腰部疾患に関係しており腰椎すべり症などから由来するものにも大きく関係する。
  6. 陥り易い筋肉の使い方何気なく間違った筋肉の使い方を必ずしている。無駄な動きを少なくするほど疲れずに済むという間違った思い込みによって悪化してしまう。
  7. 陥り易い間違った筋トレ法ダンベル運動はとても辛そう!私にはできないから何も持たずに鍛えられることをしよう!人は間違ったイメージに左右されやすい。
  8. 内転筋が原因のもの『運動不足なんです!』と、ストレッチをすると多くの方が実感するもの
  9. 大腿四頭筋によるもの大腿四頭筋が原因となるもの、主に腰椎椎間板ヘルニアなどに関係する。
  10. 坐骨神経、後脛骨筋、大腰筋の関係は?坐骨神経痛になると体重のバランスが左右で偏る。安定を保つために大腰筋の負担が増える。弱いところをかばって痛みを起こすこともある。
  11. 坐骨神経痛と類似した慢性的な筋肉のコリ痛みの現れる範囲が本来の坐骨神経痛の支配エリアとは少し異なることが特徴
  12. 坐骨神経痛のお尻の痛みは中殿筋負担によるもの中殿筋が障害されると股関節周りに痛みを生じる
  13. 坐骨神経痛と筋肉痛の痛みのエリアから見た判別神経の枝と障害神経根が一致しているかどうかを見るべき。
  14. 坐骨神経痛とお尻の筋肉の痛みの違い姿勢による痛みの変化や随伴症状に着目すると良い
  15. 坐骨神経痛と筋肉痛の違いお尻に痛みがある患者様の全てが坐骨神経痛と診断されている
  16. aaa坐骨神経痛と誤診されやすいハムストリングスの痛み日常でハムストリングスを酷使すると、坐骨神経痛とそっくりの痛みを出す
  17. aa坐骨神経痛防止の足底アーチ補正足の裏が扁平になるほど足首が緩んで安定を欠いて腰の負担になる。
  18. 寒さによる坐骨神経痛、中殿筋の痛み工事現場の交通警備の男性
  19. 坐骨神経痛における大殿筋治療大殿筋が硬くなると腰を丸める動作が難しくなりお尻に負担が集中して痛めてしまう。
  20. a坐骨神経痛における大腿四頭筋治療坐骨神経痛患者では背を丸めたままの姿勢を取っているが大腿四頭筋の緊張が関係する。
  21. aa坐骨神経痛における脊柱起立筋治療脊柱起立筋が硬直して背を丸くできないと腰の神経促通を障害して坐骨神経痛を起こす。
  22. a大殿筋の深層の硬結による坐骨神経痛お尻の深層筋が硬いと腰を屈めたときに下部腰椎にストレスが集中して腰を痛める。

患者を細かく分析すると、激しく動いています。例えばチワワ(小型犬)は、ふるえます。筋肉が増えると無駄な動きがなくなり楽。患部の痛みは重心動揺がもたらすのです。



坐骨神経痛と判別する病気

  1. 坐骨神経痛による痺れと筋攣縮のちがい意外に間違われ易く、筋攣縮を神経障害によってもたらされたものと思い込んでいる方はネット上に数多く存在する。
  2. 坐骨神経痛と筋肉痛との違い神経痛と筋肉痛は非常に良く勘違いされやすい
  3. 神経痛と関節炎との違い痛み方などが非常に類似している。
  4. ケイデンスの低下による関節痛との判別神経痛ではなく、膝・股関節・殿部・慢性腰痛が随伴するだけの関節疾患との判別。高齢化が進むほど注意が必要となる。
  5. 高齢者のその他疾患の間欠性跛行との判別坐骨神経痛による間欠性跛行と糖尿病性神経症や脊髄性間欠跛行との判別
  6. メラルジア パレステティカとの判別原因不明の骨盤のサイドの痛み・・・・実はとても簡単な仕組みのものもある。
  7. 最も誤診されやすいもの。もっとも誤診されやすいのは意外なもの・・・
  8. お尻の痛みの関連痛との判別法膝を動かしたり、膝のお皿を動かして確認する。
  9. ぎっくり腰と坐骨神経痛の違いぎっくり腰が悪化したものが坐骨神経痛でもある。
  10. 男性の坐骨神経痛の鑑別疾患で注意をすることお酒を飲む人は特発性大腿骨頭壊死に気をつける
  11. 坐骨神経痛と通常のぎっくり腰の違い坐骨神経痛の場合は足の症状を伴う
  12. 坐骨神経痛は変形性股関節症と間違われやすいレントゲンで股関節の画像を見て診断を受けたときには注意する
  13. 変形性股関節症の多くは坐骨神経痛レントゲンの変形画像からすぐに手術を進められることがある
  14. 坐骨神経痛との判別で気をつけるべきもの股関節痛との判別が必要になる。

「坐骨神経痛です」と、医療機関で診断される人は多いですが、意外に寒さによる神経興奮や筋肉の衰えによってもたらされるもの。類似した症状をもたらすものは多数あります。



坐骨神経痛と股関節疾患

  1. 類似した変形性股関節症とても似ている病気は沢山あるが、お尻のど真ん中のあの病気と誤解されやすい。
  2. a大腿骨頭壊死と変形性股関節症の判断お尻が痛くなるもので、男性では大腿骨頭壊死が多く、変形性股関節は女性に多いと言われるが、男性にも変形性股関節症は起こる。
  3. 坐骨神経痛と変形性股関節症との判別スカルパ三角というランドマークに異常を見ることが特徴
  4. 股関節疾患との判別股関節疾患は勘違いされ易いがこれがあるときには股関節疾患を疑った方が良いというもの。
  5. 股関節疾患との判別お尻のホッペの痛みと股関節疾患の違いについて
  6. 石灰沈着性腱炎(筋付着部炎)との判別お尻のサイドの骨の出っ張ったところが妙に痛い・・内科的な治療が必要なタイプのもの。
  7. 転子包炎との判別お尻のサイドの骨の出っ張ったところの近辺が痛い
  8. 坐骨神経痛のお尻の痛みには股関節由来のものがある股関節の骨のかぶりが浅いとお尻を患いやすい。
  9. aaa坐骨神経痛と股関節の狭小化レントゲンで股関節に狭小化を見ることがあるが痛みとの関係性はない
  10. aaa坐骨神経痛の原因である特発性大腿骨頭壊死症全身性エリテマトーデスの10%に合併する
  11. aaa坐骨神経痛の問診の必須項目飲酒量を必ず問診で聞くこと。股関節の病気との判別のため。
  12. aaa坐骨神経痛と変形性股関節症の経過の違い坐骨神経痛は一時的なもの。変形性股関節症は進行性のもの。
  13. aaa坐骨神経痛と変形性股関節症の違いは気圧による痛みの変化坐骨神経痛は気圧変化の影響は受けない。
  14. aaa坐骨神経痛は股関節疾患を起こす坐骨神経痛で動けなくなると股関節が弱るから
  15. aaa坐骨神経痛はやがて股関節疾患を招く腰椎や仙腸関節の動きが悪いことが原因
  16. aaa坐骨神経痛は股関節の歪みにより変形性股関節症を招く痛みが強くなる動作と、和らぐ動作に着目する
  17. aaa坐骨神経痛に関係する股関節の病気先天性股関節脱臼が関係する
  18. aaa変形性股関節症による坐骨神経痛の特徴進行性であるため注意が必要
  19. aaa坐骨神経痛で股関節の病気を疑う人①酒飲み、②ステロイド薬の常用、③股関節の痛みと運動制限
  20. aaa大腿骨頭の亜脱臼による坐骨神経痛整復操作によってポコッと戻ることがある
  21. 坐骨神経痛と股関節疾患の痛みの判別で重要なことときに坐骨神経痛では背骨に沿うように痛みがみられお尻まで痛みが出ることがあるが、股関節疾患でも同じくして症状が起こる。このときには痛みがどこから初発したのかを見極めることが重要
  22. aaa坐骨神経痛は股関節が原因のことがあるそのうち治るだろうとは思わないこと
  23. a股関節疾患との違いは気圧変化の影響股関節の病気は気圧が低下すると痛くなる。坐骨神経痛は気圧低下によってキーンと痛くなる

股関節の形状をご存知ですか?お尻のど真ん中にあります。仮に中心に痛みが起こると、前面のそけい部や後面のお尻、どちらにも痛みが起こります。



坐骨神経痛と仙腸関節障害の判別

  1. 各検査法の違いについて同じ仙腸関節の検査でもいくつも種類がある。各検査法の違いについて。検査法によって若干見ている部位が違う
  2. ニュートンテスト仙腸関節障害の検査でもっともポピュラーなニュートンテスト
  3. ゲーンズレンテスト仙腸関節障害のゲーンズレンテスト(Geanslen test)による検査
  4. ファディレテストお尻の痛みはこれによるものもあれば、仙腸関節という部分の痛みによるものもありとても類似しているので注意が必要。
  5. 仙腸関節捻挫仙腸関節の捻挫だった場合はどのように判別するべきなのか?
  6. 本当にその痛みは仙腸関節障害なのか?お尻の痛みを持っている方が検索で仙腸関節のことを知るケースがあるが仙腸関節障害ほど曖昧な病態はない。

「仙腸関節のせいです」こう治療家に言われたとしましょう。僕は難しい表現を端的に伝えるためにこの言葉を使います。でも、仙腸関節について記される文献の多くはウソです。



坐骨神経痛関連

坐骨神経痛関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の筋トレ・運動

坐骨神経痛と筋肉

判別が必要な病気

坐骨神経痛と股関節疾患

仙腸関節障害の判別

兆候

一般症状

随伴症状

対応

セルフケア

坐骨神経痛と生活習慣

坐骨神経痛と骨格

坐骨神経痛の医療機関の実情

管理者用ページです。ご覧いただく内容はご用意しておりません。



原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

ぎっくり腰の寸前

股関節屈曲を他動で動かしたときに途中でつまるような感じがあった

中腰の腰痛の原因は?

ぎっくり腰の時間

腰痛のときにトイレでふんばるのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

かかとがムズムズするなら、靴下を履こう

かかとの内側がチクチクするのは?

腰痛学級で腰痛はなおるか?

若い人のぎっくり腰

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ぎっくり腰 寒い

うつむくと腰が痛い

ヘルニアに効く温泉は?

ストレスで筋肉がなくなるの?

運転中にぎっくり腰になったら?

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然